プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

先日、機会があって姓名判断をしてもらいました。あまりそのような占いは信じていない方だったのですが、恐ろしいほど当たっていたのです。私自身の占いは吉だったのでよかったのですが、問題は息子の総数が28、地格が19と、最も悪い画数だったのです。恐ろしくなって、サイトなどでも流派も色々調べましたが、ほどんど同じような事が書いてあって、波乱万丈で家庭運にも恵まれず、短命・交通事故などに合いやすいなど、いい事は書いてありません。自分の事ならともかく、息子の名前は私が考えただけに、ものすごく罪悪感でいっぱいで、どうしてきちんと画数を考えてつけてあげなかったんだろうと後悔しています。昨日は、その事が頭から離れず、眠れず、一人泣いていました。せっかく付けた名前だし、(法律上)変えるわけにも、変えようとも思いませんが、何か他の方法で開運の方法があれば教えて頂きたくて質問させて頂きました。(例えば御祓いなど)印鑑を作れば良いとはよく聞きますが、なんだか悪徳商法のイメージがあって、本当にそれで良くなるなら作りますが、いまいち信じられません。何か息子にしてあげられる事はないのでしょうか?

A 回答 (7件)

 こんばんは。



 これ以上ご心配をかけない様に、よいお話を書いて行きたいと思います。
 ちなみに私自身は、ゲンは担ぐ方なんですが、占いはよいことだけ信じ、悪い事は忘れる事にしていますし、実際に忘れてしまいます。占いは信じていないともいえるかもしれません。

・まず、姓名判断は歴史が浅いですから、他の占いに比べれば信じるに足らないと思います。
 何故か? 明治以前には、庶民には名字がありませんでした。

・近代の姓名判断の基礎は「熊崎健翁」という人が築いたといわれています。近年になって徐々に色んな解釈がなされるようになりました。
 1人の人物が始めた占いなんて、眉唾物ですよね。

・名前って、結婚したり、養子縁組すれば、当然画数が変わりますよね、でもお隣の韓国では、女性は結婚しても氏は代わりません。こんな、その国の法律によって左右される物を、占いと言っていいんでしょうか?
 将来夫婦別姓が、法律で認められるようになったら、今の占いのやり方をチャラにして、一から出直さなければなりませんね。姓名判断の占い師さんは、しばらく店をたたんで、研究しなおさなければならないですね。

 これでも、信じられますか?
    • good
    • 36
この回答へのお礼

とても良いお話を聞かせて頂きました。確かにそう言われますと、姓名判断なんて当てにならないな、と思いました。でも、なぜあんなにも当たっていたのでしょう?でもこれからは良い事だけを信じて、悪い事は忘れるようにしようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/02 08:08

たびたびご返事させて戴きます。


又、返事が大変遅くなった事をお詫びします。
何故なら、改名は本人が”その名前だ”って強く思い込む事が大切だからです
>改名の際に大切な事の一つですが…所謂”改名する”とは、戸籍が変わらない以上、2つの名前を持つ事になります。
本人がその人になりきると言う事で改名の力が発揮されると言うことです。

姓名判断は、何%くらいの確率で当たっていますか?
>興味がおありでしたらご自分で少しかじられてはどうでしょうか?
書店で売っているものでじゅうぶんです。

統計的なものは残していませんので確立と言われると返答に困りますが
かなりの確立になるはずです。
<ポイント>
(1)旧字体で計算すること
(2)5行もみること
(3)陰陽配列もみること
    • good
    • 16
この回答へのお礼

再度ご返答ありがとうございます。改名に関しては、本人が大人になって、希望したならすればいいと思っています。でも、せっかく親の願いを込めてつけた名前なので、姓名判断に惑わされないように、強く育って欲しいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/07 09:17

こんにちわmyktさん


私は姓名判断をしています。…商売や宗教ではないので安心して下さい。
(でも神秘的な事を信じている一人です。)
色んな方を鑑定していますが、時に恐ろしいとさえ思う事もありますが、それが全てでもないと思っています。
本当に事故に遭いやすかったり、病弱だったり、縁起を担ぎたいと本人が思った時(商売を始めるとか…)
その時に考えてあげればいいです。
何故なら、改名は本人が”その名前だ”って強く思い込む事が大切だからです。
今自分の息子さんが健康で三度の飯が食べれて幸せだと感じていてくれるなら、それでいいのではないでしょうか?
あまり深く考えないで、神経質にならなくていいと思います。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
<何故なら、改名は本人が”その名前だ”って強く思い込む事が大切だからです。
というのはどういう事でしょうか?本人が大きくなった時に改名を望むなら…という事でしょうか?姓名判断は、何%くらいの確率で当たっていますか?他にも色んな鑑定をされているようですが、姓名判断よりも信憑性が高い占いはありますか?(例えば、六星占術など)

お礼日時:2005/07/02 17:55

姓名判断は私はあまり勉強はしたことありませんが、、



あなたの独断で周り(祖父母)の意見を聞かず
無理矢理決めたのではなく
本当に息子の幸せを願ってつけた名前であれば
問題ないと思います。

姓名判断を行う本当にあたる人とかは画数よりも
声に出して名前を読むとなんとなくつかめるようです。
従って画数とは二義的であると私は思います。

たまに、すばらしい画数なるようにと
どこどこの先生につけてもらったという人を見かけたりしますが
果たして、その人がすばらしい人生を
歩んでいるかどうか、、、、怪しいものです。。。

それでも気になって何かしてあげたいのでしたら
私はお祓いとか印鑑を作るとか
そんな短絡的に開運させようとする方法以外にあると
思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

息子の名前は、画数こそは見なかったものの、家族で漢字の意味合いを込めて考え抜いて決めたものなので、姓名判断をする前まではとても気に入っていました。なので、姓名判断なんかに惑わされず、この名前を信じていこうと思います。あろがとうございました。

お礼日時:2005/07/02 08:21

母親があまり深く考えて心配している姿を息子さんが見たらどう思うでしょう。



こう言う私の氏名も、どこの占いで調べても最悪です。私は女で学生のころなど、友達の中で占いなどはやりました。そのとき、自分の名前が少しの救いの言葉もないような占い結果ばかりで、これから先がひどく心配になりました。改名も考えましたが何かと大変ですし・・・。

「なんでもっとよく調べてから命名しなかったのか」と親を責めたこともありますが、「それがどうした。お前は立派に育ってるじゃないか」と言われました。
もし、そのとき親に「そうだね、ごめんね。こんな良くない名前をつけてしまって・・・。」なんて言われてたらきっと「あ、やっぱり自分は不幸な道しかないんだな。」って下を向いた人生になっていたと思います。
専門家の占い師がズバリと当てていたとしても、私にとっては親の一言のほうがよっぽど心強く安心しました。myktさんが息子さんにまずしてあげるべきことは、今の姿を見せないことではないでしょうか。息子さん自体がどの程度気にしているかはわかりませんが、息子さんのためもありますが、myktさんが落ち着くために何かするのは必要かもしれないですね。
「名前が悪いから人生最悪決定!でも、そこら辺の開運方法はなんだか不信」になっているようですが、名前は目に見える現実です。開運などは信じるのみで目には見えません。開運方法にはまり過ぎないようにしてほしいです。私の開運方法?としては、日ごろの行いを良くすることですかね。先祖の供養はきちんとするとか、電車で席を譲るとか、人の悪口は言わないとか。開運に関係あるかはわかりませんが、要は気の持ちようみたいなものですかね^^
マイナスに考えているとさらにマイナスを引き込むような気がするので今は占い結果に振り回されないようにとあまり気にしていません。

占いは信じていないわけでもありません。「最高の名前ですよ」「最高の手相ですよ」という人と比べたら「きっと名前で不利なところもあるんだろうな」と思います。でもそれに振り回されるのはいやなので、今は受け入れています。名前だけで人生が決まるわけではないでしょうし。
何かうまくいかなかったりしたときなど、「名前のせいだから仕方ないのかも・・・」とも思いたくないですし。

私が息子さんと同じ立場だったので回答しました。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

同じ立場の方からの回答とても参考になりました。息子はまだ小さいので自分の名前をやっと言えるくらいで画数の事なんて気にもしていません。korosuke426さんのおっしゃる通り、私が息子にそのような事を言ってしまったらかわいそうですよね。開運方法=日ごろの行いを良くする。こちらの方がよっぽど信憑性がありますね!!ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/02 08:17

myktさん


だいぶ心配されているようですね。
確かにお子さんのことですので、心配なさるのも当然ですよね。

しかし、姓名判断というのも、正直どこまで信じられるものでしょうか?

私には姉がいたそうです。私が生まれる前に、幼くして亡くなってしまったそうです。
今でも、祖父が言うのですが「姓名判断など絶対に気にするな」と。
姉の名前は、実は祖父が有名な方にお願いして、つけてもらった名前のようです。

また、2ちゃんねるなどを眺めていると、この前あった電車事故で亡くなった方々の姓名判断などしている、とても暇な方もいました。
「バカなことしてるなと思いつつも、正直言えば姓名判断なんて関係ないんだな」とつくずく思ってしまいました。

あまり神経質になりすぎないことも大切ですが、同じ子を持つ親として、私からできるアドバイスは、以下のようなことです。

1 お子さんには絶対にこういったことを伝えないこと。(お子さんが気にしすぎてしまい、一種の暗示にかかってしまいます。)
2 たとえば、プロ野球選手のように非公式に名前を改名してしまうこと。(例:横浜ベイスターズの石井琢朗選手の本名は「忠徳」改名後の活躍は目覚しいものです。ただ因果関係は何もわかりませんが・・・)
 また、私の友人も本名は恒生(こうせい)ですが、同じような理由から幸青としていました。
3 印鑑を作ることは、場合によってはそれで安心するのであれば、最善を尽くすのもひとつかな?と思います。ただ悪徳商法かどうかは、ご自身で冷静な判断をされたらと思います。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

そうですね、そのようなお話を聞くと、姓名判断なんていいかげんだなと思いますね。3に関してですが、確かにそれで安心できるなら、1~2万くらいのものならお守り代わりに作ってもいいかな、と思ってます。20万もするのはそうかと思いますが…。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/02 08:12

今から、同じ読みでマシな画数の漢字を考えて、


以後、通称ですべてそれを使うようにする。
郵便を、その漢字で届くように、各種手続きのときや、
知人友人に通達する。
事実上、改名されたことが、世間に認知されれば、
法的にも改名することが可能になるかもしれません。
よい画数の漢字がなかったら、
読みを少し変えて、それにあう漢字を探すというのもありかも。
全く違う読みにすると、子どもがとまどうので、
通称くらいは同じになるようにした方がいいかも。


改名したら(通称のみでも)、本来は、本人が新しい名前を、
毎日30回ずつ紙に書いて、数週間(すみません、忘れました(--;)
続けるといい。
そういうことを始めてしばらくすると、
転んだり、ちょっとしたケガをすることもあるが、
それは運命が変わり始めたときに起こることなので、
自分に馴染むまで新しい名前を書きつづけるのがよい。
と、持っていた姓名判断の本に載っていました。


が、姓名判断って、統計学ですよね。
絶対的なものではないと思います。
生まれ持った運というものがあるように思います。
あまり信じすぎると悪い方へひっぱられそうな気がします。

全然気にせずに名付けしている人もいるし、
画数の数え方が本によって違うことも多いです。

息子さんにしてあげられる一番のことは、
この子には、
何事も乗り越えられる力がある!
強運の持ち主だ!
と心底信じてあげることかもしれません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事遅れて申し訳ございません。息子の名前を考える時は、画数は見なかったものの、漢字の意味合いを考えて、息子の幸せを願って付けました。私も主人も姓名判断をする前まではとても気に入った名前なのでできれば変えたくないのです。ebichuさんのおっしゃる通り、私の付けた名前を信じて、気にしないよう生きていこうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/02 08:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング