ダイヤルとプッシュ回線の違いは何でしょうか?
また回線は、各家庭で決まっていて変更不可なのですか?
電話工事の際、「ダイヤル回線になりますね」と言われましたが、プッシュ回線専用の電話機を使用する方法はないものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ダイヤル回線とプッシュ回線ですが、違いは電話局の交換機になります。

「回線」とはあなたの家と電話局を繋ぐ「線(ケーブル)」と電話局の「交換機」それと電話局間の線と交換機群・・・で成り立っているのですが、ご質問のように「プッシュ回線」と「ダイヤル回線」は上記の通り「交換機(設定等)」が違うだけであって「線」そのものは同じです。
 よって希望すればNTTへプッシュ回線への変更を申し込めばプッシュ回線を使用できます。 変更工事は電話局中だけで行われますので、あなたの家にNTTの人間が工事に行くことはありません。

 電話工事のときに「ダイヤル回線になります」と言われたのは、おそらく電話回線を申し込んだ際に「プッシュ回線」にするオプションを選択しなかったからだと思われます。(申し込まないと原則ダイヤル回線)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

変更可能なものなのですね。
初めて電話を申し込んだのですが、回線の種類によって電話機が使えないことすら知りませんでした…。
工事会社に問い合わせてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/28 13:17

私のところは自分で購入してきたプッシュボタン式電話とFAX電話が繋いであります。

毎月390円を加算されますが、プッシュ回線契約をしています。
回転式ダイヤル回線が黒電話を対象とした電話回線で、ダイヤル回転時に発生するスイッチの断続音でダイヤル信号を発信します。カタカタカタ...という音ですね。
0から9までの数字で相手先の電話番号をまわして呼び出し、通話する機能と電話の着信でベル音をならし、受話器を取り上げ通話する機能だけですね。

一方、プッシュ回線は「*」と「#」の記号のボタンが追加され、このボタン機能を使ってJRのコンピュータと接続して切符の予約をしたり、電話を転送したり、色々なサービスが提供されています。
またダイヤル音は2つの周波数を組み合わせたピッポッパ...といった音で送っています。

通常のプッシュ式電話機には、PB、20、10と書いた切り替えスイッチがついています。20と30がダイヤル回線の接続になり、20と10の近いはダイヤル(擬似)回転音の送出速度の違いで20の方が10の方の2倍の速度でダイヤル音(カタカタカタ...)を送出します。
PBの方がプッシュ回線の場合に選択します。ダイヤル音はピッポッパ...となり、「*」と「#」のボタンも有効になります。

プッシュ回線はトーン形式の通信(ピッポッパ音のダイヤル発信音)、ダイヤル回線はパルス形式の通信(カタカタカタ音のダイヤル発信音)をします。

>回線は、各家庭で決まっていて変更不可なのですか?
116番に電話してプッシュ回線契約を申し込めば、月額390円の追加料金がとられて、プッシュ回線に切り替えてもらえます。電話機の切り替えは、NTTからこれから切り替えますという電話がかかってきますので、スイッチを「20」から「PB」側に切り替えるだけです。

>プッシュ回線専用の電話機を使用する方法はないものでしょうか。
プッシュ回線用電話機で「20」の方にスイッチを設定すれば、ダイヤル回線の電話機として使えます。

参考URL:https://www.nttweb116.com/phone/charge/charge.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そういえば昔、通販か何かで「プッシュ回線の電話だと認識するために#を押してください」というのがあった気がします。よくわかりました。
電話は話せればいいので多機能は望んでいませんが、今の電話機を買うとき「プッシュ回線専用(切替不可)」だったと思いました。レプリカのアンティーク電話なんですが。
実家での使用には問題ありませんでしたが、今のところはダイヤルのようなので申し込みなおそうと思います。詳しくありがとうございます。

お礼日時:2005/04/28 13:32

電話を掛ける時の番号の発信方法が違います。


ダイヤル回線:
パルスで番号を発信します。パルス式とも言います。「1」はプッ 「2」はププッ というように、耳を澄ますとパルス音が聞こえます。応用技ですが、電話器のフックボタン(電話を切る時に押すボタン)を素早く押して電話することも出来ます。昔よくやって遊びました。

プッシュ回線:
音の高さで番号を発信します。トーン式とも言います。数字によって音の高さが違います。ボタンを押した時にピポパと音が聞こえるはずです。応用技ですが、自分の声で「ピポパ」と言っても電話することは・・・・たぶんできません(笑)

ダイヤル回線とプッシュ回線の切り替えは簡単に出来ます。工事代と称してお金は取られますが。プッシュ回線は毎月使用料金を何百円だか取られます。安くしたいならダイヤル回線がいいですよ。

電話機はプッシュ回線専用なので、おそらく使えないでしょう。フックボタンを使う応用技はひょっとしたら使えるかも知れませんが、日常の使用には耐えないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加料金を毎月支払えばプッシュ回線にもできるのですね。おかげで把握できてきました。
回線の違いを確認する方法もわかりやすいですね。
新しい電話機を買うよりは、気に入ってるのでプッシュ回線にしてもらおうと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/28 13:25

>プッシュ回線専用の電話機を使用する方法はないものでしょうか。



NTTをお使いでしょうか?
それならば、116に電話をして、「プッシュ回線にしてください」と言えばよろしいでしょう。
ちなみに変更手数料として2千円くらいが必要だったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私はケーブル(Jcom)の電話です。マンション自体がケーブルテレビ加入済みなもので。
ですからNTT以外の電話は今回のみになると思います。
次回の参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/28 13:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPB、DPって?

電話の世界のPB、DPってなんですか?プッシュ信号とダイヤル信号というのはわかるのですが、その信号が何なのかもさっぱりです。。。
どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

ANo.2さんの補足
ダイヤルパルス
 受話器を取った状態をオフフック、受話器を下ろした状態をオンフックと申しますが、交換機側が電番入力待ち状態の時に、オンフックの回数とタイミングで電話番号を把握します。
 1=1回、2=2回・・・9=9回、0=10回 という具合になります。
 電話器のダイヤルで「1」が指止めに一番近く「0」が一番遠くになっているのは、この回転量がオンオフの回数を決定しているからです。
 ちなみに、受話器のところにあるスイッチをがちがちと叩く事でダイヤルすることが可能です。 ただし、0が多いと結構疲れるし間違えやすい上、変なところへかかってしまう可能性が高いので、ちゃんとダイヤルを使いましょう。

QPB回線って?

電話の回線で「アナログ回線設定」「PB回線設定」「外線極性反転設定」と言う言葉が出てきました。
実は、先日ISDNからアナログに変更の手続きをNTTの116番にしたところなのですが、電話の設定を直せなくて、困ってます。
PB回線と、外線極性反転というのがわかりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>回線を3つのうちから選ぶというので、迷ったのですが、アナログなら「アナログ」、ISDNなら「PB」ということでいいのでしょうか?

回線3つというのがよくわかりませんがもしかしてアナログ、ISDN,ADSlという意味でしょうか?

アナログでもPBもしくはDPが選択できます。

家にある電話機がプッシュボタン式の物だったらPBを選択することになります。

Qプッシュ回線とダイアル回線

私の電話回線は今ISDN(フレッツISDN)なんですが、
フレッツADSLを申し込みましたら、メールが来ました。
「ISDNからADSLへ変更後の回線種別はプッシュ回線とダイアル回線のどちらにしますか」
という内容でした。(その他にも書いてありましたが、関係ないので省略します。)

プッシュ回線にするかダイアル回線にするか考えているので、以下のことをお教えください。

私の家のDSUには今、ダイアル式の黒電話(NTTから買ったもの)がつながっているのですが、
この電話機はプッシュ回線にしたら使えないのでしょうか。

TAには押しボタン式の電話機をつなげて使うことがあります。
押しボタン式の電話機はダイアル回線にしたら、使えないのでしょうか。

今まで、うちにはFAXが無かったのですが、
家族の中に「うちもそろそろFAXを入れようか」と申す者がいます。
FAXは、プッシュ回線でなければ使えないのでしょうか。

プッシュ回線とダイアル回線は料金は同じでしょうか。
(どこかで、300円か400円だったかプッシュ回線は料金がかかると読んだ気がする。
最初だけかな?)


基本的なことだと思います。すみませんが、お教えください。

私の電話回線は今ISDN(フレッツISDN)なんですが、
フレッツADSLを申し込みましたら、メールが来ました。
「ISDNからADSLへ変更後の回線種別はプッシュ回線とダイアル回線のどちらにしますか」
という内容でした。(その他にも書いてありましたが、関係ないので省略します。)

プッシュ回線にするかダイアル回線にするか考えているので、以下のことをお教えください。

私の家のDSUには今、ダイアル式の黒電話(NTTから買ったもの)がつながっているのですが、
この電話機はプッシュ回線...続きを読む

Aベストアンサー

ダイヤル式の電話=いわゆる黒電話ですよね?

黒電話を使いたいなら「ダイヤル式」にしてください。
黒電話は「プッシュ式」には対応していませんので…(着信だけならできますよ)

普通のボタン電話ならダイアル回線でもプッシュ回線でも対応できます。
電話機に下記の3つの切り替えスイッチがあります。
DP10…昔のタイプのダイヤル回線
DP20…新しいタイプのダイヤル回線
PB …プッシュ回線
ダイヤル回線を選んだ場合、10と20があるのですが、家庭によって違うので両方をためして使えるほう(発信できるほう)を選んでください。

ダイヤル回線でもFAXは使えます。

結構勘違いしている人が多いのですが、ダイヤル回線とプッシュ回線って「回線」の種類ではありませんよ!電話をかけるときの信号方式といいましょうか…
ダイヤル回線はパルス信号を使います。ダイヤルしたときに「プツプツプツ」という音がするのがパルス信号です。
1をダイヤルすると「プツ」。2をダイヤルすると「プツプツ」というように大きい数字ほどパルスがたくさんでます。(小:1,2,3…8,9,0:大)

例えば救急車を呼ぶときの「119」は、「プツ、プツ、プツプツプツ…(9回)」となり、最後の9をダイヤルするのに時間がかかります。119や110等の緊急番号はわざと時間がかかる番号を選んでるようで、9がダイヤルし終わる間に心を落ち着かせて欲しいという配慮があるようです。

プッシュ回線(プッシュ信号)は音の周波数の違いで番号を区別しています。「ピポパ」いう音の高さで番号を区別してます。

電話をかけるときにダイヤルした番号を判断する方法ですので、ダイヤル回線だってFAXは使えます。

最後に、ダイヤル回線で市外局番から電話をかけようとするとつながるのにかなり時間がかかってイライラします。とくに今までISDN(プッシュ信号)でしたので余計にイライラするかもしれませんね。まぁ慣れれば大したことないです。

ダイヤル式の電話=いわゆる黒電話ですよね?

黒電話を使いたいなら「ダイヤル式」にしてください。
黒電話は「プッシュ式」には対応していませんので…(着信だけならできますよ)

普通のボタン電話ならダイアル回線でもプッシュ回線でも対応できます。
電話機に下記の3つの切り替えスイッチがあります。
DP10…昔のタイプのダイヤル回線
DP20…新しいタイプのダイヤル回線
PB …プッシュ回線
ダイヤル回線を選んだ場合、10と20があるのですが、家庭によって違うので両方をためして使えるほう(発信でき...続きを読む

Qダイヤル回線をプッシュ回線にしたい

プッシュ回線にするにはどこに申し込めばいいのですか?
パソコンのインターネットの設定は、そのままで良いのですか?
変更するとき工事は必要ですか?

Aベストアンサー

最寄のNTTの営業所(昔は「電報電話局」言っていた所)に申し込んでください。
 パソコンの設定は、ダイヤルアップ接続をご利用なら必要ですが、そうでない場合は不要です。
 工事は、交換機の切換だけですので、訪問工事はありません。
 切換工事が完了すると、NTTからその旨を告げる電話がかかってきます。
 なお、ご使用の電話機によっては、回線種別の切換が必要かも知れません。
 最近の機種なら、大抵回線種別を自動判別するようになっています。
 念のため、117番の時報サービスなどをお掛けになられて、正常に繋がるか確認なさるとよいでしょう
 また、デジタル放送の双方向機能をご利用の方は、テレビやチューナーなどの設定変更が必要な場合もありますので、それぞれの機種の取扱い説明書でご確認なさってください。

Q電話機のトーン切り替えボタンについて

多くの電話機に、ダイヤルパルス回線からPBトーン信号を送出するための切り替えボタンが、付いているかと思います。
私の電話機は、「*」を押すことによって切り替えることができるようですが、どの電話機でも「*」にトーン切り替えが割り当ててあるのでしょうか?(何か標準の規格があるのでしょうか?)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特別決まっていないようですね。

プッシュホンサービスやISDN等の場合には、パルスではなくてトーンでの接続を指定されていますので。

パルス信号の場合には、テレフォンサービス等を利用する際には「トーン信号への切換をするようにしてください」という場合の、トーン信号の切り替えボタンについては、だいたい、*が主流のようですね。(NTTの場合)
他社の電話機/FAXでしたら、#が指定されてされていることがあります。

なお、No2の方の説明にあったパルス信号/トーン信号の切り替えは、電話開設契約時の電話回線でそれを切り替えるためのスイッチです。

Qダイアル回線をプッシュ信号が出る状態にするには

ダイアル回線を使用しています。
ソース○クストに電話したいのですが、
※ダイヤル回線の方は電話機をプッシュ信号がでる状態にしてからご利用ください。
となっており、ダイアル回線は、一切受け付けないようです。
プッシュ信号が出る状態にするって‥‥どうすれば。
どうやって切り替えれば良いのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

以前に勤めていた会社で、最初に某メーカーの電話を製造していてその検査をしていた経験から話します。

「ダイヤルのみの昔のタイプの電話」では、トーンには出来ないです。
「押しボタン式のダイヤル」の電話であればトーンに出来ます。

順序は次の通りです。

1.電話番号を押す。メッセージが流れるのを待つ。
2.メーカーによって違いますが「*」か「#」を押してください。
  「トーン」と書いている電話があると思います。
  それを押すと、プッシュホンと同じくなります
3.後は、電話のメッセージに従ってボタンを押してください。

それで良いです。
他のボタンを押しても、変わらないでしょう。
わからないのであれば、取扱説明書を見てみましょう。

Qトーンとパルスの違い

自分の家の電話がトーンかパルスかわからないのですが、簡単に調べる方法は有りませんか?
違いも実はよくわからないので、もし良かったら簡単に教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今の電話機はみんな見た目はプッシュボタン式ですが、電話機に切り替えスイッチが付いていてプッシュ(トーン)回線、ダイヤル(パルス)回線どちらでも使えるものがほとんどです。
プッシュ回線かダイヤル回線はNTTへの申込によって指定できますが、プッシュ回線は390円の付加使用料が取られます。

ダイヤル回線は昔のジーコ・ジーコと廻す電話機の方式です。(今の電話機はダイヤルを押すとそれと同じ事を電話機の中で勝手にやってくれてます)電流の流れを押されたダイヤル数分だけちょん切ります。(7を押したとすると7回電流が途切れます)それをNTT側の機械がカウントしてい何番が押されたか分かる訳です。

プッシュ回線はプッシュボタン毎に周波数(トーン)が割り当てられていてその周波数をNTT側の機械が受信して何番が押されたか判別してます。
プッシュ回線は”ピッ”と音がすればNTT側の機械がすぐ受信しますが、ダイヤル回線は電流をちょん切るので多少時間が掛かります。(0の場合10回電流を切ります)わずかの時間ですがプッシュ回線に慣れてしまうとダイヤル回線には戻れないですね・・・。
なお、ダイヤル回線には10ppsと20ppsがありますが、これは電流をちょん切る速さです。20ppsの方が短い間隔電流を切りますので多少ダイヤルする時間が短縮できます。ご参考までに。

今の電話機はみんな見た目はプッシュボタン式ですが、電話機に切り替えスイッチが付いていてプッシュ(トーン)回線、ダイヤル(パルス)回線どちらでも使えるものがほとんどです。
プッシュ回線かダイヤル回線はNTTへの申込によって指定できますが、プッシュ回線は390円の付加使用料が取られます。

ダイヤル回線は昔のジーコ・ジーコと廻す電話機の方式です。(今の電話機はダイヤルを押すとそれと同じ事を電話機の中で勝手にやってくれてます)電流の流れを押されたダイヤル数分だけちょん切ります。(7...続きを読む

Qプッシュ回線とダイヤル回線の機能的な違い

プッシュ回線とダイヤル回線の違いって、機能的にはプッシュ回線の方が速く繋がるというだけの違いですか?

Aベストアンサー

信号は全然違いますが、結果的に言えば、速く繋がるというだけの違いです。
通話中になった後に、追加ダイヤルが必要なサービス(伝言サービス等)を利用する場合でも、電話機にプッシュ信号を出す機能(普通は*ボタンを押すだけ)があれば、ダイヤル回線でもサービスを利用する事ができます。
ナンバーディスプレイは局からプッシュ信号で送られてきますが、ダイヤル回線でも契約できますし、機能的に差が出る物は特に思い当たりません。

Q受信できるが発信できない電話

最近引越ししました。で、固定電話ももともと使っていたものを引っ越し先に設置したのですがなぜかかけられません。受話器を取るとプーと普通の音がしますがダイヤルをプッシュするとしばらく無音になってまたプーという音がするだけです。ADSLは使えているし、かかってくる方は普通に通話できます。回線の問題なのか電話機の問題なのかもよく分かりません。なにか調べる方法ないでしょうか。

Aベストアンサー

プッシュホン契約をしているのに、電話機が
20とか10のパルス発信設定になってませんか??
ボタンを押して ピ!ポ!パ!が聞こえない場合はこれが原因です。

逆にパルスで契約して(プッシュ契約をしないで)
電話機の設定を 20 にせず、トーン(プッシュ)にしていたら、やはり同じくかけることができません。

電話機の設定を再確認してみてください。

Qアナログの電話とデジタルの電話?!

