お世話になっております。こちらでのいただいたアドバイスは参考になっており助かっています。
今回の質問の意図について詳しく述べます。

1.リーチは上がる自信があるからかけるのでしょうけれど、それはつもる自信があるからですか、それとも3人から振り込みを期待してかけるものなのでしょうか。
またツキがないとわかっていてもかけますか、或いはやめておきますか。
2.仲間うちで打つ場合、リーチをかけるといつも降りる人がいると、そのことを期待してかけますか。
3.最初にだれかがリーチをかけていて、その後にいわゆる「あとリー」ですがリーチをかけますか。リスクを伴いますが気にしないですか。
4.かける時期(タイミング)は前半、中盤(第5巡~第11巡)、後半のいつがいいのでしょうか。後半は意味無しと言われたのですが。またテンパイしたらすぐにかけますか。

その場の状況になってみないととか、状況次第で、でしょうけれどそれは気にしないというか考慮しないで、みなさまの意見や信念などに基づいて回答いただければと思います。
質問の数が多いかもしれませんが、一つでも構いませんので宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

麻雀に絶対というのもないでしょうから、自信なしということで書かせてもらいます。



1.についてですが、(根拠はともかく)かなりの多面聴や巡目が早いという理由等により自模れる自信があるなら当然立直をかけます。また、絶妙な引っかけでもあって他者からの振り込みが期待できる状況でも同じです。(ほぼ)確実に1翻UPしますし、裏ドラも期待できますし、他者が降りたり回したりすることも期待できますからね。
2.については、仲間内での麻雀の場合はある程度打ち方が予測できるので、他者を降ろすために立直をかけることも当然あります。また逆にほぼ降りずに勝負に来るのがわかっているから立直をかけるということもあります。また“1”のような状況でもあれば、降りる降りないに関係なく立直をかけることもあるでしょう。
3.他者が立直をかけた後なら、(単なる直感にすぎないことも多いですが)相手の点数を予測して、自分の手と比較をし、リスクを背負っても勝負したいなら当然立直をします。他者の立直直後に安全牌を使ってしまっていて、降りている者まで安全牌がないということもよくあるので、あがりやすいこともあります。共通安全牌がないと、普段では絶対に出ないような牌すら出てくることもよくあります。
4.タイミングとしては当然ながら早ければ早いほどいいでしょう。(自模も多いし他者の捨て牌も多いので、あがれる可能性が高いから。)でも早すぎると他者からベタ降りされる、玉砕覚悟で来る見え見えの役満狙いにすら対処できない、(気のせいかもしれませんが“3”で書いた理由等により)追っかけ立直に負けることが多い等々リスクも当然ともないます。逆に後半での立直だと、相手の手も煮詰まっていて、ベタ降りする気になれず、放銃するということも期待できます。
5.(おまけ)自分の信念に基づいて、ある状況でしか立直をかけないという人もいるかもしれませんが、自分のクセを見破られやすくするだけだと思いますが…。
私の友達にもいるのですが、(雑誌や戦術書の受け売りで?)千点や二千点の手では絶対に立直をかけないだとか、聴牌即立直は避けるということを頑なに守っているのです。私から言えば、そいつが立直をかけたなら必ず二千点を上回る手であり、(手出しのふりをしていても)立直宣言牌は何の関係もなく、その数巡前までの牌が聴牌した時に手の内から出した牌だと宣言しているだけだと思うのですが…。それよりはむしろ無謀とも思われるような立直も織り交ぜたほうがいい気がします。あくまでもその時の気分次第でというのもね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をいただきありがとうございます。
何度も読み直してみました。ここまで奥が深いものなのか、ここまで読むことができるのかと思い驚いております。
>タイミングとしては当然ながら早ければ早いほどいいでしょう
確率論からすればその通りですよねえ。私はそのことばかり考えてなかなか柔軟な対応ができないです。
>自分のクセを見破られやすくするだけだと思いますが…。
この部分を読んで、思わずうなってしまいました。本当にそのように感じました。
あと無謀とか気分次第でということも同感です。でも私にはなかなかそこまでできなくて・・・。手堅いことしかしないのですが。

とても参考になりました。詳しい解説をいただきどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/27 23:55

はっきりいって、あなたが聞きたい


「リーチする、しない」っていうの限られてるでしょ?
つまり「かけるか、かけないか?」で話します。

つまり東1の親、5順目でピンフドラドラ、リーチかけるでしょ?特に何もかわったことがないとき。
(状況次第とかいってたら、何もはなしできないでしょ?)

俺なりに迷いどころを3点リストアップ。
1.いわゆる、勝負手を2回以上連続でけられたとき。

→しばらくかけません。リーチドラ3でもかけません。理由とか語る必要なし。かけるとしたら最初の待ちとは替えてかけるかも。

2.かけるタイミングは?ってことはあなたも棒点即リーはしない人?
僕もです。棒点即リーって考えなくて、適当だよね。

ま、調子いいときは即リー。
悪いときは相手の出方まちます。
ま、山にありそうなら残り1枚でもかけるんじゃない?

3.牽制リーチはないでしょう?
そんなんで降りてくれるの?全つっぱだよみんな。
上がれないリーチはかけない。これ、基本。
    • good
    • 0

こんにちは(^^)



僕がリーチをかける理由について。

一言で言うと、周りをおろさせて先にあがり易くする(ツモり易くする)為に
リーチをかけます。

振込はあまり期待しません。追っかけリーチは状況によりますが、多面待ちか
何かあがれる自信が有れば行きます(理由無しの勘もあり(^^;)

また、自分がリーチをかけても、周囲に脅威を与えられない様な状況では
控えます。

タイミング(順目)はあまり気にしません。むしろ、僅差で順位を競っている時に、自分が点棒を出す事によってライバルを助ける様な時は、早くてもリーチ
には行きません。回してダマでも高くする手を考えます。

こんな感じですが、参考になりますでしょうか?

ではでは
    • good
    • 0

まず。


これは、麻雀に限らないのですが、相手が限定されている勝負事において、一番重要なのは、「手の内を読ませないこと」です。

例えばの話ですが、「引っ掛けがないとリーチをしない」人がいるとします。彼がリーチを掛けてきたら、「引っ掛けがある」、つまり、通常の「危険牌」は「心理的な安全牌」となります。

上のは極端な例としても、「リーチを掛けるケース」を決めるということは、それだけ相手に対して「読む材料」を与えることになります。

初心者よりも、「定石」を半端に覚え始めた「中級者」の方がカモりやすい、というのは、つまりこういうことです。「上手い」相手は怖いですが、「何をやってくるかわからない」相手は、更に怖いのです。

てなところを踏まえて、私の回答です。ただし、「絶対にこうする」という訳ではなく、「こうすることが多い」程度に考えてください。

1.ツモ期待か振込み期待かは、手材料次第ですから、答えようがありませんね。フリテンリーチなんかもしますし。 ツキが無いときは、我慢することが多いです。
2.かけます。特に、自分の手が良くなくてそれ以上の成長が見込めないときのノーテン罰符狙いや、「オリ」を見越した引っ掛けが出来た場合等。
3.勝算アリ、または五分と見越した場合には、かけます。
4.いつでも。「後半は意味無し」なんてことは無いと思いますよ。海底1順前でも、ノってる時にはかけちゃいます。手の成長が見込めたり、「なんとなく」少し待ってみよう、と思ったりした時以外は、テンパイ即リーすることが多いです。

 最後に。定石を踏まえつつ、定石を崩せるようになれば、あなたも上級者の仲間入りですよ。(勿論、上には上がいますがね♪)
    • good
    • 0

私は、仲間内で麻雀をやるときには、あまりリーチをかけません。

かけるときには、
なるべく大きい手にします。小さい手でかけざるを得ないときでも、5回に4回は
かけることをあきらめます。

というのも、「あいつ(私のこと)のリーチはやばい」というイメージを持って
もらいたいからです。

ある程度、そうなると「降ろしのリーチ」を効果的に使えるようになります。完全に
降りてくれなくても、一手・二手まわってくれます。その分、自摸り易くなるでしょう。

かける時期は、手と待ちによります。

後半になっていても、出あがりが期待できるのであれば迷わずかけます。例えば、

・一色手でつっぱってるやつがいて、集めている以外の色で枯れていない待ち
・喰い仕掛けのあまりが想像できて、浮いていそうなとき

なんかであれば、「意味なし」ではないですね(「状況を抜きにして」というわけ
にはいかないですね)。

二番目のやつだと、例えば、

「2」をポンして、手元から二枚さらすときに、一個だけ余らせるように抜いて、
すぐ出てこない

 ↑↑
□■■□□□□□□□…

なんてときは、誰がどう見ても「1」がプラプラしてるわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただきどうもありがとうございました。
>「あいつ(私のこと)のリーチはやばい」というイメージを持ってもらいたい
そこまで考えているのですか、それはすごいです。
>そうなると「降ろしのリーチ」を効果的に使えるようになります
う~ん、そこまで考えるのですか・・・。
>かける時期は、手と待ちによります。
おっしゃるとおりです。

実例まで出していただき恐縮です。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/30 00:37

1.


:捨て牌で十分に「引っ掛け」を作り、出上がりが期待できる場合。
:跳満や倍満等に1翻足りないとき。
:ツモが自分の山になるとき。(だいたいの山の内容を憶えているので)
:これ以上手が伸びそうになく、役が無い場合。
これ以外では、ほとんどリーチはかけません。
ツキはあまり気にせずに、自信・必要性でリーチはかけますね。

2.
期待しません。。ガンガン来るときは来られますから。。<突っ張り

3.
相手の待ちを予測し、対して自分の待ちに自信があればやります。

4.
タイミングは河の捨て牌を見ます。。(待ちの残り枚数や、相手の捨て牌の傾向を見る)
中盤以降で、皆の手がだいたい固まり、相手の不要牌で待てているときは即リーです。
後半は役があればかけません。。リーチ棒が勿体ない気がするので←貧乏性

こんな感じです。(^^;ゞポリポリ

面白みの無い打ち方と言われます。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただきどうもありがとうございました。
>ツキはあまり気にせずに、自信・必要性でリーチはかけますね。
なるほど、そのような考え方もあるんですねえ。
>相手の待ちを予測し、対して自分の待ちに自信があればやります。
私は予測するのがむずかしくて・・・。あとは自信があればですか。確かにないとしないですよね。
>リーチ棒が勿体ない気がするので
やはり後半にかけるのは意味ないというのは、そういうところもあるかもしれませんね。
いろいろと参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/28 23:26

1 主目的は、あがり役作り、1ハンアップ、ライバルおろし、の順番です。

 ツモか振り込みかと言えばツモ狙いです。 なおツキがないと予知したことが無いのでツキについてはわかりません。 過去がツイてなかったかどうかには全く拘泥しません。

2 当然計算に入れます。

3 追っかけリーチはひとつの戦術です。 相手とほぼ同じくらいの期待値があると思えば当然行きます。 リスクは天秤の片方の重りに過ぎません。

4 役無しなら即リーです。 2000~3900の手ならやはり即リーです。 順目はなるべく早い方を優先します。 ツモ番があまりないと千点損&危険なので見送ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をいただきどうもありがとうございます。
>ツキがないと予知したことが無いので
そうですか。そのような考え方ができるとはうらやましいです。
>役無しなら即リーです。 
わかりました。
>ツモ番があまりないと千点損&危険なので見送ります。
そのような理由で意味ないと言われたんでしょうね。

参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/28 00:01

対戦相手や持ち点、ルール(焼き鳥やにぎり、完全先付け制)にもよりますが


私の場合、リーチをかけるのは、自信がある場合ですね。
読むと振り込むような捨て牌で迷彩を施す場合が多いです。
相手が考えた末、降りたつもりで振り込むとダメージが大きく勝負の上ではかなり優位に立てます。
追いかけリーチは待ちが広い場合や出る可能性が高い場合で、先にかけた相手が安い手と想像できる時とか、ポンとかチィをして手が狭まっている相手がいるときはチャンスと考えリーチをかけます。追いかけリーチをかける場合、当然高い手の時が多いですが、終盤では、不利な待ちでも逆転の可能性があれば勝負をかけます。
親であれば、相手の手作りを止めるために、早くてもリーチをかけツモに期待します。(ダマテンでも5800より上であればリーチしない場合もありますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をいただきありがとうございます。
>リーチをかけるのは、自信がある場合ですね。
やはりそうですか。なければやめた方がいいかもしれません。
>降りたつもりで振り込むとダメージが大きく勝負の上ではかなり優位に立てます。
そうですか、すごいですねえ。
追いかけリーチについての考え方もよくわかりました。というかそのような考え方ですればいいのかと思いびっくりしております。
>親であれば、相手の手作りを止めるために、早くてもリーチをかけツモに期待します。
なるほど、そのような考え方もあるのですね。

なんていうかかなりのテクニシャンのようで、やっと初心者を脱したかなと思う私にとってただただ驚くばかりです。
しかし、とても参考になりました。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/27 23:31

裏ドラがつくなら、かけんとソンでんがな。

考えることは無い。地雷原を歩かせるようなもんで、うまいこと腰つこうて、相手がビビるのをみるのが楽しみで…。そんな風に上手くなりたい(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をいただきありがとうございます。
>裏ドラがつくなら、かけんとソンでんがな。
確かにおっしゃる通りです。それがリーチの特権でもあります。
>考えることは無い。
はい、わかりました。私は考え込んでしまうタチですがそうしてみます。
>そんな風に上手くなりたい
私も同感です。

お礼日時:2001/10/27 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめっちゃ商業何切る?フレッシュ問題③ 南四局0本場6巡目北家ドラ1索 道中3巡目に西家⇒南家へ中ポン

めっちゃ商業何切る?フレッシュ問題③
南四局0本場6巡目北家ドラ1索
道中3巡目に西家⇒南家へ中ポン。その後5巡目親が2索を手出しでリーチ即直後。

東家27300点 北9七中27
↑リーチ
南家18200点 東發①白2發伍
西家18700点 東西南白八4

北家35800点 北八四發8

北家手牌
三四①③⑥⑥⑧⑨34569 8
ツモ

Aベストアンサー

お疲れ様です。毎度失礼します。

バッソもう一回来たので気合いのキュウソ切りですね。
後はツモによりますが逃げたくない、逃げたくない、逃げたくない、とエヴァンゲリオンの碇シンジ並みに心で叫びますね。
東家の使徒が怖いですね。大丈夫です。初号機発進です。

QWリーチとオープンリーチの役の複合

素朴な疑問なんですが、ポン・カン・チーのされていない一巡目に、
すでにテンパイしていたらダブルリーチができますよね。
その時にオープンリーチもすることができるのでしょうか?
もし、できるとするならば、あがれば何飜つくのでしょうか?
単純計算2+2で4飜でしょうか?

あ、もちろんオープンリーチを認めている雀荘でです。
ダントツトップの時にはかなり有効な手なんじゃないかと思って、
質問させていただきました。
教えて下さい。

Aベストアンサー

一般的には3飜だと思いますよ。

ダブルリーチ=「ダブル」+「リーチ」で2飜
オープンリーチ=「オープン」+「リーチ」で2飜
オープンダブルリーチ=「オープン」+「ダブル」+「リーチ」で3飜


一部にはオープンリーチ(2飜)×ダブル=4飜とするルールもあるようですから
あらかじめ取り決めておいた方が良いですね。

Q246から2か6を切ってリーチをかけるとき

どちらを切りますか?
ちなみに、赤5が1枚存在します。
残り枚数にもよるでしょうが、とりあえず、2も5も切られていないとしてください。

Aベストアンサー

もちろん状況によりますが、リーチするなら2を切るのがセオリーです。
ダマテンで上がれる手なら、2を切ってダマテンにして、ツモ7なら4切り両門リーチ。ツモ8なら8切りリーチです。
手変わりを待つ間に5が出れば上がります。マージャンには、「上がれるときには上がれ」という格言があり、見逃すと次巡に敵に大きい手を上がられる場合もあります。上がれるときに上がってしまえば、その先のことは分からないので、悔しい思いをしたりツキが逃げるということもありません。安い手に蹴られた大物手のテンパイ者をおおいに腐らすこともあり得ます。当たり牌を見逃して敵に上がられるとツキが逃げるということを恐れなければなりません。
2と8を切って5を狙うことを「しぼりカンチャン」と言って効果的な筋引っ掛けとされています。
6を切ると、赤ウーピンをツモったときのダメージが大き過ぎます。またリーチ後に赤ウーピンを捨てて「ロン」という声が掛かると、完全にツキから見放されます。逆に2を切って、カンチャンの赤ウーピンを即ツモ上がりしたときには、敵をおおいに腐らせ、その後のあなたはバカツキすることは間違いありません。
このように、上がったときのメリット・効果と、しくじったときのダメージをてんびんにかけると正しい判断ができるものです。6を捨てて裏目に出たときのダメージは大きすぎるということです。2を捨ててリーチして、結果論的に悔しい思いをする場合もありましょうが、「このケースはこう打つ!」という自分のフォームが定まっていれば、その後のツキや気分にさしたる影響はありません。
6を切ってリーチする場合は、
1.赤ウーピンが場に見えているとき。(リーチ後に、赤ウーピンをツモってあなたが悔しがることもない、もちろん赤ウーピンで他家に振り込む可能性はない)
2.先行リーチがあり、その河に3が捨てられているとき。(あなたが6を切ってリーチにいっても、それだけでは引っ掛けを警戒されますが、先行リーチに3があれば、二人のリーチに攻められて苦しくなった人は、一方の現物・一方の筋牌ということで3を捨てるものです。)
の状況のときは即リーチもありでしょう。手の中に345と持っている人が6をツモってくると、入れ替えて3を捨てる可能性はおおいにあります。
その他、各人の得点状況や全体の流れもありますが、あげればきりがありません。

もちろん状況によりますが、リーチするなら2を切るのがセオリーです。
ダマテンで上がれる手なら、2を切ってダマテンにして、ツモ7なら4切り両門リーチ。ツモ8なら8切りリーチです。
手変わりを待つ間に5が出れば上がります。マージャンには、「上がれるときには上がれ」という格言があり、見逃すと次巡に敵に大きい手を上がられる場合もあります。上がれるときに上がってしまえば、その先のことは分からないので、悔しい思いをしたりツキが逃げるということもありません。安い手に蹴られた大物手のテンパ...続きを読む

Q鳴き時のテンパイ見破り

相手が鳴いているときにテンパイしているかどうかはどこを見ればいいですか?

つまりは鳴いた相手に対する振込を防ぐにはどうしたらいいか具体的にお願いします。

Aベストアンサー

>相手が鳴いているときにテンパイしているかどうかはどこを見ればいいですか?
まず、常連の相手であれば、クセを覚えることです。
かなり上手な人で、イチ鳴きテンパイを旨とする人は、鳴けばテンパイと思って用心すること。
それから、相手の目を見ること、だれでも、テンパイすると目の配りが変わります。テンパイしている人は、手元を見る必要がないので、他人の捨て牌を見逃さないように見ています。
先ヅモのくせのある人が先ヅモしないときは、まだ鳴きたい牌があるか、テンパイしているかのどちらかです。その人の上手にいるときは、要牌を捨てないようにしないといけません。
上手な人が、役牌をイチ鳴きしたときは、
逃げているとき。ツイている親を落としたいとき。親で連荘したいときなど、小さくても早くアガル必要がある場面のときは、だいたい安物の手なので、振り込んでも大丈夫です。
自分の都合でガンガン行く場面です。
しかし、そのような状況でないのに上級者がイチ鳴きしたときは、大物手なので要注意です。
手の中に配牌でドラアンコがあったり、二枚以上のドラがあるとき、他にも役牌のトイツがあるときで、安くても3900か5200点以上の手です。じっくり手作りをする必要が無いので、中堅得点でサッサと楽にアガろうとしています。
>つまりは鳴いた相手に対する振込を防ぐにはどうしたらいいか具体的にお願いします。
まず、「中」とか「白」などの役牌を早い目に鳴いている人の安全牌は、役牌のポンがあってから、「その上手の人の捨てている牌」は、だいたい安全です。
それが、「ほしい牌」であれば、チーするはずです。
すでに役牌のポンでイイハン付いているのに、チーしないということは、「必要なし」ということが多いのです。ただし、上級者で「カンチャン、ペンチャンならチーするが、リャンメンは辛抱する」という人もいるので、そのひとのアガッたときの、牌姿を見て、考え方を覚えておくことが大切です。
役牌ポンのあとは、「なんでもチー」という人なら、「役牌ポン」のあとの上手の捨て牌はだいたい安全と言えます。もちろんツモのあとの手変わりもあるので、手元にも注意して、ツモ切りか、手出しかも注意します。手出しがあったときは、手変わりしているので、過去の上手の捨て牌も絶対安全とは言えなくなります。
それから、絶対に見ておかなくてはならないのが、「ポン出し牌」です。
「ポン!」と言った人が捨てた牌は絶対に見ておくことが大切ということです。
全員の捨て牌がツモ切りか手出しかを覚えるのは難しいですが、「ポン出し牌」は手出しに決まっています。ポン出し牌の近くはもっとも危険です。
例えば、「中」ポン、西西西、三三、78、334
こうなったとします。「三三、78、334」のような姿を「ポンよし、チーよし、ポン・チーよし」と言って、鳴いたあとの好形とされていて、イーシャンテンの理想形です。
この場合、鳴く牌は、三のポン、6・9のチー、3のポン、2・5のチーです。
「ポよし、チーよし、ポン・チーよし」の意味が分るでしょうか?
そして、つぎに鳴いてテンパイしたときに、どの場合でも捨てられるのは、3または4となりますので、マチが両門でもシャボでも、3と4の近くは危険、すなわち「ポン出し牌の近くは切るな」ということが言えます。
また、鳴いた人は、イーシャンテンで安全牌を手にしていることは決してありません。自由自在に鳴けるように、「ポンよし、チーよし、ポンチーよし」になるように目いっぱいに構えます。役牌をポンして安全牌を捨ててくるのは、まだテンパイしていない証拠で、早く鳴きたい一心で、手の中はクズ牌だらけというケースが大半です。
鳴いた人がテンパイしたときに捨てるのは、安全牌でなく、油っ濃い牌であり、少なくともその近所は捨ててはならないということです。
「完全サキヅケ」という初心者ルールは、上級者でないと読めない捨て牌ヨミを初心者でも可能としたハンディキャップルールですが、その場合は、鳴いた手は更に読みやすくなります。「123」と鳴いたら、「チャンタ」「イッツウ」「サンショク」に用心、その場合ペンチャン、カンチャンに用心して、リャンメンは大丈夫です。リャンメンでアガルとチョンボになるケースが多いので、危ないのは1と2と3、9と8と7、それからイッツウを確定させる5も危険。4と6はまず九分九厘安全です。もちろん、「ホンイチ」や「役牌アンコ」などの可能性もありますが、それは分ると思います。
「234」と鳴いたら、九分九厘「サンショク」なので、カンチャンの3という色違いの牌は死んでも捨ててはなりません。逆に他の色の1245は安全性が高いです。リャンメンでサンショクが完成するのはチョンボになるからです。
その他色々ありますが、トイトイ、ホンイチなどは捨て牌の様子で分ると思いますので、それなりに用心して下さい。鳴いた手は裏ドラが乗らないので、オモテドラの行方が確認できればその人のアガリ点が判るので、安いと見れば無視しても大丈夫です。リーチで攻めて、防衛力の乏しくなった「鳴き屋さん」をビビらせるのも楽しみです。
(新日本麻雀連盟四段)

>相手が鳴いているときにテンパイしているかどうかはどこを見ればいいですか?
まず、常連の相手であれば、クセを覚えることです。
かなり上手な人で、イチ鳴きテンパイを旨とする人は、鳴けばテンパイと思って用心すること。
それから、相手の目を見ること、だれでも、テンパイすると目の配りが変わります。テンパイしている人は、手元を見る必要がないので、他人の捨て牌を見逃さないように見ています。
先ヅモのくせのある人が先ヅモしないときは、まだ鳴きたい牌があるか、テンパイしているかのどちらかです...続きを読む

Q麻雀で危険牌を出せばテンパイのとき

危険牌を一か八か出しますか?ただしこのときの状況は
・相手の役に比べ自分の役のほうが2翻以上高い
・自分の役の待ちは少なくはない
・危険牌は明らかなものではない(白發が鳴かれてて中が1枚も出てないときの中の危険度より下、だが筋ではない)

Aベストアンサー

その他の状況(場況)が判断材料として、とても重要です。
トップやターゲットとしている人との点差、現在順位、何局の何巡目なのか。親は誰で子は誰なのか。


相手より明らかに2ハン以上高い、というのはあなたからドラが○枚見えていて、相手がチーポンしてさらしていて裏ドラが無く、考えられる役を計算してとのことでしょうか? 相手がリーチをしているならば、「裏ドラ3枚!」なども有り得ますから、注意が必要ですよね。また赤ドラ有りですと、思わず高くなっていることも有りますので要注意です。

オーラスで安そうな相手に打ちこんで逃げ切りトップなら、「どうぞあがって下さい!」と思うので、どんどん切りたい牌を切ります。ターゲットとしている人(2位の人や親の人)を警戒したいです。


あなたから与えられたデータのみから考えると、点数が高くなさそうで危険度が低そうなので不要牌を切りたいです。仮にまだ中盤(8~9巡目)だと仮定すると、安全牌だけを切り続けることは案外難しいので「押す時は押す」でいかがでしょうか?


雀歴30年超のさすらい者ですが、良かったら参考にして下さい。

その他の状況(場況)が判断材料として、とても重要です。
トップやターゲットとしている人との点差、現在順位、何局の何巡目なのか。親は誰で子は誰なのか。


相手より明らかに2ハン以上高い、というのはあなたからドラが○枚見えていて、相手がチーポンしてさらしていて裏ドラが無く、考えられる役を計算してとのことでしょうか? 相手がリーチをしているならば、「裏ドラ3枚!」なども有り得ますから、注意が必要ですよね。また赤ドラ有りですと、思わず高くなっていることも有りますので要注意です。

オーラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報