「80年代の音楽は苦手で・・・」と書いちゃうことがあるんですが、好きなアーティストが80年代に出したのならきいてます。
80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけるとうれしいです。
このころの音楽が大嫌いな方、大好きな方、みなさん。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

好き 音楽」に関するQ&A: にわか音楽好きの私にエリッククラプトンのchange the worldのような落ち着いた雰囲気の名

人気 キーボード」に関するQ&A: ATOKってキーボードのことですか? Simejiと比べてどちらが人気がありますか?違いってなんだろ

ブラジル 鳥」に関するQ&A: 若鳥もも肉は、なぜブラジル産が多いのか

六本木 事件」に関するQ&A: 六本木鉄パイプ落下死亡事件の法的責任 件の事故と似たようなケースでご質問です。 例えば組み立てた

LINE ブラウン」に関するQ&A: 皆さんは、LINEキャラクター(ブラウン、コニー、サリー、ムーン、ジェームズ、エドワード、ジェシカ、

ラブライブ とは」に関するQ&A: 勉強途中にラブライブのえりちの絵を模写してみました。自分としては上手く描けたと思うのですがどうでしょ

LINE 非公開」に関するQ&A: LINEについてです。 友達にタイムライン非公開にされました。 確かに昔友達にはひどいことをしてしま

ラブライブ 映画」に関するQ&A: ラブライブの映画に出てくる曲は何曲ですか? また、その題名を全部教えて下さいませ。

ラブライブ 名前」に関するQ&A: このキャラはなんのアニメでなんという名前ですか!わたしにはラブライブの花陽ちゃんに見えるのですが違い

ラブライブ 友達」に関するQ&A: ラブライブ!ヲタクと友達になってもいいと思いますか?

A 回答 (53件中31~40件)

>kinoataさんて年下かと思ってたんですけど


僕は77年10月生まれなので、同年代ですね。

リアルタイムで経験している皆さんの話を元に推測するに、やっぱりMTVの出現による商業化というのは大きなポイントになっているみたいですね。流行を作っていくのはメディアであると。

しかしテクノなどこのころ成長していく音楽もまた見逃せないっすよね。僕はテクノは全然知らないのですが(最近ようやく興味を持って聞き始めるようになりました)(苦笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
>僕は77年10月生まれなので、同年代ですね。
ですね。よろしくお願いします(笑)。

MTVがあるのとないのって相当違うんでしょうね。つけっぱなしにしておけばいつか気に入る曲が流れてきて(こないことももちろんありますけど)、画面をみれば曲の名前とかアーティストがうつってるんですから。らくちん。(・・・そういう問題なんでしょうか)

R.E.M、高校のころ大好きだったんですけど、CDもってなかったので買ってきました。なつかしい・・・。最近そのころに聴いてたCD買いなおしてます。ほとんどレンタCDやさんでかりたのをテープにとってきいていたので。 

>しかしテクノなどこのころ成長していく音楽もまた見逃せないっすよね。
そうですね。最近で一番新しい音楽といえば、この分野なんでしょうか。わたしもごく最近CD買って聴き始めるようになりました。みなさんにおすすめしてもらってます。ほんとこのサイトの存在を知っていてよかったと思います。そして、みなさんと同じ時期にここにこれたことがとっても幸せだと思います。ううう。(泣)。

お礼日時:2001/09/03 03:38

あ~、遅くなりました。


このところすっかり出不精になってしまって(笑)。

80年代となると、私の場合はプリンスに尽きますな。
「1999」の頃はまだそれほど真剣に聴いておらず、「Purple Rain」が出たときも、一番いいところを前にしてフェイドアウトしてしまうシングル・エディットを聴いてしまったので、鬱陶しい曲としか初めは思わなかったのですが、'85年のグラミー賞のステージでトリを務めたのを見て(演奏したのは「Baby I'm A Star」)、「ああ、こりゃ本物だ」と思いましたよ。

この人が(少なくとも80年代に)やったことというのは、私に言わせれば、音楽から如何に贅肉を削ぎ落とせるかといった試みです。「When Doves Cry」のアレンジなんて、あの音数を考えても凄いもんです。「Kiss」に至っては、エコーすら無くなった(笑)。90年代に入ってからは、ちょっと時代とずれが生じ始めた感もありますが、それでも私はOK。80年代に関する限りは、この人がいなかったら、本当につまらなかっただろうな~、とシミジミ思います。

Michael Jacksonは、'82年に『Thriller』が出たとき、大抵の人は(私を含めて)前作の『Off The Wall』の方が良い、と言ってたはずですが、いつの間にかその辺がうやむやになっちゃいましたね。ですから、この頃から「音楽」が「音」だけじゃなくて、「映像」とかも含めた総合評価になってきちゃったということですな。

あと印象的だったのは、
Steve Winwood 『Back In The High Life』(1986)
Peter Gabriel 『So』(1986)
もう終りの方ですが
The Pogues 『If I Should Fall From Grace With God』(1988)
Van Morrison 『Avalon Sunset』(1989)
なんてところ。う~、所謂80年代のアーティストってのは少ないな・・・。

そうそう、Band Aidって嫌いだったんだ。「活動」じゃなくて、あのシングルの話。出来の悪い曲としか思えないし、詞の(傍観者然とした)視点が嫌い。USA For Africaも、早い話がみんなで渡れば怖くないという曲だし。殆ど盛り上がらなかったけど、Little Stevenが声をかけた'86年の「Sun City」という反アパルトヘイトのプロジェクトで、ようやく「俺は(金を積まれても)Sun Cityじゃプレイしないぜ!」というアーティスト「個人」の意思が、歌詞として出てくるのね。私はこういう方を一万倍支持するのよ。

確か'79年頃に六本木のウィナーズというBlack専門のレコード店で、初めてRapの12インチというのを見て、とにかくこれが一番新しい、みたいなことが書かれていて(まだ「ラッパーズ・ディライト」とかも出てなかったと思う)、新しもの好きの私としては、すかさず箱の前の方にあったタイトルのものを2枚ほど買って聴きましたが、・・・つまんなかったな~(笑)。というか、運悪く2枚ともハズレの盤を選んでしまったということですが。でも、そう思いながらも、これは音楽が生き延びて行くためのひとつの方法かもしれないな、という漠然とした思いだけはありましたね。これを当時から公言してれば大きな顔できたのに、自分の胸だけにずっとしまっておいたから「ウソつけ」と言われてしまう(笑)。

何でこんな事を長々書くかというと、その70年代末から始まったRapですが、80年代くらいまでは、今のものとちょっと違って、とにかく自分の言いたいことを言う、言ったもん勝ち、みたいな世界だったのね。で、上記の「Sun City」は、個人の主張の象徴として、ちゃんとRapから始まるのでありました。

'85年に「Live Aid」ってのを中継でやったけど、あれで一番良かったのは、終盤の方でホール&オーツが終わった後、彼らがそのままバックに回ってミック・ジャガーのステージをサポートするんだけど、ミックのバックをやっている彼らの顔が本当に嬉しそうだったのね。「活動」とかそういうのとは関係なく、ミュージシャンとしての素直なリスペクトの念が溢れていて、あそこは好きだったな。

・・・ということで、ただの80年代雑感になってしまいました。

荒井由実、松任谷に変る前というより、リアルタイマーとしては、『14番目の月』でダンナのアレンジが変り始めたという印象がありましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもー。お世話になってます。

いつもありがとうございます。ふんふん、そうなんですね・・・。いろいろきかないと。

>・・・ということで、ただの80年代雑感になってしまいました。
そんな感じがいいです。

>荒井由実、松任谷に変る前というより、リアルタイマーとしては、『14番目の月』でダンナのアレンジが変り始めたという印象がありましたね。
はあー、なんでかわっちゃったんですかね。もとのほうがいいのに。

どうもありがとうございます。お体に気をつけて・・・。

お礼日時:2001/09/03 05:06

キャンディーポップスですね



・ABBA
・NEWTON-FAMILY
・NOLANS
・DOOLEYS
・ARABESQUE
・DADDY-O
・DOLLY DOS
・TRIX
など、 女性ボーカルグループがすごかった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーんABBAしか知らない・・・。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 21:07

Hounds of Love / Kate Bush



ハマってました。いや、ふと思い出したもので...。珍しく参考URLも完備(笑)。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=2898
http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1149282 …

いやー、これも名盤!!、って連発し過ぎで、だんだん信憑性が薄れつつありますが...(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっ、なまえはしってます。
名盤はたくさんありでしょう。薄れてないです、だいじょうぶです。

お礼日時:2001/09/02 21:20

80年代といえば、ちょうど青春時代でした。


洋楽のミーハー派にとっては、今より、80年代のほうが、みんなが知っている歌
って多かった気がします。
あの頃は、MTVの時代だけあって、洋楽のヒット曲を聴けば、すぐビデオクリップのシーンが浮かぶほどでしたもんね。
マイケルやマドンナ、シンディ・ローパー。
ウィアーザワールドとかなつかしいですね。
ワムとかデュランデュラン、スパンダーバレエ、カルチャークラブとか英国系男性
グループの歌もメロディの美しい歌が多くて好きでした。
フィルコリンズ、エアサプライ、メンアットワーク、ホールアンドオーツ
あたりも好きだった。
70年代ほど濃い時代背景はなかったけど、キャッチーで美しい曲が多かったなあ。
そう思いませんか?
ちなみに、私は名前のとおり、ホイットニーのファンです、はい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そう思いませんか?
あまり知らないもんですから。しかも、基本は「苦手」なので・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 21:09

そう言えば80年代初頭はパット・メセニー&ライル・メイズの「As falls Wichita, So Falls Wichita Falls」なんかを聴いていて「おお環境音楽ってのはこういうものか。

」などと勝手に感心してましたわ。でも今聴いても「いいなあ」と思うってことはやっぱり名盤だったのか…とつくづく思うんですがね。
年寄りの私はほかの回答者さんたちの回答を見ているうちにだんだん思い出してくるのですじゃ。
ジャケット買いでブレンダ・ラッセルにハマってしまったり、(ジャケット買いすると大抵当たりなんですよ。ガル・コスタもジプシー・キングスも買うまで聴いたことなかったし)いろんなジャンルに首を突っ込んでおりましたなあ。
いっぱいいましたよ。80年代には。ジョー・ジャクソンの「Night and Day」とか、マーク・ジョーダンの「Blue Desert」や「Live」とか。
そうそう私も松任谷由実より荒井由実の方が好きなんじゃて。なんか結婚してからはアレンジャー(旦那だっけ?)がパクることパクること。イントロでいきなり「Tears For Fears 」だったりするでしょ。荒井由実時代の方がオリジナリティーあったなあ。
そうそう80年代と言えば日本が世界に誇るウォークマンの大ヒットと共にYMOも売れてましたなあ。黄色いジャケットのデビュー・アルバムは今聴いても「あっテクノってカッコいいんジャン」て思わせるところありますよね。あのころ電車の中でウォークマンを頭に付けていると、多くの客の視線を感じてひとり顔を赤くしていたうぶな自分を思い出しますなあ。
おおおお、そう言えばフィル・コリンズの「QPちゃんジャケット」の「No Jacket Required」も流行っておったじゃあありませんか。85年ですよ。80年代のど真ん中。
おじさん、おばさんたち、忘れてしまったかいな?
パティー・オースティンのボーカルや、イエロージャケッツでロベン・フォードのすごさを知ったのも80年代じゃ。結構80年代も捨てたものじゃなかったでんな。
どう思います。オジサン、オバサン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そなんですか。思い出してくださいじゃ。
>なんか結婚してからはアレンジャー(旦那だっけ?)がパクることパクること。
誰のをぱくったのか存じ上げませんが、とにかく荒井がいいです、はい。
YMO、いいんですか。きいてみよう・・・。
うーんぜんぜん知らない。ううう。

お礼日時:2001/09/02 21:26

beavasさんの御指摘の通り、だんだん収拾つかなくなりつつあるようですね。

(笑)

>pirorikinさんおすすめは非常に気になりますって。
私が挙げるヤツは、かなり偏っているかと思いますのでご注意を!!。(笑)
あまり信用なさらない方がよろしいかと....。

>わたしがですか?それとも松任谷由実が?
松任谷さんが、って意味だったんですが。

>わたしだとしたら、松任谷由実は好きじゃないんです、「荒井」由実が好きなんです。
ひょー、む、難しい話でごさいますね。うーん、なにやら深いこだわりがおアリのようで。

>それこそポリスとスティングですよ。
むー、一瞬ワカったような気配を遠くに感じる....。

>>#ところでpirorikinさん、PCOはそんなに流行ったんですか?
へへ、そうですね。書いてから「PCOだけ異質だったかな?」と、ちょっと反省しましたです(笑)。下にも書いた通り、東京だけ、或いは港区だけ(笑)とか、そんな感じだったかと思います。

>>当時私は流行っている流行っていないに関わらずマニアックに日本のポップスを聴いておりました。
そうですね。確かに80sに入ってから「聴ける邦楽」が増えたような感がありますね。80sの冒頭の日本と言えばテクノポップ(YMOね)全盛でしたね。私、YMO自体はちょっと斜に構えて見てましたけど(笑)、坂本龍一氏のSoloとかは結構聴いてました。「音楽図鑑」とか「戦メリ」とか、かなりのスグレものだったかと。マライア組が参加したKazumi Bandなんつーのもカッチョ良かったなー。って、だんだん話が込み入ってくるのでここらで止めますが(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>beavasさんの御指摘の通り、だんだん収拾つかなくなりつつあるようですね。(笑)
いいんです、はなから収拾なんかつけるつもりありませんから(笑)。みなさんのご意見をききたかっただけなので・・・。なかなかこんな話、日常生活でできないんでねえ。まわりのひととは趣味がずれてるんです。だからここくらいですよ、こんなに話の通じる人たちいるのって。だからお許しを・・・。

baianさんきたらそっこーでしめますから。でも来そうな人ってだいたい決まってません?あとは皆さんの再カキコで占有されると思うんですが。というか占有されたい?
baianさん、おまちしてますわよ・・・。

>私が挙げるヤツは、かなり偏っているかと思いますのでご注意を!!。(笑)
pirorikinさんはひじょうによいテイストをお持ちだと思ってますっ。

>松任谷さんが、って意味だったんですが。
あっ、すいません。やっぱりカン違い。

>ひょー、む、難しい話でごさいますね。うーん、なにやら深いこだわりがおアリのようで。
いえ、別にそんな深くないデス。ただ荒井時代の方が好きなだけでっす。大げさに言ってみただけでーす。

>むー、一瞬ワカったような気配を遠くに感じる....。
そんなもんです(笑)。

>って、だんだん話が込み入ってくるのでここらで止めますが(笑)。
えっ、とめちゃうんですか!とめないでください!
というわけで、おイヤでなければまたいらしてください(笑)。

お礼日時:2001/09/02 12:43

ヘヴィーメタルはハ-ドロックから


派生したものなんじゃないでしょうか。
明確な区別はできないと思います。
実際この手の音楽は
『HR/HM』と表記されることが多いと思います。
もともと日本人はジャンル分けするのが好きみたいで、
海外ではそういう区別はないんじゃないでしょうか。
メタリカの『Master of Puppets』は全米チャートで
Top40ですよね。
日本のレコード会社は
メタリカのデビューアルバム『KILL‘EM ALL』
が『過激過ぎる』という理由で手が出せない状態だった
みたいですから。
今では考えられないことですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーんメタリカ好きじゃないからわからないんですねー。
区別はないんですか。

お礼日時:2001/09/02 11:29

もう一度カキコのLucksです。

どうもみなさん80年代をバブルと重ねているようですが、日本はそうでもこの時期アメリカは大不況時代ですよ。貧富の差が拡大していったときです。
Guns n' Rosesの「One In A Millon」なんかがその雰囲気をもっていって、まさに80年代です。
裕福な層は耳に心地いいハードポップやAORなどを買い、そういった連中に不満を持っている貧しい層で白人はメタル/へヴィロックに、黒人はラップにという感じだったと思います。
いまではラップ系の音楽は聴かなくなりましたが、この時代のラップには「怒り」が感じられるヤツが多いので好きです。ICE-TやN.W.Aとかですけどね。

88年、89年には普段めったにメインストリームにでることのないバンドがヒットチャートにでてきましたね。メタリカの「Master of Puppets」がTop40に顔を出したときには目が点になりました(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますー。どんどんカキコしてください。
>日本はそうでもこの時期アメリカは大不況時代ですよ。貧富の差が拡大していったときです。
あっ、意外な事実が!そうですねえ、今日本不況ですけどちょっと前まではアメリカは好景気だったんですよね・・・。(そうでしたよね?)こんな分析をするにも教養って必要ですね。新聞とろうかな。どこのにしよう(笑)。日経あたりがいいかなあ。

>メタリカの「Master of Puppets」がTop40に顔を出したときには目が点になりました(笑)
ビルボードのチャートですか?それとも日本のチャート?

またカキコお願いしまっす。

お礼日時:2001/09/02 09:00

そうそう忘れてました。

聴くべき洋楽がありました。
海の向こうのアメリカをずっと過ぎて地球の裏側の音楽、そうブラジルの歌姫「ガル・コスタ(Gal Costa)」に夢中になっておりました。こっち側の「小野リサ」もいいですが、ガルの音楽性の幅の広さと歌唱力にはかないません。
もっと日本でもメジャーになっていい歌手だと思うんだけど。そういえば清水靖晃と共に夢中になっていたのが「大貫妙子」。「Aventure」今でも新鮮!!!
あの頃ロック好きの私は音楽好きに変わって行ったんだっけ。
でもアメリカの音楽も聴いてたよ。年取ってるからだんだん思い出してくるんだ。「チャカ・カーン」の「What cha' gonna do for me」、正確には'79だけど「ジョン・ホール」の「Power」良かったよ。「Dance With Me」より好きだな。
誰か「リビー・タイタス(Libby Titus)」のこと知ってる人いますかあ?
確か「The Night Took Me to Barbados in my Dream」とかいう(うろ覚え)曲が良かった。誰か知らないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>海の向こうのアメリカをずっと過ぎて地球の裏側の音楽、そうブラジルの歌姫「ガル・コスタ(Gal Costa)」に夢中になっておりました。
ブラジルいいですよねえ。こんどポルトガル語はじめようかと思ってるんですよ。でもスペイン語のほうがいいですかね。どう思います?

ガル・コスタって80'sに出てきたんですか?・・・実はいまだにきいてないんです・・・。近くの図書館においてなかったんです。今日はおっきいとこに行く予定なので、あることを願い。なかったら買っちゃおうかな。masmasさんガル・コスタ相当好きですねえ。

>「チャカ・カーン」の「What cha' gonna do for me」、
いいですねー、いいですねー。すきすき。

>誰か「リビー・タイタス(Libby Titus)」のこと知ってる人いますかあ?
わたしは存じ上げません。お役に立てなくって・・・。

お礼日時:2001/09/02 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q80年代の曲でオススメは??

よく、洋楽は80年代のころが良いと聞きます。自分も聞いていて良い曲は結構80年代が多いなあと思います。そこで、他にも80年代の曲を聞いてみたいと思いました。そこで、なにか80年代のオススメの曲はありませんか??よろしくお願いします

Aベストアンサー

私も
>'80年代の音楽は中身がない
派で御座います。

#10がIQ低めで攻めているので
私はあえてIQ高め?に挑戦してみます。
■トーキング・ヘッズ「リメイン・イン・ライト」
■ピーター・ガブリエル「4」
ともに1980年のアルバムだったと思います。
アフロビートを取り入れた最初のロックアルバムとして
誉れ高い2枚ですね。
80年代は、一方でMTVの時代であった訳ですが
もう一方でリズムが多様化した時代であったと思います。

IQ高めだと私には無理があるので
あとは、個人的に80年代にドップリ浸かっていた
U2とXTCを挙げておきます。
■U2「WAR」
■XTC「ENGLISH SETTLEMENT」

蛇足ですが
下の回答では、70年代の曲がたくさん交じってないかい?
よって、どうせ遡るなら70年代から
いや、せっかくならビートルズまで戻るのはどうでしょう?

Q70年代~80年代でドラムがカッコいい音楽

70年代~80年代(国内海外不問)で、ドラムがカッコいい音楽で、なおかつできればインスト曲を探してます。インスト曲が難しければドラムがカッコいい音楽を教えてください。あまりに茫漠とした質問で申し訳ないのですが、皆さんのお勧めをおすそ分けしていただけると大変うれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

The Power Station ロバートパーマー、シックのドラマーのトニートンプソン、デュランデュランのジョンテイラー、アンディテイラーによるスーパープロジェクト。1985年 ドラムは詳しくないですがなんだかかっこいいです。

試聴はここからアルバムごとどうぞ。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007VRRVC/qid=1121004551/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-1443782-9076224

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007VRRVC/qid=1121004551/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-1443782-9076224

Qあなたの好きな80年代の音楽を教えてください

「80年代の音楽は苦手で・・・」と書いちゃうことがあるんですが、好きなアーティストが80年代に出したのならきいてます。
80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけるとうれしいです。
このころの音楽が大嫌いな方、大好きな方、みなさん。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
>80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけると

私が80'sで衝撃を受けたのは
JAPAN、DuranDuan,スクリティポリティ、バグルス、パワーステーションそしてフィルコリンズのドラムの音ですね。

大きな特徴としてこの時代の音楽には「空気感が無い」と言う事だと感じます。
それまでのイナタイ「演奏の空気感や、グルーブを見せつけられるもの」から「アイデア重視」のバンドが目立って活躍したと思います。

そしてそれまでのチープでクリアで無い(当時はそう感じ始めていた)70'sの音よりもっとスタジオの設備を駆使し、各楽器が完全に分離されて低域の輪郭はクリアになり音圧も増し、ハイエンドがスーッと伸びた感じのサウンドはこの頃から始まりました。
実際ドラムキットをそれぞれかぶらないよう別々のチャンネルに録音する手法が定着し始まったのはこの頃です。
言うまでもなくシンセ、やサンプリング、うち込みと言った、今では当たり前のことがすっかり定着したのもこの時代。
ハードロックもこの時代からサウンドがタイトになりました。

打込みが入ってきた事によりドラムのフレーズもこの時代は非常にシンプルで音に隙間がありますね、演奏そのもののかっこよさで曲を成り立たせる必要がなくなったのです。
『マテリアルガール』等のようにバンドの演奏に混じって一番主要で肝心なフレーズだけをシンセが弾く、というのも当時結構流行り始めました。

それとDuranDuranの『リフレックス』やポリスの『見つめていたい』などの衝撃的、非現実的なビデオクリップも目立ちました。

そういった事により演奏者の顔が浮かんだり、雰囲気を再現するこよりももっと、非現実的で抽象的なサウンドイメージを創る事が可能になりました。
スクリティなど、実際に人間が演奏するのはあまりに不自然なフレーズの連続で曲がしっかり成り立ってます。

そんな空気感排除全盛時代にあってパワーステーションやフィルコリンズの空気感をギミックで強調した『あの』ドラムの音は腰が抜けそうにビックリしました(今でも)。

そんな事が90'sに入ってから急速に飽きられてまた自然で空気感のある汚れたサウンドに戻っていったわけです。
すみません長くなりました。

こんにちは
>80年代の音楽の特色や、その特徴を顕著に表している曲も挙げていただけると

私が80'sで衝撃を受けたのは
JAPAN、DuranDuan,スクリティポリティ、バグルス、パワーステーションそしてフィルコリンズのドラムの音ですね。

大きな特徴としてこの時代の音楽には「空気感が無い」と言う事だと感じます。
それまでのイナタイ「演奏の空気感や、グルーブを見せつけられるもの」から「アイデア重視」のバンドが目立って活躍したと思います。

そしてそれまでのチープでクリアで無い(当時はそう感...続きを読む

Q80年代の音楽は「エイティーズ」、では今流行っている音楽は何と呼ぶ?

すっごい素朴な疑問で恐縮なのですが・・・・

1950年代に流行った音楽は「フィフティーズ」と言いますよね。

同様に、
60年代は「シックスティーズ」
70年代は「セヴンティーズ」
80年代は「エイティーズ」
90年代は「ナインティーズ」

と言いますね。
ラジオでも「今日はエイティーズの音楽を特集します」などとDJの方はおっしゃいます。

では、2000年に突入してから流行っている音楽(2000年~2009年)については
後々になんと呼ぶのでしょうか?

