松本清張の「砂の器」という小説があります。
未読で、ドラマと映画しか観たことありません。
この題名の「砂の器」は何を表しているのでしょうか?
まぼろしの器、もろい器とかいう意味だとおもうのですが、
「器」が何なのかわかりません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

映画版の冒頭にありますね。


「つくっては壊れを繰り返す砂の器のように人の幸せは儚いもの」
砂で作った器には、何を入れようとしても絶対に満ちることはない。いずれ壊れ崩れていくのが砂の『宿命』だから。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E3%81%AE% …
    • good
    • 6

松本清張氏の著書一時期はまっていたことがあります。



砂の器とは、他の回答者がどんなに固く作ってもさらさらと崩れてしまうと記していますが、それとともに砂とは、海水又は水で一瞬にして崩れ去ってしまう楼閣。自分の我欲のために、守ろうとした幸せさえも一瞬にして崩れてしまう犯人の心象風景を題名にこめた松本清張氏のエンターテーメントならではの題名のつけ方だと思います。
    • good
    • 4

含蓄のある言葉ですね。

ひとつ連想する事として、聖書には、人間を神様が作られた「土の器」にたとえた部分があります。「あの人は社長の器ではない」というように「器」は「人間」のたとえでもあります。ご参考までに。

参考URL:http://church.ne.jp/yokote/se040000tutino.html
    • good
    • 4

#1です、すみません途中でボタンを押してしまいました。


続きです。
幸せを築いたと思ってもそれは宿命に流されるように端から崩れ、そのたびに主人公は過去を捨て、偽り、罪を犯す。作っても作っても崩れる器に彼は何を満たしたかったのか。ただ父とふたり一緒にいたころに満ちていたのは何だったのか。
何で満ちていれば幸せなのかは、人それぞれ。
言葉ひとつで決めてしまわず、読む人の想像にまかせたのが原作の妙味です。

なおTBS(中井主演)版のドラマは、時代設定が現代なため肝心の部分が原作からかなり変わっています。
(加藤剛番の映画でも、昭和35年当時とは医学的一般認識が違っているので注釈が入れられています)
松本清張は新聞記者だったので、細かい要素の積み重ねでだんだん壮絶な全体像が浮かび上がってくるという原作の書き方は非常に巧妙で、映画とは違う味わいがあります。
お手ごろな文庫が出ていますからぜひお読みになってみては?
    • good
    • 0

原作の方は読んだことがないのですが、映画は何度か見ました(ドラマは未見)。

原作と映画では多少違うかもしれませんが、参考までに書き込んでみます。

あの映画の主人公(幼少時)は、ハンセン氏病に冒された父親と巡礼の旅をしています。父親が、息子に深い愛情を傾けるシーンもあり、息子が父親をいたわるシーンもあり、父子の絆の強さを感じさせられる情景があったと思います。

それでも息子は、療養所に収容された父親のことを記憶から抹殺し、自分の努力に加え幸運に恵まれて手に入れた社会的地位を守るために、父親との面会を勧め にきた警官(でしたよね)を口封じに殺してしまうことまでします。
ハンセン氏病が一族に祟る恐ろしい業病だという偏見が時代背景としてあります。

映画の1シーンに、砂で器を作るところがありました。どんなにぎゅうぎゅう固くおさえて作っても、乾くとさらさらと崩れてしまう。崩れてしまうけど、そこに半端に残り、消えてなくなるわけではない。
私は、愛憎半ばした、父親への気持ちを象徴しているのかなあと思っています。
    • good
    • 6

自信は有りませんが・・・


1)鳥取の方でしたか砂丘をお父さんと歩いていた砂のイメージか
2)サイガでしたか、音楽家の人生が有る意味一生懸命、頑張って来たのに砂の器(入れ物)のようにもろいと言うことか

と思います。
最近のドラマは見ていないのですが、映画は良かったですね。
砂の器はやはり、小説が一番良いと思いますので、読まれては如何ですか。

今の時代で読むと少し古臭いかも知れませんが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本清張の「砂の器」って何を表していますか?

松本清張の「砂の器」という小説があります。
未読で、ドラマと映画しか観たことありません。
この題名の「砂の器」は何を表しているのでしょうか?
まぼろしの器、もろい器とかいう意味だとおもうのですが、
「器」が何なのかわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画版の冒頭にありますね。
「つくっては壊れを繰り返す砂の器のように人の幸せは儚いもの」
砂で作った器には、何を入れようとしても絶対に満ちることはない。いずれ壊れ崩れていくのが砂の『宿命』だから。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E3%81%AE%E5%99%A8

Qこんなストーリーの小説の題名は?

 藩の命令を受けて、破門された、かっての同門の士を討ちに行く・・藤沢周平の小説を松平アナウンサーが朗読してNHKラジオで二回放送されました。最後まで聞いていなかったので、結末を知るために、原作を読むために、その題名を知りたいのです。

Aベストアンサー

今度映画化される「隠し剣鬼ノ爪」ではないでしょうか?
私も松平アナの朗読で、1回聞きました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167192381/,http://www.kakushiken.jp/

Q映画「砂の器」のタイトル

野村芳太郎監督の「砂の器」がとても好きで、映画館やビデオで何度も見ました。特にセリフのない親子の巡礼シーンには毎回泣かされてしまいます。

ところでこの作品、僕には今ひとつタイトルの「砂の器」がピンときません。松本清張の原作を読んでいないせいかもしれませんが、この映画が好きな方、ご意見聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

私も大好きな映画です。

「砂上の楼閣」という言葉がありますね。基礎がない、もろく崩れてしまう。という意味ですが。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BA%BD%BE%E5%A4%CE%CF%B0%B3%D5&kind=jn&mode=0&jn.x=40&jn.y=16

それと犯人の犯行動機とを引っ掛けて「砂の器」になったのでは、犯人は戸籍詐称を行っています。ですから本人そのもの(器)はどこにもないわけですよね。

勝手な思い込みかもしれませんが、そう思っています。

Qミステリ小説の題名を教えて

小学校の時、読んだ小説の題名を思い出せません。
どなたか可能性のある題名を教えて下さい。

1)家族が次々に変死体で発見されます。
2)結局犯人は自分だったと、結末で告白して終わります。
3)兄の殺人手口は、コーラに農薬を入れます。
4)小説の途中で「りんごの木の下」が歌詞に入った歌が関係します。そのとおり殺人が実行されて行きます。
5)舞台は日本ではなく外国だったと思います。
6)作者については忘れました(不明)。

内容の手がかりは断片的ではっきりしませんが、
このような小説をご存知の方は、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それはもしかして
「幸せな家族 そしてその頃はやった唄」
鈴木悦夫・著
ではないでしょうか。
舞台は日本なのですが…。

子供向けの本で、私は小・中学生の頃に図書館で読みました。
子供向けとは思えない凄い内容で、衝撃的で未だに覚えています。

巻末にその歌の楽譜がついてまして、おぼつかないながらもオルガンで弾きつつ歌っていました(苦笑)。

歌詞はうろ覚えですがこんな感じです。
~~~~~~~
子供は兄を憎んでた。いばる奴は邪魔になる。
そこで子供はだいどこで、じゃがいもぐつぐつ煮てました。
兄の背中を蹴りました
ゆでてもゆでてもまだ足りずアハハハーン
退屈まぎれにチッチッチ
めだまのプリンを食べました(焼きました?)
~~~~~~~

…改めて書いてみると怖い歌詞ですね…。

違ってたらごめんなさい。
参考URLのページの一番下に、その本の表紙画像もありますので、確認してみてください。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/myoga/juvenile/j-tantei.htm

それはもしかして
「幸せな家族 そしてその頃はやった唄」
鈴木悦夫・著
ではないでしょうか。
舞台は日本なのですが…。

子供向けの本で、私は小・中学生の頃に図書館で読みました。
子供向けとは思えない凄い内容で、衝撃的で未だに覚えています。

巻末にその歌の楽譜がついてまして、おぼつかないながらもオルガンで弾きつつ歌っていました(苦笑)。

歌詞はうろ覚えですがこんな感じです。
~~~~~~~
子供は兄を憎んでた。いばる奴は邪魔になる。
そこで子供はだいどこで、じゃがいもぐ...続きを読む

Q『砂の器』どうでした?

原作未読、作品自体を初めて見た者です。
玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、
初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。
『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。
以前新聞で読んだんですけど、
前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、
ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、
中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。
だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、
イマイチのめり込めないまま終わったのは、
主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか?
それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、
はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。
「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

Aベストアンサー

吉村刑事が主役となるのは今回がはじめてです。和賀が主役なのも中居君がはじめてです。もっとも、原作本の主役が誰かというと、今西刑事か和賀か、はっきりしないところがあると思います。これは、今西刑事対和賀の構図にした場合、1974年の映画を超えることができないという事情があるからでしょう。

感想を言えば、テレビはどちら(中居の和賀、玉木の吉村)も原作から離れてしまったドラマになっていて、それでも、人の宿命という点では中居君の方が描かれていたと思います。今回は、和賀が作曲家になる前の部分と彼の心の動きや闇の部分の描写が少なかったと思います。また、遍路に出る原因が、原作本をそのまま描くことは不可能なので、納得が行かない面があります。
まあ、平成の砂の器はこんなものかなと思います。
中居君のときは、主題歌がドリカムの「やさしいキスをして」で、毎回ジーンと来ました。

Q小説の題名を教えて下さい(星新一)

昔読んだ星新一のショートショートの題名について
質問があります。

ある国でゴミを投棄していたら、
いつの間にか自分の国の上からゴミが降ってきた
(実は二つの世界が垂直につながっていた)といったような内容ではなかったかと記憶しているのですが。

何分古い記憶で、かなりあいまいです。
「もしかしてこれかも?」という程度でかまいませんので、
心当たりのある方、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

微妙に違うんですが、「おーい、でてこーい」じゃないでしょうか。
深い深い穴が見つかって、どこまで続いているかわからない。
「おーい、でてこーい」と呼んでみたり、ゴミを入れたりしてみたけど、何も反応がない。
こんな大きな穴があるならと、みんなが利用し始めて…続きは本でどうぞ。

Q加藤 剛 主演の砂の器の子役名は?

加藤 剛さん主演の砂の器での主役の子供時代を演じた子役の名前をご存じの方教えていただけますでしょうか?  よろしくお願いいたします。  
(砂の器のあとになにか映画に出ていたんですか? )

Aベストアンサー

春田和秀(はるたかずひで)さんです。
他の映画にも出演されています。

http://movie.walkerplus.com/person/93004/

Q昔読んだ少年向けの小説の題名を

こんにちは。
昔読んだ小説のタイトルを知りたくて、質問を登校させていただきます。
どうか、皆様方の知識を貸していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

読んだのは、おそらく90年代であったと思います。
少年向けで漫画っぽい挿絵がある、今で言うライトノベルであったと思います。一冊だけではなく、何巻かのシリーズになっていました。
現代を舞台に忍者が活躍する話だったと思います。


舞台は現代。主人公は女子高生の女の子と、忍者の少年だったと思います。
忍者たちはそれぞれことなる流派に所属していて、それぞれ得意分野があります。
忍者たちは何らかの目的があって、都会(東京か?)へとやってきて、家族を演じることになります。
主人公の女の子は、彼らの正体を知ってしまいます。そして、家族を演じる彼らと行動をともにします。
忍者の少年は主人公の女の子と同じ学校に行っていたような。(ひょっとすると違う学校かもしれませんが、学校に行っていたことは間違いないと思います。)

母親役をしている忍者は、料理が下手で、女の子に「ちょっと下ごしらえを手伝って」と家へ呼び、最終的に料理をすべて女の子に作ってもらっていました。
兄を演じている忍者は、東大生でした。確か、催眠術が得意だったような…。

途中で主人公たちと目的を別にする忍者たちが出てきたような…。

ストーリーの後半で、天海上人が出てきました。実は明智光秀で、生き続けていた彼は、江戸時代以降の有名人…(田中角栄も入っていました)と会談し、日本を自分が望む姿に変えようとしていました。
たしか、織田信長が大きな関係あったと思うのですが、詳しくは覚えていません。

覚えているのはこんなところです。あいまいな質問で申し訳ありません。ただ、胸に何かが引っかかったような気分ですので、御知識を貸していただけると、幸いです。

こんにちは。
昔読んだ小説のタイトルを知りたくて、質問を登校させていただきます。
どうか、皆様方の知識を貸していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

読んだのは、おそらく90年代であったと思います。
少年向けで漫画っぽい挿絵がある、今で言うライトノベルであったと思います。一冊だけではなく、何巻かのシリーズになっていました。
現代を舞台に忍者が活躍する話だったと思います。


舞台は現代。主人公は女子高生の女の子と、忍者の少年だったと思います。
忍者たちはそれぞ...続きを読む

Aベストアンサー

松枝蔵人さん作・池田恵さん挿絵
『瑠璃丸伝』(メディアワークス 電撃文庫)ではないでしょうか?

Q『砂の器』のような重たい感動的な映画

『砂の器』のような、けっこう重たい感動的な映画を教えてください。
邦画希望ですが、洋画も歓迎です。

※ネタバレなしでお願いします。

Aベストアンサー

邦画

「生きる」「天国と地獄」黒澤明

「白い巨搭」「氷点」山本薩夫

洋画

「シンドラーのリスト」スティーブン・スピルバーグ

「ライフ・イズ・ビューティフル」ロベルト・ベニーニ

「ソフィーの選択」アラン・J・パクラ

Q題名を思い出せない小説があるのですが

私が中学生だった頃、一冊の小説を読んだのですが、そのタイトルを思い出せません。

 物語の内容は、主人公は男性で、何か一つの物事に興味を示すと、暫くの期間それにしか集中出来なくなり、仕事にも支障を来す(毎日歌い続ける、昆虫採集、スポーツ等)という性格をしていました。また、主人公はヒトの言葉を喋るネズミか何かを飼っていたと思います。
 小説のページ数はそれほど多くなく、最終的には一人の女の子に一目惚れするという内容だったと覚えているのですが、このような内容の小説を知っている、読んだ事があるという方が居られましたら、そのタイトルを教えて頂けないでしょうか。言われたらそんなタイトルだったと思い出せるような気はします。

Aベストアンサー

いしいしんじさんの「トリツカレ男」ではないでしょうか。
初版は確か2001年で、現在は新潮文庫に入っています。

主人公はジュゼッペという青年で、すぐいろんなことにのめりこむのでみんなに「トリツカレ男」と呼ばれています。一目惚れした風船売りの少女・ペチカの笑顔にある「くすみ」を取ってほんとうの笑顔になってもらうために、奮闘する・・・というようなお話だったと思います。
短いけれど心に残る、暖かい小説ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング