こんにちは。

最近、専門書ばかりを読んでいたら肩がこってしまいました。

それで、恋愛小説が読みたいと思います。
文章の軽いものが良いです。

◎ライトノベル、BL
◎甘い作品(男性、または攻めが、女性または受けにメロメロ/笑/なのが良いです。
◎文章は軽いけれど、読み応えがあれば最高

条件はこれだけです、お勧めを教えてください。

☆好きな作家☆
小野不由美
舞城王太郎
高田崇史
秋月こお
斑鳩サハラ
吉田珠姫
花川戸菖蒲

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「沖原 朋美 著」


勿忘草の咲く頃に(集英社)
待つ宵草がほころぶと(集英社)
桜の下の人魚姫(集英社)

「本多 孝好 著」
ミッシング(双葉社)
ALONE TOGETHER(双葉社)
MOMENT(集英社)
Fine days(祥伝社)
真夜中の五分前 side-A (新潮社)
真夜中の五分前 side-B (新潮社)

>◎ライトノベル、BL
沖原 朋美さんはライトノベルです。どちらもBLではありません。
>◎甘い作品
どちらも甘さはありますが、ベタベタメロメロではありません。
>◎文章は軽いけれど、読み応えがあれば最高
どちらも当てはまります。
    • good
    • 1

「追伸~二人の手紙物語~」森 雅之


ぜひ、涙してください。
    • good
    • 0

センセイの鞄 川上弘美


肩ごしの恋人 唯川 恵
きらきらひかる 江國香織

をお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小野不由美 リライト版を買いましたか?

小野不由美の「悪霊シリーズ」がリライトされているようなのですが、購入するべきか迷っています。

かれこれ二十数年前、小学生の頃に「悪霊シリーズ」と出会ってからずっと小野不由美さんのファンで、作品は漫画以外はほとんどすべて、新刊が出る都度、購入してきました。
つい最近、「悪霊シリーズ」がリライトされていると、ようやく知りました。
本屋で見かけたときは、ただの新装版だと思ってスルーしてたのですが、リライトだったのですね。
リライトって言葉も初めて知りましたが。

二十年以上熱心なファンだった私も、三十路をとうに越え、主婦になった今、すでに持ってる本のリライトを、しかも一冊1000円以上する本を、6冊も購入する勇気が出ません。
いい大人になった今も、従来の「悪霊シリーズ」は本棚の一番いい位置に並んだまま、もう何度読み返したかしれないというのに……(新刊が出ないから)。
リライト版を読んでがっかりしたくない、というのもあるかもしれません。
リライトの需要があったのもわかるけど、新刊の方がもっと需要あるんでは?とかね。
恥ずかしながら、微妙なファン心理ってやつです。


長くなりましたが、私と同じように、従来の「悪霊シリーズ」が大好きだった方に、オリジナルを持っていてなおリライト版を購入したかどうか聞きたくて、質問しました。

くだらない質問なのですが、買いましたか?
図書館で借りましたか?
そもそも最初から読む気ゼロですか?

私としましては、リライトが麻衣の一人称でないのなら、多分買います。
作中に、「携帯電話」とか出てくるんだったら、買わないです。
読んだ方、よろしかったらその辺も教えていただけるととても嬉しいです。

小野不由美の「悪霊シリーズ」がリライトされているようなのですが、購入するべきか迷っています。

かれこれ二十数年前、小学生の頃に「悪霊シリーズ」と出会ってからずっと小野不由美さんのファンで、作品は漫画以外はほとんどすべて、新刊が出る都度、購入してきました。
つい最近、「悪霊シリーズ」がリライトされていると、ようやく知りました。
本屋で見かけたときは、ただの新装版だと思ってスルーしてたのですが、リライトだったのですね。
リライトって言葉も初めて知りましたが。

二十年以上熱...続きを読む

Aベストアンサー

私は買いました。いろいろとエピソード、キャラクターが追加されていて、私は面白かったです。
特にラストの展開が裏返っていて、印象がかなり変わりました。私が一番よかったなーと思ったリライトは「ゴーストハント6 海からくるもの」でした。
麻衣の一人称で、かつ作中に携帯電話などはでてきません。
じきに文庫でもでると予想されますので、それまで待つのもアリかと思います。
どういうものか読みたければ、図書館で読まれればよいのではないでしょうか?
小野不由美さんとしては、続刊は書かないと以前言われていたので、あまりその線は期待が持てないかと個人的には思っています。

Q皆さんは次の文章を読んでどう思いますか?

読み手に負担を与えないのがいい文章と言いますが、私はこれを読んでいて「あれっ? 」と思うところ(誤字脱字を含む)が多く、いい文章だとは思えないのです。皆さんのご意見をお聞かせください。

>少し話が混み入ってくるが、彼女は、その家に夫婦と一人娘の3人家族の一員だった。その家に、私達母と5人の子供が押しかけ、ころがり込んで同居することになったのだ。

>5人の子供達は一番上が長女で12歳、その下に9歳、7歳、5歳と続き、末はまだ6ヵ月だつた。

>私はこの5人兄弟の真ん中で7歳だった。所は北海道の片田舎、ころがり込んだ家は借家住まいで貧しかった。その貧しい家にさらに貧しい、行き場のない母と子供がころがり込んでしまったのだが、夫婦と娘にとっては、まったくもって迷惑千万な話だった。三毛猫にとっても迷惑なことに変わりはなかったと思うのだが、時間が経つと彼女と我々との関係は少しずつ変化してきた。

(補足)
>少し話が混み入ってくるが、彼女は、

この「彼女」は、「私」(著者)たちが転がり込むことになった3人家族の家で飼われていた三毛猫のことです。

読み手に負担を与えないのがいい文章と言いますが、私はこれを読んでいて「あれっ? 」と思うところ(誤字脱字を含む)が多く、いい文章だとは思えないのです。皆さんのご意見をお聞かせください。

>少し話が混み入ってくるが、彼女は、その家に夫婦と一人娘の3人家族の一員だった。その家に、私達母と5人の子供が押しかけ、ころがり込んで同居することになったのだ。

>5人の子供達は一番上が長女で12歳、その下に9歳、7歳、5歳と続き、末はまだ6ヵ月だつた。

>私はこの5人兄弟の真ん中で7...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど、です。
またしてもすみません。
(決して嫌がらせなどではないということだけわかってもらえればと思います)

質問者さんが疑問を持たれたこの文章を書かれたのがいつ、どんな形でなのか著者はどなたなのか、私にはわかりませんが、

もし雑誌に少しづつ掲載されたものならば、含みを持たせつつ、書いている側もはっきりと着地点を見出せないまま書いたものなのかもしれませんね。

この後のストーリーはわかりませんが、
後から、この兄弟構成が物語に関係してくるものでないなら、尚更そういう事なのではないかなと想像します。
小出しにするのも、
あえて何も触れず想像力を掻き立てるのも、また一つのやり方。かな?と。
単なる想像ですが。

またはあえてはっきりとさせない事によりうまれる何かを期待してそうしたのか…

読み手に負担を与えない、
スルスルと読める本は、凄く読みやすいですよね。あえて難しい言葉や言い回しをする作家さんも居ますし、真逆な、その光景を想像しながら物語に入り込める書き方の方もいます。時代もありますよね、きっと。
私はどちらも好きですが

読み難い作家さんもいますが

読み手がどう感じるのかも
自由、なのが本ですね。

きちんとお礼をくださる質問者さんは真面目で優しい人なのですね。だからきっと、気になる所があったのでしょう。
私は本、ものがたりは、
私にとって趣味でありただの娯楽なので、
ただ、心に浸透して残るのであれば
あまり細かな事は気にならないたちなのかなと思いました。
お相手してくださって、ありがとうございます。

なるほど、です。
またしてもすみません。
(決して嫌がらせなどではないということだけわかってもらえればと思います)

質問者さんが疑問を持たれたこの文章を書かれたのがいつ、どんな形でなのか著者はどなたなのか、私にはわかりませんが、

もし雑誌に少しづつ掲載されたものならば、含みを持たせつつ、書いている側もはっきりと着地点を見出せないまま書いたものなのかもしれませんね。

この後のストーリーはわかりませんが、
後から、この兄弟構成が物語に関係してくるものでないなら、尚更そう...続きを読む

Q読み応えのある小説

『風と共に去りぬ』、『ワイルド・スワン』、『大地』、『アンネの日記』などの、
主人公が苦労を乗り越えるような読み応えのある小説を探しています。
宮尾登美子さんの『蔵』なんかも夢中で読みました。

字がみっちり詰まった、古典的でメジャーな本が理想です。
さらに1冊完結ではなく、数巻に渡る長さだと更に嬉しいです。

おすすめがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは、読み応えのある小説といって真っ先に頭に浮かぶのは『神聖喜劇』大西巨人です。
 光文社文庫で再刊されています。全5巻です。
 この本を読んで「人間の尊厳」というものを深く考えさせられました。
 この本に深く感銘を受けた劇画家が10年の歳月をかけて劇画化したらしいのですが、そちらは残念ながら未読です。
 とにかく読んでみてください。私は読後数日間、作品の余韻に浸ることができました。