以前からずっと思っていた疑問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。再度失礼致します。

先日の回答がうろ覚えかつ中途半端な感じになってしまって
申し訳無いので(苦笑)少し調べてみました。

2000年~2009年の呼び方については
2000年に入ってから海外でも問題になり(笑)
色々な呼び方の候補が挙がって、その中から
世論調査やインターネット投票が実施されたそうです。

まずその時、挙がった候補として
「Noughties(ノウティーズ)」「Naughties(ノウティーズ)」
「noneties(ノンティーズ)」「zeroes(ゼロズ)」「oughts(オウツ)」     「nothings(ナッシングス)」「Oh-ohs(オーオーズ)」   
「Earlies(アーリーズ)」「2Ks(トゥーケイズ)」等が有り

アメリカでは「Naughties(ノウティーズ)」「2Ks(トゥーケイズ)」
が上位に
イギリスでは「zeroes(ゼロズ)」「Oh-ohs(オーオーズ)」
が人気が有ったそうです。

そしてやはり2000年代という事で、
2が入った「2Ks(トゥーケイズ)」
は何れの国でも安定した票を集めたのだとか。
しかし、何れもコレといった決め手が無く
未だハッキリとした呼び方は決まっていない様です。

ちなみに、この中に有る「Naughties(ノウティーズ)」
を使っているのを時々見かけますね。
ですが、未だ一般的に浸透しているとは言えないですし
これで定着するかも未だ今は判らない状況です。
もしかしたら土壇場になって、
もっと良い呼び方が出て来るかも知れないですしね(笑)。

きっとこの問題って今度は2010年代をどう呼ぶか?
って続いて行くのでしょうね(笑)

以上、あまり参考にならなかったらゴメンナサイね。

おはようございます。再度失礼致します。

先日の回答がうろ覚えかつ中途半端な感じになってしまって
申し訳無いので(苦笑)少し調べてみました。

2000年~2009年の呼び方については
2000年に入ってから海外でも問題になり(笑)
色々な呼び方の候補が挙がって、その中から
世論調査やインターネット投票が実施されたそうです。

まずその時、挙がった候補として
「Noughties(ノウティーズ)」「Naughties(ノウティーズ)」
「noneties(ノンティーズ)」「zeroes(ゼロズ)」「ough...続きを読む

Q80年代ファッション、本格的に火がつかないのは何故?

2000年あたりから、80年代ファッションのリバイバルがきていますが、いまだに静かなブームという感じで大ブームにはなっていない感じですよね。
90年代の70年代ブームも、本格的に火がつくまでにだいぶ時間はかかりましたが、いまいち80年代のリバイバルって波にのらない感じがしますね。
個人的には70年代のダサさも80年代のダサさもいい勝負だと思っているので、そういう「ダサいもののリバイバル」という点では70年代のリバイバルだけが盛んというのも変だなあと、思います。
単にファッション的なノスタルジーや懐古趣味という点の他に、バブル経済の反省から80年代というものが忌み嫌われているのでしょうか。

Aベストアンサー

80年代ファッションって、下手すると、
物持ちの良い40代50代のご婦人が、
久しぶりのお呼ばれのときなんかに
タンスの奥から引っ張り出して着ていたりします。

つまり、一部で現役のファッションなんです。

必然的に、見るからに流行に疎そうな人々が
80年代ファッションを身につけているイメージが
植え付けられてしまうために、オシャレにこだわる人にとっては
「ださい」を通り越して「恥ずかしい」代物になってしまって
いるのではないでしょうか。

80年代に放送されたドラマの再放送を見ると
女性は皆、アメフトの選手かと見間違えるほどに
分厚い肩パットの入った服を着ています。
今、あれを着るのは、かなりの勇気がいりそうです。

Q80年代のアーティストなんですが

確か、アーティスト名は、フラリッポリッヒだったと思います。

サビの部分は、It should not be like that ~と、何度も繰り返しています。

曲名を教えて下さい。

もし、お分かりでしたら、その曲が入っているアルバムも教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

懐かしいですね。Fra Lippo Lippi。12インチを持っています。
オリジナルに曲を追加しています。お探しの曲は2曲目です。
http://www.amazon.co.jp/Songs-Fra-Lippo-Lippi/dp/B000BKDOE8/ref=ntt_mus_ep_dpi_1

Q80年代は特殊な時代なのだろうか?

音楽やファッションにおける最近の80年代ブームも、
そろそろ定着してきた感があり、以前のように
「80年代=暗黒の時代」というような風潮もなくなりつつ
ありますが、しかし80年代って他の時代に比べて異様な感じがしますよね。
かっこいいものはかっこいいんだけど、ダサいものはすさまじくダサいという風に。
ブームにはなったものの、やはりダサさは否めないという風な盛り上がりだったような気がします。
一体、80年代の異様さというのはどこからくるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
あなたが80年代を特殊な時代だと感じる理由、ダサさが否めないと思える
理由についていっぺんにお答えします。
ただし私なりの考えですが・・・。

いま私たちが継承している流行音楽の中には、80年代に基礎を作ったものがかなり
たくさんあります。それはホントに異様なほどです。
まずは、シンセサイザーという楽器によって始まった打ち込み系音楽。
MTVによってもたらされたビジュアル的音楽鑑賞。
ウォークマンで聴く個人主義スタイル。CDによる全面デジタル化。
ラップミュージックの台頭とサンプリング手法の発明。
まだまだありますが、これらはほとんどがテクノロジーの進化によって
もたらされたものですよね。
それ以前の時代にはこんなものありませんでした。
つまり、元祖で始めた人たちの作品の中には、すさまじくダサいものがあっても
仕方がないと思うのです。いま私がパソコンを使って「こんなことできるよ」と
自慢してみても、20年後の人が見たら笑い出すかも知れませんよね。(笑)
おそらくダサいものほど、最新テクに翻弄されてた可能性があるんじゃないでし
ょうか。

さて、60年代や70年代までの若者文化は、一言で言うなら"ANGRY YOUNG MEN" の
時代だったと思います。
それが80年代に入って突如、個人バラバラの自己主張を楽しむ時代に変貌します。
「オタク」という言葉も、この時代に生まれました。もちろんそれ以前の時代にも
「マニア」と呼ばれる人たちは存在しました。でもそれはむしろ特権階級として
憧れられる呼び名だったと思います。
そして若者は反体制よりは体制の側に棲み、コンサバやトラディッショナルといった
格式にも美点を見い出すようになります。それがブランドブームに発展し、やがては
信仰とさえ呼ばれるようになります。

そう見るとなんだか金まみれ欲まみれの時代のようにも見えますが、じゃあ今と
何が違うかと聞くと、あんまり違わないような気もします。
どうでしょう?私から見ると、80年代が特別浮いてるような感じってないんです。
確かにそれ以前とは一線を画すものがあるとは思いますが、今あるものの始まりの
時代だったんじゃないかというのが、私の見方です。
ただ、私は評論家でも社会学者でもありませんので、あくまでも一個人の意見と
して受け取っていただけるとありがたいです。
長くなりましたが、こんへんで・・・。

こんにちは。
あなたが80年代を特殊な時代だと感じる理由、ダサさが否めないと思える
理由についていっぺんにお答えします。
ただし私なりの考えですが・・・。

いま私たちが継承している流行音楽の中には、80年代に基礎を作ったものがかなり
たくさんあります。それはホントに異様なほどです。
まずは、シンセサイザーという楽器によって始まった打ち込み系音楽。
MTVによってもたらされたビジュアル的音楽鑑賞。
ウォークマンで聴く個人主義スタイル。CDによる全面デジタル化。
ラップミュージックの...続きを読む

Q80年代のUK音楽

80年代のUK音楽のジャンルや特徴教えてください。
あと80年代に起きたUKとUSの音楽の違いを表した事例(例:UKで成功してたけどUS行ってうけなかったバンドなど)知ってる方お願いします!!

Aベストアンサー

80年代初頭は
パンク・ニューウェーヴの拡散や商業化の時代、といった印象があります。
不機嫌な若者向けに音楽をやっていたパンクミュージシャンの中から、音楽的な才覚を表す人や音楽を売ることに熱心になるひとも出てきました。

また味付けを薄口にして万人向けの商品にしたてよう考える人々も増えました。
デュランデュランやアダム・アント、バウワウワウなんかはそそのような人々によって作られた音楽だと思います。

和音が出せるシンセサイザーが普及したのもこの頃です。
それまではプロでも単音かせいぜい二音しか出せない楽器でがんばっていたのです。
で、数年間でシンセやシークエンサーの性能が爆発的に上がり、これを利用する音楽が増えました。
レコードプレイヤーを利用したスクラッチがロックやポップスに取り入れられるようになったのもこのころです。

そのちょっと前まで典型的なオールドウェーブのひとつと考えられていたイエスなんてバンドがニューウェーブ畑出身のトレバー・ホーンをメンバーに迎え、サンプル音源を駆使したキャッチーなサウンドで再生した、なんてことがありました。
ジャズ畑のハービー・ハンコックにもシンセやスクラッチ、サンプラーを駆使した「ロックイット」なんて大ヒット曲があります。

MTVの放送開始に伴い、ミュージックビデオが一般化しました。
プロモーション、まさに音楽を売るための主要なツールとしてビデオが活用されたのです。
それまでは、ライブ活動とラジオが主要なプロモーションだったのですが、ミュージックビデオの一般化がここで一気に音楽市場を広げたような気がします。

パンク・ニューウェーヴ系から大きなムーブメントとなったものに、第三世界の音楽の引用、利用です。
トーキングヘッズ(アメリカのバンドです)はもともとへなちょこなファンク風味のフォークロックが身上のアーチストだったんですが、アフリカのリズムを取り入れたアルバム「リメインライト」でブレイクし(もともと人気はそこそこありました)、これと並行したり後追いしたりでいろいろなミュージシャンがアフリカの各民族の音楽やアジアやラテンやバングラビートや原点回帰的にアイリッシュトラッドなんかを取り込んだ音楽作りをするようになりました。

そう言えばレゲエやスカを演奏するバンドが増えたのも80年代初めからです。
HIP-HOPもそうなんですが、リズムそのものに重点を置いた音楽が注目されるようになった、ということかもしれません。
80年代の半ば、腐っていたエアロスミスの再生のきっかけはHIP-HOPミュージシャンRun-D.M.C.によるヒット曲(お説教-ウォークディスウエイ)の再利用でしたね。


総体的に、UKのほうが音楽についての実験的な取り組みは多かったと思います。
アメリカで大して売れなかったバンドがイギリスやヨーロッパで評価されることもままありました。
アメリカにも実験的な音楽を演奏するミュージシャンはずっと存在したのですが(古くはベルベットアンダーグラウンド、フランクザッパから80年代ではディーヴォやレジデンツ、アート・リンゼイ等)もっと多きなマーケットに隠れていたか埋もれていたかしていたんですね。
やっぱり売れていたのはTOTOやナイトレンジャーやジャーニー、ヴァン・ヘイレンなんかだったんです。

80年代初頭は
パンク・ニューウェーヴの拡散や商業化の時代、といった印象があります。
不機嫌な若者向けに音楽をやっていたパンクミュージシャンの中から、音楽的な才覚を表す人や音楽を売ることに熱心になるひとも出てきました。

また味付けを薄口にして万人向けの商品にしたてよう考える人々も増えました。
デュランデュランやアダム・アント、バウワウワウなんかはそそのような人々によって作られた音楽だと思います。

和音が出せるシンセサイザーが普及したのもこの頃です。
それまではプロでも単音かせい...続きを読む

Q1990年は90年代なのでしょうか?80年代なのでしょうか?

普通、1990年は90年代なのでしょうか?80年代なのでしょうか?
20世紀は2000年の12月31日までだから1990年も80年代の最後の年になるのかと思いますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

西欧では初め『零』と言う概念は有りませんでしたので、数字の始まり
は『1』からに成ります。
世紀としては1から0まで(1901-2000)
90年代と言う場合は当然90年から99年ですね。
(日本は数字の初めは零から)
今でも西欧ではカウントダウン等の時『0』は言わないんです。
(ロケットのカウントダウンを見ると分かります)

Q80年代音楽 歌詞の一部しかわかりません。

ふと、昔好きだった曲を思い出したのですが、
アーティスト名も曲名もわかりません。

1.時期は84年~86年ごろ
2.洋楽
3.歌詞 最初は女性の細い声で
 「hi darlin , how (are) you feeling ? ・・・,
  hey darlin ,・・・」と
 誰かに語りかけているような感じ。
 段々アップテンポになってきて
 最後の方に男性の声で、どこかと交信してるような声でセリフで
 (飛行機からとか、宇宙船からとか・・?)
  「   ~ mars ・・・」 火星???
女性と男性が、曲の中で語りかけあってるような・・。

すみません・・・頭の中では曲が浮かぶんですが、
ヒントはこれだけしかありません。

結構優しい感じのいい曲で、音楽に詳しい友人がその頃カセットテープに(笑)
勝手に編集して入れてくれた曲でした。
友人の趣味は、レゲエからプラスティクス、WATERMELONとか
そういう感じでしたが、
この曲は普通の感じの曲でした。

まさかこんな内容でわかるはずもないんですが、
すごく今になって聞きたくなり、
もし心当たりがある方がいらっしゃったら教えてください!
よろしくお願いします。







 

ふと、昔好きだった曲を思い出したのですが、
アーティスト名も曲名もわかりません。

1.時期は84年~86年ごろ
2.洋楽
3.歌詞 最初は女性の細い声で
 「hi darlin , how (are) you feeling ? ・・・,
  hey darlin ,・・・」と
 誰かに語りかけているような感じ。
 段々アップテンポになってきて
 最後の方に男性の声で、どこかと交信してるような声でセリフで
 (飛行機からとか、宇宙船からとか・・?)
  「   ~ mars ・・・」 火星???
女性と男性が、曲の中で語りかけあって...続きを読む

Aベストアンサー

「Rah Band」の「Clouds Across The Moon」という曲です。←断言

イギリス人のRichard Anthony Hewsonという人が作ったバンド。
バンドといっても最初は1人だったそうですが。
1985年UKチャートで6位になったそうなので、時期的にも一致します。

YouTubeで「Rah Band」と検索をかければ出ますので
聴いてみてください。

断言しましたが、もし違っていたらすみません。

http://www.youtube.com/watch?v=V4R97AeM6IE


人気Q&Aランキング

おすすめ情報