外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

はじめまして。
私は福祉系の大学4年生24歳です。もともとは有名国立大薬学部に在籍していましたが、教授の執拗ないじめ→詫びもなにもなく、学校側は「我々のせいではない、君は疲れている、中退しなさい」と両親を呼び出し、両親は中退の同意書を書かされる→地元に帰っても一人ぼっち(中・高校はギスギスした雰囲気の進学校で友達ができなかったため)

という状態で、今の大学に編入したものの、周りは3歳年下の子たちばかりで、普通に遊ぶ友達はできましたが、親友はいません。親友と呼べるのは前の大学でできた人たちぐらいです。最初は私にも地元で彼氏ができたりと、それなりに楽しく過ごしていましたが、1回彼氏の浮気騒動があったり、また、前の大学の友人たちが大学院を卒業し、どんどん有名製薬会社に就職していくのを見てだんだん自分がみじめに思えてくるようになりました。

福祉職自体には興味は持てるのすが、求人を見てその薄給ぶりにため息が出ます。一般企業への就職を考えましたが私は卒業時に25歳なので、どうしても年齢制限にひっかかってしまい、受験資格さえない有様です。また、他の編入生仲間の友人たちは「そんなもんだ」と割り切っていますが、私は薬学部にいたためかそう思うのだと思います。楽しいはずの高校時代を犠牲にして、他の友達は有名国立大を卒業し、有名製薬会社に入社し、いわゆるエリートコースを歩んでいます。でも、私は高校時代を犠牲にし、薄給、おまけに彼氏は浮気歴有…他の友人たちは高給取りで彼氏も誠実なのに…今でもどうして死ねなかったのだろう…?と毎日考えます。

こんな状況ですので、新社会人の前の大学の友人たちとはもう関わりたくありません…こんな私に何かアドバイスをください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

今までいろいろな事があり、本当に辛かったでしょうね。

それでも新しい道を自分で切り開いてこられて単純にえらいなぁって思いました。

私は幼稚園教諭をしていましたが、初任給の時に自分の給与明細をみて愕然としました。10万も手取りでなかったのです。親元にいなければ生活できないし、車だって買えませんでした。友達が銀行にお勤めし、給与の額を聞いてため息ついた覚えがあります。うらやましかったですねぇ。また、結婚してから一時は社長夫人でけっこう羽振りもよかったんですよ。でも離婚で一からの仕事探し。う~~~ん。人生って何があるかわかりません。特に女性は結婚、出産でキャリアも中断しがちです。ちなみに今の私はIT関係でみごとなお局さまです。

私の従妹は国立大学で福祉の学部を出ましたが、元々地元の枠もないという事であきらめ、今は派遣で事務をしながらも旅行に行ったり、習い事をしたり、人生を謳歌しているようです。あなたはまだ若い。一度しかない人生です。やりたいことを見つけるのにまだ時間はありますよ。本当にやりたいことでもないのに薄給は我慢し難いでしょう。

また、人生において何に重点を置くかです。私のように息子を抱えてやっていくにはかなりの条件がありますし、あなたもあなたの条件があるでしょう。それを踏まえての職選びですね。

前の大学のご友人達はどんな方達なのでしょうか。あなたの事を見下している?それか、あなたのヒガミ?(失礼ないいかたでごめんなさい)あなたが今心が落ち着かないならば少し距離を置かれるのもいいでしょう。いつかあなたから連絡ができる時がくるといいですね。キツイ事をいってしまった。。。切り捨てるのは簡単ですが、正直その事が自分の心の中に暗い影を落としつづけなければいいのですが、私の経験上その事を思い出すととても辛かったので。

物事を深く捉え分析する事は大事ですが、流れに身を任すことも時には必要です。40を過ぎて思う事は、「Simple is Best」ですね。単純である事が幸せにつながる事も多いのです。浮気をした彼でもあなたが好きならいいじゃありませんか。イヤなら別れるだけです。自分を必要以上に貶める事は、惨めこそなりますが、心に平安が訪れる事はないでしょう。あなたは今生きている、そして次の道すじを考えている。それだけですばらしい事です。

いい職についてエリートの彼がいても幸せじゃない人もいます。この機会にあなたにとっての幸せってなにか、それを掴むにはどうしたらいいか。短いスパンでなく長期的に考えてみてください。そしてそれに向って少しずつ歩くことができたらいいですね。長々と失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ございません。
人生なにがあるかわからないですね。正直、今の彼氏(3歳年下、大学4年生、民間の地元大手企業に就職決定)が私が苦しんでいるのを見て、もうフリーターでいいよ、俺が社会人として安定したら、結婚しようと言ってくれたのですが、今は公務員以外は誰でもリストラされる危険性を持っていますし、また、okkayokkaさんのように、別れることもあると思うので、彼氏の言葉に甘えるのはよくないと思っています。

前の大学のご友人達はいい人たちばかりです。私のヒガミと遠距離になってしまった(北海道-九州)のもあって、もういいや…と思ってしまったのです。どうしても、今は心が落ち着かないので、距離を置きたいと思います。長々とありがとうございました。

お礼日時:2005/05/20 13:48

大変おつらいんでしょうね。


編入で、福祉の道を歩まれていらっしゃるのですね。

あなたの文を読んでいると、すべて人任せ、人に責任を押付けていませんか?

自分で選んだ道ですから・・・・。お金をたくさんもらっても、有名大学を卒業しても、彼氏が超お金持ちでも、誠実でも、結局自分が満足しなければ意味がないんですよ。

今、何をしたいのか、を見つけることが重要だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ございません。
福祉職に就きたいなら、県外に出ないと一人暮らしさえできない…というのはわかっていて、実際に遠戚にも「東京の方が田舎より女性の年齢とか気にしないからチャンスがいっぱいある。来ないか?」とも言われています。ただ、そこまでして…というのが今の本音です。

今の彼氏(3歳年下、大学4年生、民間の地元大手企業に就職決定)が私が苦しんでいるのを見て、もうフリーターでいいよ、俺が社会人として安定したら、結婚しようと言ってくれているのもあり、迷っているからです。それで、今は彼氏の県内転勤などにも付き合えるような資格を取ろうかと思っています。そのような資格は彼氏のためだけでなく、結局は自分のためになるかと思っています。長々とありがとうございました。

お礼日時:2005/05/20 13:55

私はみなさんのような大したアドバイスが出来ないかも知れませんが、私の考え言葉で貴方に話してみたいと思います



本文を読む限り大変な思いをしてきたのだなあ・・・と感じますが、「世の中上を見ればきりがなし、下を見てもきりがなし」です。貴方より楽に生きている人も大勢居ますが、もっと大変な状況を精一杯生きている人は沢山います

>もともとは有名国立大薬学部に在籍していました
ブランド志向ですね。過去の栄光に拘るのは辞めませんか? 大切なのは今の貴方がこれからどうして生きていくのか?だと思います。私は高卒で、大学には行けませんでした。18歳で仕事をする私と大学生活と満喫する友達・・・どっちが幸せでしょうか? 私は大学に行かなかったので「大学生は時間があって遊べる」ってイメージです。でも貴方からすれば「大変な目にあったろくな学校じゃない(まあ先生に恵まれなかった事が原因でしょうが)」結局どの人生を通っても、自分より人の方がよく見えるものです。

一つきついことを言わせて貰うならば、どうも貴方は
「被害妄想が強い」と言う感じです。
全て、周りの「他人」のせいで自分はこうなったんだ・・・見たいな感じに聞こえます。「どうして私ばかり」なんて考えは「愚痴」に過ぎません。世の中なんて「不公平」に出来ているので、本当に可愛そうな人は苦労に不幸を重ねて死んでしまう人もいます。(安室奈美恵のお母さんの話が思い浮かびます)何時までも人のせいにしていたら前に進めませんよ

貴方はまだまだこれからです
「死ぬ」なんて簡単に口にしないで下さい
まだまだ若い・・・「人生やる気になれば何時だって何処だってやり直せる」って言いますし。

私も「自殺」は無いですが「どうして生まれてきたんだろう・・・」と考えてみたことは何度もあります。
でも、苦しいときに逃げ出したらずっと苦しいままの状態が続きます。ここで頑張れば、少しずつ最悪な状況や考えから抜け出せると思います。実際に私も最悪の苦しい時期を脱して今現在に至っている状態です

1度きりの人生・・・もっと楽に生きてみませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ございません。
正直、自分は性格的にエリート社会は合わないと思っていて、もともと、薬剤師になったとしても有名メーカー・病院には入らず、派遣とかでマイペースにドラッグストアなどで働こうかと思っていたぐらいです。

確かにそういう生活を目指すならわざわざ有名大に入る必要はなかったのだろうけど、中・高校で周りからの妬み・それによる孤独に苦しんで大学に入るのなら…というブランド志向があったのだと自分でも認めます。勉強はそこそこぐらいで友達がほしかったな…と後悔しています。「苦しいときに逃げ出したら~」という言葉は心に留めておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/17 15:57

 これを書かれていたときには、本当に疲れていらしたのだと思ったけれど、回答に対する御礼を読みながらでまた前向きな新しい希望と感謝が書かれていたので安心しました。



 新しい方向に進まれるときにも、回りに応援してくださる、ご両親や、彼の存在があることはうらやましい限りです。
 回り道をしたように感じられても、後から振り返って、くいのない選択をされますように。いままで学んだこと、経験したことすべてが、resa-resaさんのこれからの人生の力に変わっていくように願っています。
 かなりきついこと書かれているようにも見受けられますが、まだまだ、若く可能性が多く残されていることは、事実です。(うらやましいです。)
 これまでのいきさつは、大変だったことでしょうが、はたから見れば能力があること諸々(ものじゃないんだからその人が学んだものはとっていけない)決して不幸ばかりにはみえない。

 何年か、たってから、前の大学のお友達に偶然あうことがあるとしても、resa-resaさんらしく輝いていることがきっとできることを信じてください。どの道に進んでもいいことばかりではないし、悪いことばかりでもないかもしれませんよ。



 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ございません。
薬剤師の資格は取れなった(入りなおせば?)というご意見もありますが、実験に関してのPTSDの症状がある上、地元に薬学部がないので…)上に、今の大学で得られる資格は社会福祉士のみです。でも、専門学校に行く・今の大学の補習に参加することでいくつかは取れる資格はあります。2週間後からは販売士2級受験講座が大学であるので、彼氏(大手小売業に就職内定が決まってます)と一緒に勉強します。長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/17 15:46

正直、なぜ悩む必要があるの?と思います。


確かに前の大学の件はアンラッキーだったけど、あとは全部自分で選んだ道でしょ?

他人と比べるのが間違いです。
人と比べて勝つこと=自分の価値観にしてません?
それじゃいつまでたっても現状に満足なんて出来ませんよ。

どんなきっかけがあれ、自分が選んだ道は、後々必ずそれなりの(妥協できる)結果にたどり着きます。
妥協できないのであれば、愚痴る前にやるだけのことをやらないと。
友人関係は断ち切ってもかまいませんが、断ち切ってしまえば終わりというわけではないでしょ?
結局はあなた自身の気持ちの問題だから。

彼氏に関しても考えすぎ。大概の男は浮気のひとつや二つするもの。今はうまくいってても、その先はわからないのです。
自分にも相手にも完璧を求めすぎじゃないですか?

もっと楽に生きてください。
あなたさえ前向きな努力すれば、友達も恋人も人生もあとからついてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「人と比べて勝つこと=自分の価値観にしてません?」
そうですね、そう思っているところはあると思います。中・高校は一貫のお金持ちばかりが通う進学校だったのですが、私の家庭は中流家庭ですので、中学生からブランド品を持っていませんでした。また、入学時は成績も悪く、おまけにブサイクだったので、相当いじめられました。そのことでものすごくコンプレックスがあると思います。今でも自分のことが嫌いです。彼氏がなぜ自分のことを好きでいるのかが正直なところ理解ができないぐらいです。

少しずつ自分のことを好きになれるよう努力したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/16 13:51

 大分マイナス思考が進んでいるようですが。

いじめに対しては他の方が書いているように訴訟等も検討する価値はあるんじゃないですか?疲れてるからと言って中退を薦める大學と言うのも変なところですし。
 ただ、他の点については現実がどうこうではなくあなたの薄っぺらい考え方が惨めですね。もっと広い世の中をご覧になっては?貴女なんかより辛い立場にいる方は腐るほどいらっしゃいますよ。
貴女の文を読んでると富や名声への執着が見受けられる感じですね。そんなにエリートを目指したいならもう一度薬学部なり医学部なりお入りなさいよ。数年またかかっても確かに将来的には富みも名誉も得られるのでは?
浮気なんて貴女一人が見たものじゃないですし。友達の彼氏だって全てが誠実かなんて貴女にはわからない世界でしょう?
関わりたくないならそれで構わないでしょうが、どんな仕事だって自分が誇りを持てれば恥ずるものなどないし、馬鹿にされるものでもないです。そんなことで会えないなら貴女自身も友人方も、貴女がこれまで通ってきた環境がエリートにこだわりそれ以外を馬鹿にする世界だったということでしょうね。
一番良いのは貴女が捉われている醜いエリート志向を撤廃することと思いますが難しいでしょうね。ならやはり今からでももう一度自分が満足できるランクの世界を目指すことだと思います。
過去の友達は忘れましょう、そこで改めて友達をつくって下さい。

私自身が福祉職で働いています。確かに薄給ですし大変ですが生甲斐も誇りも持って勤めています。貴女のような人間がいる一方そういう人間もいっぱいいてそれが日本を支えています。薄給の職にすら就けない人も大勢います。何故福祉大學に来たのでしょう?その前に薄給なんて現状は調べられませんでしたか?特に編入でわざわざ来るような方は私がいた大学で出会った方でも基本的に、そんなことはわかってるけどでも福祉でという情熱を持った方です。正直貴女のような人間は福祉の世界に入ってきて頂かなくても結構ですし入って欲しくないですね。金と名誉に執着している人間ではどうせ続かないでしょうしそういう世界の輝きにも気付かない、自身も内面の輝きは手に入らないでしょう。今の大學もおやめになられた方がよいのでは?真剣に世のため人のためと考えている学生に対しても失礼でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気分を害されたようで申し訳ございません。
今の大学の友人たち(編入生仲間)には、福祉職を目指しているので失礼だと思い、相談ができなくて、ここに相談に来たのです。教授(きれいごとをおっしゃらない方)の話によると特に私の住んでいる県は、他地域よりも給料が異常に安いそうです(そのため、現実問題として、他県に就職する人もたくさんいます)。

確かに手取12~13万円で家賃の相場が4万円(JRの駅から徒歩20分のとこでもこれぐらいします…私の住んでる県は田舎なのに家賃・土地代が高いです)、車も購入できません。大学に来る前に現状は調べたのですが、自分の住んでいる地域は特に現状が厳しいということまでは手が回りませんでした。「○○県(私の地元)の福祉」とかいう講義で初めて知ったぐらいです(泣)

福祉大学に来たのは前の大学のいじめのために、精神科にかかっていたことがあって、そこの医者からも「お前はバカだ、もう大学はやめなさい!」などとかなり罵倒され、悪化させ、自殺未遂にまでなりました。人の病んだ心は医療だけでは治せない、福祉の力が必要だ…と思ったのですが、思うような求人がない上、一人暮らしができないほどのお給料…かといって、今は彼氏と一緒にいたいのもあって、割のよい県外に行くのもためらっています(別れたらすぐに県外脱出しますね)。

お礼日時:2005/05/14 23:51

みじめだなんて思ってるのはきっとあなただけですよ。

(^_^)
まわりの目を気にしだしたら、疑い出したら、私だってきっと死にたくなるだろうなぁ。

ひとまず、『前向きに!』

これじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。半年前はあまり「みじめ」には思っていませんでした。福祉職は薄給・親友なし…という状況は変わってないし。私の中で「彼氏の浮気騒動」で一気に何かが音を立てて崩れたのだと思います。半年前は普通に前の大学の友人たちとも話せたし。
何とか「前向き」になれるよう、立て直していきたいと思います。幸いにも、今彼もかなり反省してまして、今のところは模範的(?)な彼氏なので。アドバイス、ありがとうございます!

お礼日時:2005/05/14 23:36

>福祉職自体には興味は持てるのすが、求人を見てその薄給ぶりにため息が出ます。



それを実際に福祉の仕事に就いている人に言えますか?そのお給料で実際に働いている人に,「薄給だね」って言えるようでしたら,そうおっしゃいなさい。
福祉の仕事は大変です。確かにお給料は少ないかも知れません。でも,その職に就いている人は,誇りを持って仕事をしているのではないでしょうか?そんな人達に「こんな薄給・・・」って言ったら,どう思われるでしょう?

それに,今は就職したくてもできない人が多くいます。年齢が上がれば上がるほど,仕事を求めるのが困難です。また,仕事を求めている人でも,その年齢と給料の低さのギャップに耐えられない人も多くいます。公共職業安定所(ハローワーク,と言うんですか)で「その年齢でこの年収は無理ですよ。もっと落とさないと仕事はありません」と言われる人がどれだけいるらご存じですか?

就職した後からでも,通信教育で資格を取得したり,勉強してもっと高い給料を望める転職もできるようになります。それこそ,努力次第です。

>他の編入生仲間の友人たちは「そんなもんだ」と割り切っていますが、私は薬学部にいたためかそう思うのだと思います。楽しいはずの高校時代を犠牲にして、(後略)

もう,薬学部にいた過去のことや,高校時代のことは忘れてしまってはいかがですか?
過去にこだわっていたら,一歩も前進できませんよ。あなたがみじめに思える理由は,その過去にこだわっているからではありませんか?

それから,他人との比較もやめることです。自分の人生は自分の物,でも他人の人生は他人のものなのだから,それぞれ違って当然。誰一人として同じ人生を歩む人はいないし,みんなそれなりに苦労はしています。
大学に行きたくても,親が勤めている会社が倒産したために就職せざるを得なかった,という人も多いでしょう。友人の中にもそういう人がいました。バブル全盛期にもかかわらず,卒業して就職した会社が三ヶ月で倒産してしまった,という人も先輩の中にはいます。それに比べれば,就職先があるというのは恵まれていることではありませんか?

実際,私のきょうだいの一人は経済的事情で大学にも行けず,私は大学には進学したものの奨学金とアルバイトで自活しました。大学院を目指したけど,経済的事情で断念しました。でも後悔はしていません。「本当はあれを職業にしたかったのに」とも思いません。それを研究ではなく仕事にしている人もいますが,羨ましいとは思いません。ただ「ああ,その気になれば,こういう資格を取っていれば彼らのような就職先もあったんだな」と思うだけです。
後悔したって一歩も前進しませんからね。

>…今でもどうして死ねなかったのだろう…?と毎日考えます。

私は自殺を考えたことが何度もあります。実際に飛び降りようとしたこともありました。
古い本ですが,鶴見済氏の「完全自殺マニュアル」(太田出版,1993年初版)を読んで,「ああ,その気になれば,いつでも自殺はできるんだ」と思いました。また雨宮処凛氏の「自殺のコスト」(太田出版,2002年初版)も参考になりますよ。自分が死ぬことでどれだけの費用がかかるか,どれだけの人の手を煩わせるか,未遂に終わった場合どうなるのか考えさせられる本です。
お勧めする気はありませんが,「自殺」というのは簡単に口にして良い言葉ではない,ということを知るには良い本だと思います。

>こんな状況ですので、新社会人の前の大学の友人たちとはもう関わりたくありません…こんな私に何かアドバイスをください、よろしくお願いします。

それでは,そんな人達が絶対に行かない所にある会社や都道府県庁,市区町村役場に就職してはいかがですか?あるいは青年海外協力隊に参加するとか。福祉に興味がおありでしたら,福祉先進国の北欧で,実際の現場を見るのも良いかも知れません。

ちなみに私は,全く本人が望んだ訳ではありませんが,小中高校大学時代の友人達とは音信不通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鋭いご指摘、ありがとうございます。
今の大学の友人たちには、福祉職を目指しているので失礼だと思い、相談ができなくて、ここに相談に来たのです…(それでも、読んでくださった方で福祉職の方がいらっしゃったら気分を害しますね)

前の大学は県外だったので、彼らと同じ県に就職ということはないでしょう。ただ、携帯番号を変えてもしつこくPCのメールに連絡が来る…というぐらい彼らは連絡を取りたがったので、私は先日「もう関わらないでくれ!浮気彼・一人暮らしが満足にできないようなお給料・親友なし、こんなのにあなたは耐えられる?想像さえできないでしょう?」ときついことを言ってしまいました。それはそれで仕方がないと思っています。

お礼日時:2005/05/14 23:31

#3さんのシンプルで素敵なアドバイスに涙しました。



>私は福祉系の大学4年生24歳です。

人生で一番輝いている時期です。恐いもの知らずが許される唯一の時期です。

>もともとは有名国立大薬学部に在籍していましたが、

過去は、忘れましょう。あなたには少なくともあと66年以上は楽しい未来が待っています。

>教授の執拗ないじめ→詫びもなにもなく、学校側は「我々のせいではない、・・・達ができなかったため)

大変だったのだとお察し申し上げます。前向きましょう。あなたは若い。
目を思い切り見開いて深呼吸しましょう。


>1回彼氏の浮気騒動があったり、

お気の毒ですが、よくある話、女の魅力の肥やしにしてください。

>また、前の大学の友人たちが大学院を卒業し、どんどん有名製薬会社に就職していくのを見て
>だんだん自分がみじめに思えてくるようになりました。

過去を見ない。悔しい気持ちと惨めな気持ちは、別物。
悔しさはバネになりますが、みじめさは気力を失わせます。勘違いしてはいけない。
あなたは教授の理不尽が悔しいのであって、それに打ち勝てなかったみじめさを感じる必要はない。
どんな人生にも悔いはあります。
でも過ぎ去った過去にとらわれると、目の前の広がる青空や、美しい雲や野原の広がるすがすがしい
光景が見えなくなります。
目を閉じて過去を思い起こすのはやめましょう。交通事故の元です。
目を見開いて、あなたの人生をあなたが自分でハンドルをしっかり握り締めて進んでいってください。

若いうちは、みんなと同じレールに乗ることで安心したがるものです。
しかし、人間は実は生まれながらにして不平等、不公平なのです。
この世は、幸福の大量生産工場でもなければ、神様は幸福の品質管理の監督者でもありません。

たしかに、幸せの スタイルやパターンは似ています。
しかし、深い悲しみや困難があってこそ幸福の価値というのは、味わえるものなのです。
若い頃には、100万円というお金が、とても重要に思えた。事実思い切り楽しんで100万円を
使うことができた。
それが、50代になれば100万円で買える喜びは限られてくる。
美味いものを知り、豊かな暮らしを経験するにつれて、感動のアンテナは鈍くなっていきます。
ただ、同時に魂の成熟というものがあって、自分にとって必要なものとそうでないものが
区別できるようになります。
人間はそうやって「自分自身」を確立していくのだと思います。

学歴や就職など、手に入れてしまえばそれは自信の一部ではあっても、それが幸福の保障になる
わけではないです。さまざまな資格でさえも同様です。
司法試験に合格することと、有能な弁護士として活躍するのは別物です。

挫折は誰しも経験します。
挫折のない人生はありません。
挫折を知らない人間は、真に勇敢な人か馬鹿かどちらかです。

挫折は夢の弱さです。本当にこうしたいという夢があったら、挫折はないのです。
挫折は、急峻な山にぶつかるようなもので、目的地がしっかりしていたら山も迂回していけばいい。
山を登らないと夢にたどりつけない・・・そんな風に思うから山に登れなかった自分が情けなくなる。

人生は山登りではないよ。
山の向こうに何を求めるかだよ。

あなたが欲しいものは何ですか?
心が弱ってくると 人は抽象的な「安定」という箱に逃げ込みたくなります。
これが、一番よくないですよ。
人生の本質は安定なんかではない。

変化です。

変化こそ幸福の本質です。
高級なバッグを買います。使ううちに細かい傷がつきます
留め金が壊れたりもします。
使い込むと風合いが出てきたりします
恋人も、馴れ合えば浮気も喧嘩もします
いつも同じ店で食事、いつも同じ会話 いつも同じ笑顔 いつも同じキス
人は刺激を求めます。平穏な安定を求めながら心のどこかで
もっと満たされたいと願うものなのです。
あるいは、幸せのとたんに、これが自分に維持できるか

不安になる人もいます。

そういう人は、自分が人生のハンドルを握っているのをわすれて、
「大丈夫 運転手さん。今の道をづっとまっすぐいって私はずっとこのまま幸せでいられるの?」
そういうふうに問いかけます。
「あなたの見ている現実はあなたが求めたからあなたの前にある」
そういうふうに運転手は答えるでしょう。

生きるというのは、穀物や植物や動物からエネルギーを摂取するという大変しんどい行動なのです。
安定というのは、簡単にいうと考えなくても平穏に暮らせるという妄想です。

幸福に水準なんてないです。
26歳で就職して月収25万円 年収350万円でも 一流企業の専門職でもこれから先努力しないと
何も得られませんよ。
年収700万円で広告代理店に入社しても、クリエイティブな才能ややる気がなかったら面白くない。

人生をエスカレータやバスみたいに考えてはいけません。

先が見えないのではなく、「先はあなたの思い通りになる」のです。

あなたが具体的な絵をかかないから、あなたの目の前のキャンバスには何も描かれていない。

せっかくキレイに下書きの線を描いても、どこかこれでいいのかという迷いがあると、あるいは
こんなに難しいテーマを私がこなせるのか。という不安があると
筆がうごかなくなり、絵の具もパレットの上で固まってしまいます。
それだけです。

誰を責めてもいけません。
人を責めても人があなたを幸せにしてくれません。
自分の人生の痛みも苦しみも、喜びも悲しみも、汗も涙も笑いも悔しさも
あなたが味わうために存在します。

あなたは、いろいろな感情を味わうために生まれたきたのだと思ってください。

>福祉職自体には興味は持てるのすが、求人を見てその薄給ぶりにため息が出ます。

仕事は与えられるべきではない。自ら創り出すものだ。
これは電通の吉田秀雄という人の言葉です。

薬剤師の給与と福祉の仕事の給与を比較してみても、人のダンナと自分の夫を比べてみる
のと同じで意味ないです。人のダンナは人のダンナ。人の仕事は人の仕事。
福祉の仕事に決めたらそれを思い切り楽しむべきです。

レストランに行って、となりはステーキランチを頼んで自分はオムライスを頼んだ。
ステーキランチは豪華だしスープもついている。でも自分がたべたいのはオムライスだから
オムライスを楽しんで食べましょう。
ステーキランチをうらやんだらオムライスに失礼です。
仕事に尺度は3つあります

(1)職場が楽しいか
(2)仕事が面白いか
(3)給与は増えていくか

>一般企業への就職を考えましたが私は卒業時に25歳なので、どうしても年齢制限にひっかかってしまい、
>受験資格さえない有様です。

あなた何がしたいんですか。ふらふらしないで福祉ときめたら福祉を通じて世の中の役にたつ人になりましょう。
就職できさえすれば何でもいいというのが、採用する側は一番迷惑です。
自分が生きていく以上、私はこの分野で自分をいかしたい・・そういう意思をしっかりもたなくてはいけません。

それと、何でもいいから具体的に目標もってください。
10年後あなたはどうなっていたいのか イメージを描くのです

「東京の郊外の閑静な住宅地に40坪の家に住んで、2人の子供の食事のしたくをしていたい」
「都心の2LDKのマンションに外資系保険会社に勤める夫と、区の福祉事務所に勤務する私の二人住まい」
「福祉の仕事でお世話した祖母の縁で、ベンチャービジネスの社長と結婚。おばあちゃんを見送った翌年
 同じチャペルで彼との結婚式。45歳と34歳の変なカップルだけど、周囲はとても暖かく祝福してくれて
 いる。」

そんな夢のような話・・・って あなたに薦めているのは「夢」を持てということなんですから(^^)

>また、他の編入生仲間の友人たちは「そんなもんだ」と割り切っていますが、
要するに「想定済みの現実」を受け入れているのです。
あなたは、自分で選択した結果に文句をたれてばかり・・

>私は薬学部にいたためかそう思うのだと思います。

何が薬学部だ。何が国立だ。
学歴で金がもらえる時代は昭和40年代で終わってます。国立の薬学部卒には犯罪者もいれば
国際級のゲノム医療の権威もいます。

>楽しいはずの高校時代を犠牲にして、他の友達は有名国立大を卒業し、
>有名製薬会社に入社し、いわゆるエリートコースを歩んでいます。

となりの客は15000円のフルコースを食べています。
私は、前菜とパスタだけ。ワインも一杯700円のハウスワイン
いいじゃないの。うらやんでどうする。食事は明日もあさってもあるし、人生は30代も40代も50代もあります。

でもあなたの人生は いい人生だ。

あなたには、人に負けない個性的な美貌があるし 頭もきっといいはずだ
スタイルだって夏が楽しみなくらいだし
この美しい髪の艶はどうだ

前半に華がある人生 尻上がりの人生 ふたこぶラクダの人生 燃え尽きる人生 人生いろいろ・・です


>でも、私は高校時代を犠牲にし、
すんだことだ。過去の苦労は社会貢献の一種。

>薄給、
まだもらってねぇだろうよ。5年がんばればなんとかなるって。公務員試験だってあるし。

>おまけに彼氏は浮気歴有…
もてないダサ男くんと取り替えてみますか?結局あなたがいいと戻ってきたのだから可愛がってやってください。

>他の友人たちは高給取りで
新卒給与などこの不況のご時世に目くそ鼻くそ。どんぐりのせいくらべ。
10年後あなたは、バーキン抱えてリフレッシュにハワイのコンドミニアム。彼女らは、外資系の製薬会社にのっと
られて、仕事一筋できたわりには、英語もできずにリストラ。社内結婚で一緒になった夫も実家の薬局の手伝い。

仕事は10年続けてこそ真価を問われる。

>彼氏も誠実なのに…
思いすごしにすぎません。友達の彼氏と友達と3人で飲んで、彼女がトイレにいった隙に、意味ありげに
微笑んでみてください。携番教えてくれと言ってきますって。

>こんな状況ですので、新社会人の前の大学の友人たちとはもう関わりたくありません…
それは、しないほうがいいです。

>こんな私に何かアドバイスをください、

未来の輝くあなたをみつけてください。この世の中に必ず未来の輝くあなたのモデルは存在しますよ。
かつて、私も何度か挫折の憂き目にあってきました。
本当はデザイナーになりたかった。
デザインで活躍する同世代の人間がうらやましかった時期もあります。
でも、5年で自分のオリジナルの進路を見つけました。
企画屋で一流になるという目標。それを支えたのは、自分が目標とする先人です。
あんな風になれたらいいなぁ

そう思える人を具体的に見つけることです。世の中に出ないとそういう出会いはないです。
逆に学校なんか早く適当に卒業して、仕事を通じてさまざまなな人生とであってください。
世の中はあなたを待っていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ちょっと勇気付けられました。
でも、私、先日、友人に「私のことを思うなら、もう関わらないでくれ!」ときついことを言ってしまったんですよ…どうしても過去は忘れないといけない、忘れよう…とすべて写真も焼き捨ててしまったのです。今、唯一、手元に残っているのは今彼との写真(しかも彼氏が写真嫌いなので枚数が少ないんですよね)だけです。

もともと、前の大学の友人たちは県外在住だったので、もう1年ぐらい会っていません。済んだことだし、yamadanaokakashiさんのおっしゃるようにさっさと大学を卒業して、いろいろな方に出会いたいと思います。

お礼日時:2005/05/14 23:21

教授の執拗ないじめというのがどの程度の物なのか分かりませんが、納得いかないと思ってるなら訴訟を起こすとかマスコミに告発するとかして名誉の回復を図るべきです。

どうにもならないと思ってるなら甘んじて受け入れましょう。過ぎたことだと忘れましょう。現状の範囲内での幸福を考えるか、そこから努力して脱却するしかないでしょう。

いずれにせよ今あなたが持ってるエリート志向を引きずりながら生活するのは止めましょう。自分が惨めになるだけではなく、中退したのに見捨てなかった友達に失礼です。今のあなたを受け入れて(浮気は駄目ですが…)愛してくれてる恋人に失礼です。薄給かも知れないけど頑張って働いてる福祉職の人に失礼です。

死ぬとか考えてるなら、これ以上犠牲者を出さないためにもぜひその教授と学校を告発してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は田舎から県外の大学に進学していたので、訴訟を起こすと却って交通費などが高くつく…と弁護士さんに相談したときに言われたことがあります。マスコミというのはいいかもしれませんね!ちょっと考えてみます。他にも亡くなった友達いますし…大学側は「心臓発作」とか言ってましたが、19歳の健康な少年が心臓発作で死ぬかなぁ?と思うのです。もしかしたら、その友達も苦しんでいたのかもしれません。

最近、ストレスで暴飲暴食が続き、太ってしまい、彼氏に「どうしたの?」と気づかれたんですね。で、いつも下ネタを語る(彼氏は下ネタが好きなんですよね…)彼氏に「女の子の親友が欲しい、いいとこに就職したい、誠実な彼氏がいい!全部ないから太るんだよ!」とブチ切れてしまいました。さすがに彼氏は悲しそうにしていました…ちょっと言い過ぎたかも。LondonDOGさんの言葉が染みました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/14 02:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング