ロードバイクに乗っています。チェーンやギヤを綺麗に洗浄して自転車用の潤滑油を付けるとまもなく真っ黒に汚れてしまいます。なるべく黒くならないようにしておきたいのですが、良い潤滑油をお教え下さい。

A 回答 (6件)

OILの付けすぎです。


チェーンの各コマのローラーとプレートの隙間2箇所(両側)に1滴ずつ挿してください。
その後余分なOILをチェーンを回転させながらウエスでふき取ってください。
挿すOILは、CRCでも良いですし、もっと高級なSRPのチェーン専用OILでも良いです。
どんなOILを注油しても黒くなるのは避けられませんが、たいていの場合、OILが必要以上に注油されていることと、不必要な部分にまで注油していることです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。黒くなる理由などがよくわかりました。

お礼日時:2005/05/07 07:45

灯油やガソリンで洗浄するより専用の洗浄剤を使うほうがいいですよ。

ちなみに私はこれを使っています。

洗浄剤
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/finish/to …
さらさらしていて汚れが付きにくいオイル
https://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/finish/t …

洗浄剤をつけたブラシでこびりついた汚れを浮かせてから洗浄剤と切ったチェーンを容器に入れてシャカシャカ振るといいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/07 07:46

みなさんもおっしゃるとおり、オイルが余分に有ると埃などを吸着して真っ黒になります。


私はテフロンの微細パウダー(エンジンオイル添加剤)を556に分散させて塗っています。556はすぐに揮発するので余分な埃を吸着しません。
ロードはこれで充分です。

チェーンルブなど粘着性の高い物は、潤滑性が高いのですが良く埃を吸着して汚れますので、状況に応じてマウンテンなどに使用しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/07 07:46

黒くなるのは、ギヤーと、チェーンの摩擦により細かい、極小の鉄粉が潤滑油の中に溶け込むからです、洗浄を、繰り返すと常に鉄粉が常に出やすい状態になるので,フェンツ(ぼろきれ)で軽くふき取るだけにするのも試してみて下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/07 07:44

洗浄後すぐに潤滑油を注して真っ黒になるのは只の洗浄不足です。


スプロケはバラして洗浄し、ディレイラーのプーリーやフロントのチェーンリングの歯の1つ1つを丁寧にウエスで奇麗にします、最大の問題はチェーンです。
チェーンは一度切って外してしまいましょう、外したチェーンをウエスでざっと拭いて、1コマ1コマCRCで洗浄します、その後灯油かホワイトガソリンに1晩浸けておき、十分に脱脂してから組み立てればOKでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/07 07:43

クレ556テフロン こんな感じの名前だったと思います。


軽いので汚れが付着しにくいです。ホームセンターで売ってます。また油は差し過ぎないようにしましょう。
それと洗浄のときはパーツクリーナー(バイク用で十分、安いし)を使って油を完全に吹き飛ばすと新しい油がなじみやすいです。

>なるべく黒くならないようにしておきたいのですが
 チェーンに関しては透明なままの状態と言うのは無理です。周りの微細なチリ、埃を巻き込むので。
またリンク部が錆びたり、汚れがたまることさえ無ければチェーンの性能には影響しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/07 07:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェーンがいつも真っ黒

チェーンオイルがすぐに真っ黒くなります。走行前にオイル付けて 走行後はティッシュで拭きますが真っ黒です。他の方のチェーンやギアを見ると手入れのいい人は メッキが輝いていて全然黒くなっておらず、多分その位の状態ならば足が触っても黒い汚れは付かない感じです。
オイルを変えてみようと思い フィニッシュラインのテフロンプラス ドライルーブ といういかにも汚れにくそうなタイプを使ったのですが やっぱり同じような汚れ方をします、何を改善したら いつも綺麗なチェーンやギアを維持できるのでしょうか?
チェーンはシマノ105 10速用です。

Aベストアンサー

過剰注油が原因でしょうね、ウエスで拭き取りながらの注油が基本です、拭き取りが原因で油膜切れを起こすことはありませんので・・・。
注油して拭き取らずに走行したらチェーンが真っ黒になるのは当然です、これはオイルを変えたところでどうにもなりません。

