先日、ネットワークで繋がっているパソコンの1台が交換されました。私のパソコンと共有しているファイル(データベースソフト)があるので、ネットワーク設定後(専門部員が設定)後、交換したパソコンで”ドライバーの割り当て”をすることで、データのやりとりができるようになりました。
この”ドライバーの割り当て”とはどういうことでしょうか。
同じデータベースソフトでマイクロソフトのアクセスではそういう
作業しなくてもインストールされているパソコン同士でデータのやりとりができるみたいなのですが、どうしてでしょうか? 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問者様のおっしゃっている「ドライバーの割り当て」とは「ドライブの割り当て」の事だと思います。


ドライブは、ご存知の様に手元のPCのドライブまたはネットワークの共有資源をA~Zのアルファベットに置き換えた物ですね。
最近ではマイネットワーク(ネットワークコンピュータ)で直接参照できる様になりましたが、MS-DOS時代から存在する一部のアプリケーションや御社で開発されたアプリケーション中でドライブを参照する仕組みがあれば「ドライブ」の割り当てが必要になってきます。
またシステム部門でのサポートを簡素化するためによく使う共有先に「ドライブ」を割り当てる事もあります。「ネットワークから○○のサーバーを開いて共有名××を開いて」というより「Xドライブを開いて下さい」という方がシステム側もユーザー側も簡単ですよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング