最新閲覧日:

皆さんは本を買うときに、どういう基準で買っていますか?
私は、内容が自分好みである物を買っているのですが、
(普通はそうだと思うのですが)知り合いの中には、「自分が読んで
”イタイ”物を買っている」という人がいたので。
(結局”イタイ”のが好みで在れば、結局自分が好きな物になってしまうのですが)
どんな観点からでも構わないので、皆さんの意見宜しくお願いいたします。

(コミックのカテゴリーに書きましたが、種類は問いません
 小説、コミック、同人誌、何でもかまいません。)

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

私は作者で選ぶタイプです。

だからまず、お気に入りの作者との出会いが重要なのですが、出会うパターンで一番多いのは雑誌だったと思います。自分自身ラッキーだと思っているのは、マスメディアの成長と自分の成長が時代的に重なっていることです。私は今43歳ですが、昭和で言うと30年代生まれの人は、渡しと同様の思いでいるのではないかと考えています。
ジャンルですが、私の場合はSFとミステリーに偏重しています。好きであるし、お金を払って読みたいものはどうしてもエンタテインメントになってしまいます。
具体的な作家では、小説で栗本薫さん、平井和正さん、島田荘司さん、綾辻行人さん。マンガではやはりキャリアのある人たち、故人で勿論手塚治虫さん、石ノ森章太郎さん、現役では和田慎二さん、魔夜峰央さん、諸星大二郎さん、星野之宣さん、あさりよしとおさん、たがみよしひさささん、みなもと太郎さんなどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、様々なご意見を有り難うございます。
本来でしたらそれそれお礼をしなくてはいけないところですが、
なにぶん忙しいもので・・・
ご容赦の程を・・・

お礼日時:2001/12/12 09:00

 大学の時の担当教授は「興味を持った本は全部買え!本は買って読むものだ。

自分で金を出して買い、所有して初めてその本の中身が自分のものになる。そんなことをしたら金がいくら有っても足りない?お前らが服や遊びにかけている金を思えば本なんていくら買っても安いもんだ!!その価値を考えればな!!」という教えの持ち主でした。いいこと言うなー、と思った反面、実際問題そんなお金は無くて実行はできませんでしたけど。(笑)

 私の場合「手元に置いておきたい物」、が購入の基準です。
書評を見たり薦められたりして「読んでみたい物」はとりあえず立ち読み・まんが喫茶・図書館で読んでみて、その中で本当に気に入ったものを買うようにしています。特に小説やベストセラー系だと図書館は強いですねー。
 あと本を貸し借りできる友人と同じシリーズものは買わないようにしたりとか。
部屋のスペース・自分のお財布と相談する必要が無ければドンドン買っちゃうんでしょうけど。(笑)
  
 でも「匂い」で買うっていうのもかなりありですね。「NARuTO」は私にしては珍しく表紙を見ただけで買ってしまったのですが、当たりでした!


 
    • good
    • 0

す、すまん。

書き足し。
イタイ、匂いを嗅ぎ出すのよお。
    • good
    • 0

ふっふっふ。

鼻を利かすのよう。
おいらは、コレで、やってるぜ。

”イタイ”って、やられたっ!!
っつーことかな? なら、おいらも、
イタイもの好き。
    • good
    • 0

自分の嗜好だけじゃないでしょうか?



立ち読みなんて絶対しません、読みたいならとりあえず買います。
買えないような高価な本でビニール(最近の書店では多い)が被ってるものは
店員に依頼して外してもらいます。

気に入らなければ次巻以降と、その作家の本は一切買いません。
嗜好の中身も、ちゃんと画風とストーリーの(個人的な)ベクトルはありますね、
絵が奇麗でもストーリーが自分向きじゃないときは買いませんし、その逆もしかり。

「イタイ」って表現が意味不明ですが、単なる嗜好の違いなダケのような気はしますが?
    • good
    • 0

もともと雑誌で読まずに単行本で買って読むタイプでしたが、最近はコミックスを買うこともかなり少なくなり、ほとんどは昔から買い続けているシリーズ・大好きな作家の作品だけになりました。

小説もそうですね。
新しい作家に手を出す場合は、例えばアニメを見て非常に面白いから原作も読んでみたいとか(←ありがち)。
大好きな小説がコミック化(またはその逆など)されたら多少ヘタでもついつい買ってしまいます。
あとは店頭で見たときの直感というか、「ひとめぼれ」もごくまれにあります。
ものを処分できない性分なので、やっぱりいつまでもとっておきたいもの、それだけの価値がある(と思われる)ものを選んで買うようにしています。
    • good
    • 0

ボクの場合は、絵が気に入ったかどうかです。

基本的に雑誌は読まないし買わないので、コミック専門の本屋なんかで、表紙の絵を見て気に入ったら買います。
基本的には絵のうまいヘタが、基準ですが、少々ヘタでも絵に味があるって言うんでしょうか、とりあえず絵が気に入っていれば、少々内容に難ありでも、読めてしまうから不思議です。
で、実際買ってみると結構内容もイケてる場合が多いんで、そのまま気に入ったマンガ家さんのを集めていきます。
ただし、希にハズしてしまうときもありますが・・・。(^_^;)
(ボク的なハズレは、行け!! 南国アイスホッケー部、魔法陣グルグルとかかな)
    • good
    • 0

基本的に気に入ったものですよね、やっぱり。



コミックの場合、タイトルと表紙を見て「お?」と思ったものを実際に連載している雑誌でチェック。
面白ければ、買います。(その先読みたいな、あとは揃えたいと思った場合)
近所の本屋さんで、何冊か見本として出してくれているところもあるので、そういうのも利用しますね。
(1巻だけが見本として、出されているので面白いと出ている巻を全部そろえちゃうんですよ)
面白くても、立ち読みだけでいいやって思った場合は買わずに立ち読みだけですませちゃいます。
最近は手元においておきたいものを買うようになりましたね。

面白そうなビジネス書が好きです。
セブンイレブンやトヨタといった大手の関連のもとだと結構いろいろと出ているのですが、この手は何度読み返しても面白いものが多いですね。
あまり硬い内容ではなく、成功秘話みたいなのがいいです。
    • good
    • 0

やはり、気に入ったものしか買いません。


自分でも、「アホか」と思う時がありますが、何回も読み返して本がダメになってしまい、買いなおしたこともあります。今は天からトルテ!かなぁ・・・だんだん汚れていく(^^;)

コミックなら、連載中に面白いと感じ、さらに「揃えたい」と思ったものですね。新書ものは、著作者には申し訳ないですが、ブックオフなどで\100になっている物を数ページ読んでみて、よさそうなら買います。
同人系は、商業ベースに乗るようになってから殆ど買わなくなりました。朝始発でコミケ会場に行けるほど若くなくなったというのもありますが、「同人ならでは」という作品が減ってきたような気もします。

最後に,家に置いておくスペースが限られているので、「面白かったなぁ」程度では買ってしまうと、いらなくなった時に\10にならなかったりするので、今はかなり取捨選択してから買ってます。
    • good
    • 0

こんにちは!


わたしの場合、コミックは、まず絵が上手いこと。デッサンなど基礎が出来ている漫画家って絵を見ていてわかります。そうでないとイライラしてきます。もちろんストーリー性も重視しますが。
実例を挙げさせていただくと、山岸涼子氏、池上遼一氏あたりは特にお気に入りです。

他の本ですと、文庫を中心に購入します。単行本は、
(1)ずっと持っていても良い(内容が面白いと人から薦められたり、お気に入りの作家の場合)と判断したものは購入
(2)なるべく早く読みたいけれど、「その金額」を払いたくない場合は図書館
(3)文庫化まで待てそうだったら文庫化待ち
といった感じです。

楽しいというか興味深いご質問ですね。わたしも前者の方と同様、他の方の回答に期待します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