電子書籍の厳選無料作品が豊富!

名探偵コナンって主人公酷いヒロイン可哀想を強調したい作品ですか?


色んな漫画恋愛漫画数々読んできたものです
名探偵コナン読んでいて主人公とヒロインの関係を見て主人公酷い男ヒロイン可哀想の露骨な強調が焼き付いて楽しんで読めないです
主人公の恋愛以外の描写は別問題として恋愛描写は可哀想なヒロインを酷い男主人公が宥めていくっていう風にしか見えない
事件優先からヒロインの事を考えてあげれるようになる描写が主人公に存在すればヒロイン可哀想がやりたいのかなとしか思わないです
他キャラの恋愛と比較してヒロイン可哀想強調がエグいです
主人公の悪口を陰で言いまくるのに主人公が居なくなって付き合ってないのに私可哀想でしょ状態になるは主人公が居ると不満言う宥めてもらうヒロインがデレまくるというのが名探偵コナンの主人公ヒロインの関係に見えます
ヒロインは主人公居なくて寂しい悲しい自分可哀想の強調とや優しいなら主人公の心配するものですがあまり主人公の心配はした事がないし自分から主人公関係で動く訳じゃないヒロインなのでヒロインに尽くす漫画なのかなと最初は思ったものです
主人公は事件優先で女心が分からない点ヒロイン酷くヒロインの気持ちに鈍く後から気付く事が殆どで後回しだったり灰原哀に口止めされているのでヒロインに嘘をつき続けなければいけないけど好奇心や正義感に
自分勝手な言動が多く周りに迷惑かけたり酷い言動があるので酷いが酷い男という露骨な強調に驚いて恋愛でもヒロインを悲しませる酷い男という露骨な強調に疑問に思って何だこれって主人公なのに描写酷くて可哀想と思ったくらいです
この作品は主人公酷い男ヒロイン可哀想をやりたいのがすごく伝わってきて酷い男が可哀想女を宥めているだけの漫画だとストンとしっくりきましたのでという事も質問したのです



補足理由
主人公ヒロインはヒロインに偏ってると前に知人に聞いていたので名探偵コナン読んだ後に感じたものです
主人公酷いヒロイン可哀想を目立っています
推理漫画だから仕方ないではなく主人公とヒロイン関係の主人公酷いヒロイン可哀想は露骨です
主人公の人間性の酷い男描写は恋愛描写以外にも露骨強調して結構あるけど恋愛もかってなると主人公は描写酷く主人公可哀想ですと思ったのも事実です
命がけ復活シリーズで新一とコナンが同時存在とヒロインに疑われずに済んだものだけど事件解決してもらわないと名探偵コナンじゃないのもあるだろうがヒロインの為に姿現す展開を考えたのかと思ったのです
ロンドンはホームズ好きだからというのあるけどラブコメの為にロンドン編を描いたんだと聞いて、紅の修学旅行はラブコメとヒロインの返事の為に描いたんだ知って、ヒロイン絡みで解毒薬貰いすぎお強請りし過ぎに見えてヒロインに尽くす漫画ではないかと思ってしまったものです
ヒロインと和葉や園子と比べるとあまりにも主人公の為に何もしてあげてないのであまり行動起こした事ないのでヒロイン可哀想ヒロインに尽くす作品かなと本当に思ったのは本当で加味してるかもです
自分の傍に居ないことにしか関心がなくヒロインは考えてないのでそう思った
何故、主人公がヒロインの傍に居たがる理由も自業自得な面もあるのですがヒロインが主人公の事でやたら悲しんで寂しい思いをしてる事から両親に幼児化姿主人公まで傍を離れたくない傍にいると言ったのですぐ理解はしていました
ヒロインが主人公関係で暴走していたので読者かファンから可哀想なのでという理由で声や姿まで登場させるに至っているのを最近知った事です
主人公状況無視ラブコメ描きたいって聞いたのもありますよ
同時に毛利探偵事務所に居候伝々は阿笠博士が勧めたので最初は阿笠博士が黒幕だと思っていて矛盾に感じなかったけど後から違うと知って驚いたものです
主人公が納得して以降名探偵コナンあらすじ通り進むが矛盾や後付けが目立って楽しめないものです
全部観て読んでみた後で主に恋愛に関する個人の主観なので気にしないでくれというものです


※他でサイトにアカウント登録して質問しましたが回答がなかったのでココで質問です

質問者からの補足コメント

  • ヒロインに対して男として良い所描かれないから言ってるんですが

      補足日時:2022/07/31 08:54

A 回答 (1件)

個人的には違うと思います。


ラブコメ要素はおまけなので。
色々と誰に聞いたか解りませんが、作者、または編集者以外が言った事を真に受けない方がいいとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でも、そういう風に見えます
私も名探偵コナンを読んでみましたのでどうしてか分からないがヒロイン可哀想がやりたい漫画
には感じます

お礼日時:2022/07/28 06:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!