人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ふと思った疑問です。
タイトルのままなんですが、悪魔が実在すると信じるのはコワいなあ、と思って。

仏教にも誘惑する悪魔もいると思うのですが、多神教なら超能力を持つ存在がいろいろいても当然と思えます。
一神教は全知全能の神がすべてを造り、すべてを支配するのだから、とても安心な世界に思えます。
それなのに超能力を持つ悪魔がどうして存在するのか。

全能の神と対峙する悪魔は、仏教の悪魔より強力で怖い気がします。

A 回答 (14件中1~10件)

一神教は全知全能の神がすべてを造り、すべてを支配するのだから、


とても安心な世界に思えます。
それなのに超能力を持つ悪魔がどうして存在するのか。
  ↑
キリスト教が流行るまでは、各地に土着の
神様がいたのです。

キリスト教が社会を席巻したので
土着の神様が悪魔にされたのです。

これは一神教の宿命みたいなもので、
従って、一神教と悪魔は、セットになっている
わけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、悪魔は1人ではないのですね。
多神教の神はそれぞれみんな悪魔、ということですか。

お礼日時:2019/05/26 12:42

悪魔なんていないのです。


人間は悪いことがあると「悪魔の仕業だ」と言ってしまって「悪魔がやったことだから悪いのは仕方がない」とあきらめられるのです。
もし 悪魔という設定がないと 悪いことが起きたときにも「神様のせい」にされて神様が信仰できなくなります。
 そこで「悪いのは悪魔」という設定をすることで、神様の信仰が継続できるというわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

悪魔がいないと悪いことも神様のせいになってしまう、なるほどと思いました。

お礼日時:2019/06/01 14:54

お前は、受けいられる意見がある、受けいられない意見がある、というものが無い。


お前には知恵の芽いとうものが無い。
お前には決して真理というものは今のところ存在しない。
平たく言えば、お前は理解しているようで知力は無い。
所詮、ほかの人ごとく、神とは何なのか、悪魔とは何なのかは理解できない。お前の知力では。
お前の知力は老後の心配をせよ。それが無難だ。
誰にだって、限界がある。私にだってそうだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2019/05/29 17:40

キリスト教に、おける悪魔も仏教における悪魔も、同じ定義です



多少、解釈違いがあると言う程度です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

解釈の違い、なのですね。

お礼日時:2019/05/29 17:39

西洋文学では、悪魔は、神に対峙する、というより、神を王様に見立てて、宮廷につかえる道化のような役割をしています。



どんなに狡猾に悪だくみをしていても、神様に見つかった途端に、しっぽをまいて逃げてゆく構図です。キリスト教では、”神を恐れよ”と言いますが、”悪魔を恐れよ”と言うふうには、教えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

”悪魔を恐れよ” とは教えないのですね。
とても含蓄を感じます。

お礼日時:2019/05/26 12:48

対立軸がないと、絶対善の崇高さが浮きだたないでしょ。



「こんな悪いやつがいる。こんなところとこんなところとこんなところが悪い。」
その対極にいるのがすなわち神というわけです。


仏教に悪魔がいるとは聞いたことがない。
ブッダを誘惑したものはいるが、それは悪魔というより世俗的な欲の象徴だった。
それを悪魔というなら人間は誰でも心に悪魔を飼っていることになる(実際その通りなのだが)。

ブッダは座を去った五千人の弟子も自分の命を付けねらったデーバダッタも悪魔とは言わなかった。
「彼らにも善性はあり、いずれ分かるときが来れば分かってくれる」
そういう存在だったのである。


もう分かると思うが、神とか悪魔とかは人間の心の動きそのものなのである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仏陀を誘惑したのは悪魔ではなく、自分の内心の欲なのですね。
そうですね、仏教は欲を捨て去れ、と言っていますし。

お礼日時:2019/05/26 12:46

一神教でも多神教でも、神も悪魔も人間の中に住んでいますので。


信じる信じない以前の事実ですよ。

(自分の中には)神だけより存在していないと考えるのは、人間の厚かましさにすぎません。

>全能の神と対峙する悪魔は、仏教の悪魔より強力で怖い気がします。

神は一人の人間の中にいる居候にすぎないのです。
もう一方の居候、悪魔と同居している状態が永遠に続くのが人生。
その時によって、先に顔を出したほうが全能であったり、強力であったりするように見えるだけ。
神が全能だとしても、大家には勝てない、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

心の中の存在と考えれば、人間は善も悪も持っていますね。

お礼日時:2019/05/26 12:44

これはまた心外な。


恐怖を与える悪魔たちがいるからこそ、安心できる神が存在できるのです。
一神教の神が生まれるはるか以前から、彼らは存在していました。
その証拠が見たければ(お金と機会があれば)中東の田舎町を旅行してごらんなさい。
いたるところに彼らの残骸が転がっていますとも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>中東の田舎町を旅行してごらんなさい。
いたるところに彼らの残骸が転がっています

大変に興味があります。
どのあたりでしょうか?
教えていただけると嬉しいです。
ノアの箱舟が着いたというトルコのアララト山には、いつか行ってみたいと思っています。

お礼日時:2019/05/26 12:34

>>一神教は全知全能の神がすべてを造り、すべてを支配するのだから、とても安心な世界に思えます。


それなのに超能力を持つ悪魔がどうして存在するのか。

一神教といっても、神は独裁者ではありません。
唯一の神がすべてのものを操り人形みたいに、思い通りに動かすことは、あまり面白くなくて、退屈なものでしょう。その神の望みではないでしょうね。
創造物に自由意思を与えて、それらがどうなっていくか、楽しんで見たくなったのでしょう。
で、自由意思と自由意思を持った存在がいつの日が衝突する。
そして、そこに善と悪が生まれてくる。
天使と悪魔が生まれる。
戦争が始まる。それは、刀や弓での原始的な戦いもあれば、スターウオーズみたいな、宇宙船どうしの惑星間戦争もあったし、破壊されて、砕け散って小惑星群になった星もある。

創造主は、その気になれば、すべてを消し去ることもできるけど、これまでのうん千億年の星々の歴史を考えると、やはりもったいない気もするのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

すべては創造主の箱庭、ということですか。
せっかく作ったのにもったいない、とどこか人間的な創造主。
神は自分に似せて人間を作りたもうたのですから、似ているのは当然かもしれませんね。

お礼日時:2019/05/26 12:29

煩悩かもですね

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仏教的には煩悩ですね。

お礼日時:2019/05/26 12:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング