もし意味をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。CPUを調べているときに、「8ウェイセットアソシエイティブ」という用語が出てきたのですが、どういう意味かよく分かりません。L2キャッシュに関係している用語だと思うのですが・・・。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

キャッシュとメモリーのひもつけ(マッピング)には3つの方式があります。


(1)ダイレクト方式
(2)セット・アソシエイティブ方式
(3)フル・アソシエイティブ方式
下に行くほど紐付けの自由度が増えて、キャッシュのヒット率が向上します。しかし、構造が複雑になり、オーバーヘッドも増えます。
セット・アソシエイティブ方式では、あるメモリーブロックは複数個のキャッシュ・ブロックとひもつきます。この自分の入れるキャッシュ・ブロックの個数がウエイです。
例えば、キャッシュ・ブロックが128個あって8こづつ16個のグループに分かれているとします。この場合8ウエイといいます。メモリーブロックから見れば自分の入れる可能性のある場所の数ですね。
    • good
    • 0

検索の結果です。



セット・アソシエイティブ:データをアドレスで管理して読み出す方式。
ウェイ数:キャッシュをいくつに分割した部分の数。

2次キャッシュのヒット率に影響します。

これでよろしいでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報