最新閲覧日:

ローマ数字で(1)~(10)まではあるのですが、”じゅういち”からはどうすればよいのでしょうか?
ただ諦めるのみでしょうか?
変換ソフトはIME-2000です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



 エクセルにはROMAN関数というのがあります。
 詳しくはヘルプをご覧ください。
    • good
    • 0

ローマ数字は、以下のアルファベットを使って表します。


I → 1
V → 5
X → 10
L → 50
C → 100
D → 500
M → 1000

基本的に数字の表し方は加算です。
Iの右にIを足せば2を表します。Vの右にIで6を表します。
大きな「数字」の左側に小さな「数字」が来たら減算になります。
IV  V-I=4

I II III IV V VI VII VIII IX X
11から20は、
XI XII XIII XIV XV XVI XVII XVIII IXX

DCLXX=D+C+L+X+X=500+100+50+10+10=670

MCCXL=M+C+C+(-X+L)=1000+100+100+(-10+50)=1240
のように表します。

1から10までは、一文字で表せるフォントがありますが、箇条書きのときなど桁合わせがしづらいことから作り出されたものでしょう。
I.
II.
III.
日本独自のものですし、機種によっては使えない場合があります(機種依存文字)ので、ほかのPCにファイルを渡すときや、メールで送ったときに文字化けすることがあります。
    • good
    • 0

文字コード表(スタートメニュー→プログラム→アクセサリ→システム ツールの中、Win2000の場合)を見ると、Ⅺ(11)とⅫ(12)はありますね。

(MSゴシックとMS明朝)
ただし、これは場合(機種依存とか)によっては読めないこともあるかも知れませんね。上の(11)と(12)の前のも多分おかしなことになっていると思います。
13以降は、自分で作る他は、諦めて「x」+「iii」とかにするしかないんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報