汚れが酷い場合には注油前にチェーン・スプロケ・チェーンリング全てを徹底洗浄・脱脂します、その状態で注油しても意味がないので。

Q自転車のチェーンにクレ5-56を差しました。

高校通学で毎日往復12km程を自転車で走行しています。
道は3分の1ほどが坂で、他は平坦です。平坦なところでも坂でも6変速目(一番重いやつ)で走り高校入学してからもう1500km程走っています。
そのためかチェーンが錆び、チャリチャリ音がし不快だったので家にあった普通のタイプのクレ5-56を差しました。軽くチェーンに1週吹き付けました。
しかし、ネットでクレ5-56を見ているとチェーンに差すと余計に錆びたりと良くないとの評価で、不安です。大丈夫でしょうか。

Aベストアンサー

既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。
何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。
でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。
ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。

556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。

チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししばらく置いたり、空回りさせてからウェスで拭き取ります。
この作業で余分な油を汚れと一緒に落とすわけです。リンクの中に残っている油が役に立つのであって、プレートの外側に付いているのは埃を吸着するだけでろくなことはありません。

このやりかたでも乗り続けていると油汚れや埃が溜まってきますので、その時はディグリーザーや556をつけて歯ブラシ・ウェスなどで清掃をします。

なおクレの「チェーンルブ」はオートバイ・動力機用のグリスなのでしょう、しばらく乗ると埃の団子になってしまいますから自転車には不向きと私は思います。
自転車チェーンの場合「グリス」は不向きで、自転車屋で「チェーンオイル」として売っているものが適当だと思います。(粘度は各種ありますので、好みのものを見つけるといいです)

今使っているチェーンは油を注さずに1500km踏み倒しているとのことで、設定より早めに摩耗してしまっている可能性はありますね。
特に、同じ歯ばかり使っているとその歯だけ摩耗してしまいます。
チェーンも摩耗してピッチが伸びてしまい、減っていない歯でかえって歯飛びや異音がするようになります。

既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。
何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。
でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。
ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。

556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。

チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししば...続きを読む

Qタイヤの前輪と後輪の太さを変えることについて

タイヤを前輪700✕23C(23mm)に後輪25C(25mm)にする方がいるようですが、
前後の太さを変えるとどんな効果や問題があるのでしょうか?

Aベストアンサー

むやみやたらに サイズ変更するのは、単なる 変化を持たせ自己満足するだけかな?

安物タイヤではなく、きちっとしたそれなりのタイヤ グリップ性能・乗り心地・耐パンク性能が良いタイヤなら 前後同一サイズで問題ないです。

前輪を細くすることでハンドリングが向上します。後輪の方が駆動輪であり 車バイクほどではありませんが
やはり駆動力が加わるので 前輪よりは摩耗要因は多いです。
前後輪の加重比率も 後輪野方が多いはずです。

前輪を太くする?意味わかりません。

コンチネンタルで前後別サイズのセットタイヤが有ります。 
  コンチネンタル グランプリ アタック&フォースセット(700x22C+24C)
前輪22C、後輪24Cという組み合わせです。レース用で前後2本で 1万超えますが、これは、理に叶ったバランスかなと思います。

Q自転車のチェーンに油はさすべきか。

自転車のチェーンに油はさすべきか。

趣味でサイクリングしています。自転車は普通の自転車です。
親や、サイクリングをやっている、先輩より、油をさすように言われます。
結構めんどうなのでやりたくないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?
油をさす理由などもおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

油を注さないと、チェーンでギアを削っているような状態になるようです。
そうすると、早く壊れるので、油代より、修理代や買い替えなどになって、お金がかかるからです。
もちろん、性能発揮ということもありますが、修理代を浮かすためだとも言えます。
それから、やっぱり命を乗せるものですから、走行中の故障で、事故を起こしたりするのも防げます。(走っている途中でチェーンが切れたり、クランク(ペダルの付いている軸)が折れたりすると、転倒し、怪我や死亡の恐れもあります)
金属は油があると滑らかに動きますけれど、油が切れていると錆びてきて、突然切れたり、折れたりします。安全のためでもあります。
そんなにスピードのでないシティ車ならは、1ヶ月に1回くらいでかまわないので、注油するようにしたほうがいいです。
自動車は車検とか定期点検しますよね?それと一緒です。命を乗せると言う意味では違いはありません。

Qチェーンオイルとチェーンルブの違い

ロード初心者です。チェーンの乾拭きは毎日、チェーンオイルはEVERSのを2週に1回程度を目安に注油しています。最近チェーンルブという商品をEVERSとWACOSの2社で見つけ、メンテ用品に加えるべきかどうか悩んでいます。EVERSのオイルは600kmまで効果が続くそうで、このままでもよさそうなのですが、一方でメンテ本などを読むと、メンテ時にはルブをチェーンとスプロケットに差すように書かれています。これらは併用すべきなのでしょうか。それともどちらか一方を使えばよいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言い方が違うだけで 同じ意味です
双方チェーン用の潤滑油です。

チェーンのコマ部分(内部)とプレーと重なり分(外側)に1滴づつ塗れば スプロケにもいやでも
塗られます一度軽くクランク回転させ ローからトップへ変則すれば スプロケにオイルが塗られたことになります。
自分の場合 塗ったオイルが内部浸透するる様に馴染ませから回しをしてから 外観の油をふき取り
チェーンのコマごとに すべて ウエスを細く切り取り こよりにしてチェーン7内部の 余分なオイル分をふき取ります。
これをしないと オイルが飛び散りフレームや ホイールが油汚れし チェーンやギア板に砂埃が付着しやすくなります。 チェーンのリンクピンと重なるプレート内部に潤滑油が入っていれば良く 外観表面は、うっすら錆止めに油分が付いていれば良いのです。

2週間に1度 走行距離にもよりますが おおよそ良いサイクルでの注油だと思います。

チェーンオイルもいろいろ試してますが イノテック105が 今のところ扱いやすく長持ちするので
連続使用しています。
フリーとチェーンは、マイクロン処理しています(加熱コーティングを5回繰り返してます)

最近の多段化 10段や11段は、よりチェーンが薄く チェーン切断トラブルの可能性が高いので
確実な注油と 定期的な交換が 必要です。
レース思考の方は 3000km以内 一般ロード乗りでも 3~5000kmの範囲で交換が 安心です。
切れて交換は、遅すぎます
注油を正しくしない人は、早めに切れます。

言い方が違うだけで 同じ意味です
双方チェーン用の潤滑油です。

チェーンのコマ部分(内部)とプレーと重なり分(外側)に1滴づつ塗れば スプロケにもいやでも
塗られます一度軽くクランク回転させ ローからトップへ変則すれば スプロケにオイルが塗られたことになります。
自分の場合 塗ったオイルが内部浸透するる様に馴染ませから回しをしてから 外観の油をふき取り
チェーンのコマごとに すべて ウエスを細く切り取り こよりにしてチェーン7内部の 余分なオイル分をふき取ります。
これをしない...続きを読む

Qロードバイクって軽く30km/h出るって本当?

よくロードバイクなら誰でも30km/hで漕ぎ続けられる(1時間程度)と書かれているホームページをみかけますが、本当なのでしょうか?
もちろん「誰でも」が本当の誰でもではないことはわかりますが、たとえば、自転車通学している高校生あたりに乗らせたら30km/h以上で走ることはできるのでしょうか?

私はクロスバイク(10万円程度)に乗って片道10kmを毎日通勤していますが、信号のストップアンドゴーを抜きにしても、平均時速25km~28km程度しか出ていないと思います。
通勤は10kmなので、自転車に乗っている時間は20分強です。
私の実力から言うと平均30km/hで1時間走り続けることは不可能です。
※自転車通勤暦は1年で、毎日タイムアタックばりの全力!!!疾走で漕いでいます。
もちろん走るのは車道。

たまに同じくクロスバイクの友人と一緒に帰ることもあるのですが、その友人も私と同程度のスピードしか出せませんので、一般人に比べ、私が極端に漕ぐのが遅いということでもなさそうです。

私と友人以外の世の中の人は化け物ぞろいなのでしょうか?
それともクロスバイクとロードバイクはそれほどまでにスピードの差が違うのでしょうか?
例えばロードバイクで30km/hは軽いよ!って言っている人がマウンテンバイクにでも乗ったら何km/hくらいで走るのでしょうか?

つまらない質問ですが、よかったら教えてください。

よくロードバイクなら誰でも30km/hで漕ぎ続けられる(1時間程度)と書かれているホームページをみかけますが、本当なのでしょうか?
もちろん「誰でも」が本当の誰でもではないことはわかりますが、たとえば、自転車通学している高校生あたりに乗らせたら30km/h以上で走ることはできるのでしょうか?

私はクロスバイク(10万円程度)に乗って片道10kmを毎日通勤していますが、信号のストップアンドゴーを抜きにしても、平均時速25km~28km程度しか出ていないと思います。
通勤は10kmなので、自転車に乗ってい...続きを読む

Aベストアンサー

jyuzo様
皆様が回答しているように、ロードで30Kは容易に出せます。ただし、街乗りでのスピードは多くの車や人に迷惑をかけることになります。
jyuzo様のクロスで25Kなら立派です。マウンテンだとクロス-5K程度でしょう。
小職はこれらを一通り通過して、今はつれ合いと小径で輪行・ポタリングの日々です。楽しいですよ!
バイクの次にサイクリストの事故は悲惨です。
(過去に事故に巻き込まれました)
スピードの話題から誰か好い人と何を見に行くのかの興味に比重が変わりますように‥。

Q前後に異なる太さのタイヤを使用した場合のデメリット

ブリジストン CA900を3ヶ月前に購入し、月700kmほど、サイクリングを楽しんでる初心者です。

タイヤですが、700×28cがついており、磨耗したら、23cに付け替えたいと考えておりました。理由は、軽く走れる(らしい)ことと、もうひとつ、マンションのエレベータに持ち込む際に、毎回前輪を外す必要がありますが、前輪Vブレーキのワイヤーを外しても、若干タイヤを外す際、タイヤとブレーキシューが引っかかるためです。

先日、サイクリング時にガラス片を踏み、タイヤ1つが2cmほど裂けてパンクしたため、磨耗を待たずに交換となりました。
しかし、パンクしていないタイヤは、まだ使えることと、予算問題もあり、前輪に23c、後輪に28cのタイヤをつけることを考えました。

自分で考えたデメリットは、サイクリング時に予備チューブを余計に携帯しないといけないことですが、そのほかに、デメリットはあるでしょうか?
前輪、後輪ともに交換がベストであることは、十分承知しております。

Aベストアンサー

車やオートバイの世界では、前後サイズ違いなんてのはごく当たり前ではありますが・・・自転車では、確かにあまり見ませんね。
ビーチクルーザーなどではフロントに細く、リアにブッといタイヤを入れてたりしますが、ロードバイクに限定しての話です。
タイムトライアルマシンで、フロントだけ650Cを入れて小さくして空気抵抗を減らす、などというケースはありますが。

まず、すぐ思いつくのは前後の直径の違いですね。
当然28Cの方がデカいので、今よりやや前傾がキツくなります。
しかも、ハンドルやサドルの高さの調整による前傾ではなく、車体そのものが前のめりになるので、わずかながらキャスターが立って、しかも前に細く反応がクイックな23Cがきてるので、全体的にオーバーステア傾向が若干強くなるような気がします。
(と言っても、直径の違いはいいとこ1cm程度なので、わずかな違いですが)
逆に前28後23だと若干アンダー強くなる気がします。
前後のグリップバランスも変わってくるので、おそらくこの「旋回性に対する影響」が一番大きいんじゃないでしょうか。
前後23C、及び前後28Cに比べて、若干クセのある操縦性になるかもしれません。

あとは、見た目ですね。
おそらく前23後25ならさほど目立たないでしょうが、さすがに23/28の組み合わせだと、見た目の違和感がけっこうあるのではないかと。
(前28後23よりは、ずっとマシという気がしますけれど)
そんなもの気にしない、というのであれば、これは特にデメリットたりえませんが。
むしろ、ホットロッドみたいでカッコいい、なんていう人もいるかもしれませんが・・・
あとは、23Cと28Cでは当然指定空気圧も変わってくると思うので、空気圧管理がちょっと面倒になるとかいうのもありますね。

ただ、市販タイヤでも前後サイズ違いという例はあります。
コンチネンタルのアタック/フォースがそうですね。
アタックは前輪専用で22C、フォースは後輪専用で23Cと、わずかながらアタックの方が細くなっています。
オートバイのタイヤは前輪用と後輪用で、同じサイズでもパターンが違うので、一応逆は使用不可となっています。
自転車タイヤで前輪専用、後輪専用があるのは、知る限りではこのアタック/フォースだけですね。
こういうタイヤって、もうちょっと増えてもいいように思うんですが。

