JBL4301スタジオモニターですが。20年くらい使用しています。<br>
最近雑音が出るな~と思いウーファーをよく見るとダンパーがボロボロになっています。詳しい方教えてください。これは自分で補修できるんでしょうか?<br>
あわせてコーン部分には破れはありませんがやはり紙ですから当然劣化していると思います。コーンの手入れ方法などもわかったら教えて下さい。<br>
とても大好きなスピーカーなので大事に使っていきたいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

直せます



ダンパではなくエッジではないでしょうか
エッジはよくぼろぼろになりますね

Web上ではないのですが、オーディオ専門誌にはスピーカの修理を行なうラボが少数ながら広告に載っています

セーム皮の整型品の部品などもあります
継ぎ目なしのセーム皮エッジは最高だそうです(30センチクラスで3万円?くらい)
オリジナル(ラバー、発泡ウレタンなど)よりも音質が向上するという人もいます

とりあえずURLを参考にしてください
専門店の情報など見つけましたらフォローします

参考URL:http://www.coara.or.jp/~fujita/edgerep.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エッジというんですね。間違いありませんです。参考URLも役に立ちそうでセーム皮買いに行こうと思いました。ひとりで考えててもそんな考え浮かばないから助かります。

お礼日時:2001/09/16 00:27

僕の4301は、エッジを最近リペアキットで補修しました。

個人輸入している方から買ったので、左右7500円でした。ショップだと15000円くらいです。ただ、純正と異なるのでエッジは硬く低音は出にくくなりますが、まあまあです。純正ですとダンパー、エッジ、コーン紙丸ごと交換となるので4301だとウーハーユニット1つだと工賃込み45000円くらいだと思いました。純正キット購入のみも可能で安くできますが、精度の点で不安が残ります。ので工賃払ってもメーカーに依頼したほうが確実です。その個人輸入の方はヤフーのオークションのJBLカテゴリーに出品しているので多分すぐ分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。経験者のアドバイスは分かりやすいですね。

お礼日時:2001/10/02 17:55

エッジの補修は可能です。


秋葉原のラジオ会館4Fで材料を売っています。

でも、音は確実に劣化します。
非常にもさっとした音になってしまうのです。

ある程度以上の価格のスピーカーは、
工業製品というよりは芸術品と考えたほうが良いと思います。
    • good
    • 0

JBLに限らずプロ仕様とかスタジオ仕様とか呼ばれるスピーカー(アルティック、タンノイとかダイヤトーンを含め)は全て修理可能です。

エッジの張替え、マグネットの再着磁、またボイスコイル焼損時の取替えも可能です。 スピーカーコーン紙の取替えも可能です。
電器店のオーディオコーナーの担当者に相談してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。値段を聞いて見ます。

お礼日時:2001/09/16 23:16

 『ハーマンインターナショナル』(現JBL製品輸入代理店)のサービスでも修繕はしています。

 価格は解りませんが・・・(38cmクラスでは1本80.000円ぐらいです・過去に依頼あり)  JBL製品取扱店で確認をされれば解ると思いますよ。 ハーマンはJBL製品のかなり古いモデルでも 修繕に対応しています。 一度ご相談されては・・・ 正規のサービスなら安心感も高いかも・・!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
しかし買った当時の本体価格を位になるとちょっと厳しいです(T_T)

お礼日時:2001/09/16 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJBL L100/L88 123Aウーファー

教えて下さい。現在JBL L100/L88のウーファーについて教えて下さい。L100は123Aの白、L88は123ブラックなのですがそれぞれ特性はやはり違うのでしょうか?どなたか詳しい方教え下さい。

Aベストアンサー

白いウーハーは123A、黒いほうはd123だと思います。
っということは、123Aには、JBL独自の液材を塗って重さを稼いで
いるのではないかと思います。
そうすることで、低音がでるように設計されているのではないでしょうか。

なので出力音圧レベルが全く違います。

http://homepage1.nifty.com/ModernJazzNavigator/audio/djbl3.htm

こまかい仕様の違いがでていると思います。
くらべてみてはいかがでしょうか。

Q古いJBLと最近のJBL

最近のJBLはJBLらしい音がしないとか、ジャズを聴くなら昔のJBLの方が良いなどの記事を良く目にするのですが、そんなに違う音なのでしょうか?又どのような点が変わってしまったのでしょうか?どなたか詳しい方、ご回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はJBLのスピーカーを購入する度、年代が古くなって行きましたw
4312MarkIIから始まり、SP-LE8T、D123+075

現行製品より良い音か?と聞かれると答えに困りますが、
好きな音か?と聞かれると、自信を持って「はい」と言えます。

昔のスピーカーは個性があるんですよね。
しかも聴くジャンルが限定されている。
だがD123+075でJazz以外は聴けませんw

JBLに限らず今のスピーカーは昔と比べると
遥かに多くの楽器またはシンセの音に対応しなければならない分
1つの楽器の音に限って見るとどこかで妥協しなければならないかも
しれません。

その分、昔は楽器も(今に比べて)限られていましたので、
その楽器の音を表現しやすく出来たのかもしれません。
それが個性に繋がったのではないでしょうか?

Qスーパーウーファー、サブウーファー、どちらがいいのでしょうか?

テレビの音が聞き取れないので、ワイヤレスのスピーカーシステムを接続しようと考えています。候補としてはパイオニアのXW-HT1を考えています。このシステムでは、サブウーファーも接続することができるということで、ウーファーについて調べています。そこで、スーパーウーファーとサブウーファーがあることを知りました。この違いは、何なのでしょうか。ワイヤレスのスピーカーシステムには、アンプ内蔵のウーファーを接続する必要があるようです。

つきましては、このスピーカーシステムに接続するのに適したウーファーは、どちらなのでしょうか。またどの程度のウーファーがお勧めなのでしょうか。あわせて教えて頂ければと思います。初歩的な質問で恐縮ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょこっと調べてみたら、サブウーハーってのが正式名称で
「スーパーウーファー」というのはヤマハの商品名だとかって
紹介してるページがありました。

サブウーハー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC

#2は全然違ってるみたいですね。
そういえば私も、スーパーウーファーというとヤマハの
イメージがあったのですが、こういうことだったのですね。

QEntry SiとORAN4301について

自分の部屋専用にケンウッドのCDレシーバーを買い、Bose101ITで、ジャズ、フュージョンを聴いています。

Bose101ITがフルレンジいっぱつということもあり、やや高中域で解像度が今ひとつ、低域でブーミーでパンチのない音のように感じます。
パイオニアのS-A4SPT-VPを候補に考えていましたが、部屋の制約上、さらにコンパクトで音場の広いスピーカーにしたいと考えました。

・ALRジョーダンのEntrySi
・ハイランドオーディオのORAN4301

を候補に考えています。
それぞれのSPの音の特徴を教えていただきたく是非、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、あまり細かい音までは出ません。有り体にいえばこもった音です。いわゆる解像度感、音像感、密度感は、値段なりと思った方が良いでしょう。同じ価格で比較すれば、YAMAHAやPioneerの方が、これらの点は優れていると思います(日本のメーカーなら良い、という意味ではない)。

しかし、サイズの割には低音の量感がありますし、音色という意味では魅力があるのは確かです。音場感も、Entry SiやORAN4301の方が良いといっていいと思います。この2つの比較でいえば、前者の方が癖は少ないと思いますが、その分好みにはまれば後者の方が魅力的でしょう。

これらをどのように評価するかは、まさしく「評価」の問題なので、人それぞれとしかいえません。BOSEは、確かにこもった音ですし、ボンボンいうだけの下品な低音ですが、床に逆さまに向けて転がしておくとかいった異常な置き方をしない限り、誰が使っても同じような音がします。「自分の音」を追求したいマニアは、BOSEサウンドを強要されることに苦痛を感じますが、「テキトーに置いてまあまあの音が聴けたら良いじゃん」という一般の人には手軽で高音質なメーカーというわけです。

ともあれ、いずれも視聴すること自体は難しくないメーカー/モデルですから、ご自身で確認されるのが良いかと思います。あまりいろいろな意見を聞いても予断を持つだけで、良いことはありません。

なお、前回も少し触れましたが、迷い始めるとキリがないので一思いに決めてしまうか、リサーチするならするで徹底的に調べ上げて、マイナーなメーカーも含めてあらゆる候補を出し尽くすか、だと思います。中途半端に調べた状態というのが、後悔するときのショックがいちばん大きいと思いますので。

いずれも、あまり細かい音までは出ません。有り体にいえばこもった音です。いわゆる解像度感、音像感、密度感は、値段なりと思った方が良いでしょう。同じ価格で比較すれば、YAMAHAやPioneerの方が、これらの点は優れていると思います(日本のメーカーなら良い、という意味ではない)。

しかし、サイズの割には低音の量感がありますし、音色という意味では魅力があるのは確かです。音場感も、Entry SiやORAN4301の方が良いといっていいと思います。この2つの比較でいえば、前者の方が癖は少ないと思いますが、...続きを読む

Q教えてください><

ヘッドホンのオーテクのAD2000を購入すると決めたんですが、高級ヘッドホンになってくるとヘッドアンプなるものが必要になってくると聞きました。

そこでヘッドアンプはHA20の購入を考えています。

ヘッドホン、ヘッドアンプこれらをそろえたらもうOKですかね?

Aベストアンサー

オーディオは趣味なので、好きなように金をかけて良いのは当然です。したがって、高級ヘッドフォンやヘッドフォンアンプが欲しいというのなら、どうぞ、お買いになれば結構です。

しかし、老婆心ながら、有意義なお金の使い方には思われません。

高級ヘッドフォンだからといって、ヘッドフォンアンプが常に「必要」な訳ではありません。「必要」というからには理由がある訳ですが、「高級ヘッドフォンである」というのはその理由にはなり得ません。その点は、下記のQ&Aでお答えしている通りです。
http://okwave.jp/qa5210257.html

「どーだ、すげー機械持ってるだろ。俺はオーディオにこだわってるんだぜ」とアピールするためには、「必要」かも知れません。しかし、HA20(audio-technicaのAT-HA20のことと推察します)は、「入門レベル」としてはともかく、「いかにもこだわっている人が使うヘッドフォンアンプ」とは見なされていませんから、その「必要」を満たすこともできないでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報