ディスクトップパソコンで、WindowsMediaPlayerを使い、音楽CDをライブラリにコピー。そのままCFカードにコピーし直してPDA(シグマリオン(2))のPoketMediaPlayerで再生しようとしたのですが、まずシグマリオン側にCFカードをさし、PoketMediaPlayer立ち上げた時点で、「このメディアファイルに関するライセンスが見つかりません」
とで出来ます。そのまま再生しようとすると、音がまったく出てきません。
又トラブル切り分けのため、たどっていくと、どうやらディスクトップ上で、ライブラリにコピーした時点で、もはや再生しようとしても音が出ない。その辺の設定も問題なのでしょうか?ちなみに、CD側が対応していないからと、デジタル録音できない、アナログ録音に切り替えると、メッセージも出てきます。ヘルプのトピックスを参照して、いろいろ設定を変えてみてもダメでした。
しかもPoketMediaPlayer側には、音質レベルぐらいしか、設定できるものがありません。どうしてもシグマリオン川で音楽が聞きたいのですが(ほとんどそのために買ったような物(^^ゞ)よろしくお願いいたしますm(__)m。

A 回答 (1件)

誰も回答されてないようなので私の知っている限りで答えますが、WMPでCDから音楽をコピーすると自動的に著作権保護機能が付きます(ライセンスを発行する)。

それによってコピーに使ったPCでしか再生できないように保護されるようになっています。
 シグマリオンで聞きたいのであれば、もっとも簡単な方法はWMPを使わないでWMAを作成することです。フリーソフトがたくさん出ていますので CDのリッピングとWMAエンコードを行えるソフトを探して使えばいいでしょう。
 もうひとつ、PocketMPで使えるかどうかはわからないのですが、WMPにはライセンスのバックアップという機能があります。これでバックアップをとって別のPCのWMPにライセンスを渡すことは可能です。詳しくはWMPのヘルプなんかに書いてあると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「シグマリオン」とは?

 当方、パソコンにあまり詳しくない者です。
 今、モバイル機器で「Sigmarion (3)」というのが出ているらしいのですが、これは一体どういう商品なのか詳しく教えて頂けないでしょうか?
 どなたか、申し訳御座いませんが御回答を宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

WindowsCEについての、詳細な知識は、参考URLでご覧ください。

でも、このサイトもふくめて、結局WindowsCEって何なのかをちゃんと説明しているものがないのですよね。

ポイントだけ。

1.Sigmarion3は、キーボードの付いたWindowsCEハンドヘルドPC(H/PC)

 WindowsCEはOSの名前。ROMに入っています。
 つまり、ハードディスクはなくて、インストールも必要なくて、最初から入っている。バージョンアップは基本的にハードウェアごと交換。
 ハンドヘルド、っていうことは、違うタイプもあって、それがいわゆる「ポケットPC」っていう手帳サイズのやつ。

2.ソフトウェア

 まず、OSが違うから、その上で動くアプリケーションソフトは別のもの。
 IEに該当するPOCKET IE:これの機能は大体IE5と同じくらいと言われています。
 OUTLOOKは、名前を変えて、受信トレイという名前で入っていますが、PCのOUTLOOKなどと同期が取れるようです(OUTLOOK使っていないから分からないのです)。
 Sigmarion3にはこのほかに、使い勝手のようさそうな追加ソフトが入っているようです。
 また、メールに関しては、受信トレイよりも使いやすいものが他に市販されています。私はPocketWZというのを使っています。エディタとメールソフトとその他が入ったソフトです。

 さて、ハードディスクがないっていうことは、追加のアプリケーションソフトをどこにインストールするか、ということになりますが、ずばり「電池バックアップのRAM」ということになります。
 Sigmarion3には64MBあって、そのうちの半分は、動作用のメモリになりますので、アプリケーションソフトを入れたり、データを入れたりという「ユーザ使用領域」は残り半分最大32MBということになります。
 でも、ソフトの大きさがXp用のアプリケーションなどに比べると、本当に小さいので、32MBあれば十分です。

 電池バックアップですから、充電切れにそなえて、必ずPCと同期を取るか、バックアップをとるか、コンパクトフラッシュにデータをいれて使うようにしています。
 また同期を取るためのPC上で動くソフトが付いてきます。

3.大きさ、重さ

 大きさは189×117mm、で厚みが21mm。
A4用紙が210×297mm、ですから、いかに小さいかわかりますよね。
 重さは電池込みで460g弱。
 ノートパソコンが1kg強ですから、この差はすごい差なのです。実際に持ち運びをしたことのある私としては、ぜひ、毎日1kgのPCとこの500g以下のものとを交互に持ち運んで実感して欲しい、とまで思うくらいです。

4.バッテリー

 通信していなければ確実に6時間は持ちますし、フルに通信して(通信だけで電池を消耗させて)も3時間は使えるはずです。つまり、カタログの値通りに確実に使えます。
 フルに通信するなんてことはないので、通常の使用をしている限り、一日一度充電すれば十分です。

5.拡張

 先ほど、OSや基本的なアプリケーションソフトはROMに(最初から入っている)、追加ソフト・データはRAM32MBに、と書きましたが、そのほかにSigmarion3ではコンパクトフラッシュのスロットとSDメモリカードのスロットがあります。
 どちらも、メモリカードだけではなく、PHSカードなどが使えます。
 また、ドコモの携帯/PHSならケーブルだけでつながりますし。

6.Q&A

Q.インターネットは普通のパソコンと同じように出来るのですか?それとも、何かPCよりも機能が限られるとかというのはありませんか?

A.ブラウザがPCのIE5とほぼ同機能ということですから、凝ったサイト以外はほぼ大丈夫ではないかと思います。
ただ、MIDIがなったり、マクロメディアのプラグインの部分は表示ができないと思います。
通常のHTMLに関してはまったく問題がありません。

メールに関しては受信トレイよりもPocketWZなどを使うほうがいいでしょうし、そうすれば、PCのメール環境と遜色がなくなります。

Q.本体価格をはじめとして総額でどの位費用が必要になるのでしょうか?

A.ヨドバシカメラ・ドット・コムでは¥55,440(税込)と表示されています。
 一般的には、4~6万円で購入できると思います。
 ただ、秋葉原でいえば、ラオックスやサトー無線で入ることのできるノートPCなどの破損に備えた延長保証(保険)には入ることができません。NTTブランドのため、とのことでした。
 もし、このような保険に入りたいのなら、他の機種がお勧めです。
 基本的に、本体価格以外には必要ありませんが、データバックアップや、日常のデータの保管をコンパクトフラッシュやSDメモリに入れるなら、その分の費用が必要になります。
 また、通信をするためのものがないなら、別途ということになりますね。


7.対抗機種

 HPのJornada728や同720もお勧めですが、現在入手は困難です。
 また、新品での同じく入手は困難ですが、中古であれば、NECモバイルギアR/450などもお勧めです。

 私としては、Jornadaやモバイルギアの中古でもいいように思いますけど…。

参考URL:http://www.wince.ne.jp/

WindowsCEについての、詳細な知識は、参考URLでご覧ください。

でも、このサイトもふくめて、結局WindowsCEって何なのかをちゃんと説明しているものがないのですよね。

ポイントだけ。

1.Sigmarion3は、キーボードの付いたWindowsCEハンドヘルドPC(H/PC)

 WindowsCEはOSの名前。ROMに入っています。
 つまり、ハードディスクはなくて、インストールも必要なくて、最初から入っている。バージョンアップは基本的にハードウェアごと交換。
 ハンドヘルド、っていうことは、違うタイプ...続きを読む

QCFカード?

素人のぶんざいで、本日、一眼レフカメラとレンズを40万で購入しました。まずは、CFカードがないと画像が保存できないと説明書にあるのですが、これがないと、意味ないですか?本体に画像は保存されないのですか?ちなみに買うならいくらぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

 CFというのはコンパクトフラッシュの略で、メモリカードの一種です。銀塩カメラのフィルムに当たります。これがないと、撮影した画像が保存されません。
 CFの価格は容量によって違います。大容量ほど高価です。
 容量の大きな物が欲しければ、マイクロドライブ(MD)と言う方法もあります。容量あたりの単価は、こちらの方がお得です。
 ただし、MDは小型のハードディスクなので、衝撃に弱く、また可動に電力を必要とするので、カメラ本体の電池の消耗が大きいです。
 価格については、こちらを参考に。

http://www.kakaku.com/prdsearch/flashmemory.asp

QEOS20DのCFカードについて

EOS20DのCFカードを買おうと思うのですが、いろいろなメーカーの商品があってどれがいいか分かりません。
本体との相性がよくて信頼性がある2Gから4Gのやつを探しています。
教えてください

Aベストアンサー

過去にレキサー・メディア社のプロフェッショナルシリーズ80倍速CFにおいて、稀に画像が消失する事例が発生し、ファームウェアのバジョンアップ対応済みになっていますが、気になるようなら避ける方が無難かと思います。(私の同タイプCFでは未だ問題は発生していません)

http://cweb.canon.jp/e-support/info/050520eosd.html

EOSとの相性を求めるなら、信頼性からSanDiskのUltra2かExtreme3辺りが無難かと思います。(真相は解りかねますが、噂では純正品はSanDiskのOEMのようです)

勿論、他社の製品でも大丈夫ですが、格安のノンブランド品やバッタ品は避ける方が良いと思います。

また、多少割り高でも高速タイプの方が、連写時やPCへの転送時にストレスを感じなくて良いと思います。

参考URL:http://cweb.canon.jp/e-support/info/050520eosd.html

QMD、CFの書込み速度比較

初代のEOS KissDigitalとマイクロドライブCFMD-6Gを使用しています。

ROWで撮影した写真の書込みに時間がかかるので、コンパクトフラッシュへ買い替えようかと悩んでいます。

コンパクトフラッシュの場合、40倍速などと表示がありますが、どれくらいの倍速のものであれば、マイクロドライブより早くなるのでしょうか?

自分で撮影したときのデータを記します。
ROW写真のデータ容量1枚あたり6~7MB
4枚連続撮影し、書込み完了するまでの時間:約30秒

Aベストアンサー

同一条件で実際に確認しました。
Lexar80X(12Mb/s)、40X(6Mb/s)、HagiwaraSyscomノーマル(速度不明)で、矢張り25~30秒掛かります。
(30D&5Dでは、40倍速と80倍速で明らかな時間差があります。)
この事から、KissD(初代)の転送速度は1Mb/s程度と推測します。
結論は、高速CFを使ってもメリットが無いと言う言う事です。

ただし、32bitカードバスでのPCへの転送では、ノーマルCFと高速CFで、明らかに時間差があります。

なお、MDは電池の消耗が大きい事、容量の半分ぐらいから徐々に書き込み速度が低下する事、ショックに弱い事、等のデメリットが有ります。
また、PCの環境次第では、高速CFに変えると読み込み時間の短縮に繋がると考えられます。

Q16GのCFを使えるか

最近は、16GのCFや4GのSDカードも発売されていますが、このような大容量のカードもデジカメで問題なく使用できるのでしょうか。
ちなみに、私が使用しているカメラはS5pro(CF)とD80(SD)です。

Aベストアンサー

16GBのCFは一部で問題が発生しているようです。
一部のカメラでフォーマットすると、8GBとして認識してしまう可能性があるようです。
将来、ファームアップ等で対応される可能性もあるとは思いますが、まだ自己責任の世界でしょう。

4GBのSDについてですが、これはSDHCではなくSDということでしょうか。
本来、規格外なのですが、うまく使えているケースも多いようです。
ただ認識しない、2GBとして認識すると言った報告もあります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報