ちょっと脱線しました。
結論としては、おそらくやったことのある人はあまりいないため、「やってみないとわからない部分が大きい」と言えます。
もっとも、前後28Cを前後23Cにした時の操縦性の違いほどではないと思います。
23Cに何を入れるかにもよりますが、28Cの時よりも軽く、クイックで、切れ味鋭い走りになると思います。
ただ逆に言えば、28Cのいい意味でソフトでダルな、気を使わない操縦性は失われて、固く、ナーバスで、不安定な気を抜けない動きになります。
とはいえ、元々のフレームがリアセンター430mm、ホイールベースも約1020mmの、かなり安定性重視のフレームなので、そうそうひどいことにはなりません。
(私の自転車のように、リアセンター400mmしかない、まっすぐ走らないジャジャ馬とはわけが違いますから・・・)
むしろ、安定志向フレーム+太めのタイヤの組み合わせで、ややもったりした動きが適度に軽快になるかもしれませんね。
ただ、23Cは確かに走りは軽くなるのですが、かなり空気圧が高くなるので乗り心地が固くなるのと、いろいろ気を使うようになるため、ゆったり乗りたいのであれば、25Cくらいで抑えておくというのもアリです。

車やオートバイの世界では、前後サイズ違いなんてのはごく当たり前ではありますが・・・自転車では、確かにあまり見ませんね。
ビーチクルーザーなどではフロントに細く、リアにブッといタイヤを入れてたりしますが、ロードバイクに限定しての話です。
タイムトライアルマシンで、フロントだけ650Cを入れて小さくして空気抵抗を減らす、などというケースはありますが。

まず、すぐ思いつくのは前後の直径の違いですね。
当然28Cの方がデカいので、今よりやや前傾がキツくなります。
しかも、ハンドルやサド...続きを読む

Qクレ556はスポーツ車のチェーンには使っちゃ駄目?

クレ556はロードやクロスバイクなどのスポーツ車のチェーンには悪影響なのでしょうか?

潤滑剤や錆落としの用途として使っては駄目でしょうか?

色々な意見を聞いて、玄人の人や年配の自転車屋のオヤジさんに

何度か使わない様な方がよいと聞いた気がするのですがいかがでしょうか?

556よりももっと適したスプレーが有るのは知っているので、

今回は556を使わないもしくは使ってはいけない理由があればアドバイスください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これらにはグリースが使われています。556は溶かして流れ落としてしまうので使わない方がいいのです。
泥などで固まったのを洗浄する目的で使用し、後で念入りにグリスアップするのなら構いません。

Qフロントギア3枚→2枚の物に変更することについて

私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。リアは8段変速。しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。

ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。

私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。

元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。
しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。

でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。
これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。

あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

Qシリコンスプレーについて教えてください

 自転車のお手入れについて質問させて頂きます。

過去の質問回答を見ていると各部分でいろんな商品のお勧めを見かけます。

 自分は手軽でべたつかなくてどこでも手に入るものが希望なのですがシリコンスプレーはどうなのでしょうか?過去の回答でたまに出てきていろんな場所で使えるけど効果が持続しないような説明を見かけます。自分としてはさらっとしていてべたつかなくて黒くならなければ注す回数が増えてもかまわないと思っていますがどうでしょうか?

 シリコンスプレーの効果のほど、可動部分で使ってはいけないところはあるか、シリコンスプレーとシリコンオイルの違いなどについて教えて頂けないでしょうか?回答よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

シリコンスプレーをチェーンに使用することは、まめに注油し湯幕切れを起こさないよう注意すれば何の問題もありませんが、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのアウターとインナーの間にスプレーしてしまうと、ワイヤーによっては、アウターとインナーの摩擦を低減するためにテフロンライナーを入れているものがあり、シリコンスプレーはこのテフロンライナーを侵食して溶かしてしまう物も数多く存在しますので、適材適所で、良く確認した上で使用すべきです。
その中でも有名な物は、CRC556などは、注意が必要です。

チェーンに使うときは、各こまのローラーとプレートの間(内外各1ヶ所づつXコマ数)に1滴づつさして、数回チェーンを回転させて馴染ませた後、余分な油分を綺麗なウエスで拭き取ってください。
余分な油分があると、そこに埃や泥をを吸着しそこに水分などがたまることになり、チェーンの寿命を早めたり。著しく損傷させたりします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報