今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

8月31日にNHK、BS2で放送されていた漫画家の成田美名子のドキュメンタリーを見ていた方、内容はどのようなものだったか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

絶対恋愛」に関するQ&A: 大阪 東京での遠距離恋愛は難しいでしょうか 遠距離恋愛なんて絶対しないと思っていたのですが、関東に住

A 回答 (1件)

アメリカン・ライフをリアルに描いた少女漫画が誕生した。


『CIPHER』 (1985-1990)作者は成田美名子。洗練された絵と繊細な心理描写で今も少女漫画界の第一線で活躍している。成田にとって『CIPHER』とは?
「今の自分のスタイル、描き方が決まった時期ですね。そういう意味で、わたしにはずせない話であります」

17才でデビュー。少女漫画のニューウェーブとして80年代をリードしてきた成田美奈子の代表作。それが『CIPHER』である。

【Scene 1.成田美奈子 誕生】
成田美名子は1960年青森県青森市の生まれ。音楽や美術を身近に感じる環境の中で育った。
「ウルトラマンのキャラクターデザインをしている成田亨が私の伯父にあたるんですけど、父自体もプラモデルとか習字もずっとやってましたし、絵を描いても意外と上手いんですよ」
ものこごろつくと絵を描き始めたという。

伯母・小笠原千恵さん「まず、お花が大好きで生き物が大好きでお絵かきが好きで…いつも鉛筆を持てるような時から描いてましたから…ちゃぶ台で」
時間があればひとりで絵を描いている子だった。
成田が小学校1年で描いた絵日記。人物や動物が巧に描いてある。箱やテーブルが立体的に描かれ、奥行きのある構図となっている。小学校1年生にして遠近法をマスターしていた。

小学校4年生の時1冊の本と出会った。石森章太郎の『マンガ家入門』
「毎日4コマの勉強をしろとか書いてあったんで、毎日4コマを描いて、とりあえずちょっとずつでも描いてるといつかは上手くなるかもしれないと思って…」
マンガのストーリー作りには知識も必要と考え、百科事典を持ち出し「あ」から順に読んでいった。
中学校の理科の教師だった父・幸男さん。書道など和風な趣味を嗜む一方、ハイカラな一面もあった。
「畑仕事から父がダイコン抱えて帰ってきて、『美名子、新しいレコードあるけど聴くか?』とか言うんですよ。なんかすごくアンバランスなウチではあったんですけど…」
成田家では食事が終わるとテレビを消してレコードをかける習慣があった。ジャズ・ソウル・R&B、父の影響で成田も自然とアメリカの音楽を耳にしていた。
お正月よりクリスマスのほうが賑やかだったという成田家。子供の頃からアメリカ文化に触れて育った。
青森には三沢の米軍基地があった。アメリカのもうひとつの顔がそこにあった。
「すごいと思っていたアメリカが、ベトナム戦争もしていたと気付いた時の、その裏表のギャップの驚きとか、実際三沢からベトナムに飛行機が飛んでいたという事とかもずいぶんありまして、まぁ…青森にいたからリアルに感じたということはずいぶんあったと思います」
見る角度によって異なる二つの顔。早くからそんな現実に気付かされた。

当時良く遊んだ、同い年のいとこ小笠原ちあきさん。
伯母・小笠原千恵さん「部屋の隅でひとり何時間も本を呼んでるの…おとなしい育てやすい子でした。ちあきは反対におてんばで…やっぱり反対の性格が良かったのかなと思ってました」
運動は苦手だが絵の才能に恵まれた成田。音楽に才能を発揮し活発だった小笠原さん。二人は正反対の個性を持ちながら支えあう双子のような存在と言われた。アメリカ文化と双子のような存在のいとこ。『CIPHER』のテーマは既にこの頃芽ばえていたのかもしれない。

【Scene 2.すべてはここから始まった】
1975年。成田は青森東高校へ進学。自分が通う高校を決めたのもマンガだった。
「市内でそこしか漫研というものがなかったので、そこに行ったんですけども、自分の中ではデザイン学校に行こうと思っていたので、その先大学ということは考えずにマン研に進学しましたっていう感じです(笑)」
入学するとすぐにマンガ研究会に参加。いとこの小笠原さんも一緒だった。
「萩尾望都先生と竹宮恵子先生にはまってしまって、それに影響されたと思います。どちらの先生も外国のお話を凄くリアルに自然に描いてらして、今までの少女漫画っていうとわりとフワフワしてるっていうんですか想像の世界で、絶対恋愛ものでっていう型があったんですけど、そこにハマっていないっていうところが凄く新鮮で…」
放課後は教室に集まってクラブ活動。しかし、マンガ研究会とはいってもマンガを描くだけではなく好きなことをやる自由なクラブだったという。

当時の漫研のメンバー寺田雅代さん・貝森敦子さん「美名子はひたすら描いてて、いついっても描いてて、ひたすら唄っているのがいて、走っているのがいて、喋っているのがいて…」「もうレベルが全然…格段に違っていました。美名子はマンガ家以外のものになるとは思えなかった」
青森市内で彫刻家として活動している田村進さん。高校時代の美術の先生だった。当時の成田の事を良く覚えているという。
「(前略)教師としては教えるものが何もないというくらいできてましたね。美名子の漫画はまるいんですよ。立体感がある。ただの立体感じゃないんだ、手を全く抜かない、ホネがピチっと入っている、デッサン力です、一番大事な表現者にとっては何よりも基本的な考え方ができていなければ描けないと思いますよ。いずれ絵としても彼女の漫画は残ると思いますよ、何度も見直されて、中身もそうだけれども、絵としての美しさはファンが増えると思いますよ」

漫画を描いたりおしゃべりをしたり、漫研の活動は楽しかった。ところがある日、いつも一緒だった小笠原さんが突然入院、成田は学校へ行く前と放課後1日2回も見舞いに行っていた。
8年間にわたる闘病生活が始まる。手術は9回に及んだ。何度も生死の境をさまよった。
「何かお見舞いを持っていこうと思ったんですが、親から貰ったお小遣いでお見舞いを買っていくのが釈然としなかった…」
そこで思い立ったのが、マンガ雑誌への投稿。入賞すれば賞金がもらえる。漫研の活動中に描いていた作品を仕上げ投稿した。これがある人物の目にとまった。

数々の少女漫画家を世に送り出した編集者・小長井信昌さん。
「これはいいと思った。何をぼやぼやしているんだ。っていうんですぐに電話した。他に行っちゃったら困るから」
結果は2位入賞。賞金3万円を手にした。
その賞金でお見舞いの品を買い、早速病院へ。
2ヶ月後、入賞作『一星へどうぞ』が誌面に登場した。(「花とゆめ」1977年15号)マン研仲間もキャラクターとして登場していた。
病気で視力が低下していた小笠原さんも目を凝らして読んだという。
小笠原ちあきさん「…小さい頃からいつかデビューすると思っていたので、凄く嬉しいんですよ、自慢ですよね。回りに言ってました病院中で」
大切の人の為に何かしてあげたい、その思いから生まれたデビュー作だった。

70年代後半、各出版社は成長してゆく読者層に合わせて複数の雑誌を発行していた。
後発の雑誌『LaLa』では顔となるマンガ家を探していた。
編集者・小長井信昌さん「やっぱり『LaLa』独自の人が欲しいわけで、そういう人にぴったりだと思ったわけですよ」
成田のデビュー作は大好評。すぐさま次の執筆の依頼が来た。学校に通いながら単発の読み切り作品を2ヶ月に1本のペースで描いていった。高校三年生のプロマンガ家の誕生だった。
しかし、それはあまりにもハードな日々だった。放課後や家で描くだけでは間に合わなかった。しかし、授業中に絵を描いていたのではバレてしまう。そこである方法を思いついた。メモ用紙に漫画のストーリーやアイディアを文字で書く。これなら授業中にやっても判らない。こうして編み出したスタイルが今も続いている。
編集者と打ち合わせをするときに使う下書きをネームという。一般的なネームはコマ割があって、人物がいて台詞が書き込まれたもの。ところが成田のネームは高校時代そのまま、文字が中心。絵やコマ割が全くない。かなり特殊なスタイル。
担当編集者・石原史朗さん「正直最初の1年ぐらいはこっちも文字を読むふりはするんですけど、今ひとつよく判らないところもあって戸惑いました」

【Scene 3.旅立ちのとき】
20歳のときに東京へ。その頃、いとこの小笠原さんは東京の病院で治療中。二人でアパートを借りて共同生活を始めた。
「一緒に住んでいたほうが、何かと親兄弟も安心だと…」
小笠原ちあきさん「うちの叔父さんが、あのふたりは二人で一人分だからって言って一緒に住んでたんですよ」
ふたりでひとり。成田は小笠原さんの車椅子を押したり、家事を分担したり、姉妹のような生活が始まった。
小笠原ちあきさん「…いつも心配事としてそばに私があったんですよ」
1980年。そんな生活の中からひとつの作品が生まれた。それが成田最初の大ヒット作『エイリアン通り』(1980-1984年)
「キャラクターだけが先にあって、舞台をどこにするかとかもドタンバまで決めていなかった気がします。その頃とにかくアメリカ西海岸っていうのが流行だったので、映画でも何でも西海岸文化って凄く入ってきていたので西海岸にしようかなっと…。日本で考えたら三つしか出てこないエピソードもL.A.なら10ぐらい出てきそうだなと、荒唐無稽な話を描こうと思った。いわゆるエンターテインメントを描こうと思ったので、これは絶対外国の方が面白いだろうと思ったんですよ」

成田最初のアメリカを舞台にした作品、『エイリアン通り』の連載が始まった。

「とにかく、簡単な話ですから。シャールの生い立ちが隠されていて、最後に明かされて、でも友人関係は変らないよっていう形ですかね…そんなに大きな話はないんですよね。子供が想像しそうな話じゃないですか、大人になって考えたら、考え付かない話なんですよ…ちょうどそのはざまっていうか、子供が考えそうな話に具体的な裏づけをちょっと付けてみたみたいな話なんですよね」

『エイリアン通り』は大ヒット。バレンタインデーにはキャラクター宛にチョコレートが数百個も送られてきた。
成田美名子は若干二十歳で一躍人気作家の仲間入り、成田の絵が毎号表紙を飾った。しかし…

「あんまり当時は読者の方のありがたみというのが判らなくて…やっぱりまだ若かったので、怖いっていうほうが強くて…あの当時とても熱心な読者であったらしい方が自殺なさっているんですよ。私は知らなかったんですけど、亡くなった子の遺書が掲載されていまして、『自分が死んだらお棺の中に「エイリアン」の何巻と何巻を入れてください』と…いじめで亡くなった子だったんですね。『エイリアン』の中にいじめられていた子っていうのが出てきてて…」
「…あの部分だと思うんですけど、どうせだったら何が何でもふんばって生き抜こうって話をどうしてかけなかったのかなって思って…本当に後悔したんです。その時は凄いショックだったんです。それは今でもずっと頭の中にあるんですけども…」
『エイリアン通り』は累計500万部の大ヒット。影響力の大きさを初めて知った。成田は次回作にはっきりとしたメッセージを込めたいと思った。

「とりあえず『CIPHER』ではうんと過酷な運命を与えてやれと。それでも何でも生きていれば何とかなる。いつか解決する時があるんだからなんとか生きていてくれっていう話を描こうと思ったんですよね」

【Scene 4.CIPHER -サイファ-】
1985年、成田は新連載『CIPHER』に挑む。

当時の担当編集者・田野倉伸さん「はじめに『CIPHER』の設定とか大まかな話の構成を伺った時に、前作の『エイリアン通り』とは雰囲気が大分違う作品になるなっていうんで少し驚いた印象がありますね。期待が半分と不安が半分という感じですかね」
成田の新作はふたりで一人の人生を生きる双子の物語。その頃、いとこの小笠原さんも退院しスタッフの一員として作品に関わることとなった。

「『エイリアン』が架空の話だったので、こんどはうんとリアルに描いてやろうと。仕事自体がもう大変でした。取材から全く違うので、全部調べなきゃいけないので、生活をすべてアメリカのものオンリーに切り替えました。形から入るっていうか、朝起きたらパン食べてコーヒー飲んで、ベットメイクもアメリカ式にして、向こうの行事も全部同じように…」

情報収集を手伝ってくれたのは、当時L.A.に住んでいたいとこ。
「ゴミ捨てるならちょうどいいからウチに送ってね。台所や生活の中で出るごみは全部下さいっていう風にお願いしておいて、定期的にごみを送ってもらって…資料として大切に保管して描いておりました」
ニューヨークの風景を写真を参考にリアルに描いた。サイファとシヴァの生活もアメリカの普通の暮らしが伝わるようにトイレットペーパーや蛇口に至るまでこだわって描いた。当時、日本ではほとんど知られていなかったデンタル・フロスまで誌面に登場。アメリカのライフスタイルが伝わってくる。そしてアメリカではよく見られる上げ下げ窓を描くにも苦労があった。
「あの頃、ちょうどいい具合に田舎の家の建て直しをしたので、上げ下げ窓を付けてと言って…カギの仕組みとかがわかんなかったんですよ。で、カナダ製のがあったからアメリカでも使っているはずだと思ってね写真を撮ってアシスタントに回して…」

「ほんと言うと漫画って衣食住のように人間の生活に絶対に必要なものじゃないじゃないですか…別に漫画がなくたってみんな生きていけますよね、…じゃあこれは何のためにあるのか?って考えると、どこかで読んでくださってるかたに役に立たなくっちゃって思ったんですよね。ちょっとでも元気になるとか、読んでいる間だけでも今の心配事を忘れてくれればとか、そういうことを考えてちゃんと描き出すようになったのが『CIPHER』ぐらいからかもしれないですね…」

『CIPHER』の中で成田は辛くても生き抜こうというメッセージを読者に投げかけた。『CIPHER』を描くことで成田自身も成長していた。その姿に小笠原さんも励まされた。そして小笠原さんの生き抜く姿に成田も力をもらっていた。
「…なんていうんだろうな…生きてる姿が好き、生命力…うまく言えないけど、この人って凄いって思うときがもの凄く好きなんですよ。人間って凄い!もっと自分も頑張らなきゃ…そういうものを盛り込んで描けたら、それは理想ですけどね。なかなかできないんですよ、それが」
現在小笠原さんはサイン会をサポートしたり、取材旅行に同行したり、成田の活動を支えている。

【Scene 5.成田美名子 原点に帰る】
アメリカン・ライフをリアルに描き80年代をリードした成田美名子。いま取り組んでいるのは、日本の伝統芸能「能」の世界。

「家から離れて外国に憧れて、外国に行ってみるんだけど、行ってみると日本とか自分の田舎とか自分の国の文化が新たに見えてきて戻ってくるって事があるじゃないですか。いまそれで、元に戻ったっていうか原点に戻った感じで「能」の話を描いているって思ってますけど」

現在連載中の『花よりも花の如く』(2003年~)では伝統芸能の世界に生きる若者の姿を描いている。

アメリカン・ライフを描いた時と同様に、成田は徹底的に取材をしている。

描く世界は変わっても、こだわりぬく成田の姿勢は変らない

(成田の仕事場)
2階に自分専用の部屋があり、キャラクターを描く。アシスタントとの作業は仕上げの段階だけだという。
「主に人が入ってしまうまでは上にいるんですけど、どうしても他の話を聞きながら他の話をしているキャラクターを描けないんですよ。で、アシスタントさんに口を利くなと言うわけにもいかないので、上でこの話をしているキャラクターを描いてしまってから下に来て、私が表情を全部(描き)終わってしまってから、アシスタントと直接会話をしています」
この日の作業は単行本陽の書き直し。連載時に入れられなかった装束の柄など細かい描写を仕上げていく。アシスタントに着物の柄やしわの付きかたなど、こと細かに指示していく。
アシスタント・辻春美さん「こだわりが凄く深いかただなぁと思いますけれど。画面の端から端までを細かく、すべてを大事にしているという感じです」
「服の柄っていうのは、描くとそれで人の体の形が判ってしまうんですよ。特に縞々のやつとかはある程度自分でやらないと体格が変っちゃうってところがあって、極力自分でやるようにはしているんですよ」

初めて「能」を見たのはデビュー作の原稿を出版社に持ち込んだ日。高校2年の終わりだった。この夏思い出の校舎が取り壊されると聞いて、母校を訪ねた。

迷いに迷って書いたのは、思い出の校舎と高校生だった頃の自分へのメッセージ
“お疲れさまでした。7.25.2005 成田美名子 (12回生)”と黒板に書き残す。「人物や生き物を描いてしまうと捨てられないんですよ」

「漫画も好きだったけれどもデビューしたくで応募したのではなくて、賞金稼ぎだったというのがそもそも大きいので、いまだに直接誰かの役に立つ仕事の方が向いているっていう気持ちがずっとあるんですよ、そういう意味では最初からほんとにズレてない。何かのどなたかの役に立つ仕事をしたいという気持ちはズレてないんですよ。ともかく見た方が何でもいいので、ちょっとでも元気になれば、悩みがあったけど一瞬でも忘れていてくれれば、それはずっと心がけて描いていますので、必然的に方向は決まりますよね。それはもう変らないです。多分これはもう一生変らないなって自分で想像つきます」

「バラバラになったら俺たちは俺たちじゃない」そう思っていたシヴァとサイファ。離れた時に気付いた思い。半身を切り取られたような痛み。「人間ふたり居れば諍いが起こるもんなんだよ。でもいいじゃん、その逆だってできるんだから…」
-END-

途中に挿入された作品紹介や一部インタビューなど細かい部分は省略してあります。
誤字脱字はご容赦ください。
    • good
    • 41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qここ数年の成田美名子作品を読んでいる方。

昨日「花よりも花のごとく」第2巻を購入しました。第1巻はまだ読んでいません。

この段階で疑問に思っているのですが、このシリーズと「NATURAL」はどういった関係にあるのでしょうか。おそらく「CYPHER」から「アレキサンドライト」が派生したような関係になっていると思うのですが、アマゾンであらすじを確認しても、どう関わってくるのか想像が出来ません。
今のところ「NATURAL」には食指が動かず、漫画喫茶にも行くつもりがないので、
「花よりも花のごとく」を読む上で予備知識を授けて下さると嬉しいです。

ちなみに「NATURAL」11巻には能マンガが入っているという風に書いてあったのですが、この内容も出来れば教えてください。能マンガという観点から言えば、お薦めでしょうか。
それから「天の響」って何ですか?
以上三点、よろしくお願いいたします。

※ところで「花よりも花のごとく」を挙げてくださった回答者さま、当該質問の質問者さまだけじゃなくて、わたしも参考になりました(^o^)。目に止まるかどうかわかりませんが、すごく遠くからお礼申し上げます(^o^)。

昨日「花よりも花のごとく」第2巻を購入しました。第1巻はまだ読んでいません。

この段階で疑問に思っているのですが、このシリーズと「NATURAL」はどういった関係にあるのでしょうか。おそらく「CYPHER」から「アレキサンドライト」が派生したような関係になっていると思うのですが、アマゾンであらすじを確認しても、どう関わってくるのか想像が出来ません。
今のところ「NATURAL」には食指が動かず、漫画喫茶にも行くつもりがないので、
「花よりも花のごとく」を読む上で予備知識...続きを読む

Aベストアンサー

NATURALの主人公は「山王丸ミゲール(ミカエル)」、ペルー人の少年で、山王丸家(父親の仕事でペルーに住んでいた)の養子です。ミカエルは弓道部とバスケ部の掛け持ちをしており、ミカエルの学校のバスケ部仲間が堂本、JR、大沢という面々。彼らのバスケ部のコーチを今は榊原のじーさまがしています。
西門は、ミカエルの弓道の目標として出てきます。ミカエルが通う地元の弓道場の先生をしているのが榊原高則氏(憲人の父)。当然榊原一門はこの弓道場に出入りしてますので、「花よりも~」でも弓道場の場面に時々ミカエルが顔を出すわけです。


下のかたがたの書いている通り、基本的には「NATURAL」は未読で問題ないと思います。11巻収録の2作品は、「NATURAL」の番外というより「花よりも~」のプロローグですので、読まれたほうがいいかと。

NATURALの設定で、知っておいたほうがよさそうなのは西門の生い立ちを含む榊原家の事情です。コミックスにも関係図がありますが、簡単にまとめますと

・榊原本家は青森で代々神職を継いでいる。
・東京の榊原家は弓道一家、高則さんは弓道の先生。
・「じーさま」は最近青森から東京に移って、東京の榊原家(じーさまから見ると次男の家)に居候中。
・西門は東京の榊原家から青森の本家に養子に出された。一応対外的には秘密ということになっていたが、NATURAL後半でカミングアウト(彩紀が憶えていたため秘密にする理由がなくなった)。高校・大学と弓道の学生チャンピオン。

NATURALの主人公は「山王丸ミゲール(ミカエル)」、ペルー人の少年で、山王丸家(父親の仕事でペルーに住んでいた)の養子です。ミカエルは弓道部とバスケ部の掛け持ちをしており、ミカエルの学校のバスケ部仲間が堂本、JR、大沢という面々。彼らのバスケ部のコーチを今は榊原のじーさまがしています。
西門は、ミカエルの弓道の目標として出てきます。ミカエルが通う地元の弓道場の先生をしているのが榊原高則氏(憲人の父)。当然榊原一門はこの弓道場に出入りしてますので、「花よりも~」でも弓道場の場面...続きを読む

Q樹なつみ「OZ」のラストの解釈について(ネタバレがありますのでご注意ください)

何気なく本屋で手に取った、樹なつみ作「OZ 完全収録版」、とても素晴らしい作品で、一気に読破してしまいました!内容も考えさせられるもので、大好きな作品になりました。
 お聞きしたいのはこの作品のラストの1019の行動についてです。ムトーがリオンに撃たれ、1030に殺されそうになったときに、1019がムトーを助けますよね。ここからの言動をみると1019はムトーが好きだった、ということになるのでしょうか?
 また、シャトルで生き残っていたムトーが助け出される場面で、将軍たちの会話「現在 このプログラミングを行った人物の行動を追跡しているのですが」・・・で自殺・犠牲行為うんぬんと言っているのですが、どういうことなのでしょうか。ここの会話の意味がいまいちよく理解できないのです。
 私の読解力が足りないせいだとよくわかっているのですが、このままでは感動のラストもぼやけてしまいます。もしわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。また、「OZ」の好きな所もお聞きしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。私もOZ大好きです♪同じ作品が好きな人が増えて嬉しいです♪

 私も#1さんと同じで、はじめに出た大判しか持ってないのですが。。。

 19は、ムトーのことが好きだったと思います。(ただ、自覚していたかどうかは謎ですが)
 ご質問のシーンで、19は「機械にまでキスしてやる気はない」というムトーの言葉に衝撃を受け、パメラプログラムが目覚めたと言っていますよね。
 また、19は、パメラのふりをしていたのにムトーに19だと見抜かれた時に涙を流し、「自分の行動が分からない。人間に近づくということは、より不完全になることなのか?」と言っていますね。
 本来、機械に衝撃、記憶障害、自分の行動が分からないってことはないと思うんです。でも、19は、ムトーのことを愛することによって、機械としては不完全に、でも「人間」により近しくなっていったと思います。(#1さんの言うとおり、ムトーへの愛が19を人間にしたという解釈だと思います)

 また、最後の将軍たちの会話は、まったく#1さんの言うとおりだと思います。
 ロボットは自殺できないはずはずなのに、安全なはずのシェルターから外に出て行った(おそらく、ムトーの望みがOZの所産を無に帰すことだったので、その望みをかなえるためには、自分自身も抹消しなくてはならないと思ったのでしょう)19の行動は、機械としては理解不能ですが、愛する人のためには命も捨てるという人間としての行動だと思います。将軍達の会話から、19は、人間として死んだんだなと思いました。
 (因みに、ロボットが自殺できないっていうのは、アシモフのロボット3原則の一つだったと思うのですが、ロボットものでは基本的な設定ですね)

 OZの好きな場面は、まさにご質問の将軍たちの会話部分です。
 人間により近づくことを渇望していた19が、最後にムトーに受け入れられ、自分の命を賭してムトーの望みを叶える。その行動をトレースした人たちは、19のことを人間だと考えるんです。。。。。「望みが叶って良かったね。でもすっごい哀しいよ19」って、すっごい泣きました。

 因みに、私が持ってる単行本4巻のラストには、OZがビデオ化されたときの監督さんが、その辺のシーンの解釈を書いていますが、完全版には載ってないですか?(大体上に書いたような内容になってると思いますが)

 

 こんにちは。私もOZ大好きです♪同じ作品が好きな人が増えて嬉しいです♪

 私も#1さんと同じで、はじめに出た大判しか持ってないのですが。。。

 19は、ムトーのことが好きだったと思います。(ただ、自覚していたかどうかは謎ですが)
 ご質問のシーンで、19は「機械にまでキスしてやる気はない」というムトーの言葉に衝撃を受け、パメラプログラムが目覚めたと言っていますよね。
 また、19は、パメラのふりをしていたのにムトーに19だと見抜かれた時に涙を流し、「自分の行動が分からな...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「CIPHER」で いまだに意味のわからない台詞

こんばんは。
恥ずかしながら成田美名子さんの「CIPHER」でいまだに意味のわからない台詞があります。

後半の方の巻で、ハルがサラの事を指して「電器釜をはいたこともある」と言う台詞があるのですが・・・
 電器釜を履く?吐く?掃く?
いったいどういう意味なのか?それとも方言か何かなのか?
永年の疑問にどなたか知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

サラは、ハルの恋人?(本人たちは気づいていない)なのでハルの家に来て家の掃除をしているときに、ほうきで掃くと思ってました。

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q耳の後ろ後頭部のズキッとした痛みについて。

耳の後ろ後頭部のズキッとした痛みについて。
耳の後ろの神経がズキッと痛みます。
3日ぐらい前から数分に一回のペースでズキッとします。
この痛みはなんなのでしょうか?
何科に診てもらえばよいですか?

Aベストアンサー

 後頭神経痛か、偏頭痛です。実際は同じものでしょう。
 昨晩回答したばかりなので、下記のURLをご覧ください。

  http://okwave.jp/qa/q6188313.html

 原因は、目から来る自律神経の緊張と、パソコン作業等の首コリです。
 コンを詰めて仕事するが、自分に無頓着な人の、職業病です。

 自分のワーキングスタイルに原因があるので、それを何とかしないと、医者もマッサージも効果は今ひとつです、玄関を出れば元通りのコリコリになります。(^o^)わははは・・・
 「頚性神経筋症候群」という病気のとらえ方が参考になると思います。

 私は、救急車のお世話になるところまでいきました。お大事に。


人気Q&Aランキング