ジョナサンエドワーズという人の「意思の自由」という
本を探しています。かなり古そうな本で原書だと困るので翻訳されていないでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、ジョナサン・エドワーズの著書で、日本語訳が確認できたのが、下記5冊です。


利用したのは、国会図書館の蔵書検索です。
http://opac.ndl.go.jp/

1. イエス・キリストの卓越性 / ジョナサン・エドワーズ[他]. -- キリスト新聞社, 1993.12
     原タイトル: The excellency of Jesus Christ

2. 怒りの神 / エドワーヅ[他]. -- 西村書店, 1948
     
3. 怒れる神の御手の中にある罪人 / ジョナサン・エドワーズ[他]. -- CLC出版, 1991.10
     原タイトル: Sinners in the hands of an angry God
 
4. 宗教哲学概論 / エドワーズ[他]. -- 理想社出版部, 昭和6. -- (哲学名著叢書 ; 14)
     原タイトル: Philosophy of religion

5. 聖なる超自然の光 / ジョナサン・エドワーズ[他]. -- CLC出版, 1992.11
     原タイトル: A divine and supernatural light immediately imparted to the soul by the spirit of God,shown to be both a scriptural and rational doctrine.


書名から考えると、残念ながら該当するものはないように思います。
で、もう少し原書の手がかりを探してみました。

【エドワーズ略年表】
http://subsite.icu.ac.jp/people/morimoto/JEchron …

↑のページから、1754年の 『自由意思論』 というのがお探しのものではないかと思います。
で、出版年から探して、この英語タイトルとなるのは、↓であると思います。

「A careful and strict inquiry into the modern prevailing notions of tha
t freedom of the will, which is supposed to be essential to moral agen
cy, virtue and vice, reward and punishment, praise and blame」


この本はのちに、書名が変更されています。


Freedom of the will / Jonathan Edwards ; edited by Paul Ramsey. -- (BA
45490675)
New Haven : Yale University Press, c1957
xii, 494 p. ; 21 cm. -- (The works of Jonathan Edwards / Perry Mille
r, general editor ; v. 1)(Yale paperbound ; Y-159) -- pbk
注記: First published in 1754 under title: A careful and strict enqu
iry into the modern prevailing notions of that freedom of will, whic
h is supposed to be essential to moral agency, vertue and vice, rewa
rd and punishment, praise and blame ; "Remarks on the Essays on the
principles of morality and natural religion": p. 453-465 ; Includes
indexes


これらを確認するために使用したのは、アメリカ議会図書館の蔵書検索と、NACSIS Webcatです。
http://catalog.loc.gov/
http://webcat.nii.ac.jp/


これまでの検索の結果、まだ日本語訳本はないのではないでしょうか?
以上、今後の探索のご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳細なご返事本当にありがとうございます。
ここまでして頂いて本当に感謝です。
さすがにアメリカ図書館のデータまでは私の英語能力ではちと無理っぽいのでまずは国会図書館に行ってみたいと思います。
お世話になりました。
本当にこのサイトはここまでして頂ける方が大勢いてそういう皆様全員に手を合わせて感謝したいくらいです。
もちろん運営して頂いていればこそなのももちろんです。
教えてGooさんありがとう。
gazeruさんありがとう。

お礼日時:2005/07/20 08:56

No1です。

追記します。

★他の皆さんへ 私の情報は有力なものじゃなく、この案件まだ解決していません。情報ご提供してあげて下さい!★

こんばんわ!コメント頂けて嬉しいです!
お求めの情報ではありませんが、補足しておきます。

「意思」「意志」に関してですが、必ずしもpart8855様が間違いとは言えません。元々が「翻訳」ですからね。

それと検索エンジンにおいては、間違いは日常茶飯事です。記事を書いた人そのものが、間違えて記述していたりします。

そういう時は漢字ならば、数パターン他の変換を。ひらがな・カタカナとかなら、間違えやすそうなアナグラム(文字の前後入れ替え)を試してみると、他の重大な検索結果が出たりします。
例えば、「意志」もそうですが、「エドワー「ズ」」も「エドワー「ド」」で検索すると違う結果が出ます(本当に別人の可能性も高いですが、日本人だとこーいうの簡単に間違えますよね)

例えば、スト2(格闘TVゲーム)の技で「しょうりゅうけん」というものがありますが「昇「竜」拳」の検索結果の方が非常に多いです。何故なら「しょうりゅう」=「昇竜」で一発変換されるからです。
しかし、正しくは「昇「龍」拳」です。でも、こちらの方が検索結果は少ないです。

今回の「意思(意志)の自由」に関しては、元々の全体のデータ自体が非常に少ないので何とも言えませんが、どちらが「本当の文字」でも、記事を書く人間によって適当に分散されがちです。

最悪、「その情報について一番詳しい記述をしてあるページ・作成者が一貫して間違った文字を使っている」と、一番お目当てのページにたどり着けなかったりします。

尚、オークションなどでも、例えば本を「エドワーズ」で登録してる人もいれば「エドワード」で登録してる人もいます。例えば、みんな前者で検索します。そうすると後者は引っかかりません。なので、わざと後者で検索してみると誰も入札の無い品、あるいは出品されていないと思ってた品をget出来たりということもあります。

こう言う場合、人を呼びたい記述側・出品側の対策としては、両方(複数)の語句を一文字でも文章内に織り込んでおくと検索に見つかりやすくなります。

ココが検索エンジンの難点で、最近はgoogleが明らかなスペルミスなどは検索結果トップ左上で「もしかして?」と正しい(と思われる)語句を誘導してくれたりしますが、今回の「意思」のケースのように十分意味が通る場合はそういうのがありません。

蛇足が過ぎたかも知れませんが、part8855様は、これからもご研究の過程で、結構マイナーな情報を必要とされる場面が多いかも知れないと思いましたので、あえて解説させて頂きました。(勝手ながら、もしかしたら日本におけるジョナサンエドワーズ研究者の第一人者様になられたりするかも?とも思いましたので。そうしたらpart8855様は日本の貴重な財産ですからね)

また現在のpart8855様のように、part8855様がお勉強になられた知識を必要とする方の為に、今後、ホームページなどを開くおつもりがある時は、これらをちょっと思い出されてみて下さい。

どのようなご研究かは存じませんが、part8855様のお勉強が良く進む事お祈りしております。頑張って下さい!

それでは失礼します。

PS ご存知かも知れませんが、googleの検索法については「and検索」「フレーズ検索」「マイナス検索」のやり方だけはマスターしておくと良いです。使いすぎると(特にマイナー情報・元々のヒット数が少ないもの)逆に情報が絞り込まれすぎて、お目当ての情報が見つからなかったりします。そういう時は、一単語だけもOKですが、たくさんヒットする時はこれらを使うと適切な結果を導ける事が多いです。

*以下「」は要りません。見やすくしてるだけです。

「A B」と打てば、「AとBを含むページ」が見つかります。
「"jonasan edwards"」と打てば、「jonasan edwars」以外の「jonasan」だけ、「edwards」だけ、または「jonasan ricard」「tony edwards」のような全く違うものは引っかからなくなります(例は人名ですが、単語は何でもOKです)。
「A -B」(マイナス記号はキーボードの「ほ」の位置のヤツを半角で使う)だと「Aを含み、Bを含まないページ」が出ます。
↑これら全部組み合わせも出来ます。

その他の検索式を知りたい時は「検索式 google」などで検索してみて下さい。
ちなみに、早速応用すると、こういう漢字単語は勝手にバラされて認識されている事もあります。検索結果を見ると「検索」と「式」で認識されてしまってます。こういう時は「"検索式"」として下さい。

その他の検索式に関しては↓をどうぞ。

参考URL:http://www.google.co.jp/intl/ja/help.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねご返事ありがとうございます。
私はquestra様が推測されるような立派な御仁では
有りません。ジョントッドの本にジョナサンエドワーズの本が大変良いというようなことが書いてあったので、調べて見たかったのです。
これからも図書館等にも足を運んで調べていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/14 13:55

こんばんわ!


うひー、難しそうなご本ですね。捜索ご苦労様です。

お力になれるか分かりませんが、幾つか間接的な情報を。

まず、題名ですが「意「思」」ではなく「意「志」」で検索してみると、そのジョナサンエドワーズ関係の新しい記事が幾つか見つかるようです。本そのものではありませんが、
http://mb-soft.com/believe/tjc/newengla.htm
なページ(自動翻訳系)も見つかりました。

一応、「意志の自由 ジョナサンエドワーズ」でググッて見た結果も。(検索結果はキャッシュなので、このアドレスは数日で消えます)
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&inlang …

また検索してたら、それなのか分かりませんが春秋社発行の「世界大思想全集57」というのに含まれてる気配もありますが、昭和7年発行!?(一応、「世界」ってとこと、一緒に並んでる人名が横文字っぽいので、その可能性は高そうです)↓

http://66.102.7.104/search?q=cache:ormyvGQgrEcJ: …

後は「楽天フリマ」(有名なオークション系サイト)という所に「探し物」というカテゴリがあります。
ここで「○○という本をお持ちの方譲ってください。××円で買います」というような登録が出来ます。
「楽天フリマ」は登録料・年会費は無料です(お金がいるのは出品の時だけです)ので、どうやっても見つからない時はここに登録して募集してみては如何でしょうか?
↓参考URL参照

それか最後の手段として、確実に本の題名が分かったら、国会図書館に行くとか(でも、↑の昭和7年のしかなかったら戦前だから空襲で焼けてる?)、国会図書館の職員(司書官?)さんに問い合わせて見られては如何でしょうか?

少しでもお力になれたのでしたら幸いです。ご本見つかるようにお祈りしています!

参考URL:http://furima.rakuten.co.jp/r_index.php3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
古い本なのであきらめたところに返事をいただけたのでとてもうれしいです。m(__)m
字が違っていたようで大変ご迷惑をおかけしました。
手間も掛けさせてしまい申し訳ありませんでした。
早速色々なサイトで確認してみたいと思います。
お世話様でした。

お礼日時:2005/07/11 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論文の種類及び引用の仕方

こんにちは。
論文について、いくつか質問がございます。

論文の種類についてですが、
投稿論文、博士論文(修士論文)は、どのように
違うのでしょうか。
また、学会のページを見ますと、
編書論文、雑誌論文、著書といつくかの分類が
あるのですが、こちらの違いもあるのでしょうか。

また、論文を書く際に、引用できる書物・論文に制限は
あるのでしょうか。

人文系(社会学や心理学)に興味があるのですが、
こうしたジャンルの場合、学術論文の他に、一般の書物や
一般の雑誌等を引用してもいいのでしょうか。

知識をお持ちの方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は大学院生で、只今、修士論文を執筆しています。

教授から教わった引用文献の順位をお伝えします。
私の専攻は、社会科学です。

1.学会誌     社会学会 学者が集う学会です。
2.大学の寄要   大学院・大学の中に設置されている学会です。
3.専門誌     その分野の専門誌に学者等が投稿する論文です。
4.その他の学会  学者ではなく、職業集団が構成する学会です。 5.専門書     その分野の学者が索引を末尾にきちんと、つけて執筆した学術的な専門書です。
6.その他     一般図書、雑誌

一般的に学術論文で引用文献として活用するのは、番号が新しいものがより、引用文献として学術色が強いとされています。

また、例外としては、国、県、市町村が発行する公文書は引用文献に該当しますが、取り扱いは別です。

また、6は引用文献としては、あまり取り扱いません。

また、投稿論文でも、論文のレベルによって、審査されるかたが、論文、研究ノート分けます。また、レフリーがきちんと入っていない論文は、業績としては、カウントされないそうです。

