『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

夏の思い出っていう、江間章子さんが作詞され、中田喜直さんが作曲された曲の演奏形態ってなんですか??

もし、わかる人は、演奏形態はどのように判断したらよいか教えてくれると嬉しいです。

A 回答 (1件)

いろんな演奏形態があります。

 女声合唱、混声合唱、8手連弾、ピアノ独奏、フルート、ギターソロ、バイオリン、チューバ、オーボエ、ウクレレ等々です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽典、音階についての質問です。 3.の旋律短音階の下行形の(♮)って絶対に書かなければいけませんか?

楽典、音階についての質問です。
3.の旋律短音階の下行形の(♮)って絶対に書かなければいけませんか?

Aベストアンサー

いいえ、ルール上書かなくても大丈夫です。
♯や♭が臨時記号としてついた時、その小節内に限り有効です。
小節が変わった場合、前の小節の臨時記号はそれ以降は指示がない限り無効です。

ただ、よく間違えやすいので、臨時記号がついた音符が次の小節以降に出てきた場合、(ナチュラル)として分かりやすいようにしているだけです。

Qコード表記について 例えばAmコードが指示されると普通にA+C+Eの三和音を思い浮かべるんですが,こ

コード表記について
例えばAmコードが指示されると普通にA+C+Eの三和音を思い浮かべるんですが,これって別にA+C+Eじゃなくても,根音Aに対して音程が短もしくは完全の音でつくる和音(ex:A+F+A' ;A'はオクターブ上のA)なら何でもいいんですか?

Aベストアンサー

コードは、「基本音」の上に「3度」そこからさらに上に「3度」の音程で重ねたものです。
(「3度」音程ではない場合、あるいは4つ目の音を足すには、また別な表記が必要なので、ここでは触れません)

メジャーコードは「長3度 + 短3度」
マイナーコードは「短3度 + 長3度」
と決まっています。

「Aコード」といえば「A + C♯ + E」だし
「Amコード」といえば「A + C + E」と決まります。

同様に
「Cコード」といえば「C + E + G」だし
「Cmコード」といえば「C + E♭ + G」と決まります。

以上の基本を理解した上での質問ですか?

Qなぜ和音が出せないのでしょう?

人間の声、
普通の管楽器、
広い意味での弦楽器の一本の弦。

いや倍音を含むから和音だとか、分散和音が出せるとか、いうのはナシで。

なぜ和音が鳴らせないのですか?

Aベストアンサー

第一調和振動は弦の伸びる長さが、第二、第三などに比べると少ないため、
一番効率的な振動となるのでそれを主とした振動になるのではないでしょうか?

Qこの音楽記号は、どのように吹けば良いのですか? 楽器はクラリネットです。

この音楽記号は、どのように吹けば良いのですか?
楽器はクラリネットです。

Aベストアンサー

厳密なやり方はないですが、その音符の長さで「シドレミファ」と演奏すればいいと思います。シを気持ち長めに取る感じだと雰囲気出るかな。
#や♭は指定通りでいいですが、あまりに早過ぎて難しいとかであれば#・♭無しでやっても大して印象は変わらないですし、まぁ臨機応変に。

sfpの音量の表現も忘れずに。
最初のアタック(この場合シのアタック)のところだけ大きく、すぐに小さくして、クレシェンドします。

Q楽器名は?

お世話様です。6分40秒に出てくるトランペットより、一回り大きい楽器は何ですか?
           ↓

https://www.youtube.com/watch?v=1PBhlPeTJ_g

Aベストアンサー

E♭管のバス・トランペットです。
御指摘の箇所は、『ラインの黄金』の第2場の終わりです。
バス・トランペットのパートの部分の楽譜を添付しておきます。

バス・トランペットについては、下の『ニーベルングの指輪におけるバス・トランペットの機能』を御覧ください。
https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20190210153649.pdf?id=ART0008693425

下の、『ラインの黄金』のバス・トランペット・パート全録音の動画では、開始から9分の箇所に当たります。
https://www.youtube.com/watch?v=Ss7YTGWEEfM

Q楽譜の閲覧サイトは?

お世話様です。バーンスタイン作曲の「シンフォニック・ダンス」のフルスコア(フルスコアでなくても可)を閲覧できるサイトをご存じありませんか?お分かりになる方ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

著作権はもちろん残っていますが、合法的に閲覧できるサイトはあります。
出版元であるイギリスの Boosey & Hawkes 社は、「商品サンプル」「宣伝」として、
現代の作品のスコアの多くを全ページ無料公開しています。
そのかわりあくまでもサンプルなので、ダウンロードはもちろん不可能ですし、
すべてのページに「透かし」が入っていますが、読譜するだけなら邪魔にはなりません。
閲覧するためには、メールアドレスとパスワードの設定で会員登録をしなければいけません。
会員登録を済ませてから、「ONLINE SCORE」をクリックしてください。
全画面表示や拡大表示もできますが、もとの楽譜が細かいので、
ノートパソコンなどの小さな画面だと少し厳しいかもしれません。
このサイト以外に出ているところがあったとしたら、基本的に違法アップロードと思ってください。

https://www.boosey.com/cr/music/Leonard-Bernstein-Symphonic-Dances-from-West-Side-Story/7259

Qオーケストラの演奏会について質問です。プログラムの中に協奏曲がある場合、ソリストの希望により曲が変わ

オーケストラの演奏会について質問です。プログラムの中に協奏曲がある場合、ソリストの希望により曲が変わることが希にあるようですが、この時具体的にどのような希望、どのようなやり取りがあって実際に変更になるのでしょうか?
 3月31日の関西フィルの定期が私にとっては初めてそういう変更がありました。一年強で三回目のモーツァルト「トルコ風」になります。文句があるということではありません。
 お願いします。

Aベストアンサー

リサイタルでは結構あります。コンチェルトではさすがに珍しいですが無い話ではありません。

ソリストのヴェロニカ・エーベルレさんは、関フィルとの本番の前の週に、東京交響楽団とトルコ風をやります。来日中の8日間でリサイタルを含めて4回本番があるので、当初予定の4番をさらうのが面倒になったのかも。

やり取りは音楽事務所を通じてでしょうが、コンチェルトの場合、ウィーンフィルとかならともかく、普通は大抵のソリストのわがままはオケの方が聞いてあげます。どの大家だったか、ゲネプロでオケの演奏が気に入らず、曲目を変更させて楽譜係が走り回ったと言う話があります。オケもプロなので、モーツァルトだったら、一回あわせりゃ、まあ様にはなります。でもお客さんに対しては、確かに失礼なことなので、あまり良いことではないですね。

Qクラシック音楽関係の方にとってボーカロイド使用楽曲はどのような認識なのでしょうか。

私は、様々なジャンルの音楽を聴くことが好きな高校生です。
ボーカロイド使用楽曲やそれらの曲のピアノカバーを聞いている時に、母親が、そんな曲ばかり聞くと音楽の感性の質が悪くなるから聞くなと言ってきたのですが、クラシックなら良いみたいです。私は、好きな音楽を否定され自由を奪われた気分になり、大変辛い気持ちになりました。
クラシック音楽関係の方々やこの質問をみて下さった皆様、ボーカロイド使用楽曲は
音楽の感性に悪い影響を与えるような要素があるとお考えになりますか。
ボーカロイド使用楽曲の中には、歌詞に品のないものがあったりするものもあるようですが、おそらく私の聞いている曲はそのような類のものではないと思います。

Aベストアンサー

私もボカロで曲作ってます(初音ミ○じゃないですけど)。
自分で歌えないからボカロなわけですが(笑)
人が歌うか機械が歌うかだけの違いだと思いますけどね。

さまざまなジャンルの音楽に触れることで、より感性が磨かれる。と私は思いますが。
クラシックばかり聴いていたら(極端にジャンルが偏っていたら)逆に感性は育たないのではないでしょうかね。
大昔のクラシック作曲家の人も仕事で作曲していたわけで、
プライベートではけっこう砕けた歌なんかも歌ってんじゃないかなと、勝手に想像しちゃいます(笑)

クラシック畑の人たちも、いろんなジャンルの音楽家たちと積極的に交流を図ってる人もいるようだし。
クラシック以外はすべて悪。他の音楽全否定となると、
ある意味なにかの崇拝主義的な危ない人になりそう(笑)

Qオーケストラのコンサートについてです。 ①リハーサルには普通どれくらいの日数と時間を割くものでしょう

オーケストラのコンサートについてです。
 ①リハーサルには普通どれくらいの日数と時間を割くものでしょうか?
 ②協奏曲のソリストは①のリハのうちどの程度に参加するものでしょうか?
 お願いします。

Aベストアンサー

定番曲(ベートーヴェンやブラームス、チャイコフスキーなど)と、珍しい曲・新曲では違うでしょう。
定番曲なら、当日、その会場で音響やバランスの確認のために「ステージ・リハーサル」(通称「ステリハ」)1回だけの場合もあるでしょうし、指揮者も初めての場合には、本拠地の練習場で1~2回練習があるでしょう。
珍しい曲・新曲の場合には、オーケストラも指揮者も試行錯誤の部分がありますから、最低でも練習場で1~2回、あるいはもっと多くの回数練習するかもしれません。
(ただし、同じ演目を何回かの公演で繰り返しますから、2回目以降は「ステリハ、本番」程度でしょう)

「演奏旅行」「出張公演」のような場合には、必要な準備は「本拠地」でしておいて、出先では「ステリハ、本番」だけだと思います。

ソリストは、練習場での練習に1回、当日のステリハ程度だと思いますが、やはり「珍しい曲・新曲」の場合には練習回数を増やすこともあるでしょう。

Q1930年代のClassical Music の録音をCD にした場合

大学の図書館で 1930年代の録音(LP レコード)を CD にした Chopin Piano Concertoを借りてきました。 原音は1930~1937年の録音。 
Arthur Rubinstein : Piano
London Symphony : Orchestra です。
そこで、気がついたのですが、この2枚組CD には ノクターンも収録されています。
ピアノの音は違和感なく聴けます。 もちろん、現代の録音と違うことはわかりますが。
オーケストラの弦楽器の音は 「古い!なんだか、音がゆがんでいる感じ」と感じるほどです。

なぜ楽器によって、80年前の録音がこんなに違うのか、と疑問に思いました。
多分、録音技術や楽器の持つ周波数に関係するのではないか(勝手な想像)と思うのですが、どなたか、ご説明いただけませんか?

質問者のみ

Aベストアンサー

No.2、No.4です。問題のCDは茶色のジャケット画像のリンク先と同一の物でしょうか?

スピーカーとヘッドホンの両方でモニターしましたが、音源を聴いた感じでは、弦楽器だけではなく管楽器もピアノも全体に、どことなく落ち着かないような不安定な聴こえ方で、生の演奏を聴くような自然な安定感がありません。オーディオの専門用語でワウフラッターと言うのですが、やはり回転ムラの影響はありそうです。但し、幾ら古い時代とはいえ、ピッチが上下するほど大きな回転ムラがあってはプロ用機材として使いものにならないし、そこまで酷くなくても数値が悪いと音は不安定に聴こえます。

個人的にはピアノソロ演奏の"NOCTURNES"でも生演奏とは違う不安定さを感じます。やはりピアノは鍵盤を押して弦を叩いた瞬間の短いアタック音が中心なので他の楽器ほどは気になりません。

またマイクの設置方法も影響しているようで、ピアノは単独だから一本のマイクで音を拾いますが、オケは多数の奏者に対してマイクは少数で、マイクに近い楽器ほど強く音を拾っているように聴こえます。感じとしてはバイオリンとコントラバスが一番強く、フルートなどの木管が少し遠く、トランペットなどの金管はもっと遠い・・という感じです。オケのマイクは正面に左右2本だけ?のような感じがします。
確かに演奏技術も今と昔では違うし、録音の場所が広いホールのように残響が長ければ誤魔化せますが、狭いスタジオのようで殆ど残響が無く、余計に各楽器がバラバラに聴こえます。

録音可能な周波数特性の範囲も非常に狭くこもった音でもあるし、これらの複合的なアンバランスさや録音の技術の低さが「フニャフニャした音」として聴こえるのだと思います。磁気テープが伸びたものとは少し違う感じですね。

分かりやすくまとめると・・

・マスター音源の回転ムラ
・ピアノと管弦楽器との音を出す原理の違い。
・マイクの設置場所や設置方法の影響。
・演奏技術によるものと残響の無さ。
・記録できる周波数特性の狭さ。

個人的に検証した結果としては以上が原因のように思います。

No.2、No.4です。問題のCDは茶色のジャケット画像のリンク先と同一の物でしょうか?

スピーカーとヘッドホンの両方でモニターしましたが、音源を聴いた感じでは、弦楽器だけではなく管楽器もピアノも全体に、どことなく落ち着かないような不安定な聴こえ方で、生の演奏を聴くような自然な安定感がありません。オーディオの専門用語でワウフラッターと言うのですが、やはり回転ムラの影響はありそうです。但し、幾ら古い時代とはいえ、ピッチが上下するほど大きな回転ムラがあってはプロ用機材として使いものにな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング