大阪弁の「かまへん」には「(あなたは)気にするな」という意味があるのでしょうか?
私はずっと「(自分は)気にしない」
という意味だと思っていました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

大阪人です (^^)


「かまへん」は、「気にするな」「気にしない」どちらの意味にも使えます。 他にも「どうでもいい」「干渉しない(かまわない)」などの意味があります。

A:「○○を壊してしまいました」
B:「かまへんかまへん」

A:「靴下穴開いてるのしかないねんけど」
B:「それでかまへんよ」

A:「梅田と難波とどっちで買うたらいいかなぁ」
B:「どっちでもかまへんのとちゃう」

A:「お昼なに食べましょうか」
B:「俺は何でもかまへんよ」

などのように使います。 上で出した順番の用例です。

この回答への補足

大阪ネイティブさん登場ありがとうございます。梅田と難波のかまへん以外は主語が自分ですよね。梅田と難波の主語は特に無くて「どうでもいい」という感じですが、これもやはり主語は「自分」であって、「(自分は)あなたはどっちでもかまわないと思うけどな(だからあなたも気にするなと暗に言っている)」という意味だと思うんですよ~。

補足日時:2005/04/08 17:28
    • good
    • 0

かまへん。

は、かまわないという意味で例えば、
私が転んで女の子が手伝おうとしたときに
かまへんかまへんと、手伝いを断るときに使います。
そのときのかまへんは、気にしないで。という意味を含みます。

この回答への補足

「自分は」かまわないよってことですね。「あなた」はかまわない、大丈夫という時も「かまへん」でいいんですか?それとも「あなた」が主語の「かまへん」という言い方はないんでしょうか?

補足日時:2005/04/09 11:39
    • good
    • 0

気を悪くする人がいたら、ごめんなさい。



関西系の人は、自分中心というか、価値基準の判断がが、『自分基準』の人が多いように思います。

特に、「おばちゃん」と呼ばれる種類の人達には、この傾向が顕著です。
「このおせんべいおいしいよ。食べてみ~。」といっては持ってきて、食べるまで帰らないなど、一見、お節介焼きのようですが、実は、人懐こさの現われでもあるといえると思います。

自分が「そうだ」と思えば、ほかの人も、そう思っていると無意識的に看做す、昔の「村」的な発想なのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。大阪のおばちゃんは人の事も自分の事のように面倒見てくれるんですね。だから「自分」が主語だけど人の事を言っているんですね。

お礼日時:2005/04/08 19:02

「気にするな」に近いですが、「大丈夫だ」という意味もあると思います。



「そんなことしてええんか?」
「かまへんかまへん」

この場合はどっちかというと、
「かめへん」と発音することが多いかもしれません。

#4さんが挙げておられる例なども合わせて、
アクセントが微妙に違う気がします。

私の例と#4さんの1つめは、
割と自信をもって発言しながら「か」と「ま」に、
2つめは少し自信なさげに「か」に
3つめと4つめは投げやりな感じで「へ」に
アクセントがあるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~面白いですね。発音を教えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2005/04/08 17:35

両方の意味があると思いますが私は「(あなたは)気にするな」という意味で使うことの方が多いと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。主語が「あなた」になる意味の方が多く使われるということですね。

お礼日時:2005/04/08 17:33

標準語で「構わないよ」という言葉も、


「(あなたは)気にするな」という意味で使うこともあるし、
「(自分は)気にしないよ」という意味で使うこともあると思いますよ。

Don't worry!

この回答への補足

両方使うんですね。
Don't worry!が出たので、どうしてこの質問をしたのかという事を書きます。
大阪弁speakerさんが「Never mind かまへん」と言いました。私は「それは気にするな、じゃないの?かまへんならI don't careとかI don't mindがかまへんじゃないの?」と言いました。その人は「おおさかべん かまへん。きにすな。考えすぎ。英語にある表現で 日本語に無いのも多い、訳すとおかしい。」と言っていたのです。

補足日時:2005/04/08 17:18
    • good
    • 0

こんにちは!!



両方の意味があるのではないでしょうか?
「ごめんね!」と言われて「かまへん、かまへん」と言われたら
「私も気にしないので、あなたも気にしないでね!」といわれてる様な気がします。
最近あまり聞かないような気がしますが・・・。

この回答への補足

そうなんですか。じゃ、やっぱり主語は「自分」で、「自分は気にしない(だからあなたも気にするな)」といった具合に「あなた」の部分は暗黙のうちに含まれているんだと思います。ちゃうやろか?

補足日時:2005/04/08 17:18
    • good
    • 0

当方 大阪ではなく和歌山ですが


後者の 「(自分は)気にしない」だと思います。

これでかまへんやろ? →これでいいですよね?
みたいな感じで・・・

べつにかまへんのちゃうん? とかは相手に対して気にするなという意味だとは思いますが・・・

方言って難しい。。

この回答への補足

和歌山ネイティブさんですね。「ちゃうん?」が付くと相手のことを言っていますよね。でもこの場合主語は自分で「自分はあなたはかまわないと思うけど、どうかな?」という意味なんじゃないでしょうか?だからあくまでも「自分が」ということで「あなたが」ということじゃないと思うんですが。。。

補足日時:2005/04/08 17:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテン語の素読

ラテン語の素読に適した本を教えてください。

それから、古典ラテン語や中世のラテン語があるようですが、どの時代のラテン語がおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

ぜひ古典ラテン語の詩(韻文)に挑戦してみてください。

Vergil"Aeneis" Ovid"Metamorphoses"など叙事詩の韻律で書かれたものが手始めにはよいのでは。

Loeb Classical Libraryが入手し易く、英訳も付いています。

またstorm50さんが挙げておられる「楽しく学ぶラテン語」(大学書林)のシリーズには別に(1)の初心者向けのほうがあって、様々な作家の原典から抜き出した例文が対訳・長音記号付きで載っています。

この本は例文それぞれに出典が明記してあるというのが良いところです。お好みの作家・作品を見つけ出す参考になると思います。

Q漢字の「望」や「期」の部首は「つきへん」?「へん」の定義について

漢字の部首についての質問です。
塾で小学生を教えているのですが、「望」や「期」という字の部首について質問され答えられませんでした。
使っているテキストでもネットで調べた限りでも、「望」や「期」の部首は「つきへん」となっているのですが、「へん」というのはそもそも字の左側にある部分ですよね? なぜこの二つの漢字の部首がつきへんと呼ばれるのかがわかりません。
ひとつひとつの部首の呼び方についてはテキスト等によってばらつきがあるようですが、部首の種類と定義についてもそうなのでしょうか?
ご存知の方いらしたらぜひ教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご参考程度に・・・・


http://homepage3.nifty.com/recipe_okiba/nifongo/035.htm

Qラテン語の辞典

現在ラテン語の辞典として田中のを用いているのですが、中世ラテン語や学術ラテン語がほぼ全然掲載されていません。古典ラテン語の語彙以外の語彙を手広く収録した羅語辞典か、中世ラテン語・神学ラテン語・学術ラテン語等に特化した辞典か、できれば前者、ご紹介していただけないでしょうか。日本語・英語・ドイツ語ならどれでもかまいません。購入媒体もamazonその他お教えください。
自分で見つけた限りでは学習者向けlangenscheidtの1000ページ超のが情報量が多そうなのですが、未見なので購入に踏み切れません。この辞典などご存知の方、内容についてお教えください。

Aベストアンサー

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見かけることがありますが、近世以降の学術用語ではなく「スーパーマーケット」「インターネット」といった現代的な語彙を意味している場合が多々あります。統合されたヨーロッパの共通語としてラテン語を復権させようという動きと繋がっているのでしょう。

神学ラテン語から中世、近代の学術用語までを網羅した辞書というのは無理かもしれません。特化するには地理的にも時間的にも対象が広すぎます。神学なら神学の専門辞書、という形で探された方がよいかもしれません。イギリスで書かれたラテン語を専門に扱った辞書すらあります。

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見か...続きを読む

Q「気がする」の「する」の意味が「気になり」ます。

辞書の説明によりますと、
自動詞「する」の意味を「感じられる」という言葉で説明しておりますが、
『それは無理矢理の説明なのではないか』と「感じられ」ましたので、
此の質問の提出を考えました。

従いまして、伺いますが、
『もし自動詞「する」を更に適切に訳すなら、どの様な言葉が適切なのでしょうか?』

現状の辞書的な意味が最高級の訳し方になっているのなら、
その由来でも構いませんから、御教授を下さいませ。

Aベストアンサー

#9です。
今少し、直接的なご質問である「する」に関わる幾つかに触れてみます。
1.為(す)る
古典語では「為(す)」となりますが、これはサ変自動詞であり、またサ変他動詞でもあります。そして「漢語などの名詞に付いてサ変動詞を形成し、また、動詞に係助詞や副助詞が割って入ると、たとえば「書きもせず」「読みはすとも」のように「す」はすべての動詞の中に含まれていると考えてもいいわけで、最も基本的な動詞であるといっていい。種々の動詞が「す」によって代用されうるのも、「す」が動作や作用一般を広く表現する語だからである。」(小学館「古語大辞典」)
2.ある
古典語「有り・在り」はラ変自動詞として存在の概念を表わすが、補助動詞となるや「助動詞や助詞にまとめられている情動性の文節(形容詞に相当する単位)に接続して、その単位の叙述の表現にあずかっている」(同上)
3.いる
古典語「居(を)り」はラ変自動詞として「一定の場所にある状態で存在する」状態性が強いだけに、ひいてはその主語を軽視また卑下する意味も含まれている場合が多い。また古典語「居(ゐ)る」はワ上一自動詞として「立つ」と対義性を保持しつつも、人物に用いた場合には「そこにある、おる」として存在動詞性を潜在させ得る。
一方、古典語「入(い)る」はラ四段自動詞として「外部から内部に移る」の意から、心が集中し籠もる意味もあり、ひいては「「行く」「来(く)」「居(ゐ)る」の敬意を導く。

井上ひさしは「私家版 日本語文法」(新潮文庫)において「受身上手はいつからなのか」の項において日本語動詞は二つに分けられるとして「第一のグループは<ある>で代表されるもの。原則としてこの<あるグループ>は主体が非情物のときに用いられ、受身は作られにくい。第二のグループは<いる>で代表されるもの。この<いるグループ>は主体が有情物のときに出てくる動詞で、受身が作られやすい」と指摘しています。

>『中国的な「気」と日本的な「気」との違いは、「謙譲」の精神に起因している』という「気がし」ているのですが、

謙譲というか、広く敬譲に関わる表現は、「する」「ある」「いる」という基本動詞に関わっていると思われますが、その形は助動詞「る・らる」の原型としての大野晋の自発としての「生(あ)る」説もあれば、この井上ひさしの有情物に関わる<いるグループ>の受身機能性に関わっているとの見方もあります。またその延長として、受身が<あるグループ>においては「明治期に西欧語の影響によって日本語にもたらされた」「あの悪名高い「自然可能な受身」になっている」との見方もあります。
その結果、「気(き)」とは異なる、古来日本では「気(け)」という要素が見落とされているという森本哲郎説程度しか、思い至りませんが、辞典には次のような記述があります。

「夕占(ゆふけ)にしかみられない「け」(乙類)や、食物の意の「け」(乙類)と、ものから発する精気や勢いの意とは同源であることも考えられ、たまたま同音類義の漢語「気」が習合して、中古以降の盛行をみたものとも考えられる」(同上)

古代日本特有の「気(け)」とは、無意識に発する精気であるとともに、心の意の「うら」の転移としての占 (うら)であり、なにより生エネルギーの源としての「食べ物」なのだという視点は何とも示唆に富んでいるのではないでしょうか。

#9です。
今少し、直接的なご質問である「する」に関わる幾つかに触れてみます。
1.為(す)る
古典語では「為(す)」となりますが、これはサ変自動詞であり、またサ変他動詞でもあります。そして「漢語などの名詞に付いてサ変動詞を形成し、また、動詞に係助詞や副助詞が割って入ると、たとえば「書きもせず」「読みはすとも」のように「す」はすべての動詞の中に含まれていると考えてもいいわけで、最も基本的な動詞であるといっていい。種々の動詞が「す」によって代用されうるのも、「す」が動作や作用一般を...続きを読む

Qラテン語学習者に質問

私の憶測ですが、日本でラテン語を学習する人はみんな英語を一定レベル習得し、約半数の人は フランス語またはイタリア語も既に学習されているかと思います。
そこでラテン語学習の経験のある方に質問します。
ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?
また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

Aベストアンサー

>ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?

独習者のための楽しいラテン語
ラテン語4週間
ラテン語のはなし

学習したといっても初歩の初歩です。

フランス語を勉強しようとしたこともありますが
ラテン語より難しいと思いました。

>また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

ラテン語系ではないですがドイツ語です。
何故か、フランス語などにはない格変化があります。

Q「塩気」「甘気」はあるが「苦気」「酸気」はない?

味覚の分類として「甘い」「苦い」「酸(っぱ)い」「(塩)辛い」の四つがありますが、その表現について質問です。

手近な辞書によると「塩気」「甘気」という言葉はあるようですが、(それに対応する)「苦気」「酸気」という言葉はないのでしょうか?


「~み」という表現では「甘み」「苦み」「酸み」「辛み」とあるのに対して、「~気」に関してはふたつだけしか(見当たら)ないのは何故でしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも私見ですが…

「塩気」、「甘気」は共に塩辛味、甘味が「かすかに感じられる」状態を指す言葉ですね。味覚では塩辛味、甘味は舌は鈍感とされ、多量であってもすぐにその味に馴れてしまう。子どもが塩辛いスナック類や、かなり甘いお菓子でも平気で大量に食べてしまいますね。
 ヒトに限らずほ乳類の多くは塩辛味、甘味を好みます。これは塩辛味はタンパク質系統の味(血や肉など)、甘味は炭水化物系統の味(でんぷんや果実など)と理解して、「これは食べても安心だ」と本能的に察知するようです。対して酸味は腐敗を、苦味は毒を含む味として認識します。子どもが塩辛味・甘味を好み、酸味・苦味を嫌うのは本能的には正しいことです。

 であれば、酸味・苦味に対して動物は敏感に反応しなければ生きていけない。危険な味だから、かすかでも酸味や苦味は認識しています。塩辛味や甘味は安心できる味だから、かすかな味では認識しづらくなる。だからこそかすかな味を表現する、「塩気」「甘気」という言葉が使われるようになったのではと思います。

大人になると酸っぱいもの、苦いものでも平気で食べるのは、「食べても大丈夫なように作られている」という知識と経験で補完されている面もあるようです。(発酵させて作る酢や酒類、薬効を期待する茶などは典型ですね。発酵と腐敗、薬効と有毒は同じ現象が無害か有害の違いですから)

あくまでも私見ですが…

「塩気」、「甘気」は共に塩辛味、甘味が「かすかに感じられる」状態を指す言葉ですね。味覚では塩辛味、甘味は舌は鈍感とされ、多量であってもすぐにその味に馴れてしまう。子どもが塩辛いスナック類や、かなり甘いお菓子でも平気で大量に食べてしまいますね。
 ヒトに限らずほ乳類の多くは塩辛味、甘味を好みます。これは塩辛味はタンパク質系統の味(血や肉など)、甘味は炭水化物系統の味(でんぷんや果実など)と理解して、「これは食べても安心だ」と本能的に察知するようです。...続きを読む

Qラテン語について。

最近ラテン語に興味を持ち始め
独学でもしようかなと思っているのですが
分かりやすくラテン語を学べるサイトや
翻訳(ラテン語→英語・英語→ラテン語)サイトなどをご存知の方はいますでしょうか?

Aベストアンサー

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英語の辞書だって"shines"のように3単現の"-s"の付いた形や現在分詞(-ing)の形をいちいち載せてはいませんよね。英語の辞書だと動詞はその「原形」を見つけないといけません。「知識がないと使えない」というのはそういう意味です。

そういった決まりごとを覚えるのが最初ちょっと大変かもしれないけれど、フランス語だってドイツ語にだってほとんどのヨーロッパ語には最初に覚えないといけない語形変化の膨大な規則があります。ラテン語は古風なだけにきっちりしていて例外が少なく覚え易いと思いますよ。

参考URL:http://www.kitashirakawa.jp/~taro/indexj.html

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英...続きを読む

Q「大阪ならでは~」という意味の文を別の表現ですると、「大阪特有の~」「

「大阪ならでは~」という意味の文を別の表現ですると、「大阪特有の~」「大阪にしかない~」「大阪だからこそ~」などと言い換えることができると思うのですが、「大阪ではないなら~」という文は文法的にいって正しいのでしょうか。

例)ご飯とお好み焼きをいっしょに食べる習慣は、大阪ならではである。
  ご飯とお好み焼きをいっしょに食べる習慣は、大阪ではないならありえないことである。

 下の文は、正しいですか?

Aベストアンサー

#4です。

>(1)と(2)を比較して(2)が不自然だと感じる理由が、本来「大阪でなければしない食べ方」と言う場面で、「大阪ではないならしない食べ方」を使用しているためだと思います。つまり、「ば」と「なら」の違いなのではないかと考えました。
:「大阪でない【なら】しない食べ方」であれば置き換え可能だと思います。
「大阪で【は】ないなら」と、殊更に大阪ではないことを取り立てる(強調する)必然性が後者にはあることになりますが、それが前者との決定的な意味の相違ではないだろうか、というのが私の考え方です。
ご質問の意図をきちんと把握してなかったので、蛇足でしたが、日本語として間違いではないことを示すためにそのシチュエーションを挙げたわけです。

>「Aならでは」を使った文全てにおいて「Aではないなら~ない」は言い換えても不自然ではないのかというシチュエーションに限定したいと思います
:わかりました。
端的に言って不自然だろうと思います。
前述したように「は」を外せば可でしょう。
  

Qラテン語について‥

私が入る予定の高校はラテン語も習うのですが、ラテン語って難しいでしょうか?
知り合いが「ラテン語はフランス語並みに難しい」と言ってたので少し不安になってきました‥。
一応イタリア語も身に付けてるのですが、ラテン語はイタリア語と似てるのでしょうか?
御回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

知り合いの方の「フランス語並み」という表現がよくわかりませんが、同じラテン語から派生したという意味では、フランス語、イタリア語、スペイン語などと似ているといえば似ています。

まず、発音は古典語ですので、それほど気にしなくてもいいです。いちおう音読などもしたほうがいいと思うのですが、読み方はほとんどローマ字読みと思っていいです。

文法は、名詞に格変化があるところが、現在のドイツ語に似ています。6格あるのですがそのうちのAblativ(奪格)というのが少々厄介です。

動詞は、6つの時制があり、それぞれ主語の人称と数によって変化します。また、変化のパターンが4つ(5つと数えてもいいが)あります。

(人称、指示、不定)代名詞や形容詞も性数格変化します。

変化は多いですが、表をみながら覚えればそれほど大変ではありません。むしろ、2,3年目からならう構文のほうがやっかいかもしれません。規則どおり考えていけば、必ず解ける代数のようなものだと思ってもいいかもしれません。

「高校」というのは、日本の高校ですか?
もし、外国でしたら、ラテン語をその国の言葉に訳すのが大変かもしれません。

しかし、だいたいのテキストが古典の美しい文章ですので、しっかり勉強すれば必ず得るところがあると思います。がんばってください

知り合いの方の「フランス語並み」という表現がよくわかりませんが、同じラテン語から派生したという意味では、フランス語、イタリア語、スペイン語などと似ているといえば似ています。

まず、発音は古典語ですので、それほど気にしなくてもいいです。いちおう音読などもしたほうがいいと思うのですが、読み方はほとんどローマ字読みと思っていいです。

文法は、名詞に格変化があるところが、現在のドイツ語に似ています。6格あるのですがそのうちのAblativ(奪格)というのが少々厄介です。

動詞は、6...続きを読む

Q大阪弁で「いちびり」は東京弁で何と言いますか?

大阪弁でいう「いちびる」と東京でいう「ふざける」は、私の感じでは少し違うように思うのですが、
両方の意味合いを知っておられる方、どうなんですか?

「いちびる」のが好きで、よく「いちびる」人を大阪で「いちびり」と言いますが、東京等で「ふざける」のが好きで、よく「ふざける」人を何と呼ぶのでしょう?「ふざける」の名詞形ってあるのですか?

「いちびる」と「ふざける」が、もし違うのなら、その違いを詳しく説明して頂けたらありがたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そのものズバリあてはまる東京弁はありません。

強いて言えば「お調子者」「おどけもの」あたりでしょう。
が、関西出身の作家によれば「いちびり」には「かしこまったものをからかう」というニュアンスがあるそうなので、そのまま当てはめられないのではないかと考えます。


人気Q&Aランキング