えひめ丸の事故で行方不明になった方々の捜索で、まだ1名見つかっていないのに関わらず、捜索を打ち切ってしまった米軍に不満と憤りを感じるのですが、この捜索打ち切りは仕方のないことなのでしょうか?

確かに引き続き日本の自衛隊が捜索を行う為、捜索自体に支障はないのでしょうが、事故を起こしたもともとの原因はアメリカ(米軍そのもの)にあって自分のけつぐらいは自分で拭けと言いたくなります。

もし、日本の船でなくアメリカの船なら、きっと彼等は最後の最後まで一生懸命捜索を続けるでしょう。

もし、日本とアメリカの立場が逆だったら、アメリカの広い意味で何かしらの報復があったでしょう。

自分達が罪もない人を(行方不明の方のご家族には申し訳ありませんが)殺したくせに最後まで面倒もみれないようなこんな国がある限り、戦争と人種差別が無くならないのは当然だと思います。

そして、日本ももっと言うべきです。

みなさんはどうお考えでしょうか。ご意見をおまちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ニュースだと、米軍も探せる区域はすべて捜索したと伝えています。

それが正しいとすると、最後まで探した結果、見つからなかったと言うことではないでしょうか。
しかし、そもそも、原子力船が見学者のために不注意で事故を起こしたという根本的なところを考えると、日本の立場というのは弱いなあと考えてしまいます。
また、当時の森首相に力があれば、政治的なレベルでアメリカと交渉していたかもしれませんが、あまりアメリカを刺激したくないと言うような形で決着をつけたという責任も本来ならもっと問われるべきなのかもしれません。
日本はいつも弱腰だとか、外交音痴とか言われるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にそうですよね。
日本は世界に誇れるものを数多く持っているのにも関わらず、
それを上手にアピール出来ないように、
外交にももどかしさを感じます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 11:27

確かに悲しい事故(事件)であると思います。


しかし、打ちきってもかまわないと思います。
船内に留まっていればすでに発見されているでしょう。
おそらくは「船内」にいないのだから作業自体が無駄だと思います。
人種、報復、一所懸命などという文字がto-backさんの文書から読めました。お怒りになるお気持ちは同感ですが(ホントに)はたしてそうでしょうか?日本人だからないがしろにされているのでしょうか?
私はこの件に関しては単に「死体発見の可能性がない」それだけだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
一方的にしか物事を見ず、ただ感情的に怒りをぶつけても何の解決にもなりませんね。
でもやはり、不満は持っていいと思うし言うべきだと思います。
今のアメリカ政府、日本政府の政治や外交に満足してしまっては、これからの世の中が今以上にいいものになる気がしないからです。
いい国になって欲しい。こんな事件はもう起こさないで欲しい。
結局のところそれが今回の願いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 13:19

最初の交渉のボタンの掛け違えではないでしょうか。


米国は交渉事には契約をしているはずで一度契約をすれば
どんなことがあっても契約書通りに遂行するはずです。
えひめ丸をダイバ-の捜索可能な水深か、若しくは遺族が納得するかどうか等々の契約事項があったはずです。
恐らく日本側の交渉に当たった交渉当局が、捜索方法及び捜索期間の契約をして結果一人行方不明の結果に終わったと思います。
ベトナム戦争で自国民の捕虜及び遺骨を長期間放置していた例及び台湾の地震で遺体の取り扱いで日本と米国の違いが報じられたように日本人とは死体に対する考え方が違うのではないのでしょうか。
to-backさんが言われるような人種差別などは無いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
アメリカが単独で起こした事故なら外国との交渉や契約事はないので、
国民の納得がいくまで捜索が続けられるのでしょうが、
今回の件では日本との交渉が発生するので、「じゃあ延長しようか」ということは確かに難しいですよね。
しかし契約道りに遂行するはずのアメリカは京都議定書などをあっさり蹴って我が道を突き進み、
日本は日本で文句も言えずについて行くんですから、お互い変わった国ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 12:07

捜索の継続に関しては、犠牲者のご家族の意志が何よりも尊重されます。

強い要望を無視して捜索が打ち切られたのなら断固抗議すべきでしょう。
が、米軍とご家族との間に何度も話し合いが持たれ、肉親が涙をのんで合意したのであれば、それを尊重すべきです。もはや周囲がそのことで騒ぎ立ててはいけないのではないかと感じます。
また報道された捜索活動の内容を見る限り、時間と費用をこれ以上費やしても、行方不明者の発見に結びつく可能性はごくわずかです。
結論として、捜索打ち切りは仕方のないことと考えます。

事故当時日本政府は、米軍側の問題点をきちんと調査・追究し、外交の場で強く主張すべきでしたね。
今からでは遅きに失したかと…だいたい、今外務省はああいう有り様ですし、民意を与党への攻撃材料くらいにしか思っていない野党では政府を動かせませんし…。
今一般人のレベルでできることは、アメリカでこの事故がどのように捉えられているかを知り、日本でどう捉えているかを知らせることでしょうか。日本の報道機関を通じてアメリカに発信する方法はないのかな。
アメリカや日本政府を「人格的」に捉えて責めるのでは問題解決に結びつかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに被害者の御家族が納得しているのなら外野がうるさく言うのは
どうかと思います。
しかし、この問題を放っておいては、これからの日米の外交は
日本にとって暗いものになりそうで恐いのです。
実際、今自衛隊員の方々は本来の日本の自衛という目的を無視され、
アメリカの為に危険な目に遭おうとしているのです。
外国に利用されないように日本はもっと頑張って欲しい思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 11:43

 別にアメリカ政府の対応については、まぁこんなもんだろという感じですね。

もともと期待できませんので。本当に自国のことしか頭にないようですからね。捜索が終了したらワドル船長が宇和島に来るらしいですが、ご自分がお受け取りになる年金の一部でも被害者に補償してくれようとでも言うのであれば来る意味ありますけど。
 むしろ嘆かわしいのは日本政府の対応ですね。確かえひめ丸沈没の報を森さんゴルフ場で受けたと思うのですが、国会でもゴルフの話ばかりで結局実際の救助活動はアメリカ側にお任せでしたよね。もしアメリカ国民が被害にあったとしたら、アメリカ政府自らの手で救助活動を実施したでしょう。今更になって自衛隊を派遣しましたが、「1~2週間程度の予定」(見つかるまでではない)の捜索活動で政府は何しようとしているのでしょうか。アメリカより悪質です。
 思うに自衛隊の潜水艦が日本で同じような事故を起こしたとしたら、もっとあっさりと救助活動も終了して、まだ行方不明者のいるうちに慰霊祭をさっさとやってそれで打ち止めにしていた気もしないではないです。それを考えるとアメリカの対応「さえ」マシであったのかもしれません。

 唯一の救いといえば、現地ハワイの人たちのなかにこの事件を心から悲しみ、行方不明者のご家族を癒そうと本気で努力してくれた方がいらしたということですね。よりアメリカ本土の人たちの「ノーテンキ」さが際立ちましたが(真珠湾攻撃や慰安婦を考えれば日本は文句言えないといった意見など)。ある種沖縄-日本本土的なつながりを感じました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
日本の外交の弱さ、緊急事態での対応の遅さは未だに健在で、
やはり、こんなもんだろうと思ってしまいました。
期待の出来ない状態を早く打破して欲しいものですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 11:23

同感です。

捜索打ち切りの前に、私は沈没させられた時にどうしてもっともっとアメリカに抗議しないのか理解できませんでした。
アメリカの技術をもってすればすぐにでも引き上げれたと思います。
ロケットで宇宙へ行く国ですから・・・戦争であれだけの威力を発揮する国ですから・・・。絶対に全力を尽くしてもらっていないと思います。
素人考えですがロケットや軍用機などで持ち上げることも出来るのではとか・・・
潜水艦で下から持ち上げるとか・・・なぜやらないのだろうとずっと思っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も素人なので詳しくは分かりませんが、
なんせ船体の損傷がひどく、燃料漏れの可能性もある為、
そんな簡単には引き揚げられないと、
引き揚げ作業を行った会社が言っていたのでそうなんでしょう。
ただ、本当にアメリカには弱い日本だなと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 11:10

同感です。


今回のテロ報復には莫大な軍事資金を費やして戦争やってるくせに、と思いますね。あとWTCの行方不明者捜索活動資金が縮小されNYの消防士が反発し逮捕者までもが出るというくらいですよね?報復の為には惜しまないのにこの辺の矛盾に憤りを感じますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者というのはどう言う事でしょうか。
いやあまり深入りするのは失礼ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 11:01

例えば、何等かの遭難事故や建物の倒壊自己などでも一定の期間の捜索が行なわれても発見できない方がいた場合、捜索打ち切りとなりますネ。


一見、今回の措置も同様のように見えます。
けれども、えひめ丸事件は非常に特殊な事件であると言えます。
例えればスクールバスに戦車が突っ込んだような事故ですから、通常の天災や民間同士の事故と同様の措置をとることには強い疑問を感じます。
アメリカ国内ではえひめ丸が練習船であり、そこに民間人が操船に関与した潜水艦が突っ込んだ事故であるということは広く知らしめられていないのです。ですから、世論も動かないのですネ。
本来は日本政府がアメリカの大手メディアに強くアピールしなければならなかったのに‥
弱腰外交が招いた結果であると思います。
戦争と人種差別というのは、また、別の次元の問題であろうと考えますが‥
えひめ丸事件については日本政府の対応、アメリカ政府の対応、共に問題があると考えます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本の外交はいつも頼り無い感じがします。
もっと上手に出来ないものでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 10:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【緊急】認知症行方不明者を捜索しています!

認知症の母が行方不明になってしまい、もう20日以上経過しております。
所持品はなく(お金も持っていない)、薄いシャツ1枚で外出している状態です。
また自分で名前や住所を言えない可能性もあり、食事やトイレも促されないと出来ない状態です。
近隣の捜索はもちろん、警察署への捜索願、ポスター貼り、ホームレス向けの炊き出しでの捜索と情報収集など、
考えれることを実行しているのですが、現状全く手がかりがありません。

どなたかこの手の捜索方法や情報収集等に詳しい方、同じような経験がある方、
「こうしてみたら?」「こういう状況で見つかった」「こういう可能性がある」など、
何でも良いので教えて頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

心配ですね。私の地区では、市の社会福祉協議会が,徘徊ネットの名前で、会員向けにメールを流しています。日時・場所・男女別・着衣・呼び名・年齢等をメールで連絡し、発見したら、最寄の警察に連絡する。こういった運動をしています。受け取った会員は自宅近くの公園や、人の集まりそうな場所へ出かけた時は注意深く捜索してます。貴方の地区にシステムが有るか、わかりませんが、一度相談されたらいかがでしょうか。

Q今回の広島の雨の行方不明者を探す人々は

今回の広島の雨の行方不明者を探す人々は、どのような職業の人なのでしょうか?
自衛隊ですか?
市の職員ですか?

Aベストアンサー

 ボランティアで行っている人も多いのでは。NGO、NPOの方々、夏休みで時間のある学生なども参加しているのではないでしょうか。

 質問者さんも、ヒマだったら行ってみてはいかがですか? 

Q沖縄の元在日米軍の人から聞いたのですが、沖縄の米軍基地に反対している人の殆どが特アの人達だというのは

沖縄の元在日米軍の人から聞いたのですが、沖縄の米軍基地に反対している人の殆どが特アの人達だというのは本当だと思いますか?

ちなみに沖縄に住んでいる従兄弟は、「米軍がいるからこそ商売が成り立つ店が多いから逆に米軍が撤退すると困るし、中国の件もあるから」と、米軍撤退はあまり喜ばしくないようでした。

Aベストアンサー

#4です。
お礼ありがとうございます。

さて、まず県民がどのくらい米軍基地について反対しているかというと、実に県の議員の6割程度・県知事はほぼ毎回反対派が当選、県内の市町村の首長の8割までが反対派、という結果です。この10年ぐらいたぶん20年ぐらいはこの傾向が変わらないと思います。こういう結果になっているのは、やはり1995年の少女暴行事件の影響が大きく、大学へのヘリ墜落などの事件が度々起きているからでしょう。

で「選挙結果が民意のすべてではない」という方もおられますが、少なくとも右派は、安倍首相の安保改正において「民意で示された多数が賛成しているのだから民意だ」という言い方をしているので、そのまま、それを適応すれば「沖縄の8割近くが米軍反対の民意である」といえるでしょう。

こっちではこの論法を、あっちではこの論法を、と変えるのはダブルスタンダードと言います。

もっとも、米軍がそのまますぐに出て行くなんて沖縄県民すら思っていません。彼らが望んでいるひとつは「地位協定の見直し」です。日本の地位協定はドイツやイタリアに比べて不平等で、韓国よりは平等というレベルにあります。一言でいえば、ドイツやイタリアは米兵の容疑者の引き渡しがあるが、日本では原則あり得ず、韓国ではまずありえない、ということです。したがって、日本では処罰するのに苦労します。証拠集めも本人の取り調べも拘束も難しいからです。昔は基地の中に居る間に退役してアメリカに帰ってしまう、ということもありました。米軍基地は基地の中からアメリカ本土に帰れる飛行機があるので、これに乗れば「国内線」扱いだからです。

こういうことをきちんとして、取り締まりを日本の手でできるようにしてください、というのが沖縄県民の願いであり、出来ないなら「とにかく早く米軍撤退を実現してほしい」ということになっていくわけです。

しかし、経済を米軍に依存している部分もあるのは事実で、非常に難しい部分もたしかにあります。沖縄も一枚板ではありません。

>ではなぜ、米軍は今も撤退せずにい続けるのでしょうか?
もともと、なぜ米軍が沖縄だけ返還せず、軍政をつづけたのかを知る必要があります。
それは、アメリカが明確に「日本との戦争の後の仮想敵国はソ連そして中国の共産国」と位置付けていたからです。

ソ連については、終戦直前の8月8日に日ソ中立宣言を破って一方的に攻め込んだのですが、GHQはベルリンの分割を意識して、日本国土にソ連を入れさせませんでした。そのためソ連は北方4島を奪ったのです。

また、日本が敗戦したため中に浮いた朝鮮半島をどのような国家形態にするかで共産国と資本国で争ったのが朝鮮戦争です。結局38度線という半島の真ん中で停戦しいまだに停戦中です。
実際に私も38度線を見に行きましたが、常に銃に弾が入ってセイフティーをいつでも解除出るように構えている兵士ばかりでした。今でも準戦争状態なのです。

中国は資本主義側の国民党が負けて、台湾に行き大陸は共産党が握りました。この構図は変わっていませんが、台湾の国民党が共産党につぶされないのは、沖縄の米軍基地とグアムの米軍基地が事実上台湾を支援しているからです。

こういう構図が現在でも残っており、ソ連は崩壊したものの共産党中国はさらに膨張主義になっているため、中国ににらみを利かせられる沖縄から米軍が撤退することは、日本の国益からもよろしくありません。

また、米軍基地としての沖縄は、他の米軍基地よりも中国本土に近いのです。しかし、九州の長崎県や佐賀県などはもっと北京に近いため、ここに米軍基地を置くことも抑止としてはありになります。

この辺りの負担を「日本の国益」という点から感がれば、沖縄でなければならない、ということはありません。でも他県は反対で負担したがりませんね。
沖縄の負担の歴史を見れば、そろそろ他県も負担すべき部分があると思います。

ちなみに、私は米軍基地のある県に住んでいますが、ジェット機の音などものすごいものがあり、実は今も音が聞こえているぐらいです。この負担は住民として非常に重いと感じます。

#4です。
お礼ありがとうございます。

さて、まず県民がどのくらい米軍基地について反対しているかというと、実に県の議員の6割程度・県知事はほぼ毎回反対派が当選、県内の市町村の首長の8割までが反対派、という結果です。この10年ぐらいたぶん20年ぐらいはこの傾向が変わらないと思います。こういう結果になっているのは、やはり1995年の少女暴行事件の影響が大きく、大学へのヘリ墜落などの事件が度々起きているからでしょう。

で「選挙結果が民意のすべてではない」という方もおられますが、少なくとも右...続きを読む

Qえひめ丸の衝突事故に関する文献

今、えひめ丸の衝突事故について調べています。自分なりにインターネットなどを使って探したのですが、えひめ丸とグリーンビルの衝突についての本が見当たりません。

えひめ丸の事故についての本をご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【国立国会図書館蔵書検索・申込システム】
http://opac.ndl.go.jp/

上記画面から→「雑誌記事索引の検索/申込み」に進み、
検索範囲を「2001年~」にし、論題名に「えひめ丸」を入れて検索すると、98件の雑誌記事の情報がヒットします。
大衆誌も専門誌もヒットします。
たとえば、↓のような。記事は、図書館などを利用すれば複写で入手できると思います。(有料サービス)

◆えひめ丸沈没事故 心のケアに必要なのは継続した組織的な支援 (特集 災害・被害を受けた住民への支援--暮らしとコミュニティの再建をめざして) / 加藤 泉 ; 大上 律子
『保健師ジャーナル』. 60(4) [2004.4]

◆えひめ丸事件における米海事法と死亡損害賠償の法的論点 / 池田 直樹
『法律時報.』 76(2) (通号 940) [2004.2]

◆ 「えひめ丸」遺族 終わりなき戦いの無念 (夏季合併号ワイド 人生「秋風烈日」の悲喜劇)
『週刊新潮』. 46(31) (通号 2313) [2001.8.16・23]

◆ 水産高校実習船沈没事故をめぐる動き
『内外教育』. (5188) [2001.3.16]

【国立国会図書館蔵書検索・申込システム】
http://opac.ndl.go.jp/

上記画面から→「雑誌記事索引の検索/申込み」に進み、
検索範囲を「2001年~」にし、論題名に「えひめ丸」を入れて検索すると、98件の雑誌記事の情報がヒットします。
大衆誌も専門誌もヒットします。
たとえば、↓のような。記事は、図書館などを利用すれば複写で入手できると思います。(有料サービス)

◆えひめ丸沈没事故 心のケアに必要なのは継続した組織的な支援 (特集 災害・被害を受けた住民への支援--暮らしとコミュニティの...続きを読む

Qえひめ丸事故以外の原潜事故について書かれた本を教えてください。

原子力潜水艦についての事故(えひめ丸の事故を除く)について書かれた書籍があれば、教えてください。

Aベストアンサー

敵対水域

感動せずにはいられまい

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163537406/249-2713934-2845145


人気Q&Aランキング

おすすめ情報