パールバックの「大地」のあらすじを教えてください。
4巻まであるので、なかなか読めないままでいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

中国の農民一家三代を描いています。



貧しい農民の王龍(ワンロン)は年取った父と2人暮らしです。妻になってくれる女性もいないので、お屋敷の奴隷をもらうことになりました。この奴隷が阿蘭(アーラン)です。醜いけれども丈夫、働き者で、結婚してから王一家の暮らしはどんどん楽になりました。それと比例して、お屋敷は没落していきます。貯めたお金でお屋敷の土地を少しずつ買って、子どもたちにも恵まれ、順風満帆だったのですが、干ばつで食べる物がなくなり、一家は南へ逃げます。

このとき、阿蘭のお腹には赤ちゃんがいました。「南へ行くのは産まれるまで待って」と頼んだ彼女は、待っていた王龍に「死産でした」。王龍は確かに産声を聞いたけれども、妻の覚悟を知って黙っていました。

南では乞食のような暮らしをしていましたが、暴動が起こり、打ち壊したお屋敷で手に入れた銀貨を持って、「さあ、あの土地へ帰るんだ、明日はあの土地へ帰るんだ」。そして帰郷した一家は家を建て直し、再び畑を耕し、前にもまして裕福になります。王龍は第2夫人を迎え、子どもたちにも教育を授けますが、3男(王虎=ワンフー)は自分と同じ百姓にするつもりでした。

それに反発した3男は家を出ます。匪賊として名を上げ、ついに、故郷の近くに軍閥としてにらみをきかせるようになります。長男は土地持ちの旦那として、次男は商売に、それぞれ、この3男の武力をあてにしつつ暮らします。

思っていた女性が自分から望んで父の妾になってしまったショックで、ずっと独身だった3男ですが、敵の妻を自分の女にして、耽溺していました。ところが、ひょんなきっかけで彼女の裏切りをしり、ますます女嫌いに。それでも跡継ぎを残すために一度に2人と結婚します。

そして生まれた長男(王淵=ワンユアン)は、うまれつき優しく、いくさが嫌いで、なくなった祖父(王龍)の畑にあこがれていました。どうしてもこの長男が理解できない3男は、それでも、革命騒ぎに巻き込まれ無実の罪で死刑になる寸前を、一族が大金を使ってアメリカに逃がします。

6年後、帰国した王淵は、聡明な同世代の女性と恋に落ちて、臨終の父のそばで気持ちを確かめ合います。

自分の主観が入っているので、あまりよくない粗筋になりました。中学生の頃に初めて読んで、以来何回も読み返しましたが、自然描写や1930年前後の中国の農民の暮らしが生き生きと描かれていて、搾取された農民たちが立ち上がって団結し、革命を起こすまでのうねりが自然に理解できました。

ひとそれぞれで、印象に残る場面は違うでしょうが、私も下の方が書かれているように、阿蘭が一番好きです。また、王龍は裕福になった晩年は、阿蘭の悲しみを尻目に放蕩にふけるのですが、それでも白痴の娘を可愛がるシーンなんかはしみじみとしたものがあります。ぜひ、通読なさって、ご自分の「大地」をおつくりください。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

詳しく説明してくださって、どうもありがとうございました!
とてもよく分かりました!ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 20:28

「大地」! なつかしいです。

はるか昔に読んだので、他のと記憶がまじってるかもしれません。4巻もあったか、すでに記憶にないです。なんだかめちゃくちゃビンボーになって、畑の土を水でといて飲む…というシーンが印象に残ってはいますが…。すみません。なつかしかったもので…。
    • good
    • 0

「大地」私は好きな作品です。


中国のある一家庭(富豪)を描いた作品ですが、
主人公が生まれ、成長し、結婚して、子供が出来て・・・。
私としては、主人公よりもその妻の方が印象的でした。
泥臭くて醜い妻ではあるけれど、働き者で、夫につくし、
夫に妾ができても嫉妬もせず、あげく出産を一人でこなし、そのまま畑にでる・・・。

派手な描写もなく、淡々としたストーリーではあるけれど、一度読んでとても感動し、しばらくして古本屋でハードカバーを見つけ、購入してしまいました。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電撃文庫でおすすめの作品を教えてください。できれば最新巻5巻以下でおねがいします。

電撃文庫でおすすめの作品を教えてください。
できれば最新巻5巻以下でおねがいします。

Aベストアンサー

アクセル・ワールド(既刊4巻)
ソードアートオンライン(既刊3巻(4/10に4巻発売します))
ロウきゅーぶ(既刊4巻)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(既刊5巻)
烙印の紋章(既刊5巻)

ですね。(全部人気作品なので知ってるかと思いますが^^;
アクセル・ワールドとソードアートオンラインは同じ作者ですね。

個人的に、オススメなのは
ロウきゅーぶですね。
表紙で「あれ?そういう系か?」とか思いますが、内容は凄く面白いです。

参考になれば幸いです。

Q会社の上司に「本を読め」と言われました

はじめまして、yoshiと申します。

僕は今年入社の社会人なのですが、会社の上司に「お前は本を読め」と言われました。
おそらく僕に一般常識を身につけさせる為だと思います。

と言うわけで何かお勧めの本はありませんか、ジャンルは問いません。強いて言えば読みやすくて、難しすぎない本がいいです。

僕としては、宮本武蔵や新撰組などのテレビ番組が好きでした、洋画もよく見ます。

以上です、ご協力よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 初めまして。

>ジャンルは問いません。強いて言えば読みやすくて、難しすぎない本がいいです。

これでは、漠然とし過ぎています。
yoshi11250さんの職種は?
最近では色々な業界の方が書かれた本も、出ていると思います。
上司の方がyoshi11250さんに求めている物を把握しないと・・・!?
幸いな事に貴方は社会人1年生です。聞く事は恥ずかしい事ではありません。
「おそらく」ではなく、「確実」を知る為には、上司にお勧めの本を、教えて頂くほうが、良いのではないでしょうか。
最初に読む本として1冊教えて頂いたら、上司が何を求めているか解りますし、今後の本選びに役立つと思います。

答えになっていませんが、私なら「迷っているので、一冊お勧めの本を教えて頂けないでしょうか?勉強不足で申し訳ありません」と言います。

Q山崎豊子さんの『大地の子』

『大地の子』が発刊されたのはいつだかご存知の方は教えて下さい。

Aベストアンサー

私の持っている「大地の子」の初版の日付は下記のようになっています。
「大地の子 上」が1991年1月10日。
「大地の子 中」が1991年3月1日。
「大地の子 下」が1991年4月15日。
また、1994年に文庫本になっています。

Q1984のあらすじが知りたいです

夏休みの宿題で、ジョージオーウェルの『1984年』の感想文を
かかなくてはいけなくて、今からじゃ全然よみおわりません(涙
まだやっとジュリアに会ったくらい
・・・終わりません
こんな阿呆ですが、誰か、助けてほしいです

Aベストアンサー

 今、ハヤカワ文庫を片手にしてワープロを打っています。
 原稿用紙3~5枚はきついなあ。以下に、私なりのあらすじを打ちますが、量も少ないし、不正確かもしれません。ぜひ通読(「流し」読み)はして欲しいです。(言い換えれば、責任持てません)

 主人公は「おそらく」1984年のイギリスに住んでいる。
 その社会は「偉大な兄弟」Big Brother(スターリンがモデル?)を最高権力者とする全体主義国家である。
 世界は同じような思想を持った3つの超大国により分割支配されている。3国は常に戦争状態にある。
 主人公は党の下級職員である。党にとって都合の悪い状況が出現すると、さかのぼって「記録=歴史」を変えてしまう。だから個人で記録(日記)をつけることは犯罪である。
 党は、言語を簡略化しようとしている。文法の簡略化だけでなく、言葉の持つ意味もその多くを削ってしまうので、簡略化の完成時には、党にとって都合の悪い思想は(人間が「言語」を用いて思考する限り)、構造的に考えることはできない。
 一般の人々は、自分たちの状況にあまり疑問を持たない。

 主人公は妻と別居している。
 主人公は彼の社会に漠然とした反感や疑問を持つ。日記をつけ始め、それに自分の疑問や考えをまとめていく。

 主人公は党の高級官僚「オブライエン」と知り合う。オブライエンはやがて、主人公に一冊の本をわたす。
 その社会で起こるさまざまな事件は反党分子ゴールドスタイン(トロツキーがモデル?)派の仕業とされている。本は、ゴールドスタインの「思想」が書かれたものであった。主人公は本を読み共感を覚える。

 一方、主人公は同じような立場の女性(ジューリア)と知り合い、部屋を借りて密会するようになる。やがてそれは思想警察に発覚する。下宿屋の主人が思想警察の幹部だったのだ。

 主人公は思想警察の拷問を受ける。思想警察の高級幹部はあのオブライエンであった。最初はかたくなな主人公も、激しい拷問を受けるうち自分を無くしていき、「党」の方針が正しいのでは、と思うようになってしまう。
 洗脳が完了に近づいたとき、主人公は新たな拷問を受ける。主人公が一番嫌いなものは「ネズミ」である。そのネズミを向けられたとき、主人公はジューリアを「売る」。「自分ではなく、ジューリアにやってくれ!」

 主人公はやがて釈放される。
 ジューリアにも会うが、彼女も主人公を裏切っていた。
 主人公はたいした仕事も与えられず、酒場で飲んだくれる。
 酒場の「テレスクリーン」(テレビのようなもの)に戦争の勝利が告げられる。
 主人公は狂喜し、党の言いなりに密告・自供し、そして銃殺される。
 主人公は死の直前、確実に「偉大な兄弟」を愛していた。

 どうです。何がなにやらわからん、でしょう。細かい展開もこれでは全然ピンと来ませんね。ぜひ通読して下さい。それと、今はしょうがなくても、ぜひ早いうちに、せっかくですからきちんと読んで下さい。
 やはり、宿題は自分で泣きが入りながらやったほうが身のためですよ。それと、この「1984」は私にとって大きな影響を与えた本です。その意味からもぜひ早めにきちんと読んで欲しいです。この2つの点は、(多分?)人生の先輩からの忠告です。
 では。少しはお役に立ったかな。

 

 今、ハヤカワ文庫を片手にしてワープロを打っています。
 原稿用紙3~5枚はきついなあ。以下に、私なりのあらすじを打ちますが、量も少ないし、不正確かもしれません。ぜひ通読(「流し」読み)はして欲しいです。(言い換えれば、責任持てません)

 主人公は「おそらく」1984年のイギリスに住んでいる。
 その社会は「偉大な兄弟」Big Brother(スターリンがモデル?)を最高権力者とする全体主義国家である。
 世界は同じような思想を持った3つの超大国により分割支配されている。3国は常...続きを読む

Q全30巻の本をまとめ買いしたらまだ続いていた

こんにちは。
先日古本屋で全30巻2000円と書いてあったので購入しました。
しかし30巻まで読んだのに終わらず、今日ネットで調べたら全40巻だった事が判明!
この場合、古本屋さんに言った場合残りの10冊って当然もらえる権利でしょうか。それとも値段を下げて売ってもらえるのですか。
買うのは構わないのですがなんだか納得いきません。バイトの子に言ってもらちがあかないですか?夜店長はいないみたいですが夜しか行けません。
しかもお店にはもう1セット置いてあり、それも30冊を全巻としてまだ売っています。レシートはあるのですが、全30巻と書いてあったタグは捨ててしまいました。

Aベストアンサー

災難でしたね。私は古本屋にはよく行きますが、ほとんどの店で、セット販売においては、そのセットで完結なのかそうでないのか等、気にして販売しています。なので、他の方も書いておられるように、値段は30冊分の値段であるにしても、間違いなく古本屋側に手落ちがあったといえます。
 ただ、古本屋の扱う書籍の膨大な量を思うと、完璧を期すのはかなり難しいのも事実で、私の知っているいくつかの例だと、その本を売りに来たお客さんに、「これで完結してる?」と訊いていることが多いです。
 そのとき持ち込んだ方が、高く売るためにうそをついたか、あるいは持ち込んだ時点では30巻が最新刊だったかで「揃ってます」と言い、すべてを読むわけにはいかない古本屋は相手を信じて店に出した可能性があります。
 ですからいきなり強く不快を訴えるのではなしに、まずは誠実な対応を要求する、というふうにされたほうがいいかと思います。
 店に残りの10巻の在庫はまずありえませんが、連盟加入の、業界につてのある古本屋なら、知り合いの業者で残り10巻の在庫がある店を探してくれるでしょう。それでもなかった場合は、お互いの話し合いの中で決めるしかないでしょうね。

 ちなみに続きがある場合のセット販売での表示は、全_巻 (値段) 以下続刊
という表記が多いように思われます。

災難でしたね。私は古本屋にはよく行きますが、ほとんどの店で、セット販売においては、そのセットで完結なのかそうでないのか等、気にして販売しています。なので、他の方も書いておられるように、値段は30冊分の値段であるにしても、間違いなく古本屋側に手落ちがあったといえます。
 ただ、古本屋の扱う書籍の膨大な量を思うと、完璧を期すのはかなり難しいのも事実で、私の知っているいくつかの例だと、その本を売りに来たお客さんに、「これで完結してる?」と訊いていることが多いです。
 そのとき持ち...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報