前日サミングアンプについて質問したのですが、別の問題が出たため新しく質問させていただきます。

CyberWorkshop(http://www.omninet.co.jp/workshop/welcome.htm
のanalog circuitの欄にあるサミングアンプの回路を実際に作ったのですがこの回路は電源の仕組みが違うみたいで、乾電池or交流を直流に直して好きな電圧で出力できる装置(すいません名前わからないので)では作動しないみたいなのです。

 +15V.-15Vに100V電源を変換する回路図も見つけたのですが、事情によりこの作品を置くところではコンセントが使えない恐れが多分にあり乾電池で使える必要があるのです、それがわかってからサミングアンプで検索をかけても十分目的に添ったものが見つかりませんでした。

そこでいくつか質問したいのですが
1.この回路をなんとか乾電池で使えるようにできないか?(V数が15でも15個直列にすれば何とかなりますし・・汗)

2.何か同じ働きの別の回路は無いでしょうか(わたしの考えているのは入力1、2、3・・・Xにたいしてその音を合成または足して出力に出す、具体的にいうと入力1に音源・MDとかを入力。入力2にマイクや電子ピアノなどをつないで鳴っている音にその音を加えてやる)

3.この回路に使われるICがこのような電源を必要とするために別のICを積み替えたら良いのか、その場合はどのICなのでしょう?

A 回答 (5件)

図面拝見しました。



10uFの位置ですが、そのうち3つは
図上のd,e,fです。47kΩ側が+になります。
それからもうひとつは、tとsの間、

   |
---*---ここ---出力ジャック

出力ジャックとICの間になります。IC側がプラスです。

あとはこれでokです。

で、ミキサーとして使う為にボリュームを入れる場合ですが、

入力の1~3、それぞれに、普通に10kオームのボリュームを入れて下さい。

 機器側---*
       |
     10kVR---サムアンプの入力1(または2、3)
       |
      アース

ついでに、
1)もしもモノラルで使うのでしたら、ICの5ピンはアース
  6と7は短絡しておいてください。
  入力がオープンになることによる無用な発振を防げます。
  ステレオとして使うのなら、こちらも使いますから、
  この処理は必要ありません。
2)回路製作後、電源を入れたら、
  ICの1、2、3ピンが全て電池電圧の半分(4.5v)で
  あることを確認して下さい。これが合っていれば
  ICは正常に動作しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、今日教えていただいた通りに回路を組みました、結果は何とか成功しました、この一週間ずっとサミングアンプのことで悩んでいたため、解決して(まだ問題はありますが・・泣)ほっとしました、でも少し寂しい気もします、tntさんの言われた回路(ICに358のやつ)に元の回路の部品を流用しようと思っていましたが、それまでにはんだをつけたり、外したりしている内にかなり負担が掛かっているので、新しく組みなおしました・・いやほんと、長かったです、一応作動しましたのでこの質問は一旦終了させて頂きます、皆さんありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 01:34

図面拝見しました。



まず、+9Vの位置(8ピン)と電池のGND、そして回路のGND
(4ピン)は合っています。
で、9V(元図の+15v)側の電解コンデンサは入れて置いて下さい。
GND側の電解コンデンサは要りません。

10uFはマル1~マル4の場所に入れて下さい。ですから全部で4つ必要です。
入力側のコンデンサは1つではダメです

もうひとつ、+入力(1ピンと書いてありますが、3ピンの筈です
1ピンは出力です)は、
GNDに落とすのではなく、中点電圧を与える必要があります。
このために、
電池の9V -- 10kΩ抵抗 -- 3ピン という抵抗と
3ピン -- 10kΩ抵抗 -- GND という抵抗が必要です。

この回答への補足

tntさん有難うございます、マル1~マル4の場所と言うのがどこか解らなかったのでそれ以外の部分は一応修正してみました、色々不備も多いと思いますが、もう少しお付き合いお願いします
 http://203.174.72.113/stp4z92a/

補足日時:2001/10/28 18:38
    • good
    • 0

まず、この回路のICを358にします。


正式にはNJM358Dとか、LM386とか、頭に記号がつきますが
OPアンプの358であればどれでも大丈夫です。
で、次に、電源を9V電池にして、+15側を+9v、-15vにアースを
つなぐようにします。
で、入出力に10μF程度のコンデンサを付けます。IC側が+です。
入力は入力の数だけ必要です。出力側は1つだけ。
VRが必要なら、この入力の前に、50KΩのVRを付けて下さい。
扇動子側がICへの47kΩにつながります。
そして、ICのプラス入力を、アースではなく、
電源の9Vとアースの中点にしてください。
具体的には、9V--10kΩ--プラス入力--10kΩ--アース
というように、抵抗2本で電源を分圧して、その中点を接続します。

なぜこの様にするかと言いますと、
5532は非常に電源電圧に余裕を必要とする素子で、電池動作は
お奨めできないのと、
2電源で使用する時に、2つの006pの消耗状態が異なると
出力に直流分が出てしまい、接続した機器を壊してしまうおそれが
あるためです。
無極性コンデンサを付けてこれを防止する手もありますが、
そうするぐらいなら回路を変えてしまった方が安上がりです。

この回答への補足

スピーカーについてのことでtntさんにはお世話になっています有難うございます、上に関してなんですが知識が無いにも無いなりに回路を書いてみました、全くの素人のためこうじゃないかな?という感覚で書いたため出鱈目なことになっていると思います、そこでお願いなんですが、解る方、出来たら修正を加えて頂けないでしょうか、
Icの規格表はココからhttp://www.sikasenbey.or.jp/~enaga/stdata/lm358/ …

私の書いた図はココです
http://203.174.72.113/stp4z92a/
ほんとにめちゃくちゃな書き方、無いようですがご協力お願いします

補足日時:2001/10/27 01:57
    • good
    • 0

すでに完全な回答が出ていますので、老婆心からの説明になります。


実際に作られた回路(回路図見てきました)で問題なく電池で動作すると思います。

同じ電池(例えば006P)を2個直列につなぎます。
両端で9X2=18(V)ですね。

+(18V)を回路の+15Vに接続します。
中点(9V)を回路のグランドにつなぎます。
-(0V)を回路の-15Vに接続します。

以上で終わりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に言ってもらえて助かります、私はまだ回路について詳しくないので助かります

お礼日時:2001/10/27 01:24

1. 乾電池で使っても問題ありません。

+/-15Vの電源を使っていますが、ライン出力は最大でも2V程度なので、OPアンプの電圧ドロップ分を考えても+/-6V程度の電源で十分と思います。もっとも簡単には006Pの9Vの電池を2個使うといいと思います。

2. この回路はかなりシンプルな回路です。これより簡単にするとOPアンプを使わない抵抗ミキサーの形式になると思います。

3. このICがそのような電源(正負電源)を必要としているのではなく、回路をシンプルにするため正負電源を使っているものと思います。なお、5532はNJM4580や4558などいろいろなOPアンプに差し替えできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら単電源でも行けそうですね、1、を候補に考えようと思います、有難うございます

お礼日時:2001/10/27 01:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサミングアンプの回路その(2)

CyberWorkshop(http://www.omninet.co.jp/workshop/welcome.htm)
のanalog circuitの欄にあるサミングアンプの回路を実際に作ったのですがこの回路に使われているICで規格表を調べたのですがどうも変なのです
1 A output   5 B+INPUT
2 A-input    6 B-input
3 A+ Input    7 Boutput
4 V-      8 V+
だそうです
この回路で出力のはずなのに6番ピンとジャックの出力が繋がっているのが腑に落ちません、知人が言うにはそもそもの回路図が間違っているのでは?と言われました。
如何なのでしょう?

Aベストアンサー

このOPAMPは知りませんが。
一般的にOPAMPは下記のようになっています。

8pinのデュアルの場合
1/2
vcc8.vss4.in-2.in+3.out1
1/2
in-6.in+5.out7

よって、VVC7を8に変更
OUT6を1に変更されたら動くかも?

OUTにオフセット電圧が出ないように注意してください。
コンデンサーでDCカットしたほうが無難かも。

壊れたらごめんなさい。

QTA8201AKというパワーアンプICはDC15Vで動作させたら出力は

TA8201AKというパワーアンプICはDC15Vで動作させたら出力は何Wになりますか?

Aベストアンサー

No.1 です。
すみません。このグラフは違いますね。

「14.4Vで17W」と言う事ですから、
電圧が 1.042倍 ( 15V ÷ 14.4V = 1.04166..)ならざっと出力はその2乗倍なので
17 x (1.042)^2 ≒18.4W

ということになります。

Qオーディオ電源とデジタル5V電源

現在、オーディオ回路はDC12Vで動作させています。またMP3ファイルプレーヤーがDC5Vですので、2電源でシステムを構築しています。DC12VはACアダプターからの電源を使用しています。MP3ファイルプレーヤーにはDC12Vから3端子レギュレータでDC5Vに降圧しています。7Vの差は負荷が300mAですから約2W近く熱消費します。放熱フィンを付けていますが、随分熱くなります。問題はその3端子レギュレータで作られたDC5VをMP3ファイルプレーヤーに供給し、音源をアンプ入力すると、やたらノイズが入ってきます。ちなみにMP3ファイルプレーヤーに単独にACアダプターでDC5V供給すると、音源はクリアな音です。3端子レギュレータ周辺回路が悪いのか、それとも3端子レギュレータ自体を使ってはいけないのか良く分かりませんが、手っ取り早くオンボード用のDCDCコンバータを使用した方が宜しいのでしょうか?どなたかアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

acha51補足です
1000uだとかなり大きいと思うのですが、何かメリットはあるのでしょうか?

スイッチング方式のアダプターの場合リップルが大きいが周波数が高いので
アンプの12Vに含まれるリップルを吸収し、きれいな直流にします
出力のICの電源とGNDピンに近く配置します
トランス式のアダプターの場合はノイズが電源ハムで関東50Hz,関西60HZと
周波数が低いので4700uFなどというものも有ります

ナログアースは魔物ですがこの克服が必須です
がんばってください

Q電源100V用の製品を115Vの電圧で使えますか・・・?

アメリカでケンウッドのK-270を使っています。
今まで、変圧機を噛ませて使っていましたが、先ほど直接壁の電源差込口に差し込んだら、音の濁りが消えてエッジが際立ったので、変圧器を噛ませないで使えないか、と思っています。

アメリカの地域によって、電圧が異なるようですが、自分の身の回りの電気製品は115Vを想定して作られている様です。

K-270のサイトでは

「電源電圧・電源周波数 AC100V、50Hz/60Hz 」
「定格消費電力(電気用品取締法に基づく表示)110V」

とあります。

やはり100Vを元々想定して作られた製品なので115Vを通すのは機器的に無理が生じますか?
それによって寿命など短くなったりするのでしょうか?

電気関係のことは、全くのド素人なので、めんどくさいとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定格消費電力は110Wの間違いだと思いますが、
日本のまともなメーカーの作る100V製品が115Vで
壊れたり、寿命が縮まったりはしません。
その程度のマージンは考慮して設計されています。

昔115V用のCRTを日本に輸入して使うと暗かったと
いうことがありましたが、基本的に高い方への
マージン(耐圧)は十分ですが、変圧後の電圧の方
にマージンがない場合はあり得ます(低くて足り
ない)。

Qサミングアンプって・・

サミングアンプは入力された信号を合計すると聞いたんですが、このアンプは音の合成は出来るのでしょうか?例えば音A、B C(話し声、BGMなど)を入力してやるとその合わさった音が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

どのように利用したいのでしょうか?
一般的には回路(オーディオミキサー等に使用される回路)の名称だと思うのですが。

>アンプは音の合成は出来るのでしょうか?
サミングアンプの回路的(回路を利用したミキサー等)には可能です。
機能としては[1+1=2]でなく、[1+1=1]のように入力電圧に対して出力電圧を一定(規定電圧)に保つ事が出来る回路のようです。

以下、URLを参照して下さい。

9-1 音響システム
http://www.ceres.dti.ne.jp/~warnerg/SHOBI/TOSS/09/system.htm
 9-1-4 ブロックダイアグラム より 3 アンプ を参照.

アナログ回路-Summing amplifier(サミングアンプ)
http://www.omninet.co.jp/workshop/analog/SUMAMP.HTM

アナログ用語の基礎知識
http://www2.117.ne.jp/~vision/paf/term_a1.htm
 バス、ヘッドルーム、オペアンプ を参照.

切り替え不要 オーディオミキサーの制作
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/2881/Mixer01.html

LMX-4802(ラインミキサー)
http://www.hyfax.co.jp/seihin/lmx4802/lmx4802_index.htm

サミングアンプ SUM-16
http://www.yamaha-st.co.jp/sum16.htm


音を合成させたいだけなら、オーディオミキサーを利用するのが簡単です。¥10.000以下~数千万
 ↓
http://www.comeon.co.jp/shop/idx_mixer.htm

利用目的が詳しくわかると的確なアドバイスが出来ると思います。

的外れな回答でしたら、ごめんなさい。

どのように利用したいのでしょうか?
一般的には回路(オーディオミキサー等に使用される回路)の名称だと思うのですが。

>アンプは音の合成は出来るのでしょうか?
サミングアンプの回路的(回路を利用したミキサー等)には可能です。
機能としては[1+1=2]でなく、[1+1=1]のように入力電圧に対して出力電圧を一定(規定電圧)に保つ事が出来る回路のようです。

以下、URLを参照して下さい。

9-1 音響システム
http://www.ceres.dti.ne.jp/~warnerg/SHOBI/TOSS/09/system.htm
 9-1-4 ブロ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報