Q小野不由美さん好きに質問です

小野不由美さんの小説、十二国記シリーズと屍鬼を読みました。
特に十二国記のストーリーと文体が好きなので、似たような本を読みたいと思っています。

1.屍鬼以降の作品は、おすすめですか?
屍鬼は面白かったのですが、長くて途中つらかった思いもあり、その後の作品に手を付けないままでした。

2.小野不由美さん以外の小説家で、文章の書き方、雰囲気、言葉の選び方などが似ている方がいたら教えてください。
ストーリーの中身は似ていなくても構いません。

3.2に関連して…文体は似ていないけれど、この小説家の文章もいいよ! というおすすめもあれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

十二国記以外の、小野不由美さんで似たような……というのは難しいですね。「過ぎる十七の春」が私は好きです。
文体が……というのはすみません、私はよくわからないのですが、十二国記がお好きであれば、以下がおすすめです。
「図書館の魔女」(高田大介・講談社)YA異世界政争もの。いろいろな要素がもりこまれているけれど、硬質で面白かったです。
「天山の巫女ソニン」(菅野 雪虫・講談社文庫)どことなく韓国っぽい三国の対比が面白いシリーズ。
「夢の上」(多崎礼・中央公論新社C NovelsFantasia)光の神の化身とされる王が統一している王国を舞台とした、ある一時代の様々な人々の生き様を描いた作品。「物語」好きにはおすすめです。
「守り人シリーズ」(上橋菜穂子・新潮文庫)いわずと知れた……ですが、特に二巻が大人にはおすすめです。

Q★☆ミステリー好きに15の質問☆★

僕は最近ミステリーが好きになったばかりのミステリー初心者です。
そんなに数を読んでないせいか、なにを読んでも割に楽しめてしまい、本屋さんに行くと、読むペースが間に合わないのに、あれやこれやと手にとってしまい、部屋の中がミステリー小説だらけになってきました(笑)

で、なにがおもしろいのかって考えると結構いろんな答えが浮かんでくる。
さらにミステリー好きの友人と意見を交わすと、これがなかなかアツイ!!

なんで調子に乗っていろんな方の意見が聞きたいと思い、今回のようなアンケートを作ってみました。

全問答えてくれなくてもよいし、本当におヒマな方だけで結構です。
質問はすべて複数回答可です。(僕の自答も無視してくれていいです)
また、小説のみならず、マンガや映像作品、ゲームなどで答えてくださってもかまいません。

質問は、以下になります。↓

Q1 ズバリあなたにとってミステリーのおもしろさとは?

1.人の生き死にの間に介在する雰囲気・情緒
2.被害者、加害者の中にあるドラマ・愛憎劇
3.作者との間にある一種のゲーム感覚・犯人、トリックの推理
4.パズルのピースが合わさっていくような快感・数学的な明瞭さ
5.犯罪者の心理・犯行動機、もしくは殺人者の持つ猟奇性
6.もともと字を読むのが好きで、中でもミステリーは読みやすい
7.キレ者の探偵役が犯罪者を追いつめていく、いわば勧善懲悪的な部分
8.その他

(僕の自答=1・2・3・4・6)

Q2 長い話と短い話、どちらが好きですか? あなたにとってちょうどよい長さは?

(僕の自答=短い方が好きです。長いと混乱してくるんですorz)

Q3 好きなジャンルは?

1.犯人を推理するのがメインの話
2.トリックを推理するのがメインの話
3.とにかく殺人事件
4.できれば非・殺人事件
5.猟奇性の強いもの
6.猟奇でなくとも怖い話、ビビらされる話
7.サスペンス、ドラマ性の強い話
8.その他

(僕の自答=1・2・3・6・7)

Q4 頷けてしまった犯行動機はありますか?(笑)

(僕の自答=女房を寝取られてカッとなって、とか(笑))

Q5 誰に肩入れしますか?

1.探偵役(刑事等も含む)
2.被害者
3.加害者
4.その時による
5.誰にも肩入れしない、いわば傍観者の立場で読む
6.その他

(僕の自答=4か5)

あなたにとって理想の、
Q6 探偵役は?(あなたが考えたオリジナルでもいいです)

(僕の自答=エスパー魔美。犯罪とは無縁の性格にホッとする)

Q7 犯人役は?(あなたが考えたオリジナルでもいいです)

(僕の自答=美少年。ヤキモチじゃないよ別に)

Q8 今、一番読みたいミステリーは?(具体的でもいいし、現実にないものでもいいです)

(僕の自答=ルパン三世みたいなピカレスク風ミステリー。あったらいいな)

今まで読んだ中で、
Q9 一番おもしろかったミステリーは?

Q10 一番裏切られたミステリーは?
 
(僕の自答=東野圭吾『回廊亭の殺人』。推理も外したし真相があまりにも残酷で)

Q11 一番泣けたミステリーは?

Q12 一番笑えたミステリーは?

Q13 一番怖かったミステリーは?

(僕の自答=ゲームの『かまいたちの夜』。当時まだ十代だったですけどね)

Q14 一番興奮したミステリーは?

Q15 総じて一番心に残ったミステリーを教えてください。

(僕の自答=江戸川乱歩『虫』。いやぁ、なかなか壮絶だったから)



ありがとうございました。
回答は本当におヒマな方だけで結構です。

ちなみに僕の友人は猟奇好きです。
だから僕とは最終的に合わないんだけど、話していておもしろいから不思議です。

僕は最近ミステリーが好きになったばかりのミステリー初心者です。
そんなに数を読んでないせいか、なにを読んでも割に楽しめてしまい、本屋さんに行くと、読むペースが間に合わないのに、あれやこれやと手にとってしまい、部屋の中がミステリー小説だらけになってきました(笑)

で、なにがおもしろいのかって考えると結構いろんな答えが浮かんでくる。
さらにミステリー好きの友人と意見を交わすと、これがなかなかアツイ!!

なんで調子に乗っていろんな方の意見が聞きたいと思い、今回のようなアンケー...続きを読む

Aベストアンサー

40代男です。ちょっとおもしろそうなので参加しに来ました(笑)。

Q1:2、3、4です。

Q2:基本的に短い話。長いと疲れる(汗)。切れ味の鋭い短編が好きというのもありますが。

Q3:1、2

Q4:納得できる動機ではありませんが、横溝正史『獄門島』の動機が好きです。犯人の苦悩を考えると・・・。

Q5:5

Q6、Q7は特に思いつきません。

Q8:積んだままになっている横溝正史の文庫本を読破したい・・・。

Q9~Q13は、パッと思いつきません。その時々の気分で評価が変わったりもするので(笑)。

Q14:二階堂黎人氏の『人狼城の恐怖』。解決編の上梓まで数年かかっており、その間Niftyのフォーラムなどで真相についてたくさんの方々と推理を披露し合ったりすることができたのでとても楽しかった、という点を挙げておきます。

Q15:島田荘司氏の『占星術殺人事件』。日本の本格推理小説における金字塔だと思います。一度読んだら絶対に忘れられないトリック(某「ジッちゃんの名にかけて」推理する少年にもパクられてましたが)、冒頭の猟奇的な雰囲気が鮮やかに解決していく様は素晴らしいの一言。

私は最近の作品をあまり読んでいません。このことが実はQ2に関連していまして、最近はやたら長い作品が多すぎると思うのです。
本屋で推理小説らしき本を見ると、辞典と見紛うほど分厚いものがあったり。
その長さが内容に見合っていれば良いのですが、読んでみると「で、あそこに書いてあったことは真相とどう関係があるんだい?」と言いたくなる様な無駄な記述が多くて嫌になります。

数年前に横溝正史の文庫本を古本で買い集めて再読(30年前の横溝ブームの頃には結構読んでいたので)してみると、すごく読み易いことに感動しました。長編であっても、本を置く間もなくサクサク読めるのです。
文章のどの辺にその読み易さの秘密があるのかわかりませんが、現代の作家もちょっとは見習ってほしいものです。

40代男です。ちょっとおもしろそうなので参加しに来ました(笑)。

Q1:2、3、4です。

Q2:基本的に短い話。長いと疲れる(汗)。切れ味の鋭い短編が好きというのもありますが。

Q3:1、2

Q4:納得できる動機ではありませんが、横溝正史『獄門島』の動機が好きです。犯人の苦悩を考えると・・・。

Q5:5

Q6、Q7は特に思いつきません。

Q8:積んだままになっている横溝正史の文庫本を読破したい・・・。

Q9~Q13は、パッと思いつきません。その時々の気分で評価が変わったりもするので(笑...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報