ベースやっています。
最近とても左手親指側の手首が痛くなってきました。手首を押さえても痛いです。
調べてみたところ腱鞘炎かもしれません。
練習は続けていきたいのですがあまり無理しない方が良いのでしょうか?
又このようなケガ??を予防するために工夫されている事などがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>プロのベーシストが腱鞘炎で悩んでいるなんて聞いたことがありません



ベーシストはあまり目立たない(失礼)からじゃないでしょうか。ギタリストでは結構ありますからね。

>又このようなケガ??を予防するために工夫されている事

ビリー・シーン等が良くリストバンドをしていますが、あれは基本的に腱鞘炎予防のためですね。
# はなわがしているのは単なる飾りでしょうけど(笑)

私はギターを弾いていますが、腕の筋肉が無いので長時間フィンガリングの練習をしていると腱が痛くなります(すぐに直りますが)。ですが100均で買ったリストバンドでもしていればかなり緩和されますよ。
あと#2さんの仰る通りでストレッチや適度の休憩を必ず挟みましょう。一度やってしまうと癖になりますからね。
    • good
    • 0

自分もギターをやっていて1年前腱鞘炎になりました。


でも今は全然痛くないです。医者とかにも行ってないんですけどね。
唯一やったと言えば風呂上りにストレッチしたことくらいですね。(それも毎日じゃないですけどね)
あとはなるべく座って練習しましたね。負担かからないですから。
あとプロの人でも腱鞘炎になってる人はたくさんいると聞いたことがあります。(職業病なんですかね?)
    • good
    • 0

 ベーシストでもギタリストでもありませんが


腱鞘炎にかかってしまったとしてお答えします。

 腱鞘炎は一度なると完治しません。
つまり、これからも無理をすると再発してしまうやっかいな病気です。
特に有効な治療法もありませんから、しばらくは手を休めるしかないでしょう。
みんな無理をしないように、だましだましやっています。
体調が悪いと再発しやすいので健康にも気を遣いましょう。

 ベースの練習ってどのくらいやっていたんですか?
よっぽど何時間も何時間も休まずにやっていたとかでなければ
恐らく間違ったフォームで弾いているから負担がかかったんだと思います。
プロのベーシストが腱鞘炎で悩んでいるなんて聞いたことがありませんから(あるのかな?)
正しい演奏法をすれば手首が痛くなることはないはずです。
もう一度フォームを確認してみましょう。
やっぱり自己流でなくきちんと習った方がいいと思いますよ。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
左手のフォームについては教則本を見て一応勉強したのですが‥‥。もしよろしければ左手の正しいフォーム(親指の向きなど)教えていただいてもよろしいですか?

補足日時:2005/04/18 16:30
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベース初心者です。左手の痛みについてご教授下さい(助けて下さい)

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練習していたのも一つの原因でしょうか。

暫く練習を休んでいるため(ベースが弾けなくなる事を想像すると無理は禁物だと悟りました)、腕が痛むことはありません。今のところ腱鞘炎の気はなさそうです。

ですが、相変わらず指を曲げると指先に痛みが生じます。
(単なる筋肉痛で済んで欲しいです。)

楽器の経験は今まで全くなく、ベースが初めて触った楽器になります。
長く続けて行きたい趣味と考えていただけに、いきなり出鼻を挫かれた感じです。


私と同じような経験をされた方はいますでしょうか。
また、この質問を見て下さった方々は、痛みとどう向き合って楽器に取り組まれたのでしょうか。

長文失礼致しました。
宜しければ皆様のお力をお貸し願えないでしょうか。

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練...続きを読む

Aベストアンサー

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に」の部分も???です。私は手が大きい方ではありませんが、親指の第一関節よりやや上(指先方向)でネックの中心に置いて5弦ベースの5弦が届くので、何故「親指をネックの中心よりやや下に」となっているのか理解できません。やってみればわかると思いますが、「親指をネックの中心よりやや下に」すると安定感に欠け弾きに難くなります。

教則本もいろいろありますので、まずは楽器店でいくつかのものを見て参考にしてみるのがいいと思います。少なくとも、私であれば質問者様の使っている教則本は他人には薦められないですね。

私は、教則本に出ているように4つの指をフレットごとに正しくおいて弾くことはできません。通常の演奏において大切なことは、バンドのグルーブ感が出せるかどうかなので、一番いい音(グルーブ感の出しやすい音)が出る運指であればその方がいいので、常にグルーブ感の出しやすいポジションに移動させできるだけ最良の音の出せる指を使用するようにしています。ただし、ベースソロの速い不レースなどでは、4つの指をフレットに乗せて均等に弾くことが必要なので、スケール練習はおろそかにしては行けません。

とにかく痛くならない範囲で練習して、痛みがでたらベースはお休みでリズムトレーニングをしてください。グルーブ感を出すには、まずリズムがしっかりしている必要がありますから。

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾く...続きを読む

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む

Qベースの指弾きをすると手首から肘が痛い

こんにちは
ベースの指弾きの練習をしているのですが
気になることがあります。
指弾きをすると手首から肘が熱くなって凄く痛くなります。
ベースを教えて貰っている人には
「フォ-ム悪いね」
とかは言われません。
少し指を斜めにして弾いています。

何かコツがあるのでしょうか?
何か情報のある方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベースを趣味で弾いていて、仕事はリハビリに関することをしています。

手首から肘のどのあたりでしょうか?
指を曲げる筋肉は、手の中にもあるんですが、
肘の内側から出て指にくっついています。

「熱くて痛い」とあるので、炎症を起こしている危険性もあります。
ちょっとわかりませんが・・・
練習量はどの程度でしょうか?
最初は指弾きに必要な筋肉が十分に鍛錬されていないので
あんまり無理して練習しすぎると、腱鞘炎などを起こす可能性もあります。

まずは基本的なフォームを習得する必要があるのはもちろんですが
痛いときには無理して練習しないで、休憩をはさむようにしてください。
もし、休んでも痛みが取れないなど、症状がずっと続くのであれば、整形外科の受診をオススメします。
技術の習得にはある程度、時間がかかるということを肝に銘じて
あんまり無理しないようにしてください。

あせらずにがんばってくださいね♪

Q【腱鞘炎】全治するまで何日くらい?【手首】

10日ほど前に、派遣先の工場で梱包の作業で腱鞘炎に掛かりました。
初日 『初勤務でただ疲れただけだろう』
翌日 『まだ痛い…疲れがとれないな』
翌々日『腫れてきた…まだ痛むなぁ、捻挫かな?』
それ以降、腫れも痛みも引かず、重い荷物の梱包や棚入れ出し等の仕事の度に悪化する様だったので、骨折かもしれないと思い病院に行ってみたら…
骨に異常は無く、先生に『腱鞘炎かもね』と言われ、大きな注射を患部に打たれ、飲み薬(鎮静剤)と湿布を出されまた4日後に来てねと言われました。

しかしいつ頃完治するのか聞くのを忘れてしまいましたΣ(ノд<)

【患部・症状】
右手首のつけね親指側に直径10cm程度の腫れ、押すと痛い。親指を握って小指側に手首を倒す動作が激痛。スマホの文字打ちもちょっと困難(疲れる、痛む)。刃が粘着物等でベタベタになった広げにくいハサミを痛みで力が入らず開くことができない…。
現在症状が出てから約10日目。

似た様な症状の腱鞘炎を患った方、いらっしゃいましたら完治するまでにどれ程掛かったか教えてくださると幸いです。
また、早く治したいと思っているので、普段の良い治療方等もありましたら教えてください。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

10日ほど前に、派遣先の工場で梱包の作業で腱鞘炎に掛かりました。
初日 『初勤務でただ疲れただけだろう』
翌日 『まだ痛い…疲れがとれないな』
翌々日『腫れてきた…まだ痛むなぁ、捻挫かな?』
それ以降、腫れも痛みも引かず、重い荷物の梱包や棚入れ出し等の仕事の度に悪化する様だったので、骨折かもしれないと思い病院に行ってみたら…
骨に異常は無く、先生に『腱鞘炎かもね』と言われ、大きな注射を患部に打たれ、飲み薬(鎮静剤)と湿布を出されまた4日後に来てねと言われました。

しかしいつ頃完...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容から察すると、ドゥケルバン腱鞘炎でしょうか。腱鞘炎はその名の通り、腱鞘の炎症が原因です。骨など構造的な部分に原因があるわけではなく、一般的には指の使い過ぎ、または体質的なものもあると個人的には感じています。

病院では薬(飲み、塗り)、電気などのリハビリ、注射、鍼、運動療法の様なものです。特に注射は即効性を期待できる治療方法ですが、まったく効かない方もいます。個人的には固定はお勧めしません。固定は患部の血行を悪くし、関節を固めてしまうので逆効果になりかねないからです。ただし指ですからなるべく痛みが出ないように使うことが大事になってきます。

これらの治療で効果がなく、最終的に手術という方法もあります。手術は腱鞘を切って物理的に圧迫を開放するという方法です。手術自体は簡単ですが、傷跡や、不思議なことに手術をしても改善しない患者さんもいますので、出来るだけ手術以外の方法で粘った方がいいと個人的には思います。注射でも効果がない、仕事に支障が出る、とにかく早く治したいのであれば手術しか方法はありません。


>しかしいつ頃完治するのか聞くのを忘れてしまいましたΣ(ノд<)

これは最も難しい質問です。ケースによって本当にさまざまあるからです。注射で治る人、手術でも治らない人、リハビリを続けて数か月で治る人・数年で治る人などです。判断を下すうえで重要な要素は経過です。どのような治療方法に効果があり、どのくらい良くなってきているかを見ないと医師も正確なことは言えないんです。注射が効いているようなら、次回の診察の時に確認されてみるといいと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

ご質問の内容から察すると、ドゥケルバン腱鞘炎でしょうか。腱鞘炎はその名の通り、腱鞘の炎症が原因です。骨など構造的な部分に原因があるわけではなく、一般的には指の使い過ぎ、または体質的なものもあると個人的には感じています。

病院では薬(飲み、塗り)、電気などのリハビリ、注射、鍼、運動療法の様なものです。特に注射は即効性を期待できる治療方法ですが、まったく効かない方もいます。個人的には固定はお勧めしません。固定は患部の血行を悪くし、関節を固めてしまうので逆効果になりかねないから...続きを読む

Qベースの弦をうまく押さえられない!!

