AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

 以前にも同様な質問があったようですが、今ひとつわからないので教えてください。
 リサイクルで見つけた小紋なのですが、年代が古いらしく、袖丈が58cmあります。最近の着物は大抵49cmになっているようですが、袖丈の長い着物を着ていると、古臭いイメージを与えることになるのでしょうか?
 ちなみに身長は153cmと小柄で、年齢は30代の既婚者です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

たしかに年代の古い物で袖丈の長い物が多くあります。


それがアンティークの持ち味ですから着ておかしい事はないと思います。
私の友人は長めが好きだからと、新しい着物も長めで誂えています。30代後半の方です。
ただ、お手持ちの長襦袢と袖丈が合わないとちょっと恰好悪いかも知れませんね。
その着物に合わせた襦袢の袖を縫いつけたりうそつき襦袢(袖をすげ替えられる)を利用するとよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!実は振袖用?の長襦袢をリサイクルで買って、わざわざ袖丈を直したのです。ですが、いざ着るときになって、やはり心配になって質問した次第です。着付け教室に行っているのですが、先生はアンティークものを好意的には思ってないらしく、”古臭い”と言われるものですから、気になってしまいました。気に入ってるのですから、どんどん着ればいいのですね。どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/03/29 09:53

はじめまして、和裁の教科書に載っていた袖丈は、(1)身長の三分の一を基準とする、(2)若向きは長め、老年向きは短め、(3)外出着(訪問着等など)は長め、(4)家庭着(ゆかた、ウールなど)短め、とありました。


 あと袖の丸みの大きさでも随分印象が変わると思います。今は5分(2cm)が多いですが、昔は1寸(4cm)や元禄袖の2寸5分(9.5cm)にするなど結構デザイン的に楽しんでいた様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!袖の丸みですか。。確かに印象が変わりますね!洋裁をするので、着物もみようみまねでチョコチョコ直して、古いものを着ています。一度和裁の教科書を探してみます。いい機会になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/29 09:55

イメージは袖丈よりも柄の方が影響が大きいと思います.



1枚だけ古いもので袖丈が少し長いものを持っていますが,柄がきれいな古典柄なので古くさいと思ったことはないです.回りにも言われたことはありませんのでご心配には及ばないと思います,


帯や小物でも印象は変わりますので,柄が古いかもと思ったら,そちらで工夫してみてください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございました。とても素敵な柄なので、どうにも諦めきれず、なんとか素敵に着こなしたいと思っているのです。組み合わせる帯を探してみようと思います。どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/03/29 09:47

着物の袖丈は時代ではなく年齢によって違うものなのですよ。

(あとは柄にもよると思いますが・・・)つまり若い娘さんが着る着物は袖丈がながくても良いということになっているようです。ちなみに私は20代前半に作った着物(袖丈が少し長めです)を10年以上たった今でも着ていますよ。柄がとても気に入っているのでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。洋服は自由に着られるのに、着物となると堅苦しく考えてしまってダメですね。。好きなように着ればいいのですね。どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/03/29 09:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q既婚者、着物の袖丈について

とても気に入っているつけ下げがあります。

単衣で、クリーム色の地色で、
肩からオレンジ色の菊の小花が下に向かって大きくひろがっています。

袖丈を計ると、62センチ。
高齢で既婚者の私には、もう、着ることは出来ないのでしょうか。
デザインの関係で、袖を短くすると、おかしくなります。

Aベストアンサー

62センチというと、微妙ですね。確かに一般的な着物は現在は1尺3寸ほどで仕立てられることが多いですので、それに比べると長いことになりますが、振袖や小振袖ほどの長さはありません。
当方の理解では、大振袖は袖丈が三尺から三尺三寸(1m14cm~25cmくらい)、中振袖は二尺四寸から二尺八寸(91cm~1m6cmくらい)、小振袖は二尺から二尺三寸(76cm~87cmくらい)との認識ですので、小振袖ではないと理解しています。振袖だと独身女性に限られますからね。
袖丈60cm程度のものは大正から昭和初期の着物にはわりと見られた袖丈で、未婚、既婚の区別なく着られていたはずです。
今でも付け下げ、訪問着なども60cmを超えて仕立てる場合もあり、柄ゆきを考えてのことだったり、華やかさをだす為だったりします。たぶんそのようなお着物だと思います。(ただ、これに合わせて襦袢を仕立てなくてはならないので、着回しを考えてると贅沢な品と言えます)
morino-konさんのご身長がもし160cm以上あるなら、別の意味でも振袖と間違えられることはなく、優雅な着物としてお薦めできます。

62センチというと、微妙ですね。確かに一般的な着物は現在は1尺3寸ほどで仕立てられることが多いですので、それに比べると長いことになりますが、振袖や小振袖ほどの長さはありません。
当方の理解では、大振袖は袖丈が三尺から三尺三寸(1m14cm~25cmくらい)、中振袖は二尺四寸から二尺八寸(91cm~1m6cmくらい)、小振袖は二尺から二尺三寸(76cm~87cmくらい)との認識ですので、小振袖ではないと理解しています。振袖だと独身女性に限られますからね。
袖丈60cm程度のものは大正から昭和初期の着物には...続きを読む

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q着物の身丈について

着物初心者です。

着物が欲しくて、いろいろオークションとかを覗いているのですが、「身丈147」とか短いですよね。

私は身長153センチなのですが、身丈はどれくらいのサイズを選べばよいのでしょうか?

全くの初心者なので、見当違いの質問をしていたらすみません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地が二重になるので2.7cm÷2=1.3cmプラスされ、5.7cm+1.3cm=7cm。

ご検討の着物はmika-827さんの身長よりも6cm短い。
するとおはしょりが目安の寸法より3cm短くなり、実寸が2.7cm位。・・・うーん、これは短いですね。

対応策としては、腰紐を締める位置を下げる、帯を締める位置を高くする、といった作業でおはしょりを長く出すことができます。これで2cmくらいおはしょりを長めに出すことが出来そうです。これでおはしょりが4.7cm。

mika-827さんは割合小柄なので、目安のおはしょりの長さ(5.7cm)よりも1cm位短いおはしょりも可能かと思いますが・・・。
細かいことにこだわらなければ、なんとかなるかもしれません。でもギリギリのラインじゃないかと思います。

なお、身丈同様、裄もご検討要素に加えていただければ、ご判断なさりやすいのではないでしょうか。
※裄=ゆき。手を45°の角度にのばして首の後ろのぐりぐりから手のくるぶしまでを計った寸法

昔の人は腕が短めの方が多いので、裄が短いこともあります。裄が短いと襦袢の袖が着物の袖の内側から出てしまったり、袖から延びる自分の腕の露出具合が多くなり気になることがあります。

でも、理想を言い出すと着物を着る機会が減りますよね。理想の着こなしは晴れ着の時などにとっておいて、普段の楽しみとして大らかに着物を楽しむのもいいことだと、個人的には思っていま~す☆

下記、「京都工芸染匠協同組合」の「キモノ総合辞典」のURLです。「キモノの寸法」や「きもの用語辞典」など参考になるかと思います。

参考URL:http://www.sensho.or.jp/dictionary_menu.html

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地...続きを読む

Q着物の袖の長さについて

着物の袖の長さについて質問です。
留袖の長さについては理解しているのですが、その他の長さについて理解できません

着物には留袖以外に振袖がありますが、小振り袖、中振袖の袖長さって各何センチ位なるんでしょうか?

手持ちの着物で袖の長さが64センチ位の付け下げ訪問着あるのですが、これは何振袖になるんでしょうか?
あと私は30歳で、先に入籍しまして、結婚式はせず近日に親戚の顔見せ食事会をする予定です。

このお食事会に上記の着物を着ても大丈夫でしょうか?
ちなみに袖の長さが55cmから60cmぐらいのお着物は30歳の私が着ても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

>このお食事会に上記の着物を着ても大丈夫でしょうか?
ちなみに袖の長さが55cmから60cmぐらいのお着物は30歳の私が着ても大丈夫でしょうか?

私は年が56(笑)ですが、余所行き(訪問着、つけ下げ、色無地、レトロなお召し)は全部、原則尺6寸(61cm)です。

普段着(小紋、つむぎ)は尺3寸(50cm?)

オークションでお安く落としてはちまちまいじるのが趣味で
いつの間にか袖丈が尺2寸から、4寸5分まで実にバリエーションが豊かになってしまいました。
出せるなら、全部3寸までにはそろえたいと思ってますが、
昔の人は、縫込みがあって、着丈を出せても、
袖を短く切ってしまっているのも多いので出せないのもおおい。
ただし、本当に良いものはかなり袖は長いです。

ただ、アナタが身長160以上あるなら、尺6寸(61cm?)までは、「優雅な着物」は、優雅ですからお薦めします。

特に、留袖でも、昔のものは結構あります。
短い(尺3寸以下)というのは、当時の人が身長もなくて
全体のバランスから言っても短くても良かったからです。
留袖着るような昔の人は身長が150もなかったりするのです。

優雅に着るなら、今ある袖丈を切る必要はないですが、
長じゅばんの袖丈はそろえてください。

長じゅばんは、ちょっと慣れると、誰でもつくれる。

私は、半襟(色柄を楽しむので)をかけ替えるのが面倒なので、
着物の数だけ、長じゅばん作ってしまおうかと、現在企画しています(笑)。

ですので、そのままの長いので優雅をお楽しみください。

>小振り袖、中振袖の袖長さって各何センチ位なるんでしょうか?

戦後、呉服屋さんが売りやすいように、こういう名前をつけて
時代に合わせてネーミングしただけですので、
何センチが○○袖という決まりはないのです。
着用する人の身長にあわせ、反物の尺にあわせて、目的にあわせて
作るだけです。

余談ですが、
舞妓さんのお袖は上げがしてありますが、気がついてる?
元は、子供用で、それが成長しても、「ふりそで」として通用するようにさらに、コレは「ながいです」という目印として
あえて、表に見える「あげ」にしてある(下のほうで縫いこんでもいいのにです)。
本来、舞妓は子供(成長するからのあげです)なの。

袖が長い=高級品という目印でもある。

だから、長いまま、ぜひ、どうぞ。

>このお食事会に上記の着物を着ても大丈夫でしょうか?
ちなみに袖の長さが55cmから60cmぐらいのお着物は30歳の私が着ても大丈夫でしょうか?

私は年が56(笑)ですが、余所行き(訪問着、つけ下げ、色無地、レトロなお召し)は全部、原則尺6寸(61cm)です。

普段着(小紋、つむぎ)は尺3寸(50cm?)

オークションでお安く落としてはちまちまいじるのが趣味で
いつの間にか袖丈が尺2寸から、4寸5分まで実にバリエーションが豊かになってしまいました。
出せるなら、全部3寸ま...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む

Q着物と帯の素材合わせ

着物と帯の素材について、合わせるのにNGな素材というのはありますか?
(正装ではなく、普段着の場合)

例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。

色々なサイトをめぐり、季節・柄・着用の場面でのルールは書かれていたのですが、
特に素材の合わせについて言及されていないという事は、夏物なら夏物、
冬物なら冬物であれば、着物や帯の素材は問わないという事でよいのでしょうか?

また、こういう素材の組み合わせは良くない、というものがあったら教えて下さい。
初心者なので、質問として適切でなかったらすみません。

Aベストアンサー

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。
でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や柄ゆきや質感の調和は考えてくださいね。
小紋の着物となると紬よりも一段よそ行きになりますが、縞や格子柄などごく普段着向きの物なら木綿の帯も合うでしょう。
型染めの帯など趣味的でよいと思います。

また、麻の帯は夏専用と思われがちですが、平織りでとくに夏用に織られたものでなければ4月くらいから9月いっぱいくらい着用できます。
もちろん夏用の柄ゆきでないものに限られますが。

年中締められる万能帯としては絹芭蕉があります。
絹の帯ですが芭蕉布に似せて織られたもので、軽い質感です。
これも季節を問わない柄であれば袷にも単衣にも、夏でも締められるものも多いです。
ただ芯を入れてあると盛夏には少々暑いかも知れませんが。
これに対して櫛織りという透けのある織りの帯がありますが、夏用に見えるのにそうではないんですね。
単衣に最適とされていますが袷の着物にも締めます。

難しく考えないで見た目の印象で決めればたいてい大丈夫です。
木綿の着物に絹の帯でもいいし、絹の着物に麻の帯でもいいわけです。
たっぷりとシボの立ったちりめんの帯はやはり冬場に向きますし、つるりとした塩瀬なら初秋から晩春まで長く締められます。
絽目の入ったものや透け感のある素材ならやはり夏用です。

フォーマルな帯を普段着に締めるというような事をしなければ、とくに取り決めはないのですが相性というのはあります。
自分の目と感性をたよりに、着物との相性や季節、着て行く場所等を考えて決めてください。ポイントは色柄と質感になると思います。

また、どんな場合でもポリエステルの帯だけはおすすめできません。
合わないとかおかしいとかの問題でなく、ゆるんできて使いにくいからです。
それと木綿は絹より重いです。長時間の着用になるとずいぶん違いますからその点もお気をつけください。
すり切れやすいのもシワになるのも木綿のほうですね。
というわけで結局、正絹の帯が最も重宝はしますよ。
そうそう、変わったところでは紙布の帯というのがあります。
和紙を撚って糸にして織った八寸帯で、これも年中使える素材です。とても軽くて締めやすく麻や木綿同様に水に強いので重宝です。
ちょっととりとめなくなりましたが、参考になれば幸いです。

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。
でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や...続きを読む

Qおしゃれ袋帯、とはどんな着物に合うのでしょうか?

はじめまして。着物全く初心者ですが、結婚の際に、訪問着、付け下げ、色無地、留袖、大島紬は持っています。(結婚後、訪問着を一度着たのみ)。(母が着物好きだったのですが、すでに他界しており、たずねることもできません)

知人から、おしゃれ袋帯、を頂きました。未使用で、下記のように書いてくれましたが(多分商品の説明の写し?)、私も知人もあまり着物に詳しくなく、どのようなシーンで着れるのか、どのような着物にあうのかわかりません。

ただ私の持っている着物が、訪問着(ピンク色、古典柄)付け下げ(若草色、古典柄)には合いそうにありません、、、。色無地はワイン色です。

西陣織 華翔苑謹製 モール糸使用
素材・・・絹 100%(金属糸等使用)
柄域・・・六通
文様・・・葡萄唐草文  
用途・・・紬、小紋、お召、お洒落訪問着

お召し、とおしゃれ訪問着とはどんなものでしょう?
紬に袋帯っていいのでしょうか?
持っている色無地には合いそうなのですが、かまわないのでしょうか?

その他、お気づきのこと、教えてください。よろしくお願いします。  

はじめまして。着物全く初心者ですが、結婚の際に、訪問着、付け下げ、色無地、留袖、大島紬は持っています。(結婚後、訪問着を一度着たのみ)。(母が着物好きだったのですが、すでに他界しており、たずねることもできません)

知人から、おしゃれ袋帯、を頂きました。未使用で、下記のように書いてくれましたが(多分商品の説明の写し?)、私も知人もあまり着物に詳しくなく、どのようなシーンで着れるのか、どのような着物にあうのかわかりません。

ただ私の持っている着物が、訪問着(ピンク色、古典...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。着物大好き主婦です。
葡萄唐草文のしゃれ袋帯ですか。素敵ですね。
金属糸使用とあるので金糸か銀糸が入っていますか?

通常、袋帯というと礼装や盛装用のものをさします。結婚式などフォーマルに用いるものです。
それに対ししゃれ袋帯は、普段着用の袋帯という事です。
つまり着用シーンはフォーマル以外。
とは言ってもまったくの普段着というよりはちょっとオシャレして臨みたい場に用いるような文字通りのしゃれ袋帯、なのですね。
なので小紋や紬のほか、礼装にあたらないくだけた訪問着まではOKです。
お洒落訪問着というのがそれに当たりますが、吉祥紋などを用いた古典的な訪問着でなく、たとえば特定のお花だけの模様とか紬の訪問着とか、礼装には向かない個性的なものを指します。
用途は軽いパーティー着とかお出かけ着になります。
たとえばクラシックコンサートにバイオリンの柄の訪問着を着るとか、クリスマスパーティーにツリーやサンタをあしらった訪問着を着るなんて事もあるわけです。
初夏に水芭蕉だけを描いた訪問着、なんてのも季節限定の装いですね。
そうした格式にとらわれないシャレ感を出した通な訪問着をさします。

お召しというのは西陣お召し、塩沢お召し等、いくつか種類があるのですが、糸に強い撚りをかけて織られたシャリ感のある着物。
無地や縞や矢がすりなどシックなものが多く、男物によく用いられるものです。
徳川将軍が好んでお召しになったことから「お召」と名がついたと言われます。
さらっとしてシワになりにくく丈夫なことから単衣によく仕立てられます。
紬よりはちょっと上等な着物、という位置づけです。(値段のことではありません)

<紬に袋帯っていいのでしょうか?
はい。しゃれ袋帯ならOKです。ただし金糸や銀糸使いのものは素朴な紬には不似合いですから、よく着物との調和は考えてください。

色無地にもOKですよ。
ただし着る場はフォーマル以外で。お食事会のようなちょっとした集まりとか軽いパーティー、観劇など。

着物の楽しみがひろがるアイテムですから、上手に利用なさってくださいね。
粋に本角だしなんか結んでもカッコいいですよ。名古屋帯の角だし(銀座結び)では味わえないボリューム感がでます。

はじめまして。着物大好き主婦です。
葡萄唐草文のしゃれ袋帯ですか。素敵ですね。
金属糸使用とあるので金糸か銀糸が入っていますか?

通常、袋帯というと礼装や盛装用のものをさします。結婚式などフォーマルに用いるものです。
それに対ししゃれ袋帯は、普段着用の袋帯という事です。
つまり着用シーンはフォーマル以外。
とは言ってもまったくの普段着というよりはちょっとオシャレして臨みたい場に用いるような文字通りのしゃれ袋帯、なのですね。
なので小紋や紬のほか、礼装にあたらないくだけた...続きを読む


人気Q&Aランキング