プロが教えるわが家の防犯対策術!

芥川の「杜子春」と唐代伝奇の「杜子春」、同じ「杜子春」でどのように違いがあるのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一番大きな違いはテーマの違いではないでしょうか?


芥川の「杜子春」は、主人公の杜子春が仙人の試練に望んだ時、畜生道に落ちた両親が鞭打たれながらも、母親が杜子春を思いやる姿に耐えられず、声を出してしまいます。
一方、唐代伝奇の「杜子春」の同じシーンでは、閻魔大王の命令で杜子春は女性に生まれ変わり、結婚して息子が生まれるが、一言も口をきかない杜子春に逆上した夫が、息子を庭石に叩きつけて殺してしまったのを見て声を出します。
つまり、芥川の「杜子春」が、子の親に対する情がテーマであるのに対し、唐代伝奇の「杜子春」は親が子を思う情がテーマになっています。
また、仙人との誓いを破った後のエピローグにも違いがあります。
芥川の「杜子春」は、杜子春は仙人になれなかったのがかえって嬉しく思っており、それを聞いた仙人は、もし声を出さなかったら命を絶ってしまおうと思っていたことを打ち明け、杜子春に家と畑を譲り、人間らしい正直な生き方をさせた、というところで物語が結ばれます。
唐代伝奇の「杜子春」では、実は仙人は不老長寿の霊薬を作っており、その材料の1つとして必要な、感情を持たない人間を作り出すために、杜子春に財産を与え、人間に愛想を尽かせるように仕向けたことが明かされます。
杜子春が誓いを守れなかったために薬の製造は失敗に終わったので、仙人は再び製造に取り掛かりますが、その時、杜子春を叱咤激励して、人間の世界で生きるように言います。
家に戻った杜子春は仙人との誓いを破ったことを恥じて、もう一度何かの役に立ちたいと思って仙人を訪ねようとするが、人の通れそうな道がないので、やむなく引き返した、と結ばれます。

その他、原作では長安が舞台になっているが芥川は洛陽にしていること、原作では仙人からいきなりお金を受け取っているのに、芥川の「杜子春」では「ここを掘ればば黄金が埋まっている」と情報だけを教えてもらうことになっていること、仙人から受け取る金額の違い、仙人との3度目の出会いの違い、仙人の過酷な試練に臨んだ時の心理描写など、細かいところにもいろいろな違いがあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんなに詳しく書いて頂き、ありがとうございます(^_^)v(^_^)vすごく参考になりました!!

お礼日時:2001/12/02 15:30

 ropesu33さん、こんにちは。


 以前、別の方の志怪小説に関する御質問に回答する為にネットを検索して回ったのですが(苦笑)、その時に見付けた「杜子春」に関するページを御紹介しておきます。
 トップページ以外へのリンクは禁じられていたので、下記URLから「蒐遺館」→「志怪綴」→「杜子春」と入っていってください。

 多少なりとも御参考になれば宜しいのですが……。

参考URL:http://makky.pekori.to/
    • good
    • 0

 下記URLに李復言の「杜子春伝」が有りますので、ご覧下さい。


 杜子春が女性に生まれ変わって、生んだ子供が殺される時に叫んでしまったりする話のようです。

参考URL:http://pc6.oonisi-unet.ocn.ne.jp/~inui/honnda/sh …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

庭石」に関するQ&A: ナメクジ完全撲滅方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q杜子春について!!

レポートをまとめているのですが
著者の芥川龍之介さんは
何を伝えたかったのでしょうか?

個人の考えでもよいので
教えてください

Aベストアンサー

漫画【天地を喰らう】にも採用されてるアレですね。

前田利家が晩年述懐しているように、
【上り調子の頃は誰でも友達面して自分の所に擦り寄ってくるものだが、
一旦落ち目になると蜘蛛の子を散らすように人は離れていく。
落ち目の時にも付き合いが出来る人間こそ本当の友である】
という人間観の教訓と、
(※:この内容は【花の慶次】に採用されてます。原作の【一夢庵風流記】には無いですが)

【親兄弟の苦境から目を背けてまで我慾を満たすのは人の心を捨てた輩だ】
という倫理観の教訓が盛り込まれていますね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%9C%E5%AD%90%E6%98%A5

Q杜子春伝の口語訳について

李復言の『杜子春伝』をやったのですが、後半の部分がうまく訳せません。訳してみたのですが、あまり内容がつかめないのでインターネットで調べようと思ってやってみたのですが、どこを探しても載っていないのです。
うまく訳せないのは、
「俄而猛虎・毒竜、~子春端坐不顧。」
「将軍曰、~竟不呻吟。」
「数年、恩情甚篤。~不覚失声云、『噫。』」
「噫声未息、身坐故処。~遥指路使帰。」
の4つの段落です。
訳とできれば確認のために書き下し文も教えていただけるとありがたいです。また、杜子春伝の訳が載っているサイトなどがあれば教えてください。
※芥川龍之介の「杜子春」ではありません。

Aベストアンサー

初めまして。
唐宋伝奇は好きで以前良く読んでいたので、懐かしくて
ちょっと訳してみました。原文はネット上で見つけたので
正しいかは解りません。また訳していると自身の漢文の素養が
非常に乏しいことが解りました。解り難いところはいい加減に
訳していますので参考にはならないかも知れません。

ちょっと不思議なのは挙げられている文章が前半部分に比べて
そんなに難易度が高いとは思えません。多分細かい語彙レベルで
不明な点がある、という意味での質問だと思われますが、その場合
もっと範囲を限定して質問したほうが期待した回答が得られるかと
思います。

以下、拙訳。


突然、恐ろしい虎やら蛇やサソリやらなんやらが吼えながら襲い掛かって
きて、子春を食ってしまおうと大騒ぎ。しかし顔色も変えない子春に暫く
したらいなくなってしまった。

次に大嵐が起こって雷が天を裂いて目も開けられないほどだった。
あっという間にものすごい勢いで水が迫ってきて、あれよと言う間に水は
足元まで及んだ。が、しかし子春は正座したまま気にも留めなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

将軍は「こいつは妖術を既に得ておる。このままこの世に生かしておけば
碌な事にならぬ」、と言って部下に斬り殺させた。

斬り殺された子春の魂は閻魔大王の前に引き出された。
大王は「これが雲台峰の妖民か。牢につなげ」と子春を捕まえて
しまった。そうして色々な今まで経験したことも無いイタイ拷問を
受けた。しかし道士の言葉を守って我慢し、呻きもしなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数年して妻への愛情も増し、一子を授かった。その子をつかって妻に
話しかけるが答えない。色々気を引いて見るが全くしゃべらない。
盧は大いに怒り「むかし賈の女房は夫を馬鹿にして笑わなかったが
夫が雉を射落としたのを見て見直した。わしは卑賤の身ながら
学はある。雉を射つのとは比べものになるか。それなのにお前は何も
言わん。男が妻に馬鹿にされるようなら、その子供なんぞ要らぬ」
と言ってその子の両足を持って石に打ちつけた。頭蓋が砕け血が
流れヒドイことになった。
その時、子春の心にわが子への愛おしさが生まれた。そして道士との
約束を忘れて「あぁ」と声を漏らしてしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その歎声が終わらぬ内に、気がつくと子春は元の所に座っていた。
道士も同様に目の前に立っており、夜明け前であることを知った。

火炎が天井を焦がし家屋はボウボウ燃えている。
道士は「人選を誤ってこの始末だ」と言うと髪を引っ掴んで
水瓶に子春を投げ入れた。

火は消え道士は言った。
「お前は愛情以外は忘れることが出来た。あぁと言わなんだら
わしの仙薬は完成し、お前も仙人になれたのに。仙人の才能は
全く得がたいものだ。わしは又薬を練り直そう。お前は矢張り
下界がお似合いじゃ。まぁ頑張りんさい。」
そして遥かかなたに続く道を示して子春を帰らせた。

初めまして。
唐宋伝奇は好きで以前良く読んでいたので、懐かしくて
ちょっと訳してみました。原文はネット上で見つけたので
正しいかは解りません。また訳していると自身の漢文の素養が
非常に乏しいことが解りました。解り難いところはいい加減に
訳していますので参考にはならないかも知れません。

ちょっと不思議なのは挙げられている文章が前半部分に比べて
そんなに難易度が高いとは思えません。多分細かい語彙レベルで
不明な点がある、という意味での質問だと思われますが、その場合
もっと範...続きを読む


人気Q&Aランキング