【OCN】1GBプレゼントCP中!

芥川龍之介の『鼻』という本についてです。

禅智内供は最後に晴れ晴れとなったのはなぜですか?

よくわかりません。教えていただけませんか?

A 回答 (4件)

#3です。


すみません、訂正です。

×
直後の箇所がヒント。


直後の箇所が答え。
    • good
    • 0

そうしてそれと同時に、鼻が短くなった時と同じような、はればれした心もちが、どこからともなく帰って来るのを感じた。


 ――こうなれば、もう誰も哂わらうものはないにちがいない。
 内供は心の中でこう自分に囁ささやいた。長い鼻をあけ方の秋風にぶらつかせながら。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_1 …
直後の箇所がヒント。

こうなれば、もう誰も哂わらうものはないにちがいない。

と思ったからです。
直前の箇所から、鼻が短くなった時も同じように「はればれした心もち」になっていたことがわかりますので、この理由で間違いないでしょう。
    • good
    • 0

ありのままの自分であっても良い、ありのままこそ最高ということに気付いたから

    • good
    • 0

鼻が短くなっても笑われた。


それなら、元に戻った方が笑われないのではないか、元に戻りたい、と思っていたら、
鼻が元通り長くなったから。
これでもう笑われないぞ、と安心したから。

かな。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング