ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

南極観測隊に大変興味があります。南極観測隊にはたくさんの職種があるようですが、どれも高度で専門的な技術、知識を持っていないと参加はできないのでしょうか?南極観測隊の募集はいつ、どのようにして行われているのでしょうか?どこでその情報を得ることができるのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3のmr_eveです。

はい、実は元越冬隊員です。

 ご質問のドーム旅行隊ですが、これは10月から翌年1月まで内陸奥地にある「ドームふじ観測拠点(ドーム基地)」で越冬するチームのことです。越冬隊の中から、さらに専門研究者や掘削技術者、支援隊員からなり10人くらいのパーティーになります。ドーム隊としたほうがわかりやすかったかもしれませんね。 つまり、旅行だけではなく現地で生活するからです。
 ドーム基地は、昭和基地から約1000kmの距離で約1ヶ月かかります。ちなみに、その間入浴できません。標高3810mで、気温は平均-54℃、最低気温は-80℃ちかくにもなることがあります。 少し歩けば息が上がると言ってました。
 現在そこでは、氷床の深層掘削調査が行われています。南極は平均2000mにもなる氷(=氷床)に覆われており、大陸は海面下まで押し下げられています。この3000mを越える氷床を掘削し氷のサンプルを採取します。氷には何十万年も大昔の空気がカプセルになって保存されており、その空気成分を分析するのです。ちなみに2500mで35万年前の空気が採取され、仮に3000m底は100万年前になるだろうと言われています。余談でした。
 なお、南極観測隊のいう「旅行」というのは「観測旅行」などのことで、一般的な観光旅行や修学旅行とは意味が違います。言ってみれば探検です。 軍隊で言うところの「行軍」と同じですかね。ちなみに私はドーム隊ではありません。
 それから環境保全ですが「関係機関」というのもまた微妙な表現ですよね(笑)。 機が熟しましたら極地研に問い合わせてみるといいと思います。行動力がモノを言う世界だと思いますよ。

参考URL:http://www.nipr.ac.jp/japan/outline/t10_observat …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mr_eveさま
ご丁寧なお返事どうもありがとうございました。ドーム旅行隊のこと、よく分かりました。それから氷床の掘削調査のワクワクするようなお話まで教えていただき、ありがとうございます。元越冬隊員の方とこのようなやり取りができたことにとても感激しております。この投稿をしたのはだいぶ前だったので気持ちはおさまっていたのですが、mr_eveさまの回答を読んだらまた気持ちが盛り上がってきてしまいました。(笑)
いつか行けることを夢見て・・・どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/28 00:28

 観測隊は大きく分けて夏隊と越冬隊があり、それぞれ「観測系」と「設営系」にまた分けられます。

観測系は"主として"国内でも極域自然科学について研究している者(元国立大、極地研、気象庁など)ですので、自ずと限られてきます。 一方設営系は、機械(車両・電気・水道)、調理、医療(医師)、通信、航空(今はないはず)、建築、環境保全、フィールドアシスタント、庶務とあり、一部メーカーの技術者や有資格者である必要がありますが、それ以外ではまだ応募の余地が残されています。 私としては、昭和基地には絶対に看護師さんが必要だと考えます。なぜなら、医師は2名だけですので対処しきれない場面もあるかもしれないからです。また、必ず2名の医師がいるとは限りません。野外調査などで医師が1名必要とされる場合もありますし、医師がケガをしたら・・・。隊員としても、看護婦さん(あえてこう呼ばせてもらいました)がいると心強いです。 話が逸れましたが、FAや環境保全として応募することも可能かなと思います。看護師経験があれば極地研側としても優遇したくなると思うのですが(私見)。

体については、どこにも一切問題ない健康体であれば大丈夫だと思います。女性でも健康体であれば大丈夫です。現に、45次では女性は4名、そのうち3名はなんとドーム旅行隊です。特別、筋肉モリモリの屈強な女性ではありません。
 問題は精神面でしょう。検査で心理面も詳しく見られますが、そういう事ではありません。 閉ざされた空間で少数の同じメンバーで1年間生活するのです。特に5~7月くらいは「極夜期」と言われる太陽の登らない時期があり、睡眠障害なども手伝って精神的に参る可能性があります。誰も困りません、自分が一番つらい状況になります。 またそれだけ長い時間苦楽を共にしていると色々な事があります。ワガママを抑えて助け合う精神が必要かと思います。 必要なのはその覚悟かと思います。それでも行きたい!と思う気持ちです。
 独立行政法人化後、観測隊への門は広くなった気がします。私も応援してます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答をどうもありがとうございました。観測隊経験者なのですね。私は今、環境保護に関心があり、社会人学生として大学で学んでいます。環境保全の職種で南極へ行けたらいいですが、調べてみたら「関係機関より」と書かれていましたのでこれも難しそうですね。でもおっしゃるように、行きたい、という気持ちが大事ですね。諦めないでチャンスをつかみたいと思います。それから、よろしければ教えていただきたいのですが、ドーム旅行隊とはなんですか?

お礼日時:2005/10/26 00:26

身内が医師として参加し、現在極地研究所で隊員の選考にあたっています。



夏期のみの滞在より越冬隊の方が選考はきびしく、専門分野において知識や技術のみならず、閉鎖空間で心身共に異常をきたさず研究生活を続けられる、強靭な精神力、体力が必要です。他人と上手くやってゆけるコミュニケーション能力、繊細な気遣いも必要です。最近は女性も行けるようになりましたし、生活の面での不都合も少しずつ改善されてきているとはいえ、なかなか大変であることは事実でしょうね。

観測隊員の募集は昨年の場合11~12月に募集され、面接や健康診断が行われるようです。
http://www.nipr.ac.jp/jare/topics/bosyu/index.html

国立極地研究所のURLを載せておきます。

夢がかなうといいですね。応援しています。

参考URL:http://www.nipr.ac.jp/japan/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答どうもありがとうございました。私は女性で、持っている資格は看護師くらいなのですが、観測隊には看護師は必要ないようで、、、やはり夢のままで終わりそうですね。(笑)ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 01:09

南極観測隊は一般公募される訳では無いようです。


まず国立極地研究所の所員から選抜されます。
あとは総務省(無線関係)、建設会社(建築関係)、海上保安庁、気象庁(極地気象)各大学(研究内容によって。多分文部科学省で?)、医科大学、病院?(医療関係者)などから選抜されるようです。あと新聞社(報道関係)
詳しくは文部科学省へどうぞ。
基本的に南極でしかできない研究をしに行くので、専門的な知識は当然です。
一番手っ取り早いのは国立極地研究所に入って研究員になる事ですかねえ?
行くだけなら海上自衛隊に入って「南極観測船」に配属されればいけますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q稚内空港~宗谷岬移動方法

現在、北海道旅行を計画しています。
空路で稚内に入り、そこからJRで南下するつもりです。

さて、折角稚内にいくのだから、最北の地「宗谷岬」にも立ってみたいです。
ところが、宗谷バスのサイトでバスの時刻表を眺めてみると、宗谷岬方面の本数が予想以上に少ない。しかも、空港から宗谷岬への直行はない模様。

地図を見ていると、空港~稚内のバスを途中で降りることができれば、そこから宗谷岬方面へのバスに乗りかえられそうな気がします。かなりローカルな話ですが、「○○バス停で乗りかえられるよ」なんて情報はありませんでしょうか?

できれば、空港から宗谷岬へ直行して最北の地を見て、すぐにノシャップ岬へ返して利尻島と夕焼けを眺め、翌日はJRで南下を開始したいのです。

Aベストアンサー

空港バスの空港の次のバス停は、潮見5丁目のようですから、稚内市街地の外れまでは止まらないようです。

一方、宗谷岬に行くバスで空港に最も近いバス停は「自動車学校」のようですが、ターミナルから2キロぐらい離れてますので、歩くにはちょっと遠いですね。このバス停までタクシーという手はあるでしょう。

宗谷バスの時刻表は以下です。

参考URL:http://www.soyabus.co.jp/teiki_h06.04.11.pdf

Q地域おこし協力隊に興味をもっています。ただ気になることがあります。地域

地域おこし協力隊に興味をもっています。ただ気になることがあります。地域おこし協力隊は希望する業務欄に書かれているとおり、観光や農業などの分野で自由に企画をおこなえるものなのでしょうか。行政の立場からしたとき、ボランティアという扱いでとらえ方をしていて、新規の提案などが認められないということはないでしょうか。今村奈良臣さんの農業の第六産業という考え方に共鳴することがあって、この制度を使って、食品加工分野で経験を積みたいと考えたのですが、難しいでしょうか。

Aベストアンサー

地方自治体も、決定権を持つレベルの方々はそれはもうかなり忙しいので、よほどの影響力がない事業や組織でない限り、イチからの事業や活動を一緒になって検討してもらうのは難しいことです。

協力隊でもNPOでも、その土地に入り込み、人脈を築き、「この人の周りには(人や活動の)渦ができる」状態にまでもっていくことができれば、自治体もその団体や人を認めます。
既にその地域での影響力が大きい組織でもない限り、「●●という組織にいる人だから」という理由だけではなかなか補助をたくさん貰えるような活動はしにくいでしょう。むしろ、人脈を作り、地元の民間などから補助を集めてなにか仕事をして実績をつくり、その回数を重ねて、地域の自治体に「こいつは無視できないぞ」の状態を作る、というほうがよく見聞きするケースです。

もちろん、企画をつくり、補助なくして実施できる経済基盤があれば、比較的自由な活動ができる可能性もありますが、最終的には自治体とのタッグに持ち込めることが理想と考えるので、あまり自由に活動しすぎるのも考えものかな、と思います。

Q『女は男をATMとしかおもえてない だったら男も女を性処理機としてみていいじゃないか』 からの 『俺

『女は男をATMとしかおもえてない
だったら男も女を性処理機としてみていいじゃないか』
からの
『俺は女を性処理機とはいってない』

矛盾してませんか?

Aベストアンサー

見てもいいじゃないかと言っているだけであって、そうであるとは断言していないので矛盾していないと思いますね。
勿論、女性側も、ATMだとは断言していないので、1つ目のセリフも、前提条件が男性側の思い込みだ、と言われてしまえばそれまででしょう。
ATMだと断言している女性に対しては言えると思います。

Q自衛隊の航空機パイロットって身体検査だけで 飛行機に興味がなくても上に

自衛隊の航空機パイロットって身体検査だけで 飛行機に興味がなくても上に上がれるんですか?

Aベストアンサー

体力だけでは無理ですよ^^

正直、頭はかなりいります。なぜなら、戦闘機自体がハイテクの塊なんで、それを扱うのに、それなりの知識が必要。

さらに「体力」と、尋常ない訓練を耐え抜く「忍耐」と「根性」が必要だと思います。

なので体力だけあっても、興味がないと先ず無理ですね。

Qペンギンをペットに

数ヶ月前にペンギンのひな(茶色くてモコモコしていて、親ペンギンより大きい)を見てからすっかりペンギン好きになってしまいました。以前、TVでペンギンを飼っている一般の方を見た記憶があるのですが、ペンギンは飼う(買う)ことが出来るのでしょうか?臭いがキツイ等はあるのでしょうか!?やはり育てるのは困難でしょうか!?万一、販売しているとしたら高額なのでしょうか!?
また、「ペンギンのひな」グッズで何か御存知の方がいたら情報を教えて頂きたいです。(できればキングペンギンのひな)
質問攻めですみませんが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

一応購入できますよ

http://www.arkpet.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi
↓ペンギンで検索
http://www.arkpet.com/tkxcgi/shop/goods_search.cgi?Keyword=%83y%83%93%83M%83%93&PriceMin=&PriceMax=

732,900円だそうです。

参考URL:http://www.arkpet.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi

Q世の中にどんな職種や職業があるかを知る方法ありますか

中1の息子が今、勉強に意欲がわかなくて、
それを少しでも改善したいので、
将来の目標(どんな仕事をしたいか等)を持って
もらいたいんですが、世の中にどんな仕事があって
それに就くにはどういう勉強をしなければいけないか、とか
その為に今どういう事をしておかなければならないかを話していき
たいんですが、自分の知識では限界があるんで、そういうのを
教えてくれたりするところを知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま人事等で年少者などアルバイトを含め採用など実務を担当してきた者に過ぎません。

自分の子供も同様なのですが、最近では職業観を学校教育の比較的早い時期から「わたしの仕事館」等などの施設などに行き、職業に対するまさにご質問のような知識や目標意識を啓発する機会が過去と比較して増えたような気がします。

大変良いこととは思いますが、職業観を養うことは大切なことかと思いますが、あまり早期から親が過干渉(ご質問者様のことではありませんので)や、あらゆることに関する価値観などは、お子さんの成長過程や様々な「きっかけ」で変化していくことも重要かと思います。

一概に断言できませんが、勉強に意欲がわかないというのは自分も経験がありますし、まして仕事自体に意欲がわかないということもありました。

それをどうやって自分や周囲の「ある程度」のきっかけを自分であらゆることから「発見」するといった力が大切なのではないかと思います。

たまたまアルバイトから正社員など教育研修などを担当してきたに過ぎませんが、「教える」ことが100%の目的ではなく「気づき」のきっかけのウエイトの方が大きいと思ってきました。
自分の潜在的な能力を発掘して顕在能力を自分の伸ばすという考えも一方で大変重要なことではないでしょうか。

社員教育より自己啓発の方が重要かと考えてきましたが、教えることはあくまできっかけを提供する意味で必要かと思います。

NO1の回答者のご回答のように書籍などがきっかけになることも多いに重要かと思います。そういったことを車の両輪として提供していくという自然体で提供するといったことも大切かと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

たまたま人事等で年少者などアルバイトを含め採用など実務を担当してきた者に過ぎません。

自分の子供も同様なのですが、最近では職業観を学校教育の比較的早い時期から「わたしの仕事館」等などの施設などに行き、職業に対するまさにご質問のような知識や目標意識を啓発する機会が過去と比較して増えたような気がします。

大変良いこととは思いますが、職業観を養うことは大切なことかと思いますが、あまり早期から親が過干渉(ご質問者様のことではありませんので)や、あらゆることに関する価値観などは...続きを読む

Qアザラシのいる水族館・動物園

ニュースで北海道の水族館のアザラシを見ました。
ガラスのチューブの中をお客さんを見に
アザラシが降りてくる姿がとても可愛くて
アザラシが見たくなりました。
北海道はちょっと遠いので
関東でアザラシの見られるところというと
どこがありますか?教えてください。
(鴨川シーワールド以外でお願いします)

Aベストアンサー

余談ですが、江ノ島は最近リニューアルしたので
お勧めです。
アザラシかわいいですよね。
私は海中哺乳類含め、水族館マニアなので、見にいくの大好きです。
ちょっと、遠いけど下田でも見れなかったかな?
下のリンクは日本中の水族館が載ってます。おすすめです。

参考URL:http://www.mr-to.com/aquarium/

Q物がそれほど売れているように見えない職種

 飲食業で働いています。
 一日の売上は
 平日15万~
 休日25万~
 くらいです。
 飲食業としては売上が低い方らしいのですが、それでも忙しい時はまさに猫の手を借りたいくらいになります。
 
 他の仕事をやったことがないので、見えない所でいろんな苦労や仕事があると思うんですが、他の職業を考えると、どうやって利益を生み出しているのか理解できない職種があります。
 
 頭にすぐ浮かぶのは
 1、スニーカー・ファッション(ユニクロ・下着は別)
 2、本・CD
 3、家具
 4、バイク・クルマ
 といった部類です。
 
 飲食や生活用品を売る仕事は生活必需な分野ですので、ほぼ毎日消費することになりますよね
 
 ・靴や服ってそんな何着も何着も買いますかね?私もファッションが好きなので、お店に行く方だと思いますが、季節ごとにどういう商品が入荷只見るだけで帰るのはザラです。※ユニクロだけは別次元なのかもしれません、いつ行ってもお客さんがいっぱいです
 ・ネット社会で著作権が侵害されることが多いのに一日に本やCDってそんなに売れますかね? ・家具は高価なものですから吟味して買うでしょう
 ・バイク・クルマも本体が売れることはそれほどないでしょうが、修理業務などが収入の中心になるんでしょうか?

 などの理由から仕入れなどを担当していない場合は
暇な時間多いんじゃないかな?なんて思ったりするのですが、 その業界で働いたことがないのに、失礼な事を言うようですが、正直そういう店に行くと「薄利多売で数多く客をさばかないといけないから、朝から晩まで体を酷使してみんな忙しく働いているのに、こういう分野の仕事は暇そうな仕事でいいなぁ」と本気で転職を考えてしまいます。どうやって店の利益が生み出されているのか疑問に思ってしまいます
 
 その分野の仕事はそれなりの苦労や大変な点・技能・接客、仕事に対するプロ性が必要になるんだと思いますが、是非お聞きしたいのは実際にそういう仕事をされている方は一日の労働の大半はどういうことをやってらっしゃるのでしょうか?

 飲食業で働いています。
 一日の売上は
 平日15万~
 休日25万~
 くらいです。
 飲食業としては売上が低い方らしいのですが、それでも忙しい時はまさに猫の手を借りたいくらいになります。
 
 他の仕事をやったことがないので、見えない所でいろんな苦労や仕事があると思うんですが、他の職業を考えると、どうやって利益を生み出しているのか理解できない職種があります。
 
 頭にすぐ浮かぶのは
 1、スニーカー・ファッション(ユニクロ・下着は別)
 2、本・CD
 3、家具
 4、バイク・ク...続きを読む

Aベストアンサー

ナショナルチェーンであれば1,2,3はだいたい質問者さんのお店と同じくらい売り上げがありますよ。

つまりそれだけの仕事量があるということです。質問者さんにそれが見えていないだけです。

Q南極についての質問です。

こんにちは。南極について質問させて頂きます。
南極に『南極観測隊』やマスコミの取材で南極に行ってる人がいますよね?
そこで質問なのですが南極では普段、私達が生活しているような環境が整っているのでしょうか?
例えば、テレビが観れる、お店がある、警察や消防がある、などです。
もし、南極に警察がいないのなら犯罪などが起こった場合はどうなるのでしょうか?
ご存じの方がおりましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。失礼します。

Aベストアンサー

 南極には日本以外にも、アメリカ、イギリス、フランス、インド、中国などいろいろな国が観測基地をもっています。その中でも最大規模なのがアメリカで、私は行ったことはありませんが、どうも一つの町としての機能をもっているようです。警察こそいないと思いますが、お店はあるかもしれませんね。

 日本の場合について言いますと、床屋さんやバー、新聞社などの文明的生活に必要なものは「生活諸掛」というものを各隊員兼任で組織します。もちろん素人ですから、床屋さんなど難しい注文には応えられません。
 
 一方、病院、消防署、警察署、機械工場、通信局、気象台など生きるために必需とされるものは公式に部門として隊員が派遣されます。消防、警察は誤解を招く書き方ですね、つまり隊員全員で消防組織を作り、月に一度本格的な訓練を行っております。消防車はありませんが、ブルドーザー、パワーショベルなどが破壊(延焼防止)のための消防車役でしょうか。救急車は雪上車でしょう。 警察は、基本的に犯罪は起こりづらい環境ですが、万一の場合(前例はない)は、越冬隊長が保安官となり、助手を指名して対処するのではないかと思います。また、日頃のルール(交通ルールもあります)はそれぞれ担当分野のチーフが取り決めそれに従います(結局は自分のためになる)。
 なお、テレビ放送やラジオ放送については、いわゆるTV番組は見られません。しかし、最近ではインターネットで見られるものもあるようで、2004年に45次隊によりインテルサット衛星による高速ネットワークが配備されましたので、見ることは技術的には可能です。しかし、回線に限りがあるので業務に支障が出ない範囲で休日などに見るなどの配慮は必要でしょう。2004年以後は、各地でイベントの時に昭和基地とのTV会議なども行われています。

 隊員が必要とする食糧や衣料、その他もろもろの物品については、必要分だけ砕氷艦で運びます。特に食糧は、決してアザラシやペンギンを食べたりはしません。非常食などもある程度確保してあります。
 なお、隊員が個人的に必要とするものは、各人が1年分自分で用意する必要があります。

参考URL:http://www17.plala.or.jp/antarctica/

 南極には日本以外にも、アメリカ、イギリス、フランス、インド、中国などいろいろな国が観測基地をもっています。その中でも最大規模なのがアメリカで、私は行ったことはありませんが、どうも一つの町としての機能をもっているようです。警察こそいないと思いますが、お店はあるかもしれませんね。

 日本の場合について言いますと、床屋さんやバー、新聞社などの文明的生活に必要なものは「生活諸掛」というものを各隊員兼任で組織します。もちろん素人ですから、床屋さんなど難しい注文には応えられません...続きを読む

Q消防音楽隊のカラーガード隊って職業?

消防音楽隊のカラーガード隊って、専門でその仕事をされている公務員さんなのでしょうか?
つい最近、音楽祭でカラーガード隊の女の子がけっこういらっしゃったのですが、見た感じ、18~25くらいのようでした。
カラーガード隊になるにはどうしたらなれるんでしょうか?

Aベストアンサー

警察の場合ですが…
『隊員は、警察本部広報広聴課、運転免許課、交通機動隊、前橋警察署、高崎警察署などに配置…』だそうです
http://www.police.pref.gunma.jp/keimubu/08kouhou/ongakutai/top.htm

でも消防は民間から募集しているみたいですね…(市町村などで違うかも)
http://www.tvk.ne.jp/~kfd119/ongaku/kara-ga-do1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報