電話について質問です。

「電」話というくらいなので、デジタル回線かと思っていたのですが
一般の家庭電話やファックスは、アナログ処理をしていると
某家電量販店で聞きました。
その量販店のスタッフの方から説明を受けたのですが、全く理解
できませんでした。

・(一般に)電話機そのものはデジタルだけど、電話網はアナログなのか?

・電話機がアナログならば、電話網はアナログを使わなくてはならないのか?

・フレッツ光やAU光ってのは、電話網が光と思われるけれど、電話機を
買い換えなければならないのはどんな場合?

・INS64はデジタルなので、アナログの電話機は使えないのか?

・家の電話をIP対応にするなら、電話機を買い替えなくては駄目?

・プッシュ回線でNTTと契約しているなら、デジタル回線?
…等など、「電話機・電話網・アナログ/デジタル」の組み合わせが、
頭の中でごちゃまぜになっています。

混乱しているため、既述の疑問自体が「へんてこりん」でしたら
ご了承願います。

頭の整理をしたいと思っておりますので、稚拙な質問へ対して
お付き合いいただけると大変助かります。よろしくお願いします。

電話について質問です。

「電」話というくらいなので、デジタル回線かと思っていたのですが
一般の家庭電話やファックスは、アナログ処理をしていると
某家電量販店で聞きました。
その量販店のスタッフの方から説明を受けたのですが、全く理解
できませんでした。

・(一般に)電話機そのものはデジタルだけど、電話網はアナログなのか?

・電話機がアナログならば、電話網はアナログを使わなくてはならないのか?

・フレッツ光やAU光ってのは、電話網が光と思われるけれど、電話機を
買い換えなければならな...続きを読む

Aベストアンサー

電話局から家庭のモジュラーにどの「仕様」の回線がきているかであって、電話局から先はどれでも似たようなもの、つまり大容量に対応したデジタル回線になっていると考えていいと思います。
要するにアナログ<->デジタルの変換をしているわけです。
アナログ回線の契約をすればアナログ仕様の接続口が用意される、デジタル回線の契約をすればデジタル仕様の接続口が用意される、そういうこと。

それでアナログ回線とデジタル回線というのは音声データの伝送の仕方が違うのです。
アナログは単純に音声をアナログ信号(強弱や周波数の高い低い)で送っています。イメージとしてはこちらのマイクと向こうのスピーカーを単に電線でつないだだけのようなもの。
デジタル回線はデジタル信号、つまり音声信号を数値化してそのデータを送っています。こうすることでデータの密度をあげて送ることができます。一般的なISDN回線がアナログ回線の2回線分相当というのはご存知ですよね? これはデジタル化して送るからなんです。

じゃデジタル回線には普通のアナログ回線用電話機はつなげられないのと思うかも知れませんが、デジタル回線であってもデジタル<->アナログの変換をする機器を用いることで従来のアナログ回線用の電話機が使えます。この機器がいわゆるTA(ターミナルアダプタ)といわれているものだったりします。
ただしTAの仕様によっては従来の電話機が使えない場合もあります。
なぜかというとアナログ回線にはダイヤル回線とプッシュ回線があり、片方にしか対応していない場合があるからです。
ダイヤル回線はダイヤルするときにパルス信号を用います。プッシュ回線はトーン信号。
両対応の電話機であれば切り替えることで対応可能ですが、どちらかにしか対応していない場合は使えないことがあります。(対応していない場合、ダイヤル、つまり発信はできませんが受けるだけなら可能です。)

なおIP電話は伝送に使うのがインターネット回線というデジタル回線です。この回線に電話機を接続するのに使う機器がVoIP(Voice over Internet Protocol)対応の機器。IP通信回線に音声を載せる機器ということですね。対応する回線は違いますがISDN回線のTAみたいなものと思ってもいいかもしれません。

電話局から家庭のモジュラーにどの「仕様」の回線がきているかであって、電話局から先はどれでも似たようなもの、つまり大容量に対応したデジタル回線になっていると考えていいと思います。
要するにアナログ<->デジタルの変換をしているわけです。
アナログ回線の契約をすればアナログ仕様の接続口が用意される、デジタル回線の契約をすればデジタル仕様の接続口が用意される、そういうこと。

それでアナログ回線とデジタル回線というのは音声データの伝送の仕方が違うのです。
アナログは単純に音声をアナログ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報