今度舟釣りに連れていってもらいます。昔「舟の免許を持っている人が一緒に乗船すれば免許を持っていない人も操縦することができるよ」という話を誰かから聞いたような気がします。そんなことはないと思いますが・・・・・気になったので教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

週末は船に乗って遊んでいます。


免許を持っている人が、乗っていれば、
誰が操船しても構いません。(小型船舶)

ですので、ジェットスキーで良く見かけますが、
無免許のギャルでも、リアに乗っている
彼氏が免許持っているのと、運転できちゃいます。


ですので、メーカーの試乗会などに行っても、
免許の提示は求められません。
(車のディーラーでも、提示させられないか?)^^;

ただし、事故がおきると、操船主、免許人が
違反になります。

しかし、最近事故が相次ぎ、操船中飲酒と同様、
規制される動きが出ています。

ちなみに、水上スキー等で免許人がスキーに乗っていて、
牽引船に、有資格者が載っていない場合は違反です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

牽引船に有資格者が・・・というお話はとても貴重だと思いました。免許を持っていても知らない人が多いのではないでしょうか?こういう基本的なことを教習して欲しいですよね。お礼が遅くなって本当に申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 01:42

はじめまして。

随分前の質問のようですが、締め切っておられないので回答させていただきます。
質問の件は可能です。小型船舶の免許は俗に言う(船長免許)ですので、安全な場所で船長が乗船していれば他の人が操船してもOKです。
ちなみに私の息子(小6)は、安全な場所であれば、離岸から接岸まで行っています。(笑)
自分で操船しだせば、海(舟)の楽しさも大きくなると思います。
是非免許を取ってボートライフを楽しんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。お父様がボートを出してくれるなんてなんて幸せな息子さんでしょう!お礼が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/12/13 01:46

小型船舶4級の免許を持っています。



>舟の免許を持っている人が一緒に乗船すれば免許を持っていない人も操縦することができるよ」という話を誰かから聞いたような気がします。

その通り、操縦出来ます。(小型船舶のみ)
でも危険回避の仕方や着岸など、とっさの判断が難しいので、あまりお勧めしませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですね、結構操船難しいですよね。やっぱり免許無い人は基本的にダメということで・・・お礼が遅れて申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 01:43

>昔舟の免許を持っている人が~とは昭和47年頃までだと思います、当時は自動車免許を取ってればOKだったのですが、日本が高度成長しマリンスポーツがはやり始め、それに伴い海難事故が多発し行政は20トン未満の小型船舶にもが海技免許制度が出来ました。

全てのエンジン付き船舶は海技免許が義務付けられております。
実際は免許無しのの人が船のオーナーに暗黙の了解で操縦さている様ですが、事故が起きたらオーナーに迷惑が掛かりますのでそのつもりで!ただヨットのエンジン付きクルーザーは風のみの帆走の操船は許されます。

参考URL:http://www.j-b-s.co.jp/soujuushi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時のお話を始めて知りました。驚きです・・・ありがとうございました。お礼が遅くなって本当に申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/12/13 01:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1級小型船舶操縦士免許に興味があるんですが、操縦可能船舶が20トン未満

1級小型船舶操縦士免許に興味があるんですが、操縦可能船舶が20トン未満てだいたいどれくらいの大きさでしょうか。
友達と船上でちょっと釣りをしたり、簡単なバーベキューをしたいって思ってるんですが可能か教えて欲しいです。
2級でも問題ないようなら2級を考えているのでそこあたりも教えて頂きたいです。

ちなみに東京在住ですが船借りてこういうことするとしたら東京近郊ではどこがいいでしょうか。
もし船を借りた事ある人いましたらどれくらい費用かかったかも教えて頂ければうれしいです!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんなのも乗れますよ。
http://www.yamaha-motor.jp/marine/lineup/boat/bigboat/530convertible/index.html

総トン数は28トンですが全長が17.96mで24m以下に収まっているので乗れるという理屈です。
小型船舶の基準は
総トン数20トン未満、または、長さが24メートル未満で用途がスポーツやレクリエーションに限られるボートと言う事ですが実際に販売されているボートは結構アバウトで、客船や商業目的で無ければ規定を超えたものでも結構売られています。

近海で釣る程度なら2級で充分ですよ。

東京近郊のボートレンタル事情は良く分からないのでとりあえず全国共通のヤマハシースタイルを紹介しておきます。
http://www.yamaha-motor.jp/marine/sea-style/index.html

Qスズキの釣りについてです。福岡在住の者ですが今度スズキを釣りに行こうと思っております。が、道

スズキの釣りについてです。



福岡在住の者ですが今度スズキを釣りに行こうと思っております。が、道具の種類や釣れる時期と時間などが全然わかりません、わかる方教えてください。

Aベストアンサー

鱸(セイゴ、フッコ、シーバス)にはエサ釣り、ルアー釣りがありますが、
私は、ルアーを得意としているので、ルアーでの回答をします。

専門的に言ったら、書きたいことは山程ありますが、
最初からアレもコレもと書いてしまうと取っつきにくくなるだけですので、
全て端折り、質問者様が最初の1匹に出会えるよう、最もシンプルに紹介します。

●道具の種類
1:竿について
9フィート(約2m70cm)前後のシーバスロッドを購入します。
竿の硬さは「ML(ミディアムライト)」か「M(ミディアム)」を選びます。
値段は数千円~1万円程度のもので十分です。

2:リールについて
ダイワでいう所の「2500番台」の大きさのリールを買ってください。
可能ならば5000円以上のリールを選んでください。

3:メインライン(道糸)について
PE1.2号を買って下さい。「ラパラ」などの安いもので構いません。

4:リーダー(ハリスに該当する部分)について
フロロカーボンの20lb(ポンド)を買ってください。
メインラインとリーダーの結び方は「FGノット」がお勧めですが、
難しかったら「トリプルエイトノット」でも
70cm位のシーバスだったら問題なく何度も釣り上げています。
http://www.seaguar.ne.jp/knot/lines/line_10.html

5:ルアーについて
タックルハウスというメーカーの「ローリングベイト66」を買ってください。
http://www.tacklehouse.co.jp/product/rb.html
根掛かりしたり、ぶつけて壊すこともあるので2~3個買っておくと良いでしょう。
ホームページには未掲載でしたが、
色は「グロー」という蓄光塗料のモデルがあるので、店にあればそれがお勧めです。
なければ以下の「SHレッドヘッド」で大丈夫です。
http://www.tacklehouse.co.jp/product/productphoto/rollingbait_19.jpg

6:時期について
一年中釣れますが、3月末頃~11月頃が釣りやすいでしょう。

7:時間について
一日中釣れますが、日の出&日の入り前後の時間がより簡単に釣れます。

8:ポイントについて
A:橋脚などの明暗部や、橋脚のキワなどが良いでしょう。
  また、橋脚は水流の当たっている側の方が釣れる確率が高いです。
B:潮目を探してその部分にルアーを通してみてください。
C:水面で小魚がワチャワチャしていたら、その先に投げてルアーを通して下さい。

スズキがいるというポイントならば、
これだけで、日本全国「必ず」どこでも釣れます。
運が良ければ初日に。悪くても5回も釣りに行けば大抵は釣れます。

騙されたと思って上記、試してみてください。
最初の1匹と出会えることをお祈りいたします。

以上、参考になれたら幸いです。

鱸(セイゴ、フッコ、シーバス)にはエサ釣り、ルアー釣りがありますが、
私は、ルアーを得意としているので、ルアーでの回答をします。

専門的に言ったら、書きたいことは山程ありますが、
最初からアレもコレもと書いてしまうと取っつきにくくなるだけですので、
全て端折り、質問者様が最初の1匹に出会えるよう、最もシンプルに紹介します。

●道具の種類
1:竿について
9フィート(約2m70cm)前後のシーバスロッドを購入します。
竿の硬さは「ML(ミディアムライト)」か「M(ミディアム)」を選びま...続きを読む

Q釣り舟の行ける距離

腰越、茅ヶ崎あたりから出る釣り舟はどのくらいの距離まで航海できるのでしょうか?
その船はイナダやかつおなどを釣りに行き36名くらいの定員の船だったと思います

友人に聞い所、小型船舶は新島へすら行く事ができないので伊豆半島の突端を出る事はないというのですが
あんな大きな船が相模湾を抜ける事ができないなら腰越、茅ヶ崎あたりの漁師はいったいどこで漁をしているのでしょう?
確かに小さいモーターボートのような物では行けないのは解る気はします
友人の言っている事が少し信じがたかったので質問させてください

Aベストアンサー

航行可能な区域は船長と機関士の資格と
船の装備とそれに伴う検査、証明によって変わります。
ご質問のような場合はおそらく
沿海仕様になっているので
確か岸から20海里、40キロほどほど出て良いはずです。
また、漁船仕様と言うのもありまして
こちらはさらに遠く、100海里まで出られるはずです。

日本は自己責任を重視せずに
不思議なダンタイに水上のルールを任せているので
一般的に解りにくい法律?(ルール)になっています。

Q質問です。 今度、乗り合い舟に初めて乗ります。

質問です。 今度、乗り合い舟に初めて乗ります。
super受太郎というさお受けを持っていますが、使えますか?
~ラークというロッドキーパーをよく見かけますが、ああいう
ロッドキーパーでないと役に立ちませんか?

Aベストアンサー

船べりが85mmだったら使えます

たぶん、あかんでしょう(^^; たいがい100mmいじょうありますから

船べりに竿受け用の穴が開いてますから、それでもいいです。


ラークシリーズは魚とのやりとりが必要な時に必要

竿を立てかけるだけだったら何でもいいです

Q舟竿で堤防釣りをしたいのですが、この装備ではどうで

今現在、以下の装備を持っています。
堤防(特に木更津沖堤など)で黒鯛や、アジやキスを狙いたいと思っております。
サビキでやりたいので、投げません。

ロッド:舟竿(シマノ 海明 30S-225 20-80号 7:3調子→6:4調子)
リール:シマノForceMaster Mk1000 HD

私の師匠に聞いたら、考えもしないといわれています。

確かに、電動何かを使ったら、ちょっと回りから白い目で見られるかも知れませんが、
電動機能は時々使って、浅ければ使わないです(投げもしないのにわざわざスピニングリールを
買う気にはどうしてもなれないのです。お金もないので)

皆さんは、この装備はどうでしょう。。。まったく考えもしないようなものでしょうか?

もしくは重大な問題があって、使えないのでしょうか・・・?

わたしは、あまりお金を掛けたくなく、船でのコマセつりを陸でもできたら・・・と思いました。。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者さんのタックルで決定的な問題点は、
堤防でのサビキ仕掛けのアジ・キス狙いなのに、
ロッドの錘負荷が80号でかなり硬いということです。

ご存知のように、アジの口はとても切れやすいものです。
あわせも入れずにただリールを巻いて取り込みます。
船釣りで狙う大型のアジとは違い小アジはより切れやすいので、
硬すぎるロッドは非常に釣りづらくなるということですね。
更に、簿は底釣りではそのような大きな錘は使いません。
サビキ仕掛けならせいぜい3~5号程度です。
そうなると今度はタックルのバランスにも影響が出てきます。

2番目の問題点は3mというロッドの短さです。
船釣りの場合は取り込みの際には、
撒き餌かごまで揚げたらそのあとは手で引き上げます。
この場合ロッドは竿掛けにかけるので長さは関係ありません。
ところが、堤防のサビキではアジの付いた長い仕掛けを
ロッドで抜き揚げなければいけないのです。

また、岸壁から3m(釣り人が握る長さを差し引くとそれ未満)しか
離せないので、5m辺りの回遊に対しては為すすべがなくなります。
(他の釣り人が4.5mや5.4mのロッドを使っているので、ポイントが
遠くにできてしまうためですね)
これは短竿では物理的に無理なお話で、
やはりそれなりの長さのロッドが必要になります。

質問者さんは投げることはないと仰るので考慮の外のことですが、
サビキ釣りには穂先の直下を狙う釣り方と、
浮きを付けて少し沖を狙う投げサビキという方法があります。
防波堤近くでつれるよりも一回り大きなサイズが釣れます。
投げサビキは仕掛けを軽く投げますので、
(万能竿や磯竿に比べて)穂先の硬い船竿は向いていません。
この場合、リールもスピニングが必要です。

> 投げもしないのにわざわざスピニングリールを買う気にはどうしても
> なれない

とのことですが、それはスピニングリールのメリットを正しく理解されて
いないからだと思います。
スピニングリールの大きなメリットは、扱いの容易さと糸の出易さです。
船釣りではそこそこの水深があってサミングなどもしやすいですが、
防波堤では水深はあっても数mで、あっという間に着底してしまいます。
つまり両軸リールでは操作がとてもやりにくくなるということですね。

基本的に水深のある直下を狙う船釣りとそうでない防波堤釣りでは、
考え方がかなり異なるということをよく理解しましょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者さんのタックルで決定的な問題点は、
堤防でのサビキ仕掛けのアジ・キス狙いなのに、
ロッドの錘負荷が80号でかなり硬いということです。

ご存知のように、アジの口はとても切れやすいものです。
あわせも入れずにただリールを巻いて取り込みます。
船釣りで狙う大型のアジとは違い小アジはより切れやすいので、
硬すぎるロッドは非常に釣りづらくなるということですね。
更に、簿は底釣りではそのような大きな錘は使いません。
サビキ仕掛けならせいぜい3~5号程度です。
そうなると今度はタックルのバ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報