私は大学院生で、只今、修士論文を執筆しています。

教授から教わった引用文献の順位をお伝えします。
私の専攻は、社会科学です。

1.学会誌     社会学会 学者が集う学会です。
2.大学の寄要   大学院・大学の中に設置されている学会です。
3.専門誌     その分野の専門誌に学者等が投稿する論文です。
4.その他の学会  学者ではなく、職業集団が構成する学会です。 5.専門書     その分野の学者が索引を末尾にきちんと、つけて執筆した学術的な専門書です。
6.そ...続きを読む

Q原書(英語)と翻訳書(日本語)の厚さ

高校の課題で映画「スタンドバイミー」の原書である[THE BODY]を課題に出され、その翻訳書のようなもの(秋冬編と書いてあるのが謎)を図書館で借りたのですが、
原書とその本は同じくらいの文字の大きさで、厚さは翻訳書のほうが2倍~3倍ほどありました。

ちなみに、借りた本は「スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季 秋冬編 スティーヴン・キング 山田順子=訳」です。

原書(英語)と翻訳書(日本語)だと翻訳書のほうが厚くなるのが一般的なのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに日本語にした方が文字数が増えるし、改行があるので
厚くなる可能性は否定できませんが一概には言えません。
挿絵とか、紙の厚さの問題もありますので...
もしかして原書の方がペーパーバック紙ということはありませんか?

ちなみに「スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季 秋冬編 スティーヴン・キング 山田順子=訳」は
恐怖の四季の秋・冬の2編(映画化された部分)を抜き出したもので別に春・夏の2編があるようです。

Q修士論文執筆中です。引用を用いる際名前を書くとき、

引用を用いる際名前を書くとき、その人の氏名を書きますよね。その時名前の後につける西暦は、その人の生没年でしょうか?それともその論文なり、著書の発表年でしょうか?

例えば、
山田太郎(  )はこのことについて次のように指摘している。
ーーー引用ーーー
と指摘しており…

という感じです。初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その論文なり、著書の発表年です。
同年に2つ以上あれば2013a、2013bのようにアルファベットをつけて区別します。

Qかなり古い辞書

 かなり古い辞書(小学館・・13冊)があるんですが、
お金になるんでしょうか?

そこの店はかなり古い本を高値で販売しているようですが、価値が分かりません。

 見積もりをしてくれるようなとこ知りませんか
(インターネット上で)


ちなみにデジカメはあります。(写真を送ることは可能です)

Aベストアンサー

紫式部
http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/index.html
└→ 古書鑑定(査定)の間
   http://www.murasakishikibu.co.jp/jdg/jboard-h.html


で、出来そうです。

参考URL:http://www.murasakishikibu.co.jp/jdg/jboard-h.html

Q論文(単著、共著、著書)

論文を作成しようとしています。(単著、共著、著書)とはなんでしょうか??単著は一人、共著は多数での作成との解釈でいいのでしょうか??著書はなんですか??
どなたか単著、共著、著書についてずぶの素人でもわかりやすいように教えていただけないでしょうか??
他にも論文作成の際に注意する点などありましたらお願いします。
報告書というのは論文と同じ扱いですか??

Aベストアンサー

単著・共著は、ご指摘のように著者が1人か複数か、というものです。

著書については、雑誌への記事掲載ではなく、一冊の書籍(単行本)として刊行されたものを指します。

論文については、学術的なものは編集者や査読者(レフェリー、その分野に詳しい研究者)が査読をして内容の妥当性を確認してから掲載するものがあります。そのような査読がある雑誌に掲載されたものですと、客観的な業績として認められやすく、博士号取得などでも評価されます。

一方で、速報性を重視した報告として、学術雑誌でもレターと呼ばれるものを受け付け掲載する場合もあります。これは査読のような時間をとらない(むしろ取ると速報性が失われる)ような重要な内容が取り上げられるものです。これについては、査読が入っていない分、そのものの質を改めて考慮しないと業績として入れにくいものです。

報告書についても、このような査読が入らない点で、研究業績としての客観的検証がされていません。これは、論文のような章構成であるか、という形式的な面とともに、学術論文と大きく違う点です。

学術論文の形式は、投稿する学術雑誌ごとに指定がある場合もありますし、博士号取得の場合には査読論文何編という目安もあります。

単著・共著は、ご指摘のように著者が1人か複数か、というものです。

著書については、雑誌への記事掲載ではなく、一冊の書籍(単行本)として刊行されたものを指します。

論文については、学術的なものは編集者や査読者(レフェリー、その分野に詳しい研究者)が査読をして内容の妥当性を確認してから掲載するものがあります。そのような査読がある雑誌に掲載されたものですと、客観的な業績として認められやすく、博士号取得などでも評価されます。

一方で、速報性を重視した報告として、学術雑誌でも...続きを読む

Q古い本の探し方

 こんばんは。
 古本屋さんで、E・C・タブという人の書いたデュマレスト・サーガの「砂漠の惑星ハージ」という本(創元推理文庫)を手に入れました。
 デュマレストという人が主人公で自分の生まれた星(地球)を探す旅をしているという設定で何冊も出ており、一冊ずつ完結しているうちの一冊です。
 読んでみておもしろかったので、最終話をどうしても読みたいのですが、本の題名がわかりません。どうやって調べたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

>どうやって調べたらいいでしょうか?とのことですので解答ではなく探し方(私の場合)をお伝えします.

1.「デュマレスト・サーガ」を検索後としてGoogleで検索

2.検索結果のトップに[復刊.com]の「デュマレスト・サーガ」シリーズの復刊希望ページが挙がる

3.[復刊.com]の「デュマレスト・サーガ」シリーズの復刊希望ページのなかにシリーズのISBNコード一覧があるのでその中の一番大きな番号が最終巻だと思われるのでそのISBNコードをクリックする.

4.すると「最後の惑星ラニアン」というタイトルの本の詳細が表示される.

さて、ここでこの「最後の惑星ラニアン」がタイトル的にもたぶん完結編かなぁと思われるので、この本を探すという手順になります.
ただし、この「最後の惑星ラニアン」が必ずしも完結編であるとは限らないので、どうしても「最終話」が読みたいと思われるなら、この書名でさらにGoogleで検索をかけて確認します.

すると、このシリーズを shinpai-sho さん同様に探されているかたのページが見つかます.そのページの最後にシリーズ全巻のタイトル一覧があり、「最後の惑星ラニアン」は完結編ではなく、本当の完結編にあたるものは「The Return (1997) 日本未訳」とされているのを見つけ、愕然とする・・・

なんだか、張り切って探したわりには落ちのない話になってしまい、恐縮です...そのお詫びといっては何ですが、回答中に解答を入れておきました.

>どうやって調べたらいいでしょうか?とのことですので解答ではなく探し方(私の場合)をお伝えします.

1.「デュマレスト・サーガ」を検索後としてGoogleで検索

2.検索結果のトップに[復刊.com]の「デュマレスト・サーガ」シリーズの復刊希望ページが挙がる

3.[復刊.com]の「デュマレスト・サーガ」シリーズの復刊希望ページのなかにシリーズのISBNコード一覧があるのでその中の一番大きな番号が最終巻だと思われるのでそのISBNコードをクリックする.

4.すると「最後の惑星ラニアン」...続きを読む

Q大学の論文(特に教授の著書を読んで)の書き方

今度大学でレポートか論文を書かなければいけないのですが、先生によれば
・先生の著書を読んで、それを参考に
・自分の経験を交えて
書くように、とのことです。
しかし先生の著書を読んで論文を書くとなると、どうしても先生が著書の中で行っていることとかぶってしまうし、要約のようになってしまってうまく書けません。
やはり要約というのは論文としておかしいですよね?
こういう場合どのようなことを書いたらいいのか教えて下さい。
先生の著書は大まかにいえば『いじめ』についての本です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ほほう。生協に「課題図書」として山積みされてませんか。
できの悪い教員が,売れない自著を販売する常套手段ですね。
と,同業者をこきおろしてもしょうがないので・・・

「参考に」というのは,いくつかの論点・観点を読み取れという意図でしょう。そのときに,当然ながら「要約」をせざるをえないでしょう。

「自分の経験」というのは,たぶん著書では一般論的に述べてあることを,自分の経験したことにあてはめて論じよ,という意図だろうと思います。この「経験」には,マスコミで見聞きしたことも含めていいでしょう。分野が何かによって,この部分はかなり変わります。

Q古い本ですが知っている方いらっしゃいますか?

・1930年から1950年頃出版の本(幅広くてすみません)
・タイトル「日本 侠客伝」
 (このスペースもうろ覚えだそうです)
・作者不詳

おじいちゃんに頼まれて探しています。

アマゾン、市の図書館で探しましたが見つからず、
すっかり手詰まりです。

古本屋さんを探すべきなのかなとも思いましたが、
絞り込む材料が少なすぎて困っています。

もし知っている方がいらっしゃれば、
これではないか?という程度でも結構ですので
情報をお願いします。

おじいちゃんが何か思い出せば
また手がかりを付け足します。

Aベストアンサー

WebcatPlusで連想検索してみました。
http://webcatplus.nii.ac.jp/assoc.cgi
よく文字化けするので微妙なサイトではあるのですが、
おもしろいので良く使います。使い勝手もそんなに悪くないですし、
試してみてください。

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/

Q学位論文を執筆する際に引用する図に関して、著作権者の承諾は必要?

学位論文を執筆する際に引用する図に関して、著作権者の承諾は必要?

 一般的に、学術雑誌で出版する論文を執筆する際に、先行研究の図の引用にあたっては、その引用元を自分の出版論文原稿中に明記するのみならず、著作権者の同意を得る必要があると聞いています。

 これと同様に、学位論文を執筆する際の図の引用でも、著作権者の同意を得る必要があるのでしょうか。で、学位論文では先行論文の図表を色々引用する予定なので、著作権者の同意を得るには相当な手間がかかってしまう見込みです。できれば引用元・出典元の明記だけで済ませたいのですが。

 どなたかお知恵のある方からのご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

著作権法における公正な引用の範囲でしたら、著者の同意なく利用することが出来ます。

著作権法 第三十二条
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

公正な慣行や、正当な範囲内等、どこまでが引用に当たるかは、いくつかのサイトや本で解説されていますが、以下の資料は分かりやすく説明されているものの一つだと思います。

機関リポジトリと著作権 Q&A (Q1-1~1-3)
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/ZZT00003/Repository-Copyright.pdf

その他、「著作権 引用 図」等のキーワードで検索してみると、いくつかの学会誌でのQ&Aページが見つかりますので、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

Qよき教えは古い本の中に多くあるか?

最近新しい本に興味がなくなりました。
最新の本ばかり読んでいると人と同じ考え方しかできなくなるような
気がするんです。最新の本はまだ未評価みたいなものですね。
それに対して、古い本は長い時間をかけて生き残ってきた本物の教えや
真理が書いてあるような気がしてならないんです。
もちろん、現代を生きる人間ですから最新の知識を追うのが正しいのですが、正しい教えは古いものの中にこそあるとは思いませんか?これからは古い小説とか歴史小説や思想書を読む比率を上げていこうと思いますが、皆さんどう思われますか?個人的な意見を聞きたいです。

Aベストアンサー

 稚拙ながら僕の意見を書かせていただきます。

 書かれている内容の時代背景を考慮することは勿論ですがしかし、
内容のコアの部分は現代でもそれ程の乖離はないかと思います。
 人間というハード自体はそれ程飛躍的に進化していなくて、
人間の作り出したソフトは飛躍的に進化しています。
その上で色々な本を読んでいけば、
kagami333さんのモノとなるのではないでしょうか?

「古い小説とか歴史小説や思想書を読む比率を上げていこうと思います」

 というのは、すごくいい事だと思います。
実際読んでみた感想としてしっくりこなくても、
何年か経ったあとに「あっ!」と思う瞬間があるかもしれません。
また、読後感として自分に合わなくても
古いものが現在でも残っているという事実がある以上、
それは自分以外の人間には支持されていると考えると
また別の思考に繋がって面白いと思います。
 参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング