現段階で薦められているのが
『舞-HiME』(テレビはもう終了)
『こいこい7』
『SCHOOL RUMBLE』(テレビはもう終了)
『BLEACH』
『金色のガッシュベル!』

遠くから見守るしかないアニメ
『ふたりはプリキュアMax Heart』
『まぼらばBeautiful Days』

最近のアニメも、やたらと萌えとメディアミックスが
先行しすぎて訳が分かりません。
それこそ、『SCHOOL RUMBLE』の様に、
「アニメは終わっても、原作は、続くぞっ!」
(@ケント・デリカットさん)になってしまい、
大変困っております。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

これから始まるのなら


『ガラスの仮面』テレビ東京・大阪・愛知 4月5日~(ただし原作未完)
http://homepage2.nifty.com/suzu/info/05_kami/2_2 …
『雪の女王』NHK 5月22日~
http://www3.nhk.or.jp/anime/snowqueen/
なんか如何ですか?

『SCHOOL RUMBLE』なんかは原作にアニメが追いつきそうなので小休止ではないかと
復活する可能性も十分ありますが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。

『ガラスの仮面!』
懐かしいですねえ。
80年代リアルタイムで原作読んでたり
アニメ見てたりしました。

『雪の女王』もシブいですねえ。
いやいやこれも面白そうだ。

>『SCHOOL RUMBLE』
小休止の可能性もあるわけですか。なるほどね。
復活に期待致しましょう。

お礼日時:2005/03/30 13:09

#3の者です。


補足ありがとうございます。

メディアミックスの作品の楽しみ方ですが
まず作品の性格で2つに分かれると思います。

原作がマンガのものと美少女系ゲームのものです。
美少女ゲームから派生したものは、いわゆる萌え系なので
私も苦手です。
これは遠くから見守るでいいと思います。

マンガが原作のものは、やはりマンガとアニメは別物という見方で
両方を別作品として楽しむのがいいと思います。
「ここが原作と違うから出来が悪い」とかではなくて
逆に違いを楽しむというのがいいのではと思います。

違うということは、アニメサイドの監督の考え方であったり
話数やスポンサーからの制約であったり、
何かしらマンガサイドと方向性や捉え方が違うということなので。
これが楽しめる範囲内のものであれば、楽しんでしまえばいいと思います。

マンガのいいとこがバッサリ切り捨てられて、
薄っぺらく感じる出来になったアニメはちょっと・・・と
思いますけど。
今だと・・かなり「ネギマ」がこれに近いように思えてなりませんが。

例えば、質問者の方が上げられている「舞・HiME」なんかは
この違いが非常に楽しめる作品だと思います。
本質的な部分は同じでも、テイストや人物関係、話の展開などが
かなり意図的に変えられています。

是非両方の表現の仕方の違いを楽しむべきと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『舞-HiME』に対する的確な解答、
ありがとう御座います。

ただ、まずは原作からか、アニメからか、
そこが悩みのしどころお茶どころで御座います。

『マリア様がみてる』は原作→アニメ→コミックと
トレースしていったので、結構面白かったですね。

>『ネギま!』
赤松健は相変わらずですねえ。

>萌え系
実は私も凄く苦手です。
『AIR』『クラナド』がフィーヴァーですけど、
Key系は凹む上、
飲み屋で「『Kanon』? 10年早い!」
と説教を喰らわされました。

同じ萌え・ぷに・百合に属する
『プリキュア』は全てにおいて見放されている
感があるので、いささか心配です。

お礼日時:2005/03/30 19:06

いまいち質問の主旨が読み切れてないので、的外れの回答だったら、お許しを(笑)



質問者さんは、“現段階で薦められている作品”と“遠くから…の作品”とを区別する評価基準(これが萌え?)が分らない、から困っているのかな?
一般の評価=自分の感動、ではありません。作品に対する評価は人それぞれですから、自分が気に入れば良しです。とりあえず誰かが面白いと言った作品があれば、第1話だけでも観て、気に入ったなら“ラッキー”、つまらなかったら“捨て”です(笑)

次にメディアミックス。アニメは最初から放送期間が決まってますから、放送期間=人気や評価とは限りません。(一部例外はありますが、打切りが面白さの評価と無関係なのは『ガンダム』や『カーボーイ』等で証明済です)
漫画の方は人気があれば無限に連載が続く場合もあります。また、漫画とアニメでは面白さの内容が異なります(ストーリーが違うことも多い)ので、単純に比較しない方が良いです。これも、とりあえず「観る」か「読む」かして、自分の好みに合うかどうか味見するのが先決です。

結論。悩む時間があれば、まず行動せよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおりですね。
ありがとう御座います。

『まぶらほ』『プリキュア』はたまに見る程度かな、
という感じです。
そこで「遠くから見守るしかないアニメ」
と線引きをしたのですが。

まずは『BLEACH』から試してみたいと思います。

お礼日時:2005/03/30 13:17

こんにちは



質問者の方の聞きたいことというのが
いまいち掴めないのですが・・。

まずアニメと原作となっているマンガは全然別のものです。
最初からアニメとコラボレーションさせる企画として作られたマンガなら違いますが
そもそもはまずマンガが存在していて、
それを原作としたアニメが別に作られているだけだと思います。
アニメに合わせてマンガが連載されているわけでは
基本的にないです。

これがまず前提だと思います。

で、これを前提として
質問者の方に質問の意図を確認したいのですが

 ・薦められている作品の楽しみ方を知りたいのか?
 ・別の作品をお薦めしてもらいたいのか?
 ・それともこれ以外?

どれなのでしょうか?

もしかしたら私が読み取れなかっただけなのかもしれないですが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ございません。質問の意味が明確ではなくて。

質問の意図確認と致しまして、
「薦められている作品の楽しみ方を知りたいのか?」
です。
『舞-HiME』も、どこをどう見れば面白いのか、
善く分からないところがあります。
そこをご教授頂ければ幸いです。

お礼日時:2005/03/30 13:14

どのようなジャンルがお好みが判断しかねるのですが、完結していても、お勧めできる作品でもよろしいでしょうか。


「ココロ図書館」「ちっちゃな雪使いシュガー」「カードキャプターさくら」
なら安心して楽しめる作品だと思います。変なお色気過剰もありませんし、脚本も作画レベルも非常に安定しています。なにより、家族全員で見ることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドヴァイスありがとう御座います。
ジャンルはそんなに関係なく、
あと原作を読まなければならない、というものでもない、
頭を空っぽにして
単純に楽しめるアニメがいいと思っております。

お礼日時:2005/03/30 13:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSchool Rumbleについて

 動画が見たいと思うのですが、You Tubeでは2,3話くらい、GYAOでは全く扱っていない状態です。
 どこか、ほかに見られるところはないでしょうか?
 それとも、DVDを買う又は借りるしかないのでしょうか!?

Aベストアンサー

原則、YOUTUBE等についての質問解答は厳禁なんですが、その手の無料動画サイトは、少しずつ消されていくので、ないのでしたら、レンタルするしかないんじゃないのでしょうか?
2学期の方はまだYOUTUBE等にも置いてあるとは思いますが、1学期は古いですし。

Q『舞-乙HiME』のキャラクターのセリフ。

質問内容ですが、
先日DVDの2巻を見ていて思ったことです。
ハルカ・アーミテージがシズル・ヴィオーラの事を「ぶぶづけ」または「ぶぶずけ」と言う場面がありました。

・「ぶぶづけ」または「ぶぶずけ」のどちらですか?
・「ぶぶづけ」または「ぶぶずけ」の意味は何ですか?(作品の中で用いられている意味でお願いします)

くだらない質問かも知れませんが、回答お願いします。

Aベストアンサー

ははは、ども!舞好きモンです^^

既に出ているとおりです。
乙になっても、この二人(まぁハルカの一人相撲ですが^^;)はいがみ合ってますね!!

「ぶぶ漬け」

例:「あのぶぶ付けオンナめ~!!」

京弁なんでそれにちなんで、京名物にちなんだのでしょう。ハルカはよく言葉の用法を間違い、ユキノにツッコまれます(笑)
多分、コレも深い意味合いはなく、ただ単に彼女への『悪口』だと思ってもらって結構です^^

予断ですが、チャンピオンREDにて乙が連載している模様!!しかもかなりえっちらしいです^^

Q沖縄県は、『クズの本懐』、『小林さんちのメイドラゴン』、『亜人ちゃんは語りたい』っていうアニメなど放

沖縄県は、『クズの本懐』、『小林さんちのメイドラゴン』、『亜人ちゃんは語りたい』っていうアニメなど放送してないですか?

Aベストアンサー

「クズの本懐」以外はBS11で見れますね。(もちろん無料)

Q舞-HiMEと舞-乙HiME

舞-HiME
舞-乙HiME
どっちから先にみればよいのでしょう?

Aベストアンサー

両方観た者としては、他のみなさんもおっしゃるとおりどちらが先でもいいかと思いますが、
初めて見る人におすすめするのは舞姫のほうがいいかと思います。

舞姫で扱っている用語やルールを理解し、後に乙女を観ればすんなりストーリーに入れると思います。

乙女から入ると、これってどういう意味だろう?と、実はあまり重要でないことに対しても疑問が湧いてくることもあるかと思います。

舞姫のキャラ関係を知っておけば、乙女でのキャラ関係もすんなり理解できます。
乙女から入ると新キャラは別として、旧キャラ達の関係については置いて行かれた気分になるかもです。

例えば、ナツキと静流さんは同性でありながら、その関係は「百合」であるのですが、
舞姫から観て、乙女を次に観ると納得はいきますが、乙女からみると理解できない部分はあるかと思います。

Q『金色のガッシュベル!!』について

現在放送しているアニメ版ガッシュは何話か前からオリジナルの展開に入ったと聞きましたが、それはアニメの何話からで、またそれは原作の何巻にあたるのでしょうか?

さらに、その分岐点では原作ではどういう展開になるのに対しアニメではこういう展開になったという所まで教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

アニメがオリジナルの展開に入ったのは、
第138話『魔導巨兵ファウード 絶望の中の光 清麿の秘策』
からです。
これは原作22巻LEVEL209からにあたります。

原作ではここから清麿一人が命を懸けて突っ走りますが、アニメでは恵さんが清麿に説教をします。
なので、清麿が一人命を懸けるということはなくなりました。
またファウードが日本に向かうのに1時間が6時間に伸びました。

さらにアニメが原作に追いついたこともあって、戦う敵の組み合わせも変わりました。
(ウォンレイ対ウンティン→ウォンレイ対ロデュウ 等)

とりあえず、ウィキペディアのサイトで見ていただければ、アニメ版と原作を簡単に比較できますのでどうぞ。↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%21%21%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

しかしアニメが終わってしまうのは残念です。はぁ。

アニメがオリジナルの展開に入ったのは、
第138話『魔導巨兵ファウード 絶望の中の光 清麿の秘策』
からです。
これは原作22巻LEVEL209からにあたります。

原作ではここから清麿一人が命を懸けて突っ走りますが、アニメでは恵さんが清麿に説教をします。
なので、清麿が一人命を懸けるということはなくなりました。
またファウードが日本に向かうのに1時間が6時間に伸びました。

さらにアニメが原作に追いついたこともあって、戦う敵の組み合わせも変わりました。
(ウォンレイ対ウ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報