gooID利用規約 改定のお知らせ

始めまして。kinngyo07と言います。
質問なんですが・・・
部活でテナーサックスをやってます。部活で全調スケール
をやるんですが、全調スケールがわかんないんです。
B♭、E♭、Fの音階しかわかりません。(順番違っていたらすいません)
ピアノの音で書かれたのはあるんですが、テナーサックスで書かれたのがないんです。やっぱりピアノの音をテナーに直してやったほうがいいのでしょうか??
全調スケールが載ってるサイトとかあるといいんですが・・。できればアルトサックスのもあるといいんですが・・・
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も吹奏楽部でトロンボーンをやっているものです。


トロは通常、実音で楽譜が書かれているので、
記譜に関してはあまりうまくお教えできませんが;

楽譜の左端につく、その曲の調を決めるフラットやシャープのつく位置には
実は決まりがあると言うのはご存知でしょうか?
そしてフラットが2つ増えるorシャープが2つ減るごとに、
スケールの基準となる音(=『ド』の位置になる音)は一つ下がり、
逆にフラットが2つ減るかシャープが2つ増えると、基準の音は一つ上がります。
(例えば、実音表記で、シャープもフラットもない楽譜ならC音階ですが、
シャープ2つの楽譜はD音階となり、フラット2つならB音階、更に4つならAs音階といった具合です。)
なので、BとEsの音階のフラットの数と位置さえ覚えていれば、
その原理から他のスケールの音を考えられるはず…です。

また、楽譜が無くても良いのなら、長調の音階というのは基準の音から
『全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音』と上がっていくので、
体で覚えるなりそこから自分で楽譜を書くなりしても良いかと思います。

普通の吹奏楽ならよく使う音階はB,F,Es,C,As,G,Desあたりでしょうか?
この辺から押さえておけるといいですね。

スケールの楽譜はきっと教則本やバンドジャーナルなど何処かに必ずあると思いますので、根気強く探してみることをオススメします♪

あ、あと『全調』という言葉がどういう意味なのかキチンと分からないのですが;
音階を練習するなら同時に短調の音階もやっておくと後々役立つと思います。
(コチラは『旋律的短音階』と『和声的短音階』の2種があるようで…
詳しい事は音楽の先生などに尋ねてみてください(><))

あまり音階などの詳しい知識がなくてこんな苦し紛れのやり方しかご紹介できませんが;
参考程度に見ていただけると幸いです^^
    • good
    • 0

楽譜はピアノ譜で大丈夫なのですが、実際に出る音が違います。


テナーの場合、ピアノの楽譜のドを吹くとシのフラットが、またアルトの場合、ミのフラットが出ます。
ですから、
ピアノの楽譜でハ長調(シャープ・フラットなし)が、テナーでは、B♭、以下、
変ニ長調(フラット5つ)が、H
二長調(シャープ2つ)が、C
変ホ長調(フラット3つ)が、D♭(またはC♯)
ホ長調(シャープ4つ)が、D
ヘ長調(フラット1つ)が、 E♭
変ト長調(フフラット6つ)または、嬰へ長調(シャープ6つ)が、(結果的に)E
ト長調(シャープ1つ)が、F
変イ長調(フラット4つ)が、G♭
イ長調(シャープ3つ)が、G
変ロ長調(フラット2つ)が、A♭
の音階になります。

管楽器は移調楽器が多いので、記音(自分の楽譜に書かれた音)と実音(実際に出ている音)との関係を理解すると、練習(特に合奏)の時、便利です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全調スケールについて・・・。

僕はいま吹奏楽でバスクラリネットをやっています!
今度合宿があるのですが、そこで先生の前で一人一人スケール全調やらされるのです!
だから覚えたいのですが解りません!
教則本にも20個しかなく、それも実音なので解りにくいです!泣
何方か、全24調?を教えて下さい!お願いします!

Aベストアンサー

  あまり詳しくはないのですが、ご参考までに。
 
 長調音階は、C(Do)から始まって、完全5度上がるごとに、シャープが1個ずつ増えます。
 完全5度とは、CからGまで(ドからソまで)の音程です。
 やってみると分かりますが、G(ソ)から始めて、音階を作ろうとすると、自然と、F(ファ)にシャープがつきます。(音階を作るとは、ドレミファソラシドの場合のように、ミ‐ファ、シ‐ドの間だけ半音で、他の部分は半音が2つ、すなわち、全音1個の音程で作っていくのです。)
 この場合、シャープのつく順番を覚えて、ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シだから、「C Dur(ハ長調)の5度上のG Dur(ト長調)は、F(ファ)にシャープ!」のように覚えてもいいと思います。
 シャープ2個は、G(ソ)から5度あがった、D(レ)で始まるニ長調です。
 このようにして、シャープを6個までつけて、音階を作っていけます。
 一方、フラットの方は、完全5度下がるごとに、フラットが1個ずつついていきます。ですから、C(ド)の5度下のF(ファ)で始まる音階には、フラットが1個、シについています。
 2つフラットがつくのは、F(ファ)の5度下のB(シ♭)で始まる音階です。
 フラットの順番は、シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファです。
 このようにして、フラットの音階も♭7個までいけることになりますが、♭7個めは、H Dur(ロ長調)で、シャープ5個と同じです。♯7個めのCis Dur(嬰ハ長調)は、♭5個のDes Durと実質同じ、♭6個のGes Dur(変ト長調)と♯6個のFis Dur(嬰へ長調)も、実質同じと言えます。

 これが理解できたら、ド(ハ長調)から半音ずつあがって12音階をやってみます。 (1)ドレミファソラシド(2)ド#から始めた音階(レ♭からとも言える)(3)レから始めた音階・・・とシで始まる音階までやります。(いいことかどうか分かりませんが、慣れると、音や指の感じで分かります。)

 短調音階は、長調音階に対し、短3度低い音で始まります。短3度とは、Cに対し、Es(ミ♭)の音程です。ですから、♯も♭もなしのC Durに対する短調は、ラ(A)で始まるA moll(イ短調)です。
 逆に、たとえば、ハ短調の音階を考えるとき、短3度上がって、Es(ミ♭)で始まる長調音階のときと同じ調子記号、と考えられます。ですから、ハ短調は、♭3つです。
 短調音階ですが、「自然短音階」「和声(的)短音階」「旋律(的)短音階」があります。ふつう使うのは、あとの2つです。その両方を練習するのか、どちらかだけでいいのか、確認しておくといいと思います。
 簡単にいうと、イ短調(A moll)の場合、「(上昇)ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ♯・ラ、(下降)ラ・ソ♯・ファ・ミ・レ・ド・シ・ラ」となるのが、和声短音階、「(上昇)ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ♯・ソ♯・ラ、(下降)ラ・ソのナチュラル・ファのナチュラル・ミ・レ・ド・シ・ラ」となるのが旋律的短音階です。

 実音と記譜音ですが、実音でわかるようにしないといけないんですか?練習のときは、記譜音でふつうに練習しておいて、実音でやるときは、「C Dur(ハ長調)!」と言われたら、「1音あげて吹くのだから、D Dur(ニ長調)だな。ということは、♯2つだ。」と考えて、なんなら、頭の中では「レミファ♯ソラシド♯レ」と吹けばいいのではないでしょうか。
 移調は分かりますよね?(多分No.2の方は勘違いなさってます。)クラリネットはB管なんですから、自分で「ド」を吹くとB(シ♭)が鳴るんです。だから、実音で要求された音より、1音高く吹けばいいのです。

 なんか、大変そうですね。私は♯も♭も5個以上を練習することは滅多にありません。(上で書いた、半音ずつあがっていく12音階はときどきやりますが。)しかも、短調音階まではなかなかやりません。(実音で短調音階を指定されると、頭パニックかも・・・)
 頑張ってくださいね。

  あまり詳しくはないのですが、ご参考までに。
 
 長調音階は、C(Do)から始まって、完全5度上がるごとに、シャープが1個ずつ増えます。
 完全5度とは、CからGまで(ドからソまで)の音程です。
 やってみると分かりますが、G(ソ)から始めて、音階を作ろうとすると、自然と、F(ファ)にシャープがつきます。(音階を作るとは、ドレミファソラシドの場合のように、ミ‐ファ、シ‐ドの間だけ半音で、他の部分は半音が2つ、すなわち、全音1個の音程で作っていくのです。)
 この場合、シャープのつく順...続きを読む

Qトロンボーンの音階!

自分はトロンボーンを担当しているのですが、BDur以外の音階がわかりません……。
できればなるべくたくさんの音階のポジションを教えてください!

Aベストアンサー

トロンボーン経験者ですが、
参考になりそうなサイトが見つからないので、簡単にまとめてみます。
 ・ロータリーがある場合は、適当に置き換えてください(6→R1、7→R2)
 ・最初にあるGは、下のGです。音の出しやすさを考えると下からがよいでしょう
 ・間違いがあるかもです、ゴメンなさい

◎長調

    ドレミファソラシド
 -----------------
 G : 4 2 7 6 4 2 5 4
 -----------------
 G# : 3 1 6 5 3 1 4 3
 -----------------
 A : 2 7 5 4 2 5 3 2
 -----------------
 B : 1 6 4 3 1 4 2 1
 -----------------
 H : 7 5 3 2 5 3 1 4
 -----------------
 C : 6 4 2 1 4 2 4 3
 -----------------
 C# : 5 3 1 5 3 1 3 2
 -----------------
 D : 4 2 5 4 2 4 2 1
 -----------------
 D# : 3 1 4 3 1 3 1 3
 -----------------
 E : 2 5 3 2 4 2 3 2
 -----------------
 F : 1 4 2 1 3 1 2 1
 -----------------
 F# : 5 3 1 4 2 3 1 3
 -----------------

短調は省略します…。

永く楽器を吹いていると、ポジションというのがあったのを
忘れてしまいますね。音を出して体で覚えるのが一番です^^;

トロンボーン経験者ですが、
参考になりそうなサイトが見つからないので、簡単にまとめてみます。
 ・ロータリーがある場合は、適当に置き換えてください(6→R1、7→R2)
 ・最初にあるGは、下のGです。音の出しやすさを考えると下からがよいでしょう
 ・間違いがあるかもです、ゴメンなさい

◎長調

    ドレミファソラシド
 -----------------
 G : 4 2 7 6 4 2 5 4
 -----------------
 G# : 3 1 6 5 3 1 4 3
 -----------------
 A : 2 7 5 4 2 5 3 2
 -----------------
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報