最新閲覧日:

現在、ブロードバンドの主流はADSLですが、ADSLの時代はいつまで続くのでしょうか?
ADSLの次は「光」だといわれておりますが、光が日本国中に普及するのは遠い夢物語のように思えてなりません。
いったいどうなるんでしょうかね。

A 回答 (6件)

私の個人的な意見ですが、


11月から大阪市内全域でBフレッツが利用できます。
まだまだ料金が高いです。個人で100Mbpsのサービスを受けると
1万円の回線利用料+プロバイザーの料金がかかります。
プロバイザーもBフレッツに対して普通の無制限コースだけではなく、かなり
高い料金設定をしているところが多いです。
だから料金がもっと安くなるまでADSLが主流だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちもフレッツADSLを導入しました。
時間帯によりスピードが1Mから100k台に変動するなど、あまり安定がよいとはいえません。
(それでもISDNの頃に比べれば十分に早いのですが・・・)
当分はADSLの時代が続くんでしょうね。

お礼日時:2001/11/11 14:43

もともと、ISDNの次は光とされていました。


数年前にファイバー会社の株価が上昇したのも、NTTが各家庭に光ファイバーを
言い換えれば、ラストワンマイルは光にしますって、宣言したからなのですが、
ノンローディング回線を流用したADSLが急速に普及したために
この件は失速しつつあります。
というのは、サービスを止める為には、それなりの手続き(移行作業)が
必要になってしまうためです。

ADSLを進めた側は、「今」を改善する方法を事業提案していて
NTTはもともと、「次」につながる方法を考えていたのですが、
それがうまくいかなくなってしまったのです。

こんな状況ですから、恐らく、光ファイバーへの移行は遅れると思います。
しばらくは百花争乱。で、体力のないところ、見劣りするところから
抜け落ちて行くはずなのですが、米国の例を見ると10年は
かかりそうです。
ちなみに、米国ではCATVが勝ち、ADSLが劣勢ですが、
これは、CATVの普及率が高いためで、日本で当てはまるかどうかは微妙です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか、tntさんの見方では光の普及はしばらく先ですか。
その見方が事実とすれば、ちょっと残念ですね。
米国では、CATVとADSLの闘いはCATVに軍配が上がったようですね。
でも私の住んでいるところはCATVがありませんし、来ることもないでしょう。
やはり、当面はADSLがブロードバンドの主流であり続けるのかな。

お礼日時:2001/10/07 21:01

NO.1の方もおっしゃっているように、関西では、関西電力がワイヤレスの光ファイバーをすでに多くの都市で導入しており(中村玉緒がイメージキャラクター)、来春には、関西の都市部をほぼ網羅します。


しかも、ワイヤレスのために初期費用もそれほどかからず、月額費用が3000円というのですから、今のヤフーBB並みですよね。

したがって、関西地区では、ADSLはあと半年ほどの「つなぎ」にすぎず、来春には、ほとんどのADSLユーザーが、ワイヤレスの光ファイバーに移行することになるでしょう。

全国的にも、電力会社がリード役になって、意外と早く普及するのではないでしょうか。

まさに、おごれるADSLも久しからず、といった感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
関西電力では、ワイヤレスの光ファイバーによるインターネットサービスの準備が着々と進んでいるんですね。
夢のような話で、羨ましいですね。
しかも、月額費用が金3,000円というのが驚きです。
残念ながら、私の住所地は関西ではないので、今すぐこのサービスを受けるというわけにはいきませんが、私のところの電力会社もがんばってもらいたいものです。

お礼日時:2001/10/07 06:34

光ファイバならすでに始まってますね。

Bフレッツ。
2005年には全国の全家庭でサービスが受けられる状態にすることが目標となっています。
これは、たぶん達成されるでしょう。

現在、NTTではファイバ線の早期普及を目指して敷設中です。サービスの開始は予定より多少早く、展開も早くなっています。これは、フレッツの利益が値下げによって全く望めないことがあり、NTTの焦りが見えていると言うことです。
まあ、全国展開は変わらないかもしれませんが、都市部のサービス展開は予定より多少早くなると考えられます。
ただし、現在ファイバの100Mbpsをそのままで使えるコンテンツやプロバイダはないですから、出てもせいぜい10Mbps程度ですから、現時点では、インフラ整備されてもコンテンツがない状態です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
2005年ですか。
私の住む片田舎にも光が来るのかな?

お礼日時:2001/10/06 16:27

 もちろん 次は 光ファイバーです♪


 僕も ADSLモデムは レンタルに しています

 NTTの 光 設置計画は 参考URL の とおりです

 4年とかでなく あと2年以内には 主要都市で  始まると
予想しています

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/hikarika/japanmap9.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
光もADSLのように競争の結果、サービス提供価格が下がればいうことはありません。

お礼日時:2001/10/06 16:25

NTTはADSLにあまり熱心ではないようです。

巷のうわさではNTTは光を本命として準備していたが、政治的圧力でADSLを始めたとか(韓国、シンガポールなどより日本の高速化が遅れていたため)

光は一般の人には馴染みがないので一から始めるように思えるでしょうが、企業や官庁用として既に実用化されています。又東京や大阪ではビル単位で光化が既に始まっています。次は都市近郊に伸びてくるでしょう。従って大都市近郊に限れば光化は時間の問題(5年後とかではなく)だと見ています。私はADSLですが機器はレンタルにしています。償却(45ヶ月ぐらい?)が終わる頃には光だと判断したからです。光がもっと遅ければレンタルより買取りが有利になりますが・・

関西電力は無線による光通信を始めています。これなら近くに光幹線があれば早く
家庭まで光化できることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
早く光化される日がくればいいですね。

お礼日時:2001/10/06 16:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報