【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

やはりプロのクラシック演奏家には、パトロンや後援会が付いているものでしょうか?

A 回答 (6件)

例えば、クラシックのヴァイオリニストのCDのジャケットを良くご覧になって下さい。

注目すべきは使用楽器です。

若手でそんなに年収も無いようなヴァイオリニストが、ストラディバリウスとかグァルネリウスを使っていますが、これは企業が○○財団というような組織を作って、楽器を貸与している場合が殆どです。つまり、中世の貴族が見栄でパトロンとして演奏家を養ったように、今は企業がスポンサーになって演奏家をバックアップしています。

ピアニストもコンクールなどのときは、宿舎の近くの海外支店の会議室にピアノを入れて練習場所にしてもらったり、現地出向者に送迎をしてもらったりしています。

いずれにしても、誰かが宿泊や移動をマネジメント(予約とか空港でのアテンドとか)しないといけないのですが、家族では限界があるので、そういった財団の世話になるってことが多いと思います。

私の勤務先は、演奏家ではなく若手ゴルファーのスポンサー(海外遠征とかのサポート)ばかりなので、ガッカリですけど・・・。でもドイツに駐在していた私の同僚のお嬢さんがアリス・サラ・オットさんと仲が良かったとか言っていましたので、企業としてそういった支援(来日したときの案内)をしていたのかもしれません。当然、グラモフォンとかと専属契約すれば、レーベルがマネジメントしてくれるようになります。

このような企業の社会貢献活動は、宣伝には使われませんが、企業の格付けなどの評価には大きく影響するので、大手企業の多くが手を染めていると思います。
    • good
    • 0

No.4 です。



>投資効果を見込んだ上で、更に肉体関係もあるかもしれませんよね?

それは十分あり得るでしょうね。
なので、最近は「クラシックの演奏家」も「ヴィジュアル重視」の傾向があるようです。
    • good
    • 0

いまどき、そんな奇特な方は少ないです。


なので、みんな必死に「コンクール」や「オーディション」を受けまくりです。

そもそも、パトロンや後援会自体、そういう「コンクール」などで優秀な成績をおさめないと付きません。あくまで「投資効果」を見込んでの援助ですから。

運のよい人で、師匠筋や仲間からの口コミでのアルバイト、個人レッスン、学校や市民サークルの「指導」、イベントや宴会場・結婚式場のBGMなどの仕事にありつけますが、ほとんどの人が音楽とは関係のないアルバイト(店員や派遣業など)をしながら機会を狙っています。そういう「下積み」の方をたくさん知っています。
世に出られるのは、本当に実力があり、「ピカリ」と光る「何か」があり、かつ「運」や「師匠」に恵まれた一握りの人だけです。

さらにパトロンやスポンサーがつくのは、その中のこれまた「一握り」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。投資効果を見込んだ上で、更に肉体関係もあるかもしれませんよね?

お礼日時:2020/07/17 16:01

著名人を除き、後援会などないでしょう。

パパならいるかもしらんけど、w
普通は演奏会だけでは食べていけません。スタジオミュージシャンとしてレコーディングの仕事とかヤマハ音楽教室とか、カラオケの打ち込みとか、、ロリンズは土方もやってましたね。クラシックじゃないけど。
    • good
    • 0

パトロンや後援会は聞かないですね。



演奏会だけで生活できない人は、色々な仕事との掛け持ちです。
音大の教員もありますが。

多少名前が出てくれば、プロを目指している人のプライベートの指導や趣味で演奏するアマチュアの指導でしょうかね。
    • good
    • 0

pmtJjtjmtpj 様



職種に関わらず、実力がある と見込まれれば
勝手に スポンサーが付いて来る事は 珍しい話ではないでしょう。

まだ実績がなくとも...将来性が見込まれる「ダイアの原石」を
見つけて、採掘する事を 職業にしている人だって 多くいます。

プロの演奏家でも 人脈の広さと プロモート次第で、様々な
後援者・サポーターなどが 付いて来ると思われます。
芸術家とは言え...やはり 名が売れるまでは、先立つモノが必要ですからネ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング