生垣にしているアカメガシ(居住している団地は全戸生垣はアカメガシに統一されています)の葉に黒い斑点ができ、葉が落ち始めました。初夏の葉が赤く染まる時期にも、我が家のアカメは生育が悪く、近所のと比べてもかなり見劣りがします。隣の人に薦められて、住化タケダの『トップジンMゾル』という液体の薬品を購入し、規定どおりに薄めて散布しましたが、効果らしい効果がありません。このままでは秋には全滅するかもしれません。また、石灰・硫黄・銅の合剤を3~4月頃に地面に撒いて消毒するとよいという話も聞いたのですが、今の時期におこなってもよいのでしょうか?対策をご存知の方は、是非教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的に殺菌剤は病気を治す薬ではないと思っています。


菌の蔓延を防止するのです。したがって、黒い斑点は治りません。
薬品もトップジンMで間違っていませんよ。ただ、斑点が蔓延するのを止めるだけなので、とっとと剪定をしてしまうのが得策です☆ 病気になった部分を早急に切除して焼却処分してしまうのが、黒い斑点を無くす一番の方法です。いまなら秋の剪定ということですぐ新芽が真っ赤にでてきます。そのとき肥料も施肥しますと色も濃く、病気に強いアカメになります。人間と一緒で、元気がなくなると病気になりやすいものです。
殺菌剤ですが、トップジンMでもかまいませんが、効果が薄いなら、違う薬(ダイセン)(ベンレート)等に変えてみるのも得策です。ただし、殺菌剤は二週間から一ヶ月に一回、最低三回は散布しないと効果が期待できません。一回だけの散布だとなかなか…しかもしっかり葉の裏側まで丁寧に散布してください。展着剤の添加
しとけば効果大です。
あと石灰硫黄合剤ですが、地中に撒くなんて聞いたことはありません。冬場葉や幹に撒くものですよw
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
大変よくわかりました。
すぐに実行してみます。

お礼日時:2005/09/11 08:30

追伸…


来年は病気が出るまえに殺菌剤を散布しましょう☆
殺菌剤は病気が出てからでは蔓延を防ぐもの…予防薬だと考えています。
それよりか病気にならない個体にするのがベストです。
肥料・水分・日光・風通し・水はけと植物の環境をよくするのが病気を防ぐのでは?人間やペットと同じです。
【我が家のアカメは生育が悪く…】多分、肥料もあげてないのでは? 窒素の多い9-6-7くらいの化成肥料を少しパラパラと3・6・9月か2・5・8月に少なめに撒いてみてください。撒きすぎると枯れるから、最初は少なめに…樹木の大きさも考慮して。
とまあこんなに神経質にもならなくてもよいですが、植物は時間の流れが非常に遅いから、慣れれば簡単です☆
来年はがんばって☆
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざりがとうございます。
あれから、早速消毒をし施肥しました。また、時期をみて施肥と消毒はします。それと垣根の下に植えてあった低木を少し間引きました。

お礼日時:2005/09/14 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNMOSとPMOS

まったくわからないのでずばり教えていただきたいです。

なぜ、NMOSのほうがPMOSより小さい素子を実現することができるのですか?まったくわかりません。
この二つの動作速度などは承知済みです。
教えてください。

Aベストアンサー

あまり完全な記憶ではないのですが・・・参考になればと思い私の理解する範囲を述べます。
重要なのはホールと電子の移動度の違いです。
ホールの移動度が電子の移動度よりも小さいため、同じだけの
電流駆動能力を持つトランジスタを作るには、PMOSの方がゲート幅が
必要になります。このため、PMOSの方が面積が必要になる、と記憶してます。
(最近までしっかりした記憶のはずだったのですが、気付くと抜けかけてます・・・残念です。)

さて、なぜ同じだけの電流駆動能力が必要になるかというと、CMOS回路を設計するときに重要だからです。
NとPトランジスタのドレイン電流駆動能力が同程度でなければ、
閾値が電源電圧とGNDの中間から外れるためです。

詳しい方、間違いがあれば訂正お願いします。

Q除草剤のネコソギを庭に散布してしまいました。生垣のアカメが落葉して元気がないのですが回復させる方法は

除草剤のネコソギを庭に散布してしまいました。生垣のアカメが落葉して元気がないのですが回復させる方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

アカメって常緑樹ですか?
ローカルネームのようで、正式名称が判りませんが、常緑樹なら、このまま秋から冬に葉を落として、そのまま枯れると言う事も有ります。
ただ、ネコソギは今頃まいても、来春から葉を落とす、種は芽を出さないように働く除草剤かと思います、今、葉を落としているのは、命をつなぐために葉を落として、来春、芽が出だすための解毒をやっているのかもしれません。
来年に期待するなら、雪が降って、根雪になる地方なら、雪を出来るだけ根元にまとめて、春まで水分を切らさないようにして下さい。
雪が降っても根雪にならない地方なら、時々水をかけましょう、水分補給と土の中の薬剤を深く浸み込ませて、根の無いところまで追いやるためです。

命を長く持って来たなら、回復しますし、これまでの命なら、来春枯れます。

QNMOSのインバーター VH VL の関係

いつもお世話になっております。
抵抗とNMOSをつかったインバーター(下の図の右側)について質問です。

下の図の左側に

横軸が入力 
縦軸が出力

のグラフがあるんですけど

入力のVH、VL
と出力のVH、VL

がそれぞれ同じ値になるのはどうしてでしょうか?

「同じ値になる」とはどういう意味かというと、たとえば,
「下のグラフで“入力”のVLが0.2とすると、“出力”のVLも0.2となる」
ということです。

よろしくおねがします。

Aベストアンサー

>>>入力がVL時は、出力のVHが電源電圧Vdoとなり
>>>入力がVH時は、出力のVLはNMOSのオン時の飽和電圧になります。

>ということはつまり、
>・出力のVが電源電圧Vdoとなるときの入力VをVLと定め、
>・出力のVがNMOSのオン時の飽和電圧になるときの入力電圧をVHと定めたと

>ということなのでしょうか?
そういうことです。

>さらに、もう一つ疑問なのですが、上の回路の場合、
>入力の範囲が 0.2~2.5Vととすると
>出力の範囲も0.2~2.5Vに必ずなるといえるのでしょうか?

出力の電源電圧Vdoが;2.5V であれば、
前提条件付きで、
入力がVL が;0.2V      →出力のVH;2.5V(電源電圧Vdo)
入力がVH が;2.5V として →出力のVL;0.2V(飽和電圧)
出力のVHの電圧は、電源電圧Vdoに依存し、
電源電圧Vdo;5.0Vなら出力のVH;5.0Vとなります。
 

Q薔薇の消毒(石灰硫黄合剤・木酢液)

初めて薔薇を育てていて
解らないことだらけなので教えてください。
本日、冬の剪定というのをしてみようと思って
いるのですが、調べているうちに、この時期に
消毒として石灰硫黄合剤や木酢液で薔薇を消毒するもの
らしいという事までは解ったのですが
何がどの病気などに効果があるのか?
両方とも与えたほうが良いのか?
どの程度、どのタイミングでなど、合点のいかない事
ばかりなので、石灰硫黄合剤・木酢液による
薔薇の消毒について細かく教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
硫黄石灰合剤はこの時期(休眠中)に散布すると、
ハダニ等の卵や幼虫の駆除、黒点病、うどん粉病などの予防になります。
芽が動き出す前にやる必要があるので、今から1ヶ月くらいでしょうか。

木酢液は土や樹木の消毒や樹木に力をつけるとともに自然に優しいということで、
この時期だけでなく、年間通じて散布できます。

私のつたない経験から、硫黄石灰合剤の散布をした年としなかった年では病気や虫のつきかたが全然ちがいますので、
やった方がいいと思います。
(やらなかった年は見事に虫がつきました)
年間に頻繁に農薬散布をするより、冬に硫黄石灰合剤を散布した方が
いいような気がします。
臭いがすごいのとフェンスなど鉄柵が腐食することがあるので、気をつけて散布してください。
ベランダでしたらペイント用の刷毛で塗る方が便利です。
いずれにしても希釈度数を間違えないようにしてください。

下記URLがご参考になればと思います。いい花が咲くといいですね。

http://homepage3.nifty.com/walnut-home/page23661.htm
http://www.green-valley.jp/descrip_diseases.htm
http://www.e-garden.co.jp/seminar/semi9901.html

こんにちは。
硫黄石灰合剤はこの時期(休眠中)に散布すると、
ハダニ等の卵や幼虫の駆除、黒点病、うどん粉病などの予防になります。
芽が動き出す前にやる必要があるので、今から1ヶ月くらいでしょうか。

木酢液は土や樹木の消毒や樹木に力をつけるとともに自然に優しいということで、
この時期だけでなく、年間通じて散布できます。

私のつたない経験から、硫黄石灰合剤の散布をした年としなかった年では病気や虫のつきかたが全然ちがいますので、
やった方がいいと思います。
(やらなかった年...続きを読む

QnMOSトランジスタとコンデンサの動作

   A
   ┃
  ━┻━
  ┏━┓   V   →I
━┛  ┗┓
      ┻
      ┳  C
      ┃
      ▼gnd

上のようなnmosがある。Cは容量Cでまだ充電されていないコンデンサである。左端の銅線はVddに接続されていて。そしてゲート電圧は最初は0とする。閾値電圧はVtn、nMOS利得係数はβnとする。

ここで瞬時にV_GB(以下Vgbという風に表記します。V_DS等も同様)を0→Vddに切り替えたとき、Vを時刻tを用いた式で表せという問題です。

**** 以下自分なりの解釈 ******************
Vgs - Vtn = Vdd - V - Vtn
Vds = Vdd - V

∴ Vgs - Vtn < Vds
よってこれは、飽和領域下でうごくんですよね?
そうだとすると、
I

I=C * (dV/dt) = βn * (Vdd - V - Vtn)^2 / 2

よって、

dt/dV = (2C/βn) * 1/(V - Vdd + Vtn)^2
Vについて両辺を積分して、
t = (2C/βn) * 1/(V - Vdd + Vtn) + A (A:積分定数)
t=0の時は、V=0であるから、
0 = (2C/βn) * 1/(Vtn - Vdd) + A
∴A = -(2C/βn) * 1/(Vtn - Vdd)

t = (2C/βn) * 1/(V - Vdd + Vtn)
-(2C/βn) * 1/(Vtn - Vdd)


こうしてVをtの式で表すように変形すればいいということでしょうか?

   A
   ┃
  ━┻━
  ┏━┓   V   →I
━┛  ┗┓
      ┻
      ┳  C
      ┃
      ▼gnd

上のようなnmosがある。Cは容量Cでまだ充電されていないコンデンサである。左端の銅線はVddに接続されていて。そしてゲート電圧は最初は0とする。閾値電圧はVtn、nMOS利得係数はβnとする。

ここで瞬時にV_GB(以下Vgbという風に表記します。V_DS等も同様)を0→Vddに切り替えたとき、Vを時刻tを用いた式で表せという問題です。

**** 以下自分なりの解釈 **************...続きを読む

Aベストアンサー

 
 
 どうも失礼、巡回に入れ忘れてました。
符合も良いようですね、
  電圧のswing = 1/( tβ/2C - 1/(Vdd-Vth))
の形と合えばOKです。

Vth の th は thresholdスレッショルドです、添字は普通2文字書くので。nch と pch 混在で区別する場合は Vtn,Vtp,βn,βp と分けて書いたりします。
 で、
上記の式のように、スレッショルド電圧は 「 何かの電圧 マイナス Vth 」の形になって現れます。なぜなら Vth 以下は動かない、Vthを越えた分しか効き目がないからです。 なので、式を書くとき こうまとめるクセを付けておけば、符合まちがったときなど すぐアレ?と気がつきます。慣れておけば得するってことです。
 
 

Q石灰硫黄合剤かマシン油乳剤か。

松葉ふるい病で弱っている松も含めて、桃、たちばなに
農薬散布したいと思います。

弱っている松にはかけないほうがいいという意見もあり、
また、全部にかけてしまったほうがいいと言う意見もあります。松は冬前にマコをやり、だいぶ枯れもおさまってきたようです。

においと腐食がきつい石灰硫黄合剤をかけるべきなのか、
石灰硫黄合剤を3回かけるところを1回ですむが弱っている木にかけないほうがいいマシン油乳剤にすべきなのか?
悩んでいます。

農薬散布はやったことがないので、注意点も教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>農薬散布したいと思います。
マシン油乳剤を使用する目的は何ですか?病気の防除を目的に松に散布しても効果ありません。
葉に寄生するダニやカイガラムシ、アブラムシのような微弱な昆虫を窒息死させる目的で使用される薬剤で、ダニが間接的な原因で起こるサビ病などをのぞいて病気には直接的な効果がありません。落葉樹に使用すると窒息で落葉を招くため、葉の出ている時期は使用できず、散布時期は冬が最適です。
常緑樹には秋から春にかけて使用可能ですが、植物の活動が活発なときは葉が黄色に変色することもあります。

石灰硫黄合剤は殺虫性も殺菌性もありますが、強いアルカリ性のため他の種類の薬剤と併用すると変質するため、使用する場合は他の薬剤と間隔をあけてください。

臭いが気になるのでしたら幅広い病気に効果がある銅剤やダイセン水和剤などを使用してはどうですか?
木に副作用などが無く毒性も低いため使用法が難しくないのが利点です。ただし銅剤のなかでも無機銅剤ははアルカリ性なので併用できない薬剤もあります。

Q心の病気とはどんな病気ですか。 発達障害も心の病気なのでしょうか。 私には発達障害があり心の病気か脳

心の病気とはどんな病気ですか。
発達障害も心の病気なのでしょうか。
私には発達障害があり心の病気か脳の障害なのか知りたいんです。障害とか心の病気に詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

支援学校教員です。

医学上「心の病気」と言う項目はありません。ただ、世間一般的なイメージで「心の病気」=「精神病」と言うのはあります。

また「発達障がい」は「脳の機能不全」で、いわゆる「精神病」と言う日本のイメージには当てはまりません。ただし、あくまで「日本のイメージ」です。

現在、多くの「精神病」が「脳の中のホルモンバランスのくずれ」などが「原因ではないか」と言われ出しています。ですので「色々な薬」が開発されているのです。

また、アメリカの精神医学会の診断基準「DSM―5」では「発達障がい」は「精神病」の分類になっています。取り扱う医師が「精神科医」であるのは、その「分類」があるからです。

あなたは「発達障がい」=「精神病」となって欲しくないのは、「精神病」のマイナスイメージが嫌だからですか? それならば「発達障がい」は「脳の機能不全」と説明をされるといいでしょうね。

Q石灰硫黄合剤

カイガラムシの除去に石灰硫黄剤を使っていましたが、現在は販売禁止とのこと。
代わりになる薬をご存知の方教えてください

使うのは、ブドウの木です。春先に、防除の意味で散布するように本に書いてありましたので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もこの危惧をしておりましたが、入手は可能です。
インターネットでも入手出来ます。
但し、500mlは無く、10リットルか、18リットル単位での販売です。
昨年、私は農業資材店で思い切って18リットル買いました。
以前は、ホームセンターでよく見かけましがホームセンターでは難しいかも知れません。
農協でも購入出来ると思います。
ブドウのことは知りませんが、一般的には寒い時期使用するが肝要です。
葉の無いものなら10倍、葉付きのものは30倍で使用しています。
私は1月から2月にかけて1、2週間間隔で3回散布しました。
散布したのは、梅、蜜柑、お茶その他庭木などに
この前、園芸店で小鉢のバラにお店の人が10倍の石灰硫黄合剤を刷毛で塗っていました。
販売禁止の理由は、本農薬とトイレの洗剤を混ぜて硫化水素を発生させて自殺に使うとか。
本当に人迷惑な話です。またこんな理由で販売禁止にする考えも全く理解出来ません。
そんなこと言ったら、包丁だって販売出来ませんよ。電車も走らせませんよ。

Q大きな病気/小さな病気

よく病院の問診などで「過去に大きな病気したことありますか?」と聞かれますよね? 単に「大きな病気」だとその程度がかなりアバウトで、どれだけ大きい病気だと大きな病気と判断していいものなのかと気になったことがあります。感覚には個人差もあるだろうし。
自信満々ではありませんが、例えば何らかの病気で入院や手術したことがある場合、これは多分大きな病気の部類に入るんじゃないか…と思います。
つまり本当に動けないくらいひどい鬱病で入院したことがある場合は多分…というかほぼ確実に大きな病気と言えそうですが、軽い鬱としか診断されない鬱病の場合は大きな病気には入らないんじゃないかと思います。ちなみにこれは具体例であり、私に鬱病歴があるわけではありません。動けないくらいひどい風邪をひいたことならありますが。
でも入院歴や手術歴だけが大きな病気の基準か? と言われると「うーん…」とうなってしまいます。
「大きな病気」と言うだけじゃえらいアバウトだな…と思うことがありますので、皆さんの問診の「大きな病気」の基準を教えて下さい。または私はこのような病気にかかって「大きな病気にかかったことがありますか?」と聞かれてそのように答えたことがあるというものでも構いません。

よく病院の問診などで「過去に大きな病気したことありますか?」と聞かれますよね? 単に「大きな病気」だとその程度がかなりアバウトで、どれだけ大きい病気だと大きな病気と判断していいものなのかと気になったことがあります。感覚には個人差もあるだろうし。
自信満々ではありませんが、例えば何らかの病気で入院や手術したことがある場合、これは多分大きな病気の部類に入るんじゃないか…と思います。
つまり本当に動けないくらいひどい鬱病で入院したことがある場合は多分…というかほぼ確実に大きな病気と言...続きを読む

Aベストアンサー

内科の医師です。
仰る通りです。アバウトで分からないですよね。反省させられます。
Minako-chanさんへの回答を一概に言うことはできません。なぜならその状況その状況で「大きい病気」が差す内容が異なるからです。
質問の目的は、これからしようとしている検査や治療に対して、関連した有用な情報を得たいというところにあります。
一般に回答の幅が狭い質問はあまり良しとはされていません(最たるものはyes/noで答えられる質問)。だからなるべく多くの回答を得るため、最初はアバウトな質問から始めるのだということはご理解下さい。しかし「大きな病気」で一まとめに言ってしまうと確かに何を答えて良いのか分からなくなりますよね。特に患者さんが答えに窮している場合などはもっと質問の内容を明確にしていく必要があると思います。
#1の方が回答されている、通院程度の胃潰瘍であっても、例えば吐血などして病院に担ぎ込まれた場合、その既往を申告して頂くことは診断する上でたいへん重要な情報になります。
同様に「ご家族で誰か病気をお持ちの方はおられますか?」という質問もされた経験があるかと思いますが、これだって癌家系かどうかを知りたいのか、血縁に肝炎ウイルス保有者があるか否かを知りたいのか、はたまた糖尿病の素因があるかどうかを知りたいのか、質問者の意図は様々です。これを「家族の誰かに何かの病気」で片付けては、勿論答えるほうも困るだろうし、質問した側も期待した回答が得られない可能性が高くなります。
少し余談になりますが、Minako-chanさんの質問にある「軽い鬱病」などは、最悪の場合、下手にこの既往を申告してしまうことで、病気を過小評価されてしまう可能性だってあります。本当はその症状を生じる器質的異常があるのにも拘らず、精神的なものとして片付けられてしまうなどのように。本当はあってはならないことですが、こうした先入観が診断を誤った方向に導くことは、「可能性としてあり得る」のだということを、医療者も患者も共に肝に銘じておく必要があると思います。
明確な質問、的確な回答、これは患者と医療者の良好な関係を築き、治療を成功に導くための重要な鍵の一つであると思います。
とりわけ医療者は専門家として、先入観にとらわれず正確な診断を下すにはどのような情報を得る必要があるのか、現在自分にとって必要な質問は何なのか、よく考えて質問を行うべきですね。
だからMinako-chanさんが「何て答えたらいいのかな?」と悩む必要はないと思いますよ。自己判断で適当に答えるよりは、迷ったら「例えばどういった類の病気について答えれば良いですか?」とか「風邪をこじらせてひどい目にあったことがあるのですがこんなのも関係ありますか?」等と遠慮なく質問されると良いと思います。それが逆に医療者を助けることに繋がるかも知れません。

内科の医師です。
仰る通りです。アバウトで分からないですよね。反省させられます。
Minako-chanさんへの回答を一概に言うことはできません。なぜならその状況その状況で「大きい病気」が差す内容が異なるからです。
質問の目的は、これからしようとしている検査や治療に対して、関連した有用な情報を得たいというところにあります。
一般に回答の幅が狭い質問はあまり良しとはされていません(最たるものはyes/noで答えられる質問)。だからなるべく多くの回答を得るため、最初はアバウトな質問から始めるのだ...続きを読む

Qマシン油、石灰硫黄合剤の散布について

ゆず、柿の防虫防疫用としてですが、マシン油と石灰硫黄合剤を混合調製して散布するとどのような問題があるのでしょうか?

マシン油と石灰硫黄合剤の混合は不可とするコメントを良く見掛けますが、一方では混合使用した時のデータが発表されたりしているのも有りました。 

ご存知の方、お教え頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

マシン油は、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E6%B2%B9%E4%B9%B3%E5%89%A4
http://www.j-tokkyo.com/2005/A01N/JP2005-132773.shtml
で、炭化水素の界面活性剤混合液、極端な言い方をすれば、ゴキブリにママレモンを吹き付けるとゴキブリが死ぬ、というような昆虫の足に有る気口を塞いで殺すという使い方です。

石灰硫黄合剤は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%81%B0%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%90%88%E5%89%A4
http://horibe87.co.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=11
で、気口に石灰か硫黄の膜を作って、窒息させる、という使い方です。

殺虫目的ですと、同じ場所に作用しますので、時期をおいて使いたいです。

ところが、後者の場合、強いアルカリに塗布面をします。
多くの細菌はpH8以上のアルカリでは生育できません。逆に普通の植物では、強いアルカリのために薬害が出ます。植物の越冬期しか使われない理由です。
界面活性剤を入れて、油を入れて、OWかWOエマルジョンの形で植物表面に吹き付けると考えると、植物の表皮の状態によっては、選択的にどちらかの成分が付着して、、、、ということが考えられます。研究者はこのあたりを研究者は注目している物と思われます。

先に特許を上げたように、マシンゆの界面活性剤の成分が変化しています。
界面活性剤の状態によって結果は大きく変化する、昔使われていた界面活性剤では「混合は不可」(アルカリで二層分離する、酸性成分なので硫黄のガスが出る)、最近は界面活性剤の成分が変わってきて、使えるのかもしれない。
と見当がつきます。
研究報告の内容は、条件によって大きく変わります。極端な場合、内容が直後の報告で否定されるときがあります。ご自身の栽培で、大きく影響が出ない範囲で、試してみる、程度の内容です。
営利栽培の場合には、発売された場合の新薬によって薬害が出で離農した、なんてこともありました。

マシン油は、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E6%B2%B9%E4%B9%B3%E5%89%A4
http://www.j-tokkyo.com/2005/A01N/JP2005-132773.shtml
で、炭化水素の界面活性剤混合液、極端な言い方をすれば、ゴキブリにママレモンを吹き付けるとゴキブリが死ぬ、というような昆虫の足に有る気口を塞いで殺すという使い方です。

石灰硫黄合剤は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%81%B0%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%90%88%E5%89%A4
http://horibe87.co.jp/modules/bulletin/index.php?page=articl...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング