「曲線S:y-ax^3 + bx と原点を通らない直線L:y=mx+nが
異なる3点A,B,C で交わっている。A,B,C におけるSの接線が再びSと交わる点をそれぞれ、A',B',C' とするとき
A',B',C' は一直線上にあることを証明せよ。
また、その直線の方程式をa,b,m,n,で表せ。」という問題です。

ヒントには、「方針として、3点A,B,C のx座標の関係式
α+β+γ=0 を用いてA'B'とA'C'の傾きが等しいことを示せばよい。 」と
書かれてあったのですが、これはどういうことでしょうか。

A 回答 (7件)

>A'(-2α , 8aα^3 + bα)になりました。


ミスだと思いますが
 A'(-2α , -8aα^3 + -2bα)
ですね。したがって、
 (A'B'の傾き) = 4a(α^2 + αβ + β^2) + b
となります。

>文字が違うので、0にはならないと思うのですが。
素直に、(A'B'の傾き)-(B'C'の傾き) を計算してみてください。
そして、因数分解すると・・・、ということです。


>α+β+γ=0 を使う場所がわかりました。
>A'のx座標を求めるときに使うのですね。
使わなくてもそんなに計算は大変ではありません。
s-word さんの仰るように接するということを使うのがよいと思います。
今は、接線の方程式が
 y - (aα^3 + bα) = (3aα^2 + b)(x - α)
ですから、連立させて変形すると
 ax^3 + bx - (aα^3 + bα) = (3aα^2 + b)(x - α)
⇔a(x^3 - α^3) = 3aα^2(x - α)
⇔a(x - α)(x^2 + αx - 2α^2) = 0
⇔a(x - α)^2(x + 2α) = 0
となります。
始めから、(x - α)^2 を因数に持つことがわかっているので
そんなに大変な計算ではないと思います。
3次か4次程度ならこのやり方でよいと思います。
ただし、高校数学から離れているので、
解と係数の関係式を用いた方が簡単になる問題があるのかどうかはわかりません。

>基本的にy座標がシンプルに表せることができる式にαを代入して
>y座標を表すという考え方でよろしいのでしょうか。
このあたりも、高校数学に関わっている方のフォローが欲しいところですが、
普通は簡単な式に代入ということでよいと思います。

>SとLを連立して、そのx座標をa,m,n,で表して、
>そこから始めるというのは間違いでしょうか。
間違いというわけではないですが時間がかかりそうです。
まず、3次方程式を解くのが大変です。
さらに、出てきた解を代入して計算しなければなりません。
解と係数との関係式が使えるかどうかは別として、
α、β、γなどと置くのは、計算式を書くのが楽になるという点でも自然だと思います。
その上で、もし関係式が使えたなら具体的な解を求めることなく
最終的な解答を求めることが出来るということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
>素直に、(A'B'の傾き)-(B'C'の傾き) を計算してみてください。
そして、因数分解すると・・・、ということです。

計算してみました。最終的な形は、
(A'B'の傾き)-(B'C'の傾き)=4a(β-γ)(α+β+γ)になりました。ここで、α+β+γ =0 を使うと0になりますね。なるほど。

>s-word さんの仰るように接するということを使うのがよいと思います。
今は、接線の方程式が
 y - (aα^3 + bα) = (3aα^2 + b)(x - α)
ですから、連立させて変形すると
 ax^3 + bx - (aα^3 + bα) = (3aα^2 + b)(x - α)
⇔a(x^3 - α^3) = 3aα^2(x - α)
⇔a(x - α)(x^2 + αx - 2α^2) = 0
⇔a(x - α)^2(x + 2α) = 0

あっ、これは、もう一つの点のx座標が -2α を通ることを表していますね。僕はa(x - α)^2(x + r) = 0
というように未知数r をおいて式をとりあえず立てて、
それと、普通に連立して、x でまとめた式との係数比較をやったのですが、(x - α)^2でまずくくってそこから、残りのxの式を因数分解すれば a(x + 2α) になって、すぐにもう一方の解であるx=-2α が求められますね。今度からは、
定数項に着目して一発目から、因数分解するような方法にしてみます。

>解と係数との関係式が使えるかどうかは別として、
α、β、γなどと置くのは、計算式を書くのが楽になるという点でも自然だと思います。
その上で、もし関係式が使えたなら具体的な解を求めることなく最終的な解答を求めることが出来るということです。

なるほど、そういう利点があるのですね。関係式を見つければよいのですね。どうしても「置いたら消さないと」と思って消えるのか不安になるのですが、一度そのようなスタンスで関係式を探してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 01:19

>点Aの接線は y=(3aα^2 + b)x - 2aα^3 + bα


>になりました。SとAの接線を連立すると、
>ax^3 - 3aα^2x + 2aα^3 - bα =0になりました。
>ここから因数分解しようとすると、
>a(x-α)^2(x+2aα- b/α)になりますね。
>これでよろしいのでしょうか。どこか間違っているような・・・。
接線は
 y=(3aα^2 + b)x - 2aα^3
のようになるはずです。(計算ミスでは?)
したがって、連立すると
 ax^3 - 3aα^2x + 2aα^3 = 0
ですね。bαの項があると (x-α)^2 ではくくれません。
 ax^3 - 3aα^2x + 2aα^3 - bα =0
から
 a(x-α)^2(x+2aα- b/α)
にはならないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。やはり、計算間違いでしたか。薄々計算間違いしている感じがしたのですが、何度見ても同じ結果になるので、困っていました。もういちど、
bαが消えるはずだと思ってみてみると、うまくいきました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 20:43

一部訂正



「さて、点Aでの接線をL(x)とし、再び交わる点A’のx座標をα’とすると、
f(x)-L(x)=a(x-α’)^2(x-α’)…(4)なので、のx^2の係数を比べて」を、

「さて、点Aでの接線をL(x)とし、再び交わる点A’のx座標をα’とすると
f(x)-L(x)=a(x-α)^2(x-α’)…(4)なので、のx^2の係数を比べて」

と直してください。
点αで接するということは、αが重解になるということだからね。後は計算間違いをしていなければ、あっている筈です。最近一部訂正が多いぜ。やきがまわったかなあ(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>最近一部訂正が多いぜ。やきがまわったかなあ(笑)。

いえいえ、いつもお答えくださって感謝しております(^^)

お礼日時:2001/09/17 01:51

<解>


y=ax^3 + bx=f(x)、y=mx+nが=g(x)とし、求める直線の方程式=h(x)とする。
f(x)とg(x)の交点A,B,Cのx座標をそれぞれ、α,β,γとすると、
f(x)-g(x)=a(x-α)(x-β)(x-γ)=ax^3-a(α+β+γ)x^2+a(αβ+βγ+γα)x-aαβγより、
α+β+γ=0…(1)両辺のx^2の係数を比べた)
αβ+βγ+γα=(b-m)/a…(2)(両辺のxの係数を比べた)
αβγ=n/a…(3)(定数項を比べた)

さて、点Aでの接線をL(x)とし、再び交わる点A’のx座標をα’とすると、
f(x)-L(x)=a(x-α’)^2(x-α’)…(4)なので、のx^2の係数を比べて、
α’=-2α…(4)'
同様にβ’=-2β,γ’=-2γがいえる。
(1),(2),(3)にこれらを代入し整理すると、
α’+β’+γ’=0…(1)’
α’β’+β’γ’+γ’α’=(4b-4m)/a…(2)’
α’β’γ’=(-8n)/a…(3)’である。

よって、
f(x)-h(x)=a(x-α’)(x-β’)(x-γ’)=ax^3+(4b-4m)x+8n

h(x)=ax^3+bx-{ax^3+(4b-4m)x+8n}
=(-3b+4m)x-8n
よって点A'B'C'は直線y=(-3b+4m)x-8n上にある。

ひょっとしたら計算間違いしてるかもしれない。検算求む。
以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。なるほど、このようなやり方もあるのですね。とてもスマートに見えますね。大変参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 01:49

問題の解答はguiterさんのおっしゃるとおりです。


因数分解してα+β+γ=0をつかえばよいですね。

>それと、ここでお聞きしたいのですが・・・
>基本的にy座標がシンプルに表せることができる式にαを代入してy座標を表すという考え方でよろしいのでしょうか。

一概にそうとは言い切れないと思います。
たとえば、点AにおけるSの接線を求めるときに
点Aを(α,mα+n) とおくか(α,aα^3+bα)とおくかですが
後者のほうがいいです。後者のように点Aをおいて点A'を出してみて下さい。
>α+β+γ=0 を使う場所がわかりました。A'のx座標を求めるときに使うのですね
と書かれていますが、α+β+γ=0 なんて使わなくてもA'のx座標を
だせることが分かると思います。
そもそも S上の点Aにおける接線とSとの交点を求める という過程においては
y=mx+n は全く関係ないですよね。
必要ないのに関係ないものをもちこむのは話を複雑にするだけですので
点Aを(α,mα+n) とおくのは あまりお勧めできません。
まあ、このあたりのことはたくさん問題を解いていくうちに
だんだん分かってくることです。
なお、軌跡の問題ではs-wordさんのおっしゃるとおり
y座標がシンプルになるようにえらんだほうが良いです。

>SとLを連立して、そのx座標をa,m,n,で表して、そこから始めるというのは間違いでしょうか。未知数をおかずにそのようなやり方でやってしまったのですが。未知数を置くという考えが浮かんできませんでした。

間違いではないですよ。でも
未知数でおくと2つのメリットがあるんです。
1つめ:たとえば交点のx座標が(3b-√a)/2になったとします。
このあとこの(3b-√a)/2という式を何度も書いたり代入したりすることに
なるでしょうが、はっきり言って面倒ですよね。それに写し間違いもしてしまう
かも知れない。ところが(3b-√a)/2をたとえばαとおいてしまえば
面倒でもないし、写し間違いもないでしょう。それに答案もすっきりするし。

2つめ:交点のx座標がさっきの(3b-√a)/2のように具体的に求められない
場合が結構たくさんあります。今回の問題がそうです。
SとLの交点を求めるには3次方程式を解かなければなりませんが
この場合の3次方程式は高校生には解けません。
交点が出せないから問題が解けない、などということはなくて
ちゃんと解けます。というか解けるように作られているので安心を。
でも、交点が分からなければ話が進みませんよね。
そこで、さも交点が求まったみたいな顔をして
交点のx座標をαと置いてしまうのです。
そうすれば話が進められる、というわけです。
αのもつ性質は解と係数の関係がすべて引き出してくれます。

というわけで交点を未知数でおくというのは
とても重要で、かつ強力な方法ですのでぜひ覚えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事してくださってどうもありがとうございました。

>たとえば、点AにおけるSの接線を求めるときに
点Aを(α,mα+n) とおくか(α,aα^3+bα)とおくかですが後者のほうがいいです。後者のように点Aをおいて点A'を出してみて下さい。

点Aの接線は y=(3aα^2 + b)x - 2aα^3 + bα
になりました。SとAの接線を連立すると、
ax^3 - 3aα^2x + 2aα^3 - bα =0になりました。
ここから因数分解しようとすると、
a(x-α)^2(x+2aα- b/α)になりますね。
これでよろしいのでしょうか。どこか間違っているような・・・。

>というわけで交点を未知数でおくというのは
とても重要で、かつ強力な方法ですのでぜひ覚えて下さい。

積分の問題で、よく交点をα,β とおいて、かいと係数の関係から、α+β, αβ の値をそれぞれ出しておいて、あとでその関係式から、α,β を消すというのは慣れているのですが、このような問題にもそのような考え方を使いたいと思います。文系の積分は2次までなので、解と係数の関係が使えるのですが、他の問題でも4次以上はでないと思うので、3次でも交点をα,β,γ とおいて、解と係数の関係から、関係式をつくってあとで消去をするというような感じでいきたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 01:43

まず、x=αでの接線を求めてみてください。


その式と曲線Sの式からA'のx座標が出ますね。
それからy座標も出てきます。
同様にx=β、γのときの接線からB',C'なども求まります。

ここまでくれば、A',B',C'の座標がそれぞれα、β、γで表されていますから、
(A'B'の傾き)-(B'C'の傾き)=…=0
を計算するだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。計算してみました。
A(α,mα+n) ,A'(-2α , 8aα^3 + bα)になりました。よって、同様に B'(-2β , 8aβ^3 + bβ) ,
C'(-2γ , 8aγ^3 + bγ)になりますよね。
(A'B'の傾き)={(8aα^3 + bα) - (8aβ^3 + bβ)} / (-2α) - (-2γ) = -4a(α^2 + αβ + β^2) - b/2
になりました。ここからどうやって、(A'B'の傾き)-(B'C'の傾き)=…=0 を示せばよいのでしょうか。文字が違うので、0にはならないと思うのですが。

α+β+γ=0 を使う場所がわかりました。A'のx座標を求めるときに使うのですね。いままで、そのまま連立した式と、図形の接するという情報から、因数分解した式を係数比較して、比べていましたが、回と係数の関係も使えるのですね。大変参考になりました。

それと、ここでお聞きしたいのですが、ある曲線と直線の交点のx座標をαと設定してy座標を表すときに曲線の上に乗っているということで、曲線の式のx座標にαを代入すればよいのか、直線の上にのっているということで、直線の式のx座標にαを代入すればよいのかどちらが良いのでしょうか。基本的にy座標がシンプルに表せることができる式にαを代入してy座標を表すという考え方でよろしいのでしょうか。

それと、この問題では、曲線S:y-ax^3 + bx とL:y=mx+nも交点をαとおいて、始めるとおっしゃいましたが、SとLを連立して、そのx座標をa,m,n,で表して、そこから始めるというのは間違いでしょうか。未知数をおかずにそのようなやり方でやってしまったのですが。未知数を置くという考えが浮かんできませんでした。

お礼日時:2001/09/16 03:34

>3点A,B,C のx座標の関係式 α+β+γ=0 を用いて


という部分がわからないということですよね。
S と L の交点のx座標は
 ax^3 + bx = mx + n
⇔ax^3 + (b-m)x - n = 0
という方程式を解くことで出てきます。
この方程式の解がα、β、γですから係数との関係が出てきます。

>A'B'とA'C'の傾きが等しいことを示せばよい。
はそのままですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事どうもありがとうございます。なるほど、そのような意味だったのですね。よくわかりました。それと、そのことを使ってA'B'とA'C'の傾きが等しいことを示せばよいと思うのですが、どう示せばよいのかわからないので、どう進めていけばよいのか教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/16 01:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2円の共通接線

 二つの円が1点Pで接しているとき、この二つの円の共通接線は、Pを通る接線で2等分されるのは容易に示せますが、
 これを一般化して、二つの円が2点、P、Qで交わるとき、この二つの円の共通接線も直線PQでやはり2等分されると思うのですが、示すことが出来ません、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

2円をOとO'とする。OとO'の交点をP,Q、共通外接線とOおよびO'との接点をそれぞれ、RとSとし、直線PQと共通外接線の交点をTとする。
円Oで方べきの定理よりTR^2=TP×TQ
円O'で方べきの定理よりTS^2=TP×TQ
よってTR^2=TS^2
TRとTSは共に正よりTR=TS
方べきの定理については、下記を参照。

参考URL:http://www.benesse.co.jp/ck/challenge/img/mg02003.pdf

Q2直線 x/a+y/b=1, x/a+y/b=2(a>0, b>0)の

2直線 x/a+y/b=1, x/a+y/b=2(a>0, b>0)の間の距離を求めよ。

という問題の解説に、

2直線は平行だから、第一の直線上の点(1、0)を通る。よって、ここからbx+ay=2abまでの距離を求める

と、ありました。

なぜ(1,0)を通るのですか?

Aベストアンサー

誤記なんてレベルでは済まないですよ。
 A.2直線は平行である。
 B.第一の直線が点(1,0)を通る。or B'.第一の直線上のどこかの点を第二の直線が通る。
 C.AがB(またはB')の根拠になっている。
このうち正しいのはAだけです。

第一の直線は点(a,0)を通る。
また、2直線は平行だから、点(a,0)から第二の直線までの距離を求めればよい。
とでも書くのなら良いのですが、論理が滅茶苦茶ですね。

Q放物線の3接線によってつくられる三角形の外接円は,その放物線の焦点を必ず通る。

具体的に言うと次のようになります。
放物線上に異なる3点P,Q,Rをとる。点Pにおける接線と点Qにおける接線との交点をS、点Qにおける接線と点Rにおける接線との交点をT、点Rにおける接線と点Pにおける接線との交点をU、とする。
三角形STUの外接円は放物線の焦点を通る。

このことを座標を用いないで証明して、幾何学的な意味を理解したいのですがわかりません。
証明できた方は教えていただけないでしょうか。

また、次のような似たような定理もあります。

双曲線の2焦点の垂直二等分線を軸と呼ぶことにします。
双曲線上の頂点以外の1点Pにおける接線、法線と軸との交点をそれぞれ、Q,Rとするとき、
三角形PQRの外接円が双曲線の焦点を通る。

このことの座標を用いない証明法もわかりません。
また、楕円に関して似たような定理はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

初めの方だけ。
放物線上に異なる3点P,Q,Rをとる。
点Pにおける接線と点Qにおける接線との交点をS、点Qにおける接線と点Rにおける接線との交点をT、点Rにおける接線と点Pにおける接線との交点をU、とする。

放物線の焦点をF,準線をLとする。
PからLにおろした垂線の足をP1とすればPP1=PFである。
またPにおける角P1PFの2等分線はPにおける接線となっている。
なぜなら,角P1PFの2等分線上の点でP以外の任意の点をP'とし,P'からLにおろした垂線の足をP''とすればP'P''<P'F=P'P1となりP''は放物線の外部にあることになる。
以上からPにおける接線はP1Fの垂直2等分線である。
同様にQからLにおろした垂線の足をQ1,RからLにおろした垂線の足をR1とすれば,Qにおける接線はQ1Fの垂直2等分線であり,Rにおける接線はR1Fの垂直2等分線である。
明らかにP1,Q1,R1は同一直線上にあって,また,FP1,FQ1,FR1の中点P2,Q2,R2も同一直線上にある。
さらにFP2,FQ2,FR2はそれぞれSU,ST,TUに垂直である。

ここで角FP2S=角FQ2Sは直角であるから四角形FSP2Q2は同一円周上にあり,角SQ2P2=角SFP2である。
P2,Q2,R2も同一直線上にあるので,角SQ2P2=角TQ2R2である。
角TR2F=角TQ2F=直角であるから四角形FQ2TR2は同一円周上にあるので,角TQ2R2=角TFR2である。
以上から角SFP2=角TFR2である。
直角三角形FP2Uにおいて角FUP2+角P2FU=直角
直角三角形FUR2において角FUR2+角UFR2=直角
従って角SUT+角P2FU+角UFR2=2直角だが,角P2FU+角UFR2=角P2FU+角UFT+角TFR2=角P2FU+角UFT+角SFP2=角SFU+角UFT=角SFT
であるから角SUT+角SFT=2直角。
これはFが三角形STUの外接円上にあることを示す。

初めの方だけ。
放物線上に異なる3点P,Q,Rをとる。
点Pにおける接線と点Qにおける接線との交点をS、点Qにおける接線と点Rにおける接線との交点をT、点Rにおける接線と点Pにおける接線との交点をU、とする。

放物線の焦点をF,準線をLとする。
PからLにおろした垂線の足をP1とすればPP1=PFである。
またPにおける角P1PFの2等分線はPにおける接線となっている。
なぜなら,角P1PFの2等分線上の点でP以外の任意の点をP'とし,P'からLにおろした垂線の足をP''とすればP'P''<P'F=P'P1となりP''は放物線の外部に...続きを読む

Qy=-a(a+b)t+b*exp(-(a+b)t) (a>0,b>0)

y=-a(a+b)t+b*exp(-(a+b)t) (a>0,b>0)

yがある値をとる時のt(t>0)を算出したいのですが、
上記の式をt=・・・の式にすることはできるでしょうか?
実際にtを算出する時にはa,bに数値を当てはめて計算を行うのですが、
a,bの値を変えた場合のtも求めたいので、文字係数のままで式を変換したいのです。

どなたか解る方がいらっしゃいましたら、解答お願いいたします。


補足
上記の式は以下の式と単純化したものです。
もしできるならば、こちらの式でt=・・・にしていただけると助かります。

d-(c*b^2)/(a+b)^2-abct/(a+b)+((c*b^2)/(a+b)^2)*exp(-(a+b)t)=0
(a>0,b>0,c>0,d>0)

-a(a+b)t+b*exp(-(a+b)t)=b-(d*(a+b)^2)/bc
b-(d*(a+b)^2)/bc=y と置いて単純化しています。

計算ミス等ありましたらご指摘下さい。

Aベストアンサー

老婆心ながらシミュレーションなら、近似値ということでこういう方法で簡単に計算できますよ^w^
まぁ、方程式が超幾何方程式なので解は結局電卓をたたくしかないので近似値というとこに気を使う必要はないでしょう。


元の式が

s = y-a*t
s = b*exp(-ct)

という連立方程式にyを代入したうえでの解になることは述べました。ここで少し変数をいじって

s1(t) = y-a*t
s2(t) = b*exp(-ct)

と置きます。

s1(t)-s2(t)

を縦軸に、横軸をtとして絵画します。そのときt軸と曲線が交わるところが解です。
当たり前っちゃその通りですがw

グラフを書かないシミュレーション的な方法としては、t=n×Tという書き方に変えて、nがステップ、Tがステップ幅とみて
(s1(n×T)-s2(n×T))×(s1((n-1)×T)-s2((n-1)×T))<0
となるnを探し出すという手法でそのnをtに戻して導くという方法がシンプルでいいでしょう。

Q円の接線ベクトルの方程式

この問題なのですが、解答は円の半径と接線が垂直であることを用いてこの方程式を求めています。
それって円の接線ベクトルの方程式を求めてる事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。

単に「円の半径に垂直」というだけでは、接線になりませんね。
しかし、その垂線が円上の点を通れば、接線になりますね。
解答にはある意味何気なく書かれているようですが、きちんと円上の点=接点を通るように書かれています。
ですので、正しく接線のベクトル方程式になっています。

Qa^(a+b)=b^24,b^(a+b)=a^6を同時に満たす1と異なるの正数a,bを求めよ

こんにちは。

[問]
a^(a+b)=b^24,b^(a+b)=a^6を同時に満たす1と異なるの正数a,bを求めよ。
[解]
a+b=24log[a]b
a+b=6log[b]a=6/log[a]b
なので
(log[a]b)^2=1/4
log[a]b=±1/2
a^(±1/2)=b
からどうしてもa,bが定まりませんどうすれば定まりますでしょうか?

Aベストアンサー

>a,b(>0)の大小関係のいかんによってはlog[a]b<0も有り得るのでは??

ええ、もちろん log[a]b を単独でみるときはそうです。でも、この式
   a+b=24log[a]b をみると、a も b も正の数ですから、左辺は
正の数ですよね。ということは、右辺の log[a]b は正の数でなければな
りませんよね?そういう意味で log[a]b>0 といったのです。
したがって、もし b=a^(-1/2)を log[a]b に入れると log[a]a^(-1/2)=-1/2
となり、a+b=-12 で「a,bは正の数」と言うことに矛盾してしまいます。

納得できたでしょうか。説明が足りなくてすみませんでした。

Q円の接線

(1)半径3cmの円oをかき中心oから5cmの距離に点AをとりAから円oへの接線を作図しなさい

(2)(1)で作図した接線の長さを計算で求めなさい

求め方と答えを教えてください。

Aベストアンサー

 図の書き方の説明を簡単にするため、1本の直線を横に引きます。

 この直線の上に、円Oの中心となる、点Oを取ってください。
 その右側5センチのところに、点Aを取ってください。

 点Oを中心とする半径3センチの円をコンパスで書いてください。

 点Aに鉛筆の先を当てて、その鉛筆の手前側から定規を当てて、円の右下部分の演習部分にも接するように定規を調節してください。…(2)の説明のために、この接した点を点Bとします。

 すると(1)の答えができます。


 (2)は、3平方の定理を知っていればできます。
 (それを習っていないのなら、別の方法を考える必要があります)

 直線OBは、半径なので3センチです。
 直線OAは、5センチです。
 角OBAは、直角です。

 3平方の定理から、直線OBの2乗+直線ABの2乗=直線OAの2乗
 数字に代えると、3の2乗+直線ABの2乗=5の2乗
           9+直線ABの2乗=25
             直線ABの2乗=25-9
             直線ABの2乗=16
                直線AB=4

    答え、 4センチです。

 図の書き方の説明を簡単にするため、1本の直線を横に引きます。

 この直線の上に、円Oの中心となる、点Oを取ってください。
 その右側5センチのところに、点Aを取ってください。

 点Oを中心とする半径3センチの円をコンパスで書いてください。

 点Aに鉛筆の先を当てて、その鉛筆の手前側から定規を当てて、円の右下部分の演習部分にも接するように定規を調節してください。…(2)の説明のために、この接した点を点Bとします。

 すると(1)の答えができます。


 (2)は、3平方の定理を...続きを読む

Q(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、 a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1 =a^2

(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、

a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1
=a^2+b^2−1

であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

順番通りに機械的に計算するのがコツです。

左の a と 右の a, -b, +1 をかける。
左の b と 右の a, -b, +1 をかける。
左の -1 と 右の a, -b, +1 をかける。

これを 「a・aがあって、b・bがあって...」と考えながらやると、抜けが出てしまいます。

あとは、既に出ていますが X=a+b とすると、よく知られた公式だけで解くことができて簡単になります。

Q2つの円の接線について

互いに接していない2つの円があるとします。
その円に接線を引くとき、その接線は2つの円の中心の中点を通ることは確実なんでしょうか?

問題を解いていたら解答に解説もなく、当然のように書かれていたんですが・・・。

Aベストアンサー

http://www.phoenix-c.or.jp/~tokioka/2circle/2circle.html
↑ 4本とも、通ってない。


人気Q&Aランキング