「ブロック機能」のリニューアルについて

お寺の住職さんとか職員の方の社会保険は、どのようになっているのでしょうか?
国民健康保険、国民年金、雇用保険に加入しているのでしょうか?
ご教示方よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

お寺でも神社でも、基本的に5人以上の労働者がいる場合は、社労士に依頼して、社会保険と厚生年金に加入します。



4人以下の小規模の場合は国民年金と国民年金基金に加入しますが、老後の差額を考えれば、霊園などの別法人を作って、社会保険&厚生年金に変えるでしょうね。
なにせ税金で優遇されてるので、支出が増える分には問題ないからです。

※個人が儲かると所得税でもってかれますが、お寺が儲かる分には優遇されます。
なので、別法人から給料が出る形にしちゃいます。
ですので、本来はお寺の住職は個人事業主ですが、お寺という法人を作って、そこの雇われ住職という体系にすれするわけです。

これで、老後は雲泥の差になります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

お~お、感動的ですね!!!  やはり宗教団体の税優遇は、恵まれていますね!!
老後は、厚生年金と国民年金では、本当に雲泥の差ですね!!
 それに、お坊さんのお経って、ご老体の方がありがたく感じるから、80でも90でも現役世代ですから・・・・・・  ご教示頂きありがとうございます。

お礼日時:2014/10/07 19:44

 日本の、お寺の多くは、


小規模で、坊守さん(住職夫人)が、雑務一切をしてるような
家族経営的なところ多いので、規定の月給から、
個人で国民健保・介護保険・国民年金収めているところ多い。
 家族以外の使用人居ても雇用保険加入してないことも多い。

※たくさんの僧侶がいる大きな本山
あるような教団では
大企業並みの独自の健保・年金ある保険組合
設けているところもあるが・・・
まー住職さんは70、80で現役の方も多いので
年金もらうのは。かなり年取ってからということもある。
    • good
    • 6

詳しいことは直接聞かないとわかりませんが、おそらく小規模の寺院の場合、個人事業主と同じように国民年金、国民健康保険、公的介護保険に入っているものと思われます。

    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング