芥川の「杜子春」と唐代伝奇の「杜子春」、同じ「杜子春」でどのように違いがあるのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一番大きな違いはテーマの違いではないでしょうか?


芥川の「杜子春」は、主人公の杜子春が仙人の試練に望んだ時、畜生道に落ちた両親が鞭打たれながらも、母親が杜子春を思いやる姿に耐えられず、声を出してしまいます。
一方、唐代伝奇の「杜子春」の同じシーンでは、閻魔大王の命令で杜子春は女性に生まれ変わり、結婚して息子が生まれるが、一言も口をきかない杜子春に逆上した夫が、息子を庭石に叩きつけて殺してしまったのを見て声を出します。
つまり、芥川の「杜子春」が、子の親に対する情がテーマであるのに対し、唐代伝奇の「杜子春」は親が子を思う情がテーマになっています。
また、仙人との誓いを破った後のエピローグにも違いがあります。
芥川の「杜子春」は、杜子春は仙人になれなかったのがかえって嬉しく思っており、それを聞いた仙人は、もし声を出さなかったら命を絶ってしまおうと思っていたことを打ち明け、杜子春に家と畑を譲り、人間らしい正直な生き方をさせた、というところで物語が結ばれます。
唐代伝奇の「杜子春」では、実は仙人は不老長寿の霊薬を作っており、その材料の1つとして必要な、感情を持たない人間を作り出すために、杜子春に財産を与え、人間に愛想を尽かせるように仕向けたことが明かされます。
杜子春が誓いを守れなかったために薬の製造は失敗に終わったので、仙人は再び製造に取り掛かりますが、その時、杜子春を叱咤激励して、人間の世界で生きるように言います。
家に戻った杜子春は仙人との誓いを破ったことを恥じて、もう一度何かの役に立ちたいと思って仙人を訪ねようとするが、人の通れそうな道がないので、やむなく引き返した、と結ばれます。

その他、原作では長安が舞台になっているが芥川は洛陽にしていること、原作では仙人からいきなりお金を受け取っているのに、芥川の「杜子春」では「ここを掘ればば黄金が埋まっている」と情報だけを教えてもらうことになっていること、仙人から受け取る金額の違い、仙人との3度目の出会いの違い、仙人の過酷な試練に臨んだ時の心理描写など、細かいところにもいろいろな違いがあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんなに詳しく書いて頂き、ありがとうございます(^_^)v(^_^)vすごく参考になりました!!

お礼日時:2001/12/02 15:30

 ropesu33さん、こんにちは。


 以前、別の方の志怪小説に関する御質問に回答する為にネットを検索して回ったのですが(苦笑)、その時に見付けた「杜子春」に関するページを御紹介しておきます。
 トップページ以外へのリンクは禁じられていたので、下記URLから「蒐遺館」→「志怪綴」→「杜子春」と入っていってください。

 多少なりとも御参考になれば宜しいのですが……。

参考URL:http://makky.pekori.to/
    • good
    • 0

 下記URLに李復言の「杜子春伝」が有りますので、ご覧下さい。


 杜子春が女性に生まれ変わって、生んだ子供が殺される時に叫んでしまったりする話のようです。

参考URL:http://pc6.oonisi-unet.ocn.ne.jp/~inui/honnda/sh …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

庭石」に関するQ&A: ナメクジ完全撲滅方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川龍之介の「杜子春」と唐大伝奇・李復言の「杜子春」の違いについて

芥川の「杜子春」と唐代伝奇の「杜子春」、同じ「杜子春」でどのように違いがあるのか?

Aベストアンサー

一番大きな違いはテーマの違いではないでしょうか?
芥川の「杜子春」は、主人公の杜子春が仙人の試練に望んだ時、畜生道に落ちた両親が鞭打たれながらも、母親が杜子春を思いやる姿に耐えられず、声を出してしまいます。
一方、唐代伝奇の「杜子春」の同じシーンでは、閻魔大王の命令で杜子春は女性に生まれ変わり、結婚して息子が生まれるが、一言も口をきかない杜子春に逆上した夫が、息子を庭石に叩きつけて殺してしまったのを見て声を出します。
つまり、芥川の「杜子春」が、子の親に対する情がテーマであるのに対し、唐代伝奇の「杜子春」は親が子を思う情がテーマになっています。
また、仙人との誓いを破った後のエピローグにも違いがあります。
芥川の「杜子春」は、杜子春は仙人になれなかったのがかえって嬉しく思っており、それを聞いた仙人は、もし声を出さなかったら命を絶ってしまおうと思っていたことを打ち明け、杜子春に家と畑を譲り、人間らしい正直な生き方をさせた、というところで物語が結ばれます。
唐代伝奇の「杜子春」では、実は仙人は不老長寿の霊薬を作っており、その材料の1つとして必要な、感情を持たない人間を作り出すために、杜子春に財産を与え、人間に愛想を尽かせるように仕向けたことが明かされます。
杜子春が誓いを守れなかったために薬の製造は失敗に終わったので、仙人は再び製造に取り掛かりますが、その時、杜子春を叱咤激励して、人間の世界で生きるように言います。
家に戻った杜子春は仙人との誓いを破ったことを恥じて、もう一度何かの役に立ちたいと思って仙人を訪ねようとするが、人の通れそうな道がないので、やむなく引き返した、と結ばれます。

その他、原作では長安が舞台になっているが芥川は洛陽にしていること、原作では仙人からいきなりお金を受け取っているのに、芥川の「杜子春」では「ここを掘ればば黄金が埋まっている」と情報だけを教えてもらうことになっていること、仙人から受け取る金額の違い、仙人との3度目の出会いの違い、仙人の過酷な試練に臨んだ時の心理描写など、細かいところにもいろいろな違いがあります。

一番大きな違いはテーマの違いではないでしょうか?
芥川の「杜子春」は、主人公の杜子春が仙人の試練に望んだ時、畜生道に落ちた両親が鞭打たれながらも、母親が杜子春を思いやる姿に耐えられず、声を出してしまいます。
一方、唐代伝奇の「杜子春」の同じシーンでは、閻魔大王の命令で杜子春は女性に生まれ変わり、結婚して息子が生まれるが、一言も口をきかない杜子春に逆上した夫が、息子を庭石に叩きつけて殺してしまったのを見て声を出します。
つまり、芥川の「杜子春」が、子の親に対する情がテーマで...続きを読む

Q唐代伝奇小説について

唐代伝奇小説とはどのような小説なのでしょうか。 すみませんが教えて下さい。

Aベストアンサー

唐代伝奇なら次のサイトに詳しいです。
http://www.sun-inet.or.jp/~satoshin/koten/toudai/list.htm
芥川のあの有名な「杜子春」も唐代伝奇の「杜子春」をネタにしています。

Q児童書「モモ」の挿し絵が日本語?

ミヒャエル·エンデ作の児童向け小説「モモ」の挿し絵について疑問があります。
それは、プラカードや横断幕の挿し絵(文庫本の場合P.162)についてですが、絵を描いてるのも作者のミヒャエル·エンデです。この人はドイツの人なので、日本語の文字が書かれたあの挿し絵は、ミヒャエル·エンデの絵ではない、もしくは、誰かが加筆·修正した可能性が考えられますが、この件に関して知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

わが家にも「モモ」があるので、今確かめてみました。

挿絵のほとんどは字がないし、内容と関係のない外国語はそのままになっていますが、内容に深く関係のあるもの、本の終盤、「モモは立ち止まってよみました」のあとに、看板の絵があり、そこに日本語が書いてありますね。
本文の中には、その看板の内容がかかれていませんから、読者は、絵の看板を読むしかありません。

絵、そのものはエンデが描いた物、ただし、中の文字はその本が訳される国によって加筆されているのだと思います。
こういうことは、他の児童書でも時々あることです。

参考までに・・・ 挿絵の原画はここにあるようです。(エンデの描いた絵画、となっています)
問題の絵は1B31の「立ち入り厳禁の看板」とかかれています。
http://www.avis.ne.jp/~dowakan/ende_date/bungaku_1.html

Q芥川龍之介の死後に出た本に、芥川の印が押してありました。誰が押したのでしょう?

