どうしても思い出せません。
確か古典の時間に習った「仁和寺の法師」の
話。
概要で結構です。誰か暇な方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

何か好きで読んでいた筈なのに久しぶりに見ると、下手な解説をつける気が消えうせました・・・五十二段全文です。



■第五十二段

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩(カチ)より詣でけり。

極楽寺・高良(カウラ)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

さて、かたへの人にあひて、「年比(トシゴロ)思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。

そも参りたる人ごとに山へ登りしは何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。

少しのことにも、先達(センダツ)はあらまほしき事なり。

高良神社写真です:
http://www.city.yawata.kyoto.jp/keizai/kourajinj …

参考URL:http://www.city.yawata.kyoto.jp/keizai/kourajinj …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!この話だったと思います。胸のつかえもすっきり。
またお願いしますね。

お礼日時:2001/09/28 16:12

#3で、話が外れそうなので触れなかったのですが、狐が出る話も結構有名です。



■第二百十八段

狐は人に食ひつくものなり。

堀川(ホリカハ)殿にて、舎人(トネリ) が寝たる足を狐に食はる。

仁和寺にて夜、本寺(ホンジ)の前を通る下法師(シモボフシ)に、狐三(ミ)つ飛びかゝりて食ひつきければ、

刀を抜きてこれを防ぐ間、狐二疋(ヒキ)を突く。一つは突き殺しぬ。二つは逃げぬ。

法師は、数多所(アマタトコロ)食はれながら、事故(コトユヱ)な かりけり。
________________________
参考URL:
http://www.osk.3web.ne.jp/~t819kwbt/Contents/Kob …

参考URL:http://www.osk.3web.ne.jp/~t819kwbt/Contents/Kob …
    • good
    • 0

徒然草の中の話ですか?


徒然草には「仁和寺のある法師」の話がいくつか載っています。
古典の時間に習ったのならたぶん石清水八幡宮に行こうとしてふもとの極楽寺を拝んで帰ってしまった話か、酔っ払ってあしがなえをかぶって抜けなくなった話あたりではないでしょうか。どんな内容かちょっとでも分かれば詳しく書けるのですけど。
kebaさんのはあしがなえをかぶった話ですね。
    • good
    • 1

こんなもんでどうでしょう



検索エンジンでいっぱいでてきました

http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%bf%ce%cf% …

参考URL:http://www.e-t.ed.jp/edotori390127/kk-tuko2yaku. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/28 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徒然草53段「これも仁和寺の法師」について

「これも仁和寺の法師」のなかで、僧侶たちが、童の法師になるお別れだといって酒宴をしていますが、この時代、真言宗の僧侶がお酒を飲むことは許されていたのでしょうか。
僧侶の酒宴というのは私からするととても違和感があるのですがどうなのでしょうか。
わかる方がありましたらご教示お願いします。

Aベストアンサー

もちろん、仏教には「不飲酒戒」がありますが、僧侶は酒を「般若湯」と称しておりまして…

Q兼好法師は仁和寺ナメてんのか?

「徒然草」に、仁和寺の人たちが出てくる話がありますよね。お参りに行っては肝心なところを見ずに帰ってくるし、ふざけて鉢のようなもの(鼎ですか?)をかぶっては抜けなくなる。書いた人は何かそのお寺に恨みでもあったんでしょうか。今だったら訴訟もんだと思うのですが・・・。

この質問にあたり、仁和寺を検索したらものすごく由緒正しいお寺だったので呆れ・・・いや、驚きました。

Aベストアンサー

 徒然草の研究者ではないので、私見になりますがご了承ください。
 仁和寺の僧のやらかしたような話や、それを上回る話は、古今東西、現在過去、そしてこれからもあると思います。しかし、元々面白い人がおかしいことをやったとて驚くようなことではないと思います。「あぁ、またあほなことやっとるな」くらいで流されてしまうでしょう。むしろプロの芸人さんがめっちゃつまらないほうが話題になるでしょう。
 仁和寺の僧も、権威あるお寺のお坊さんが、あほなことやっとったと言うので、話題になり、それを書き留めようと思ったのではないでしょうか。
 現在では、これらの史料が当時の風俗を知る手がかりになったりもしますし、研究されている方たちにとってはありがたいのでしょうね。
 徒然草ではありませんが、古典にはこんなおかしな話が結構あります。馬ごと谷に落ちてしまった貴族が、あわてふためいて救出しようとしている従者たちをよそに、谷族でキノコ狩りをしていた…とか。そういったものを楽しみながら読んでみてはいかがでしょうか?

Q一寸法師は何故「法師」

法師ってお坊さんですよね。
「一寸小僧」でも「一寸侍」でも「一寸太郎」でも良いと思うけど、なんで「法師」なんですか?

Aベストアンサー

ほふし【法師】(「ほうし」、「ほっし」とも) (4)ある語に添えて「人」の意を表す。「影法師」「一寸法師」など。(小学館「古語大辞典」)
一寸(3cm)の「ちび」を強調するために擬人法として「小人」を言い換えた表現形式のようです。

この反対語は、富士山を一夜で作った大巨人の方も、「大太法師(だいだほうし/だいだらぼっち)」でしょうね。
起き上がり小法師(こぼし)、刈り法師(馬のたてがみを短く切った様)、つくつく法師(ぼーし)、痩せ法師、弱(よろ)法師など、皆どこかしら擬人法交じりでの言葉遊び心が感じられます。

Q「一寸法師」はなぜ「法師」??

近頃子供に絵本を読んでいて気になったのですが、
「一寸法師」は坊様ではなくお侍さんなのに
なぜ「法師」なのでしょう??
どなたか知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=110501&docid=30026&l_url=aHR0cDovL3BsdXMubmF2ZXIuY28uanAvbGlzdC9kaXJfbGlzdF9kYi5waHA/ZGlyX2lkPTExMDUwMSZsX3NvcnQ9JmxfYWQ9JnBhZ2U9NQ==

上の長いアドレスです(回答)

自分はてっきり鬼退治だからお坊さん、、法師と
付いてたんだろうとずっと思ってました
最近で言うなら陰陽師ですか、
違ったんですね、、
参考になった質問でしたので書き込み

Q古典文学を勉強したいです。 わたしの恩師から、あなたは古典文学を学んだ方が良いでしょうと言われまし

古典文学を勉強したいです。

わたしの恩師から、あなたは古典文学を学んだ方が良いでしょうと言われました。
お恥ずかしい話ですが、今の時点で古典文学がなんなのかすらわかっておりません。
ど素人が古典文学の世界に入る一番はじめの一歩として何をしたら良いでしょうか?何から読んだら良いでしょうか?

Aベストアンサー

恩師の助言であろうが、自分の興味のわかない物を読むのは苦痛でしかない。

古典文学も範囲は、とても広く、竹取物語、王朝文学の源氏物語、歴史物語の栄花物語、大鏡、軍記物語の平家物語、太平記、歌物語の伊勢物語、大和物語、説話物語の今昔物語、宇治拾遺物語とある。
歌集である万葉集は4千5百首、古今集は1千百首、私が学んでいる新古今集は2千首も有り、死ぬまでに、学び続けて行ければと思う位に膨大なものがある。
お薦めしないのは源氏物語で、54帳も有り、部分部分を読む事があっても、全体は難しい。

人の営みは、昔も今も大した変わりがない。30年前は、誰もパソコンも携帯を持って居なかった位しか差がない。

先ずは、自分の興味が有るもの。短いもの。初心者用に編纂された物をお薦めする。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報