高校2年生の女です。
ベースを初めて1週間くらいの超初心者です。
手が小さくて指が短いせいか、指が届かないので、
1フレット1フィンガーで弦を押さえられません…。
また、次の音を出すときにどうしても音がとぎれてしまって
なめらかに音を出す事ができません。。。
なんとか解決する方法は無いでしょうか??

Aベストアンサー

血が出るくらいっていうのは大げさにしても(当方は15年近くベースやってますが、血が出たことはありません)、始めて一週間でそんな簡単にプレイできるようでは、だれでもプロになってます(爆) 焦らずやりましょう。

どのような音楽をプレイしようとしているのかは分かりませんが、(差別ではなく一般的な話として)女性は男性に比べて体格も小さく、筋力も弱い場合が多いと思います。他方、楽器には基本的に男性用・女性用といった区分けがありません。ベースはギターよりも低い音が出る分、弦も太く長いですし、ボディも一回り大きくなっています。ですから、ルックスを重視してストラップを長くした場合、女性にはなおのことスムーズなプレイは困難かと思います。

以前当方が他の方の質問にお答えして書いた文章を参考URLに示しておきます。1フレット1フィンガーの押弦を身につける練習について述べたものです。参考にしてください。

音がとぎれる問題については、左手での押弦が弱いことが原因です。無理のないテンポで4分音符と4分休符を交互にプレイすることを考えてみましょう。休符の時は左手の力を緩めて、弦を指板から浮くようにするはずです。つまり、4分音符の間、弦がまだ鳴っていなければならないうちから、指の力が緩んで弦を指板から離してしまえば、音がとぎれるわけです。
特に、薬指や小指には力が入らず、音がとぎれやすいと思います。1フレット1フィンガーの練習によって、どの指にも均等に力が入るようになってくれば、自ずとこの問題は解決するはずです。それでも気になるようでしたら、上で述べたように実音と休符を交互に繰り返す練習を、親指以外のすべての左手の指でやってみましょう。実音の間はしっかり押さえ続け、休符になったら弦を指板から離す。これで、実音の音価をしっかり伸ばす習慣も身に付くと思います。


なお、弦楽器については(クラシックのバイオリンが元ネタ??)、血が出るほど……って言い方を昔から聞くのですが、上でも述べたように当方は指から血が出たことなどありません。むしろ、そんなになるまで練習してもなんの得もないと断言します。血が出るってことはけがですから、けがした指では練習も出来ないでしょうし。確かに練習を続けるうちに指の皮膚は硬く厚くなりますが、そうなる前に無理をすると、皮がむけて血が出やすくなります。内側の皮膚は当然薄くもろいわけですから、その状態で無理に練習すれば血が出ることもあるでしょう。
血が出るまで……の話は、そこを越えれば指が硬く強くなる、ということなのかもしれませんが、けがした指が治るまで練習できないのであれば(無理に続ければ治るけがも治りませんし)、その間当然指にかかる負荷もなくなり、指の弦楽器への適応も遅れることになります。
急がば回れといいますか、指に違和感を覚えたり、皮がむけそうになったら休憩してください。

また、血液にはかなりの塩分が含まれています。指から血が出た状態で練習すれば、弦は錆びやすくなりますし、指板にもよからぬ影響があります。

楽器のためにも、血が出るほどの練習はすべきではありません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1333620

血が出るくらいっていうのは大げさにしても(当方は15年近くベースやってますが、血が出たことはありません)、始めて一週間でそんな簡単にプレイできるようでは、だれでもプロになってます(爆) 焦らずやりましょう。

どのような音楽をプレイしようとしているのかは分かりませんが、(差別ではなく一般的な話として)女性は男性に比べて体格も小さく、筋力も弱い場合が多いと思います。他方、楽器には基本的に男性用・女性用といった区分けがありません。ベースはギターよりも低い音が出る分、弦も太く長い...続きを読む

Qベースギターを弾いていると、左手が・・・

高校生です。ベースを始めてから約二ヶ月の初心者です。
質問なのですが、ベースをしばらく弾いていると「左手の人差し指付け根と親指の付け根の間」が痛くなってきてしまい、練習に集中できません。
これは始めてからずっと続いている症状で、「弾いていればそのうち治るかな?」と思っていたのですが・・。
フォームが悪いのでしょうか??また、何か他に原因があるのでしょうか・・・。
返信待ってます。

Aベストアンサー

人差し指と親指の付け根の間が痛くなることについては、おそらくは人差し指と親指で物を挟もうとする時に使う筋肉の痛みだと思います。 これについては、普段使わないような筋肉を酷使していることから来るものでしょう。 ただ、これは単純に手が慣れていないのか、あるいは力みすぎているのか、どちらかを断言することは難しいと思います。 ある程度はうまく付き合っていくつもりで捉えておくのが良いのかも知れません。
私の場合はギターでですが、バレーコードでのカッティングを長時間弾いたりすると、同じような部分の痛みが出ます。 今でも以前よりは長く持つようにはなってきていますが、同じように負荷をかけ続けるとやはり痛みが出ます。 ある程度は、仕方がない部分もあると思っています。

具体的な対策についてですが、まずフォームを見直して力まずに弦を押さえる方法を探ることと、地道に手を鍛えることを考えるのが良いように思います。
フォームに関しては、効率的に指先に力を伝え、余計な力みなどを込めないようにすることを意識してみるのが良いと思います。 良いフォームを整えることができれば、その分だけ力みを抜くことも容易になるでしょう。 特に、親指をどこに置いているかは、大きなポイントになると思います。 また、指の付け根についても、できれば指板に寄せるようにして、指に力を入れるときは手を握るような具合に指先が内側に巻き込むような加減を意識してみると良いと思います。 細かいところですが、指を反らさないように手を握る方向に力を加えると、動きとして自然になり、コントロールしやすくなると思いますよ。
フォームに関しては、他の人がベースを弾いている姿をみて研究するのも有益だと思います。 見て盗める要素は多いと思いますし、参考にできることは貪欲に吸収していくのが良いと思いますよ。 「正しいフォーム」というものを踏襲して楽になる部分があるとすれば、敢えてそれに背を向ける必要もないでしょう。
また、力みすぎていないかどうかについて検証してみるのも良いでしょう。 弦を押さえている力を少しずつ抜いていき、音が途切れる力加減を確かめてみると、案外軽い力でも音が出続けるように感じるかも知れません。 その場合は、普段が力みすぎているということになるでしょう。 必要最低限の力加減を意識して練習してみると、いろいろと楽になると思います。
後は、手を地道に慣らして鍛えることも一つの対策ではあるでしょう。 普段使わないところを酷使するとすれば、その部分が順応して強くなってくることを期待するのも対策とはいえます。 力加減などに力みがないとしても、負荷をかければ筋肉痛などを呼ぶことも十分にありうることですし、そうであるとするならその部位を地道に鍛えて持久力を付けていく他ないともいえるでしょう。 ですので、少し時間をかけて慣らしていくつもりで捉えてみるのも良いと思います。
ただし、練習の過程でその痛みが出た場合は、あまりそこで無理をしないことをお勧めします。 下手に過負荷をかけすぎると怪我をして逆効果になる恐れもありますし、あるいはその部位を変にかばおうとして他の部分にも無理がかかり、腱鞘炎などを呼ぶこともあります。 痛みを覚えたら、そこで練習を中断して手を休めることをお勧めします。 軽くマッサージするなどクールダウンを取り入れてみるのも良いでしょう。 いずれにしても過度に無理をするのはお勧めできません。 癖にならないよう、大事にいくことをお勧めします。

参考になれば。 乱文失礼しました。

人差し指と親指の付け根の間が痛くなることについては、おそらくは人差し指と親指で物を挟もうとする時に使う筋肉の痛みだと思います。 これについては、普段使わないような筋肉を酷使していることから来るものでしょう。 ただ、これは単純に手が慣れていないのか、あるいは力みすぎているのか、どちらかを断言することは難しいと思います。 ある程度はうまく付き合っていくつもりで捉えておくのが良いのかも知れません。
私の場合はギターでですが、バレーコードでのカッティングを長時間弾いたりすると、同じよ...続きを読む

Qコードを押さえると手首が痛い

普通のメジャーコードや、時々ならFなどのバレーコードも大丈夫なのですが
YUIのLIFEのような ほとんどのコードがバレーコードの曲を弾くと 手首の少し上辺りがつったように、我慢できないぐらい痛くなってしまいます。

ちょっと自分で間違っていると思う点は
1、バレーコードを押さえる時人差し指ではなく中指などの他の指が反り返ってしまうときがある。
2、バレーコードの時親指はネックのちょうど裏。指先でメインに押さえてる。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえずは、いろいろな点を見直してみるのが良いでしょう。

手首の付近が痛くなるとのことですが、その場合はまずギターの構え方を見直してみることをお勧めします。
コードを押さえに行く時に、手首が内側に大きく折れ曲がっていると言うことはないでしょうか。もしそうだとしたら、手首が内側に曲がりこむことで手首の周りに無理がかかっている可能性が高いでしょう。この場合は、ギターのヘッドの位置を少し高く持ち上げてみることをお勧めします。必然的にギターの構え方全体を見直すことにもなるでしょう。
ギターのヘッドが低い位置にあり、ネックが地面と水平に近いような構え方になっていると、肘は開き気味になり、弦を押さえにいく手の手首の返しはきつくなります。その状態では、手先の動きにも無理が多くなるでしょう。ギターのヘッドを肩くらいの位置にまで引き上げ、ネックを少し斜めにするような感じにギターを構えれば、肘の開きは小さくなり、ネックに向かう手の手首も真っ直ぐに近くなると思います。そうなれば、手首への負担が大幅に軽くなるはずです。特に肘の開き加減などを目安にして、手首に過負荷がかからないように、ギターの構え方を見直してみることをまずはお勧めします。

また、バレーコードについては、力任せに弦を押さえつけようとしても、うまくいかないことが多いと思います。力任せでは、自分の身体への負担も大きくなるでしょう。バレーコードについては、まずはフォームを整えることを重視し、力のバランスをうまく取ることを意識するのが妥当かと思います。
バレーコードの時の注意点についてですが、人差し指については、弦を押さえ込む力を加えるのではなく、まっすぐに指を伸ばして均一に弦に触れることをまずは重視するのが良いと思います。人差し指を這わせた状態で、すべての弦をピッキングしてみて、きちんとミュートがかかっていることを確認してみてください。それができることが、まず第一歩だと思います。人差し指を均一にすべての弦に触れさせる上では、少し指を傾けて親指側の側面を弦に当てるように意識するのも効果的でしょう。指の側面を当てれば、関節の節に弦がもぐりこむことも防げますし、力を加えた時に関節が追従して曲がってしまい、力が逃げるということも防げます。
また、バレーの際にも、効率よく弦を押さえるときのポイントとして、弦が押し付けられるフレットの付近に指を当てることは、大切なセオリーと言えるでしょう。
親指に関しては、弦をフレットに押し付けるための力を加える中心として捉えるのが良いでしょう。他の指はフォームを整えることを重視して、あまり力を込めようとせず、弦を押さえるときには親指でネックを押し上げて他の指の方に押し出し、ついでに弦が挟まるような加減を意識して、親指の力を中心に使うのが楽だと思います。その上では、ネックの裏の中心線上で、人差し指より少し中指側の裏に親指を当てるのが妥当でしょう。
とりあえず、上記の点を確認してみて、無理な力加減で弦をねじ伏せようと力んだりしていないかに注意してみるのも良いでしょう。根本的に握力が不足していると言うようなケースは稀だと思います。力任せにするのではなく、効率よく力を加えられるバランスを重視することをお勧めします。

バレーコードが長く連続する場合においては、人差し指と親指の間が痛くなることが多いと思います。この痛みについては、持久力の限界を超えたときのダメージで、筋肉痛のようなものなので、避ける術はないと思います。地道に持久力を伸ばしていくのが良いでしょう。
それ以外のところが痛むことについては、全体的にフォームに無理があることを疑うのが妥当だと思います。こちらの場合は、無理な姿勢になっていたりしないか、力みすぎていないかに注意して、負担の少ないやり方を探るのが良いでしょう。
とりあえずは、ギターの構え方を見直してみることをお勧めします。

参考になれば。

とりあえずは、いろいろな点を見直してみるのが良いでしょう。

手首の付近が痛くなるとのことですが、その場合はまずギターの構え方を見直してみることをお勧めします。
コードを押さえに行く時に、手首が内側に大きく折れ曲がっていると言うことはないでしょうか。もしそうだとしたら、手首が内側に曲がりこむことで手首の周りに無理がかかっている可能性が高いでしょう。この場合は、ギターのヘッドの位置を少し高く持ち上げてみることをお勧めします。必然的にギターの構え方全体を見直すことにもなるでし...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qベースがもっと上手くなりたいです

自分はベース歴5年くらいで今まで好きな曲をコピーしたりセッションをしたりなどをしてきました
でも最近なにをすればいいのかわからず困っています。ベースが上手くなるというか、理解が深まるというか、一皮むけたいので何かオススメの練習法や曲、覚えていたら役立つ理論を教えていただけないでしょうか?

自分のいまの状態は指弾きメイン、スラップ少々です。
セッションは1コード、2コード、ブルースセッションができるくらいで即興でウォーキングベースを弾くことができないのでジャズセッションは出来ません。
スケールはペンタ専用の教則本で勉強したのでメジャーペンタ、マイナーペンタのポジションは全て覚えましたが、そのせいで『アドリブがペンタ一発だね』とよく言われます
曲作りに少し興味があったので、コード理論とダイアトニックコードは勉強しました(すごく中途半端ですが......)

長くなりましてすいません!回答待っています

Aベストアンサー

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴等は、プロファイルをご覧ください)
私も基本的には指弾き(2フィンガー)とスラップ、そしてピック弾き少々です。

5年くらいですと、基礎的な事は概ねクリアし、ジャムセッションも一定程度できるレベルだと
思われます。今後更に発展されるために、ご質問の「理解が深まる」「一皮剥けた」に焦点を
当てて、回答してみます。 (超長文になりそうです。m(_ _)m )

内容的には、以下の3点です。
(1)いわゆる「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」について回答してみます。タイム感やグルーブ感
  にも関係してきます。感覚的な事柄を文字で表現するのは難しいですが、がんばってみます。
(2)テクニック遍です。ダブルストップ等の「和音」弾きと、右手のスリーフィンガー弾きです。
(3)ベースギターの違う世界=フレットレスの世界です。

------------------------------------------------------
<前ノリ、ジャスト、後ノリ>
いわゆる「ノリ」とか「グルーブ感」、あるいは「タイム感」に関わるもので、私の秘儀(?)と
でも言えるかな…と思います。(笑)
ドラムスとの相性などもあるので難しい問題ですが、ベースプレーヤーだけに絞って書いてみます。

2ビートでも、4ビートでも、8ビートでも、16ビートでも、ベースの「ボンボンボンボン」と言う音
と、ドラムスのハット・スネア・キック(ベードラ)とのタイミングがジャストで合うととても
気持ちが良いですよね。
この感覚は、ドラムスとベースだけが感じることができる、本当に心地良い世界です。
※ドラムスが「ジャスト」のタイム感で叩けることが前提です。

しかし、曲によってはベースが「前ノリ」にした方が良い曲もあるし、「後ノリ」にした方が良い
曲もあります。
これは、8ビートとか、シャッフルとかの「ビート感」ではなく、例えば同じシャッフルでもベース
が前ノリで弾くシャッフルビートと、後ノリで弾くシャッフルビートでは、同じ曲でも全体のグルー
ブが随分違います。

では、この「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」の出し方(弾き方)を書いてみます。
これは、ベーシストによって色々なやり方(感じ方)があると思いますので、何とも言えませんが、
私流のやり方ですので、良かったら参考にしてください。

・前ノリ  ⇒ ビートを感じる(ベースの弦を弾く)タイミングを「爪側」で感じるようにする。
・ジャスト ⇒ ビートを感じる(ベースの弦を弾く)タイミングを「指の中」で感じるようにする。
・後のり  ⇒ ビートを感じる(ベースの弦を弾く)タイミングを「指の腹」で感じるようにする。 
これだけです。 ・・・と言ってもピンと来ないと思いますので、もう少し書いてみます。

右手は、人差し指・中指を基本的には交互に動かすワケですが、右手の人差し指・中指が感じる
ビートのタイミング(ビート感)を「爪側」「指の中」「指の腹」の3種類で使い分けるんです。

「爪側」でビート感を感じるように弦を弾くと、ジャストのタイミングよりも何100分の何秒かの
世界で早く(突っ込み気味で)弾いていることになり、自然と「前ノリ」なビートになります。

逆に「指の腹」で感じるようにすると、同様に何100分の何秒かの世界で、ジャストのタイ
ミングよりも遅く弾くことになるので、自然に「後ノリ」ビートになります。
また、指の中でビートを感じながら弾くとジャストになります。

お分かりいただけたでしょうか?
「何100分の何秒」と言うのは「極めて短い瞬間」と言う意味であり、計ったわけではありません。

私がこれを発見(?)したのは30代半ば頃だったと思います。一定のレベルのベースが弾けるように
なった頃から、「ビート感」「グルーブ感」にずーーーっと悩んでいたのを思い出します。
ある時、「自分は何処で、どういう風にビート感、タイム感を出しているのか?」を考えていた時
に、右手(人差し指・中指」の感じ方であることに気が付き、そこから色々考えて、この方法に行き
着きました。

ビート感やタイム感は個人個人で異なりますし、染み付いているので最初は大変かもしれませんが、
自宅練習の時にメトロノームでやっていると、「前ノリビート」「後ノリビート」「ジャストビー
ト」が分かってくると思います。
これが分かってきて、右手で自由に出せるようになると、もの凄く幅が広がりますよ。

ブルース系で重い感じを出したい場合は「後ノリ」タッチ、明るくて元気な感じを出したい時は
「前ノリ」タッチ、と言うように使い分けます。
曲によって使い分けること自体も大変ですが、慣れてくるとできるようになると思います。


<テンヌートとスタッカート>
これは、web上でも多くが語られていますので、細かく書く必要はないと思います。
「テヌート気味に弾く」「スタッカート気味に弾く」などと表現しますが、もう少し平たく言うと
「粘っこく弾く」「歯切れ良く弾く」てな感じでしょうか?
これも感覚の問題で、時間にすると何100分の何秒の世界で「音を伸ばす」「音を切る」と言うこ
とです。最初は難しいかもしれませんが、色々やっていると「音の表情」が変わってくるのが分か
る思います。


<ダブルストップ(重音奏法)>
重い音を出すのではなく、いわゆる「和音弾き」です。ダブルですから「2つの音」を和音として
要所要所で入れる奏法です。
web上で「ダブルストップ ベースギター」等で検索してみてください。色々と掲載されています。
私が良くやるのは、7thコードの長三度+短七度、あるいはルート音+三度のダブルストップを
1・2弦の高いポジション(12F以上)で弾きます。A7・C7・D7・E7等は、トリプルストップでもOKです。サビに行く前のドミナントコードの7thコードの時に入れると格好イイですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E9%9F%B3%E5%A5%8F%E6%B3%95
http://ameblo.jp/kamikaze-tetsu/entry-10245862311.html


<右手のスリーフィンガー>
人差し指・中指・薬指で弾きます。
と言っても、MR.BIGのビリーシーンのように、常に3本で弾くわけではありません。 

70年代後半~80年代初めに流行った「ズッタタ/ズッタタ」というオクターブ弾きです。
有名な曲では、ロッド・スチュアートの「Do you think I'm sexy ?」でやってるベースです。
※この曲のベーシストは、日本人(山内テツさん)なんです!

http://www.youtube.com/watch?v=OIlHt_syoSE 

このベースは当時、一世を風靡しましたが、2フィンガーでは難しいんですね。
これを私はスリーフィンガーでやります。「ズッタタ」の「ズ」は人差し指で、オクターブ上の
最初の「タ」は薬指で、最後の「タ」は中指で弾きます。
※山内テツさんはどうやって弾いているか・・・は不明です。

最初は薬指が上手く鳴らないと思いますが、ずっと練習しているとできるようになります。
この「ズッタタ」がスムーズにできて綺麗な音がでるようになったら、楽器屋さん等で試奏する時
にやると、回りから「オッ~!」となりますよ。

2フィンガーでできる人もいますが、どこか引っかかったようなビートになるんですね。
3フィンガーだととてもスムーズにできて、スピードを上げることもできます。
ちょっと上級なテクニックです。


<フレットレス>
中級クラスになったら、是非、フレットレスにチャレンジして欲しいですね。
フレッテッドにはない、独特の音、響き、余韻・・・。 
あのスーパーベーシスト、故ジャコ・パストリアスの音は絶品です。
最初は音程が安定しなくて、ヨロヨロになると思いますが、慣れてくるとそのヨロヨロ感が
逆にフレットレスベースの味になってきます。
4ビートもののwalking bassなどは、やはりフレットレスがピッタシカンカンでハマりますね。
私は、今、LIVEでのベースソロ用に、ジャコの「continuum」のコピーに熱中してます。
この曲は、フレットレスでダブルストップを弾く曲で、超難しいですが、やりがいがありますね。

http://www.youtube.com/watch?v=VY_tScCrRdc

以上です。 お役に立ったでしょうか?
継続は力なり! 楽しいBass Lifeを! 長文失礼しました。 m(_ _)m

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴等は、プロファイルをご覧ください)
私も基本的には指弾き(2フィンガー)とスラップ、そしてピック弾き少々です。

5年くらいですと、基礎的な事は概ねクリアし、ジャムセッションも一定程度できるレベルだと
思われます。今後更に発展されるために、ご質問の「理解が深まる」「一皮剥けた」に焦点を
当てて、回答してみます。 (超長文になりそうです。m(_ _)m )

内容的には、以下の3点です。
(1)いわゆる「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」...続きを読む

Qベースが上手くなる方法教えてください

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんです

やっぱり基礎が本当に出来てなくて
というよりも基礎力をつけたいけどどうしたら良いかわからないんです。
基礎が出来た上に応用力を付けて、それから「本当にうまい人」と言われるように
なりたいんです。

リズム感や音程、知識などは
小学校からピアノ・金管・吹奏楽で身に付けたので自信はあります
だけどベースのことがよくわからなくて・・・
教本はやっています。
だけど本当にこれでいいのかなって感じです。
詳しくしっかり教えてくれる人はいないし
ベース教室行きたいですけど忙しいしお金ないし・・・
もうベース初めて一年経ちます。
後輩入ってくるので焦ります(; ;)

元々好きなことには負けず嫌いで
同じ学年の女子のベースには絶対負けたくないです
できればその一番上の辺りの男子たちも抜かしたいとか思っています(笑);
その人たちはもうスラップとか出来ちゃってますが
基礎力ちゃんと付けてない気がします。
あとベースがめちゃくちゃ上手い先輩にも少し見て欲しいので・・・


理想高いです、ごめんなさい

どういう練習をしたら少しでもプロレベルに近づけますか??
こういう練習したら上手くなったとか
またベースをやっている人、練習方法を教えていただきたいです。

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんで...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感・タイム感)が正確であること。そして、音程が正確である(音を
外さない)ことです。
その意味では、きちんとコピーもできて間違わずに弾く技量があるようですので、
基本的にOKです。自信を持ってください。


<上手いベースとは…?>
次に、「上手いベース」と言う解釈です。
いろいろな意見があると思いますが、大きく二つに分かれると思われます。
一つは「テクニックが凄い」と言う意味、そして、「ベースとしての役割を完璧に
遂行できる(果せる)」と言う意味です。

楽器をはじめて一定のレベルになると、どうしても「テクニック」に走ります。
ベースギターの場合だと、スラップ、タッピング(ライトハンド奏法)、スリー
フィンガー、ピック弾きのネックアップ奏法、などなどたくさんありますね。
それはそれで良いことだし、頑張る価値もありますが、あまりテクニックの有る無し、
高い低いに捕らわれると、ベースとしての基本的な役割をおろそかにしてしましますので、
注意が必要です。

<ベースの役割>
一方、後者の「ベースとしての役割を完璧に遂行できる」ですが、これは、ギターや
ドラム担当から「おまえのベースだと、いっしょに演奏していて気持ちイイ!」とか、
「やっぱりおまえのベースが一番!」とか、「曲が安定する」とかの評価をもらうこと
であり、これらの評価は「ベースの役割を果たしている」と言うことを意味します。

では、「ベースの役割とは何か?」…、考えたことはありますか?
これも色々な意見があると思いますが、共通して言えるのは、ベースと言う言葉の通り、
「楽曲全体を基礎から支える」ことがベースの役割でしょう。

では、その具体的な内容・意味は?

(1)リズム感・タイム感
  リズム感やタイム感は、一見ドラムが出しているように思いますが、実はベースなのです。
  ベースが走ればドラムも走る。ベースがもたつけばドラムももたつく。
  ドラム担当に「バンドでドラムを叩く時、何の楽器を聴いているか?」を訊いてみて
  ください。
  ドラムがなくてもバンドは成り立ちますが、ドラムがいてもベースがいないバンドは
  スカスカで全くどっちらけのサウンドになり、バンドとして成り立ちません。

(2)グルーブ感
  グルーブとは色々な解釈がありますが、いわゆる「ノリ」とか「うねり感」とかですネ。
  これは、1年程度バンドをやっていれば、だいたいお分かりかと思います。
  細かいことを言うと「前ノリ」や「後ノリ」等を自由に操れるのもベースの特許です。

(3)バンド全体のコードの響き(ボイシング)
  ベースが何の音を弾くかによって、コード(進行上)の聞こえ方が変わります。
  例えば、「C Am7 C Am7」という進行があったとき、C(ド)をずっと弾いていると
  バンド全体としては、ずっとCのコードが続いているように聞こえます。

  あるいは、C(ド) Am7(ラ) C(ド) Am7(ラ)と弾くと バンド全体がC Am C Amと
  弾いているように聞こえるし、ドとラの間にシを入れれば、ド-シ-ラ-シ-ド-シ-ラ
  と言うようにコード全体が流れているように聞こえます。
  つまり、ベースはバンド全体のボイシング(webで調べてネ!)も司ることができるのです。
  
  曲の時間の流れ・刻みを「横軸」、その瞬間瞬間の音の重なり(コード・和音)を縦軸と
 した時、このようにベースは横軸と縦軸の両方に大きな影響を持っているのです。
  ドラムは、横軸(時間の刻み)のみ、ギターやキーボードは縦軸(音の重なり:コード・
 和音)を担当することが主たる役割ですが、ベースは両方に大きな役割があるのです。

  ですから「上手いベース」と言うのは、横軸と縦軸の両方に長けており、前述の通り、
 「正確であること」が求められるのです。


<練習方法>
 では、横軸と縦軸の両方を習得するためにどうするか? 練習方法等をいくつか紹介します。
(偉そうなことを言ってますが、私もまだまだ修行中です。 m(_ _)m )

(1)横軸(時間軸)の練習
 ・リズム感、タイム感、グルーブ感の練習です。
 ・ちょうど、他の方の質問に私が「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」、あるいは「テヌート」
  「スタッカート」について回答をしていますので、参考にしてください。
   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7409542.html
 ・必ずメトロノーム(リズムボックスでも可)でやることが重要です。

(2)縦軸の練習(コード・和音遍)
 ・実際の練習の前に音楽理論の勉強が必要ですが、小学校の時から勉強されたようですね。
  コード全般の知識はどうでしょうか?
 ・コードには、C,Cm,C7,CM7,Caug,Csus4,Cdimなどなど、たくさんありますが、どういう音の
  構成になっているのか?は理解されていますか?(理解されているならばOKです)
 ・コードや和音が理解できていると、楽曲の中に出てくるコードによってベースは何の音を
  弾いたら効果的なのかを考えることができます。

(3)縦軸の練習(技術遍)
 ・ベースギターの全てのポジション(何弦の何フレット)の音=音階を覚えます。
 ・次に、スケールを覚えます。(例:ペンタトニックなど)
  ベースのスケールはギターほど多くはありません。webで「ベース スケール」などで調べて
  ください。
 ・(2)と(3)が解ってくると、何のコードの時はどこのポジションでどう弾けば良いかが
  解ってきます。

 基本的には、これらの練習を地道にやれば、1年くらいで相当の力がつくはずです。
 最後に貴方へ、ベースを練習するにあたっての「3K・1R」を贈ります。

1.基本(基礎)練習をきちんとやる。
 運指やスケールなどの基本・基礎練習をやる。基本(基礎)は力なり。

2.毎日少しずつやる。
 一日10時間よりも、1日1時間を10日間やった方が身につきます。継続は力なり。

3.色々な曲をコピーしてみる。
 色々な曲を耳コピーして弾いてみる。経験は力なり。

4.音楽理論を勉強する
 スケールやコード、和声などの音楽理論を勉強する。必ず後で役に立ちます。
 理論は「理屈とルール」です。 バレーもサッカーも野球も理屈やルールを知らずに
 やったら、ただのボール遊びと同じです。 理論(理屈)は必須なり。

 以上です。 お役に立ったでしょうか?
 貴方が素晴らしいベースプレイヤーになることを祈っています。
 楽しいBass Lifeを!  超長文失礼しました。 m(_ _)m

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報