先日物置を整理していたらかなり古い本がたくさん出てきて、
芥川龍之介の羅生門がありました。

昭和27年に発行された本で、初版でした。
本の一番最後のページ、発行年や会社名が書いてある所に、
小さな正方形の紙に「芥川」の印が押され、貼られていました。

芥川龍之介は昭和元年に亡くなっているそうなのですが、
この印は誰が押したものと考えられるのでしょうか。

Aベストアンサー

まず、「本の一番最後のページ、発行年や会社名が書いてある所」を奥付(おくづけ)と云います。
「小さな正方形の紙に「芥川」の印が押され、貼られていました」これは、検印紙に「芥川」の検印がありました云います。

さて、検印ですが、生前の場合は普通は本人が捺しましたが、中には出版社の社員に捺させたり、弟子や家族が捺させていたケイスも珍しくありません。江戸川乱歩など家族総出でも間に合わなくて出版社の応援迄頼んだようです。(子息の思い出話)

何のためにこの「検印」を行うかと云うと、印税の関係です。検印の数分だけ印税を出版社が支払と云う訳です。又、「検」印ですから著者に無断で発行したものではないと云う証にもなります。

さて、著者が物故してしまうとどうなるのでしょう。著者が没後も一定期間(当時は30年だったはず、現在は50年)印税を貰えます。これは著者の遺産ですから、相続をした人(遺族)が貰えます。この貰える人を著作権継承者と云います。継承者は著者の遺産を相続した訳なので、出版をしても良いとか、無断で出版しているものを法的に差し止める権利があります。
長くなりましたが、検印は多分、著作権継承者かその指示で出版社が捺したのでしょう。昭和27年と云えば、昭和2年元旦を起点として(物故の翌年の元旦を起点とする)26年ですから未だ著作権は残存していたと思われます。

尚、最近は印刷部数が膨大になりとても一つ一つ判子を捺していられない所為もあり、検印を行う例は珍しくなりました。

話が煩雑になるので、版権を著者が譲渡した場合などは省略してあります。
又、著作権継承者は作品毎ではなく、纏めてなようです。

まず、「本の一番最後のページ、発行年や会社名が書いてある所」を奥付(おくづけ)と云います。
「小さな正方形の紙に「芥川」の印が押され、貼られていました」これは、検印紙に「芥川」の検印がありました云います。

さて、検印ですが、生前の場合は普通は本人が捺しましたが、中には出版社の社員に捺させたり、弟子や家族が捺させていたケイスも珍しくありません。江戸川乱歩など家族総出でも間に合わなくて出版社の応援迄頼んだようです。(子息の思い出話)

何のためにこの「検印」を行うかと云うと...続きを読む

Q杜子春でんについてお願いします!!

杜子春傳の訳が書き下し文がほしいのですがどこをさがしてもいいのがみつかりません!全部かいてあるサイトありませんか!皆さんお願いします!!

Aベストアンサー

 サイトに就ては存じませんが(検索はしてみたのですが梗概以外見当りませんでした)、図書館に行かれれば「唐代伝奇」があると思います。そこに本文と翻訳が交互に並んでいたのを読んだ覚えがあります。出版社の名は、済みません、忘れました。背幅が三センチ程の叢書中の一冊です。

Q芥川龍之介『羅生門』 「ともす」「とぼす」の面白い解釈は?

 高校一年生です。
現在、国語の時間で芥川龍之介『羅生門』を勉強しています。
授業では、「龍之介は、なぜ「ある日の暮れ方」に設定したのか?」「下人に「面皰」をつけた理由は?」……などと、
言葉をひとつひとつ解釈しながら、『羅生門』を読み解いています。

そのなかで、特に疑問に思ったことがあります。
芥川龍之介は「火をとぼす」「火をともす」を意図的に使い分けているのだろうか、ということです。
また、ここから面白い解釈を導き出せないものでしょうか。


