ERPパッケージ導入の検討に関わっているのですが、
OBCの奉○シリーズが候補の1つに上がっています。

このパッケージの売り文句の1つに、「カスタマイズが可能」というものがありますが、
これって、自社の運用に合うように
パッケージのプログラムをいじれる・・・という意味なのでしょうか?
(プログラム仕様書とかテーブルレイアウト等が付いている?)

もしそうだとしたら動作補償はなくなりますよね・・・
「カスタマイズが可能」という意味について教えてください。
併せて、他にこのシリーズのメリット・デメリット等がありましたら
添えていただけると助かります。

以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前、私の会社でも奉行シリーズを検討しました。


ここで言う、カスタマイズとは、OBCとの用件定義の結果、OBC側がカスタマイズ作成します。
しかしながら、カスタマイズを行なうと金額が高くなり、結局、ほかの開発ベンダーさん0から用件定義をして、作成するほうを取りました。

まぁ、カスタマイズが特殊すぎたので、高くなったのと思いますが…
基幹系のアプリは、いかに業務に沿うかが問題だと思いますので、仕様書をじっくり見ていただき、検討されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カスタマイズとは、こちら(ユーザー)の要件を
OBCに伝えて、OBCに直してもらう・・・ということなのですね。
こちら(ユーザー)が自分たちで手直しできるものだとばかり思っていました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報