今、DFをやっていて困っていることがあります。
それは、高くて目測のしづらいボールや相手から来た早いロングボールなどの処理です。
処理の失敗をして裏をとられるピンチなどがしばしばあります。
なにか、アドバイスや効果的なトレーニングがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ロングボールといっても、全てに反応する必要はないと思います。

むしろ、ヘディングにいくべきか、相手をブロックし、見方にディフェンスを任せるかの判断が重要だと思います。

・裏をとらせない

 基本は、1対1で相手に裏を取られないようにする事だと思います。相手に裏を取られてしまうと、ヘディングしても遅いです。逆に、相手をブロックし、裏を取られなければ、直接にはピンチにはなりません。

http://mdate.hp.infoseek.co.jp/tactics/tactics04 …

・ディフェンスの連携

 3対3の練習で、ディフェンスの連携により組織的に対処できる(カバーリング)ようになれば、チームとして、ロングボールに強くなると思います。
 http://mdate.hp.infoseek.co.jp/training/training …

・チームとしてのロングボール対策

 相手が意図的にロングボールを入れてくるチームであれば、チームの戦術としてオフサイドトラップをできるようにすべきです。

http://mdate.hp.infoseek.co.jp/tactics/tactics04 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
これでチーム全体のLvがあがると思います。
これから試してみます。

お礼日時:2005/04/24 21:06

下の人が言うように、


まずは多めに下に下がります。
そしてボールが近づいて来たら細かい予測を始め、
前に走り出しトラップします。
人間の構造上後ろに走るより前に走るほうが速いのです。
最初から落下地点を予測できるならば、
そんなことはする必要がありません。
後ろに下がってボールをよく見ることを意識しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これでロングボールも安心して対処できるようになると思います。

お礼日時:2005/04/25 20:16

僕もそれで困ってたことがあります。


DFがかぶるとすごく危ないんですよね。怒られるし・・・
その時に僕が先輩からアドバイスされたのが、最初の目測より多めに下がるということです。いったん多めに下がって、ボールをよく見ながら調整し、体を前向きにしてから処理をするとミスが少なくなります。後ろ向きに処理をしようとするとどうしてもミスをしやすいと思います。あと、どんなボールがくるか分かると処理がしやすいのでロングボールを蹴ってくる相手選手の蹴る瞬間をよく見ておくことも必要だとおもいます。動き出しも早くなりますしね。
では、参考になったかどうかわかりませんが、いいDFを目指してがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これでかなり失点が少なくなると思います。
いいアドバイスをどうも。

お礼日時:2005/04/24 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーでロングキックの飛距離を伸ばしたいです。

小学5年の子供のことで質問します。サッカーで、ロングキックの飛距離が伸びずに悩んでます。体格は小さいほうです。今18メートル前後なのを春までに25メートル飛ぶようにしたいようなのですが、どこをどのように蹴ったらいいのでしょうか? 力がないのはもちろんですが、高いボールを蹴ることができないので、遠くまで飛ばないように見えます。練習方法など参考になることがあれば教えてください。できれば子供にわかりやすい言葉でお願いします。

Aベストアンサー

4です。
蹴る場所はだいたいですが中心より5~8センチくらい下ですね。
個人的なイメージとしては、地面に水平にボールの中心に線があるのをイメージしてください。
その線を0度とします。
蹴る場所は45度って感じです。

わかりにくい説明ですいません。

あと置いたボールをループに蹴る感じでいいです。
それを続ければ目標のイメージが空中にも出来るはずです。
(立ってる人の頭上がボールの最高到達点って感じです)

Q軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら

軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

30代男です。まったくキック力がありません。
本当に半端なく、ボールがちょろちょろになります。
小学生時代からずっとそうです。
かなり重症です。

PKでも遠藤以下のちょろちょろシュートです。
女子よりもキック力がありません。

自分なりに検証したところ、
シュートを打つときに足首を90°に曲げてボールをあげようとしていると
わかりました。すると当然ゆるい球しか蹴れません。

それを直し足首を伸ばしてインフロントにクリーンヒットしても、
強い球が飛びません。
インサイドのほうが比較的強い球を打てます。

周りを見てると軽く蹴っても、遠くに球を蹴れています。
ちょこんと当てて、20mくらいは飛ばせますよね?
軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

Aベストアンサー

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込むのではなく、ボールに対して少し斜めから踏み込みます。
しかもこの時、軸足は棒立ちではいけません。
軸足の膝は軽く曲がってる必要があります。

また、蹴るという動作は足が主体なのですが、上半身の使い方も大切です。
サッカー教本などで蹴る時の連続写真が良く載ってると思いますが、お手本となるフォームを見ると蹴る直前に上半身を反らしていることが分かります。
上半身を軽く後ろに反らすことで、蹴り足が前に速く振れるようになります。
ジャンプする前にしゃがむのと同じ要領です。

時間をかけて蹴るフォームを改善していけばボールが飛ぶようになるはずです。

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込む...続きを読む

Q雨の日のキック

はじめまして。サッカーのGKやってます。28歳です。

カテゴリは地域リーグなどでプレーしてきました。

質問なのですが、土砂降りの雨の日、グラウンドコンディションが悪いとプレースキックの飛距離が出ません。

普通のピッチコンディションなら50mは蹴れるのですが、水溜まりができるような雨の日だと全然ダメです。


しかしJリーグのGKや海外のGKはどんなコンディションでも蹴れているので、自分も何かを改善したら絶対にできると思います。


雨の日にプレースキックを蹴るとき、普段よりも何か意識することなどあれば教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

当方もGKです。
おそらくですが一般的なゴールキックの蹴り方として、普段は足をグッと強く踏み込み体を倒し気味にしてパワーを溜めて蹴っているのではないかと思います。
当方がグラウンド状態の悪いときに気をつけているのは踏み込みをあまり強くしないということです。
全体的な流れは下記のような感じで蹴っています。

・助走をボールに対して垂直、もしくは垂直に近い角度で。
・最後の踏み込みは軽めにして踏ん張らない。
・通常ならここで踏ん張って体が前に行かないよう後ろに少し倒してパワーを蹴り足に移すところですが、このとき体をあまり倒さないようにしてそのままの勢いで前に走り抜けるようなイメージでキック
・キックは不通のインステップのようにパチーンと弾くような感じではなくそのまま足を大きく振りぬくように。
・蹴った後は蹴り足を振りぬいた反動で軽くジャンプするようになります。体は少し前かがみに。

いわゆる「軸足抜き」とも言われるキックでイメージとしてはパワー系のミドルシュートをうつような感じです。
よくミドルシュートをうった後に勢いでポーンと飛び上がっている選手がいますよね。あの感じで軸足で踏ん張って蹴るのではなく助走の勢いで蹴る感じです。本来の軸足抜きですと踏み込みも強くはなりますがそれを軽めにした感じです。
中西哲夫氏が本にもしている蹴り方で、日本人はあまりしてこなかったというか、軸足が地面から離れてしまう悪い蹴り方のように言われてきたとのこと。

デメリットとしては基本的に蹴る方向に正対して蹴るのでゴールキックとしては蹴る方向を読まれやすいことでしょうか。まあ上達すればこの蹴り方をベースにクロスボールを上げられるようになるらしいのですが、もちろん当方にはそのような技術はありません。Jリーガーでもほとんどいないようですし。
まあそれでも社会人下部リーグレベルの当方でも多少の小細工は利きますので大丈夫です。
まっすぐ蹴る足抜きなら実は普段意識せずに結構やっていたりするので特に問題ないかと思います。

当方もGKです。
おそらくですが一般的なゴールキックの蹴り方として、普段は足をグッと強く踏み込み体を倒し気味にしてパワーを溜めて蹴っているのではないかと思います。
当方がグラウンド状態の悪いときに気をつけているのは踏み込みをあまり強くしないということです。
全体的な流れは下記のような感じで蹴っています。

・助走をボールに対して垂直、もしくは垂直に近い角度で。
・最後の踏み込みは軽めにして踏ん張らない。
・通常ならここで踏ん張って体が前に行かないよう後ろに少し倒してパワーを蹴り足に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報