 第二段落、下人が楼の上へと昇るはしごの中段にいる場面。

●「それが、梯子を二三段上つて見ると、上では誰か火をとぼして、しかもその火を其處此處と動かしてゐるらしい。」

ここでは、「火をとぼして」と書かれています。
しかし、そのあとでは、

●「この雨の夜に、この羅生門の上で、火をともしてゐるからは、どうせ唯の者ではない。」
●「その老婆は、右の手に火をともした松の木片を持つて、その屍骸の一つの顏を覗きこむやうに眺めてゐた。」

「火をともして」「火をともした」と書かれています。


 先生にこのことを質問したところ、「自分も気になっているのだが、面白い解釈を導き出した論文はまだ読んだことがない」とのことでした。
単に、芥川龍之介が感覚的に言葉を使い分けたのだとも思うのですが、私には何らかの意図が隠されているような気がしてなりません。
「ともす」「とぼす」が全体のなかでどのように機能しているか、面白い解釈をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

 高校一年生です。
現在、国語の時間で芥川龍之介『羅生門』を勉強しています。
授業では、「龍之介は、なぜ「ある日の暮れ方」に設定したのか?」「下人に「面皰」をつけた理由は?」……などと、
言葉をひとつひとつ解釈しながら、『羅生門』を読み解いています。

そのなかで、特に疑問に思ったことがあります。
芥川龍之介は「火をとぼす」「火をともす」を意図的に使い分けているのだろうか、ということです。
また、ここから面白い解釈を導き出せないものでしょうか。


 第二段落、下人が楼の上...続きを読む

Aベストアンサー

「私の話は思い切って問題が小さい」で始まる柳田國男の『鴨と哉』は貴方の疑問を考察する際の参考になると思います。この本の圧巻は、「も」から「な」に変わると言う一見大変小さい問題から出発し、m,n,b 等の変遷を通して、日本語の遠大な変遷を説得力ある形で論じているところにあります。

日本語では「も」が「ぼ」に置きかられるのは日常茶飯事に起こっております。芥川が単に筆の勢いで「も」と「ぼ」の違いなど気にせずに書いてしまった以上の言葉の芸術と言うものがこの裏に存在していると直感し、さらに、そのことが芥川のどこかの文章の構成から信号として送られていると、もし貴方がすでに直感的に気付いていると言うなら、そのまだ言葉になっていない直感を、幾つかの証拠を裏付けにしながら実証的に論じて、言葉に表していけば良いのではないでしょうか。

その際の要点は、あれっと思った一見小さいようなことから、柳田の例のように遠大なテーマが浮かび上がってくることです。ただ単にあれっと思ったことから「そんなの当然じゃないか」というような驚きのない小さい結論を導を出しただけだったら、「あっそう、ご苦労様、それで?」と言う反応が帰ってきてしまうかもしれません。また、実証の裏付けのない理屈で、単に引っかかっただけなのだが、こうも考えられる、ああも考えられると述べた所で、人を説得することは出来ません。

実証という点に焦点を絞ってみて、貴方が何故この問題に引っかかり、そして、そこから自明でない、例えば芥川の文章観などの、遠大なテーマを論じられる可能性が潜んでいるのかどうかを、改めて反省してみては如何でしょうか。もしそれが出来たら、立派な芥川龍之介論が出来上がるかもしれません。

蛇足ですが、これは皮肉に言っているのではありません。私はある分野の専門家ですが、学問のテーマとは、自分があれっと思った直感を、それが小さいからと言って捨て去るのではなく、今すぐにできるなら今実行し、時期が早すぎるようだったら、それを心に暖めて置い、それが膨らんでくるのを俟って置くべきです。その直感が核心をついている場合には、時と共にその直感が膨らんで行くものです。そして、好機が来たら一気に攻め込んでそれを完成させるというのが、学問の常套です。

「私の話は思い切って問題が小さい」で始まる柳田國男の『鴨と哉』は貴方の疑問を考察する際の参考になると思います。この本の圧巻は、「も」から「な」に変わると言う一見大変小さい問題から出発し、m,n,b 等の変遷を通して、日本語の遠大な変遷を説得力ある形で論じているところにあります。

日本語では「も」が「ぼ」に置きかられるのは日常茶飯事に起こっております。芥川が単に筆の勢いで「も」と「ぼ」の違いなど気にせずに書いてしまった以上の言葉の芸術と言うものがこの裏に存在していると直感し、さ...続きを読む

QWORD2000で挿し絵を入れたいのですが

WORD2000を使っています。
挿し絵を入れるときに「クリップアートの挿入」でしていますが、絵の種類が少ないのでちょっと不満です。
なるべく無料で、かわいい挿し絵を入れる方法はないのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

雑誌の付録のCD-ROMにホームページ用の無料の画像データが入っていたりします。GIFやJPEGの画像です。
僕はよく使わせてもらっています。
インターネット上にも無料で素材を分けてくれる人がいます。それもお世話になっています。
それらの素材を貴方のパソコンにコピーして、「挿入」で張り付けると良いです。

http://www.fine-d.co.jp/DS/index.html
http://webm.apjapan.co.jp/trial/frame.html
http://www.mietsu.tsu.mie.jp/itako/index.html
他にもたくさんありすぎます。

ホームページ用の素材は可愛い物や綺麗な物が多いので、
その分野の専門誌を買うのもいい手だと思います。

勿論自分で描いた絵を張り付けることも可能です。
大変楽しいことなので十分楽しめるでしょう。

老婆心ですが、ファイルのサイズにご注意を。
数メガバイトの画像を張り付けると、
処理が遅すぎるだけでなく、ハングすることもしばしば。
故障じゃないのですが、マシンのパワーを越えた処理であるため、そうなります。
お絵かきソフトの中には減色したり、その辺を操作できる物もありますが・・・

雑誌の付録のCD-ROMにホームページ用の無料の画像データが入っていたりします。GIFやJPEGの画像です。
僕はよく使わせてもらっています。
インターネット上にも無料で素材を分けてくれる人がいます。それもお世話になっています。
それらの素材を貴方のパソコンにコピーして、「挿入」で張り付けると良いです。

http://www.fine-d.co.jp/DS/index.html
http://webm.apjapan.co.jp/trial/frame.html
http://www.mietsu.tsu.mie.jp/itako/index.html
他にもたくさんありすぎます。

ホームページ用の素材...続きを読む

Q「校勘」「校正」「校訂」「校定」の違いは?

(カテゴリに悩みました。)

質問内容はタイトルの通りですが、
特に、ある文献に対して、それぞれ異なる各種の解釈を、
「見比べる」、またそれぞれ見比べ「自分なりに解釈する」時に、
上記4つ共に使われるとおもうのですが、
この4つには、それぞれ「意味合いの違い(ニュアンス)」「使用の際の使い分け」等があるのでしょうか?

ある資料(大学教授の文献)に「校勘」「校正」「校定」と、一つの文章に記載されており、私には、同じような意味で使われていると思われたため、
しかし著者は、使い分けに「意図」をもっているかもしれないとも思われた為に質問した次第です。

Aベストアンサー

こんにちは。それぞれの意味は、

校勘→古典の文献(写本など)などを突き合わせをして、文の同じ部分や違う部分を調査することです。
校正→原稿や元の資料などと突き合わせをして文字や図版の間違いを直すこと。本にする前にさんざんやることです。
校訂→古い本などを読者にとってわかりやすくすることです。
校定→なにかしら問題になっている古典の本文を、なるべく原文に近い形で復元することです。

ということで、全部違います。

Q杜子春伝の口語訳について

李復言の『杜子春伝』をやったのですが、後半の部分がうまく訳せません。訳してみたのですが、あまり内容がつかめないのでインターネットで調べようと思ってやってみたのですが、どこを探しても載っていないのです。
うまく訳せないのは、
「俄而猛虎・毒竜、~子春端坐不顧。」
「将軍曰、~竟不呻吟。」
「数年、恩情甚篤。~不覚失声云、『噫。』」
「噫声未息、身坐故処。~遥指路使帰。」
の4つの段落です。
訳とできれば確認のために書き下し文も教えていただけるとありがたいです。また、杜子春伝の訳が載っているサイトなどがあれば教えてください。
※芥川龍之介の「杜子春」ではありません。

Aベストアンサー

初めまして。
唐宋伝奇は好きで以前良く読んでいたので、懐かしくて
ちょっと訳してみました。原文はネット上で見つけたので
正しいかは解りません。また訳していると自身の漢文の素養が
非常に乏しいことが解りました。解り難いところはいい加減に
訳していますので参考にはならないかも知れません。

ちょっと不思議なのは挙げられている文章が前半部分に比べて
そんなに難易度が高いとは思えません。多分細かい語彙レベルで
不明な点がある、という意味での質問だと思われますが、その場合
もっと範囲を限定して質問したほうが期待した回答が得られるかと
思います。

以下、拙訳。


突然、恐ろしい虎やら蛇やサソリやらなんやらが吼えながら襲い掛かって
きて、子春を食ってしまおうと大騒ぎ。しかし顔色も変えない子春に暫く
したらいなくなってしまった。

次に大嵐が起こって雷が天を裂いて目も開けられないほどだった。
あっという間にものすごい勢いで水が迫ってきて、あれよと言う間に水は
足元まで及んだ。が、しかし子春は正座したまま気にも留めなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

将軍は「こいつは妖術を既に得ておる。このままこの世に生かしておけば
碌な事にならぬ」、と言って部下に斬り殺させた。

斬り殺された子春の魂は閻魔大王の前に引き出された。
大王は「これが雲台峰の妖民か。牢につなげ」と子春を捕まえて
しまった。そうして色々な今まで経験したことも無いイタイ拷問を
受けた。しかし道士の言葉を守って我慢し、呻きもしなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数年して妻への愛情も増し、一子を授かった。その子をつかって妻に
話しかけるが答えない。色々気を引いて見るが全くしゃべらない。
盧は大いに怒り「むかし賈の女房は夫を馬鹿にして笑わなかったが
夫が雉を射落としたのを見て見直した。わしは卑賤の身ながら
学はある。雉を射つのとは比べものになるか。それなのにお前は何も
言わん。男が妻に馬鹿にされるようなら、その子供なんぞ要らぬ」
と言ってその子の両足を持って石に打ちつけた。頭蓋が砕け血が
流れヒドイことになった。
その時、子春の心にわが子への愛おしさが生まれた。そして道士との
約束を忘れて「あぁ」と声を漏らしてしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その歎声が終わらぬ内に、気がつくと子春は元の所に座っていた。
道士も同様に目の前に立っており、夜明け前であることを知った。

火炎が天井を焦がし家屋はボウボウ燃えている。
道士は「人選を誤ってこの始末だ」と言うと髪を引っ掴んで
水瓶に子春を投げ入れた。

火は消え道士は言った。
「お前は愛情以外は忘れることが出来た。あぁと言わなんだら
わしの仙薬は完成し、お前も仙人になれたのに。仙人の才能は
全く得がたいものだ。わしは又薬を練り直そう。お前は矢張り
下界がお似合いじゃ。まぁ頑張りんさい。」
そして遥かかなたに続く道を示して子春を帰らせた。

初めまして。
唐宋伝奇は好きで以前良く読んでいたので、懐かしくて
ちょっと訳してみました。原文はネット上で見つけたので
正しいかは解りません。また訳していると自身の漢文の素養が
非常に乏しいことが解りました。解り難いところはいい加減に
訳していますので参考にはならないかも知れません。

ちょっと不思議なのは挙げられている文章が前半部分に比べて
そんなに難易度が高いとは思えません。多分細かい語彙レベルで
不明な点がある、という意味での質問だと思われますが、その場合
もっと範...続きを読む

Q芥川龍之介 「運」 について書いてある資料

まんまなのですが、芥川龍之介の「運」について書いてある資料を探しています。
小さなものでもぜんぜんかまいませんのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

立て続けに御免なさい…。

下記のサイトで「運」、「芥川」と入れて検索すると何本か論文が出てきました。

参考URL:http://www.nijl.ac.jp/


人気Q&Aランキング