【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

いまや時代劇はめったにおめにかかりませんが、昔はたくさんありましたよね。
そのなかで、女優さんが当身という鳩尾を殴られて気絶させられるシーンがあったものです。
連続ものでは、毎週一回女優さんが当身を食らわされて気絶します。プロボクサーでもないのに
何故か一発で気絶します。(死ぬことはありません)
それは水戸黄門における由美かおるの入浴シーンに負けないくらい人気のある場面なのだそうです。
女優さんが当身を食らうのを見て興奮するものでしょうか。

A 回答 (2件)

か弱き女性は、当て身を食わされて


抵抗する間もなく、しなしなと崩れ落ちる・・・その風情こそ
女性のか弱さ、はかなさを表現するじゃありませんか。

令和の「何、しやがるんだよぉ!てめえ!!」って、
男を蹴り飛ばすガサツ極まりない女より、遙かに美しく
見る側にも「大丈夫かな・・あの男・・何をするつもりだ・・」と
ヒヤヒヤしつつも、何某かを期待する・・(映像として)
あわやと言う時に主役がさっそうと助けに来る。

そして、今度は、背中に「カツ」を入れて
「大丈夫か?」

これが定番。

女性は弱く、か弱く・・だから、ガッシとした主役が
引き立つし、その胸にすがる・・その風情をかもし出すのが時代劇の
一つの見せ場でも、ありましょう。


だからね~
最近の時代劇見て居ると、いや、見ちゃいられないけどさ。

男より強い、男より下品な女が
お姫さまの格好して、
廊下を、ドスドスドスと走ってきて、
障子を、ガラーー!ピシャン!と、開け

「〇〇ちゃまぁ~、どこ行ってたにょ!!」

これじゃ、絵にもならん。
    • good
    • 1

私は


「お女中、いかがなされた」
「持病の癪が」

が好き、なぜ、最近はいないんだろう
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A