『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

SPACE BATTLESHIP ヤマトで沖田艦長が「 この船は元々古代守に任せようと思っていた。」てゆうセリフがありますが、古代守が艦長になっていたら、どんな指示を、出していたと思いますか?

A 回答 (3件)

一部訂正?ですがサルガッソのシーンは「さらば」の土方艦長の時だったかも知れません。

    • good
    • 0

2199か元祖の方かどちらでしょうね?セリフのシーンが思い出せないので両方含めて書きます。


若いとどうしても勢い任せ、感情任せの戦術、浅はかな論理主義の戦術になってしまうと思いますよ。人生経験や戦場での経験の長い沖田さんで正解でしょうね。
細かいシーンは忘れましたが、波動砲を撃つ時、ワープの時、サルガッソへ流された時など危機一髪の状況で、若い乗組員が冷や汗を流しながら焦っていても、目を閉じて「まだだ!」とギリギリまで引き留めて、ここぞという絶妙のタイミングで「今だっ!」と指図する。豊富な経験に基づいた動物的勘のような戦術・・これは沖田さんにしかできない技ですよ(笑)
    • good
    • 0

難しいな。


一艦の艦長と総指揮官では立場が全く違う。
劇中のセリフをもとに総指揮官としての古代守を推測することはできない。

古代守の性格的特徴は目的優先型、正面突破型といえるだろうか。
①不利な戦況でも自らの役割を見失わず目的を追求することができる
②目的のため、時には独断専行もいとわない
③また、自己犠牲も甘受する
④正々堂々戦うことを好み、調略や奇策は好まない。

あと、「永遠に」の守を見ていると、副長や参謀長としての役割は立派に果たすが、
自ら大綱を築き決断を下す能力があるかはやはり分からない、ということである。
一艦とはいえヤマトは独立艦隊であり、艦長は事実上の総指揮官である。
副長や参謀長の業績は参考にならない。

一つ確実なのは、ドメル艦隊との初遭遇のとき、守なら逃げなかっただろうということである。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビデオ屋さんのアダルトコーナーについて

二十歳の女子大2年生です。

映画が好きですが、映画館で見ると高いのでDVDを借りてみています。
TUTAYAとGEOで借りるのですが、アダルトコーナーの中ってどんな感じなのでしょうか?

私みたいな女の子が入ったらいけないんですよね?
物凄く謎のエリアです。雰囲気を教えてください。

Aベストアンサー

並べられているDVDがすべてアダルトもの、はっきり言うとエッチなドスケベなものだらけというだけのこと。
なぜノレンなんかで中が見えないようになっているのかというと、そのDVDを選んでいる男性がとても恥ずかしいからですね。だから、そのコーナーへの出入りは自然にサーッとできるようにだいたい店の奥のほうに設定されてるわけですよ。

女の子が入っちゃまずいということはないけれど、余程の欲求不満の痴女としてへんな目で見られたり、ヘタすると変な男、いわゆる痴漢のような輩にちょっかい出される危険性はありますよ。

Qこの内容の映画のタイトルを教えてください。 男がレイプ殺害か何かでの残虐な犯罪容疑で逮捕され、その警

この内容の映画のタイトルを教えてください。

男がレイプ殺害か何かでの残虐な犯罪容疑で逮捕され、その警察はジェイルで男へ暴力を与え、捕まった男の方がなんだかイノセントで良い人に見えて、見るものを「冤罪じゃないか、警察組織が腐っているんじゃないか」と思わせ、弁護士も必死に彼を救い、最終的に男は釈放されるんだけど、実は男が真犯人だった、というどんでん返し系のアメリカ映画。

Aベストアンサー

ショーン・コネリー主演の「理由」原題「JustCause」じゃないかと思います。

Qヒッチコック作品「めまい」について。

「めまい」の最後で、せっかく出会った大好きな女性を死なせてしまう場面が出てきます。

もし、私だったら、恋焦がれていた女性にやっと出会えたし、替え玉だったことも分かったのですから、それで十分で、それ以上に彼女を追い詰めて、彼女を死なせるようなことは決してしない、と思うのですが、ヒッチコックはどうして、彼女を死なせるエンディングにしたのでしょうか?

私には、このエンディングは、もし主人公が普通の人間だったら、とても考えられないような異常な行動であり、とても不自然に思えます。
ヒッチコックともあろう監督が、どうして、そういう普通ならありえない不自然な行動を主人公に取らせたのでしょうか?

主人公が異常な性格の持ち主であった事を言いたかったのでしょうか?
同じ状況を作り出したら、極度の高所恐怖症が治るとでも言うのでしょうか?
そうだとしたら、そんな事は医学的にありえないことだと思うのに、どうしてそんな不自然な行動を描いたのか、理解に苦しみます。

皆様は、どうお考えになりますか?

Aベストアンサー

「めまい」を見たのは大昔なので、データベースのあらすじを読みながら記憶を辿っています。
(以下、ネタバレ)





彼は死なせてはいませんよね。むしろ、キスして和解しています。ところが、彼女が、まったく別の人影に怯えて事故死してしまいます。彼はむしろ、そこで喪失感という地獄にさいなまれます。

ではなぜ彼女は死んだか。それは美しい悪女が死んだ方が耽美だからです。ヒッチコックは耽美派ですから。悪女を生かす作品もありますが、たいていはコメディ仕立てです。

いずれにしても「めまい」がテーマですから、何かに翻弄されて、身も心もくらくらすることを描いた作品です。そして、翻弄するものが美しければ、翻弄されるのも、少なくとも客席から見ている限りは心地好いものだと感じてしまいます。






(ネタバレ、以上)

Qホラー映画のタイトルを教えて下さい。

恐らく70~80年代のホラー映画です。

吸血鬼(もしくは悪魔の生まれ変わり)の若い男性と、恐らく主人公である若い女性が対決するような内容かと思います。主人公である若い女性は長髪で白いパジャマみたいなワンピース?を着用、夜の墓場っぽい場所?で十字架っぽい長い杖を持っていて、それが多少輝いている場面を覚えています。村人たちはすでに全滅か悪側になっていたような感じかもしれません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『魔界からの逆襲』だと思います。
ラストの杖の描写はご記憶のとおりです。

Fear No Evil (1981)

Q10数年前のホラー映画のタイトル

日本のホラー映画で、
ある女の子(制服着てたから、高校生?たぶん転校生)が、私といるとみんな不幸になるよみたいなこと言ってる。
その子がわら人形みたいな、一般的なわら人形とは少し違う布でできた人形みたいなのを持ってて。嫌な人に使ったら効果てきめんやった。
生徒全員が、校舎内に閉じ込められて、下駄箱から出ようとしても、校舎の中に戻ってしまう。
別の部屋では、その子がもってたような人形がいっぱいあって、たくさんの人形が赤く染まったら、ある1つの教室が完全にしまり、閉じ込められた生徒たちはぐちゃぐちゃにされる。鍵が開くようになって、中を見た1人が嘔吐する。
教室の黒板には生きている生徒の数が書いてある。死ぬたびにその数が減っていく。
窓を無理やりこじあけて、外に出れるよ!と叫んだ瞬間、別の部屋の人形の1つの首に何かがぐさっとささると、窓が勢いよく閉まり、生徒の首が切れて外に落ちていく。小学生のときで怖くてここまでしか見れませんでしたが、これだけの情報で何という映画か分かる方いませんか?
拙い文ですみません。

Aベストアンサー

「エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS」かも。
黒板の数字が減る、というシーンに見覚えがあります。
https://movie.walkerplus.com/mv27646/

Qジュラシックパーク

ジュラシックパークのことを

ジェラシックパーックっていう人が結構います
なんで?

Aベストアンサー

ジュラ紀ってのを知らないのかもしれませんね。

Qとある映画(邦画)を探しています。

長くなりますがご容赦を。

その映画を見たのは昭和40年代で、当時私は小学5~6年だったと思います。
そして見たのは映画館ではなく、小学校の体育館でした。
当時、何らかの理由で小学校などを巡回上映されていたものと推察します。
(たぶんに今思えば教育委員会とか、なんかそんな感じの・・・)
ですので、興行的作品ではなかったのでは?と思っています。

内容が素晴らしかったと思い、子供に見せたく思います。

映画のあらすじですが、7歳の子供(男子)が、その昔、お父さんと瀬戸内海を渡った事があり、
後にお父さんが出稼ぎか何かで、息子と離れて暮らしていました。
ある日、子供がどうしてもお父さんに会いたくなり、家出?をし、お父さんに会いに行くというものです。

以下、断片的な記述になります。

瀬戸内海を渡るのに、フェリーに乗るのですが、そこは7歳の子供です。
どのフェリー乗っていいのかがわからない。
そこで記憶を辿ると、フェリーにある「旗」が掛かっていることを思い出します。

注釈:昔の(いまでも?)フェリーには掲げられた「旗」に意味があり、
病気の客がいるとかの連絡方法の一つとして、数種類の旗を常時掲げられていたようです。
(映画の内容から察するにです)

なので、その子供は覚えていた「旗」を掲げたフェリーが現れるのを何度も何度も何度も待つのです!
(書いてて泣けてきました)

そしてやっと目的の船に乗ることが出来ました。
(多分ですが往復する連絡船なので、船は1隻のみだったが子供にはそれが理解できなかった)

目的の対岸についてからは、ある目標を探しながらお父さんのところへ向かいます。

その目標が「ペプシコーラの大きな看板」でした。

子供がその目標を発見するときの描写がとても印象的だったのを覚えています。
すこし、塀の影になってて見つけにくいのですが、少し塀から後ずさるとそこには・・・
という感じで、私はそのシーンを見て泣いていたことを思い出します。


作品には主題歌?的なものがあって、
「僕は僕は7歳・・・・(中忘却)腹が減ったら水を飲んで・・・(以下忘却)」
というものでした。

それから、時々挿入される音楽には題名がわかりませんが、
「土佐の高知のはりまやばしで 坊さん かんざし買うをみた よさこい よさこい」
(よさこい節?すみません無知で)

瀬戸内海を渡るのに本州、四国、どちらからかは覚えていません(汗)


以上ですが、
知りたいのはタイトルよりも今でも入手可能なのかが(メディア可されているか)が知りたいです。

もし、ここでもわからなければ最終手段として、「探偵ナ○トスクープ」を頼ろうかと思っています。

どうかよろしくお願いします。

長くなりますがご容赦を。

その映画を見たのは昭和40年代で、当時私は小学5~6年だったと思います。
そして見たのは映画館ではなく、小学校の体育館でした。
当時、何らかの理由で小学校などを巡回上映されていたものと推察します。
(たぶんに今思えば教育委員会とか、なんかそんな感じの・・・)
ですので、興行的作品ではなかったのでは?と思っています。

内容が素晴らしかったと思い、子供に見せたく思います。

映画のあらすじですが、7歳の子供(男子)が、その昔、お父さんと瀬戸内海を渡っ...続きを読む

Aベストアンサー

「ボクは五才」にあらすじが似ています。
高知に住む5歳の少年が大阪に出稼ぎに行っている父のところへ行こうとする物語です。
年齢などが異なるので違う作品かもしれませんが…こちらを参考にどうぞ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%81%AF%E4%BA%94%E6%89%8D
https://movie.walkerplus.com/mv19189/
http://www.ne.jp/asahi/gensou/kan/eigahyou59/bokuwa5sai.html

Q映画のラストで「違法と知りながら散骨する」映画

映画のラストで「違法と知りながら散骨する」映画
知りませんか?

なんて映画か思い出せなくて。
わかるかた教えて下さい。

Aベストアンサー

高倉健主演「あなたへ」かな
奥さんの遺骨を海で散骨しますが、
違法とかいう言葉は出てこなかった気がします
https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007Y0YC

Qクィーンのフレディマーキュリーの映画「ボヘミアンラプソディー」に感動したと高評価が高いですが、40年

クィーンのフレディマーキュリーの映画「ボヘミアンラプソディー」に感動したと高評価が高いですが、40年フレディが大好きでいた私の意見、フレディのプライバシーを映画にするなんてフレディが喜ぶ筈ないと、映画で金儲けしてる人がいるのかと思うと腹立たしいです。

Aベストアンサー

初来日のフレディをナマで見て人生が変わった私も「フレディが喜ぶ筈ない」に大いに同感です。しかし盛り上がる周囲に水を差すことができません。

ただ、あの映画はロジャーとブライアンを初めとする、より一般ピープルな、すなわち、耽美という名の悪魔に魂を売っていない人々の視点でもあるのだと思います。そういう人たちが、ああいう角度からフレディを見ることで、感動できたのならそれはそれ、と思うようにしています。あれは、”フレディのための映画”なのではなく、”フレディの映画”なのだと思います。でも悪魔に魂を売った以上は、それに反論することはいたしません。

ああ、でもこういう投稿を見てスッキリした。みんな、そこまで大っぴらにはハッキリと言わないから、とてもさみしかった。

Q昔はよく映画のクレジットタイトル?に富士フイルムが出てきましたが今では見かけません。どうしてでしょう

昔はよく映画のクレジットタイトル?に富士フイルムが出てきましたが今では見かけません。どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

No.2さん、No.3さんの回答にある通り、富士フイルムが撮影用/上映用映画フィルムの生産を2013年3月に終了したためです。
https://fujifilm.jp/business/broadcastcinema/mpfilm/information.html

撮影・上映ともにデジタル化の波が来て、フィルムの需要が減って採算が取れなくなったのでしょう。
https://www.cinematoday.jp/news/N0045947
https://www.uplink.co.jp/sidebyside/japan.php ←↓2012年の映画『サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』の日本公式サイトより

現在でもクリストファー・ノーランなどフィルム撮影にこだわる監督もいます。
https://www.uplink.co.jp/sidebyside/
https://www.uplink.co.jp/sidebyside/introduction.php

映画館で現在公開中の『ボヘミアン・ラプソディ』(監督:ブライアン・シンガー)、『くるみ割り人形と秘密の王国』(監督:ラッセ・ハルストレム&ジョー・ジョンストン)はフィルム撮影です。

昨年日本公開の『ラ・ラ・ランド』(監督:デイミアン・チャゼル)、来年12月公開の『スター・ウォーズ エピソード9』(監督:J・J・エイブラムス)などもフィルム撮影ですね。

No.2さん、No.3さんの回答にある通り、富士フイルムが撮影用/上映用映画フィルムの生産を2013年3月に終了したためです。
https://fujifilm.jp/business/broadcastcinema/mpfilm/information.html

撮影・上映ともにデジタル化の波が来て、フィルムの需要が減って採算が取れなくなったのでしょう。
https://www.cinematoday.jp/news/N0045947
https://www.uplink.co.jp/sidebyside/japan.php ←↓2012年の映画『サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』の日本公式サイトより

現在でもクリストファー...続きを読む


人気Q&Aランキング