マンガでよめる痔のこと・薬のこと

A 回答 (7件)

美容師です。




体にいいものでもないことは確かですが
発がん性を懸念するよりは
染毛剤の危険性としてはアレルギーのほうがじゅうぶん心配されます。染料となるジアミン類についてはアレルギー反応を起こしやすいことはメーカーも指摘してますし
取り扱いに注意することは説明に書いてあります。
http://www.kcn.ne.jp/~gauss/env/tb2.html
染毛剤は医薬部外品に分類されます
使用上の注意はきちんとお守りください。
発がん性がまったくないとは言いませんが
人体に影響がでないと薬事法で定められた範囲の危険性です。

次にあげるのは厚生労働省が安全だと定めた範囲の中の指定成分の話です。
仮にそこまで発がん性を気にするならまず食べるものがなくなります。野菜のほとんどは輸入に頼っておりポストハーベストによる残留農薬。食料品に含まれる食品添加物に発がん性物質が含まれます。

日本自然医学療法研究センター(発ガン性を含む食品添加物)
http://www16.ocn.ne.jp/~n-m-supp/092materials.htm
年に二回程度の毛染めで発がん性を気にするなら
先に上記に記された食品は食べないでください。

★美容所は保健所管轄なので生活衛生や死因も習いますが、がんの原因の多くはタバコの害と欧米化した食生活(塩分と動物性脂肪の過剰摂取)です。
http://www.pref.kyoto.jp/kenko/health/shosaipdf/ …豁サ蝗%20謔ェ諤ァ譁ー逕溽黄%20蜍慕黄諤ァ閼りが'
(↑自動リンクされないならコピー&ペースト)

日本人の3大死因には悪性新生物は含まれますが
男性の一位は肺がんがもっとも多く、胃がんと続きます。最近は女性の一位は胃がんを抜いて大腸がんになっているようですが。食生活とたばこが大きな要因となっていることは確かです。

ガンについて心配するならタバコとタバコの副流煙、
洋食中心の食事は避けたうえでそういう話をしているならわかりますが、
毛染めの発がん性だけ持ち出して話すなら本末転倒です。国立がんセンターではそんなことより太陽(紫外線)にあたりすぎないってことを12か条に入れてますよ。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/about/010101 …

★そんなことありません。
商売の中には毛染めの危険性を過度に謳い、他のもの(天然由来のもの)を売りつけるものもありますがちょっと大げさな話です。
今は毛染めするのが普通となっています。年二回の毛染めでガンになっていたら、毛染めによるがんが死因の上位に入ってしまいます。
    • good
    • 9

補足ですが


古くから毛染めはされてますが、ジアミンを使った毛染めは明治38(1905年)今の酸化染毛剤の形は大正元年(1912年)から始まっています。日本でも100年近くの歴史があります。現在80代で40~60年近く染めている方はたくさんいますよ。
最近懸念されるのは子供に対する毛染めです。薬でも小児用(体重1kgあたり何gって決まっているように)子供は薬品に対する耐性があまりないので大人と同じように常用すると悪影響がでるのではないかという話はされています。
また美容メーカーは、ウェラ、ロレアル等海外主体のものが多く欧米の方はブロンドに染めたりします。日本人だけが毛染めしてるわけではありません。

カラーリング剤は危険なものですから
安全に染めるために【使用上の注意】が必ず書かれています。
-------------------------------------------------
【次の方は染毛しないでください】
皮膚や体が過敏な状態になっており、激しいかぶれを
起こしたり、現在の症状が更に悪化する可能性があります。

(1)今までに染毛剤でかぶれたことのある方、今までに染毛中または直後に発疹、発赤、かゆみがでたり、気分が悪くなったりしたことのある方
(2)皮膚試験(パッチテスト)の結果、異常が生じた方。
(3)頭、顔、首筋にはれもの、傷、皮膚病がある方。
(4)生理時、妊娠中または妊娠している可能性のある方。
(5)出産後、病中、病後の回復期にある方、その他身体に異常がある方。
(6)特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方。
(7)微熱、倦怠感、動悸、息切れなどの症状が持続したり、紫斑、鼻血など出血しやすく、月経その他の出血が止まりにくいなどの症状のある方
-------------------------------------------------
ヘアカラーは使用上の注意にあるとおり
もともと病中、病後の回復期は使用できません。

それだけ危険なものなら、毎日カラー剤に触れて髪を染め続けている美容師はガンだらけですね(笑)
美容師に多いのは薬品を使うため手荒れとアレルギーです。後は職業病として腰痛と腱鞘炎。カラーの危険はガンよりアレルギーです。

よく見るとNo.4さんが簡潔に書いてますね。
同意します。
    • good
    • 7

病院では白血病患者にはプラスチックのカラーチップ(極微細)が免疫力を低下させるので染めさせないようです。

白血病は血液のガンですから、これに尾ひれ羽ひれが付いたのではないでしょうか?結局のところは病院に聞いた方がいいと思います。免疫力が低下するわけですから、ガンになる可能性は染めない人よりは高いでしょうね。

ここからは、蛇足ですが、煙草はどういう訳か統計上、吸うひとの方が発ガン率が高いのと同じように、毛染めも今、統計を取っているのではありませんか?世界中で日本だけでしょう、一般の人が、健康な髪を染めてカッコイイなんて言っているのは。10年とか20年経たないとわかりませんからね。実は、私もカッコイイから(^_^;)やりたくて薬局に行って、いろいろと聞いたら、基本的原理は、健康な髪に傷をつけて、治る時のカサブタの上に染料をのせると聞いたので、髪に良くないと思ってやめました。煙草と同じで、直ぐに結果が出るわけではありませんからね。自分できちんと物事を考える事ができる人はやらないでしょうね。
    • good
    • 10

「年に2回以上髪を染めるとガンになる」ということはないと思います。


おそらくその発言は、染料のなかには発ガン因子となるものもある、とか、膀胱癌の病因としてある種の染料(芳香族アミン)が関与している、といったような情報が、ごちゃまぜになり、ややおおげさになって一人歩きしたものではないかと推測します。
    • good
    • 4

そうなると今の日本女性は殆どがガンですね.


友人にその根拠を聞きましょう.
今頃新聞,週刊誌,TVは大騒ぎです.
    • good
    • 1

年に二回で・・・・聞いた事無いですね。

(~_~;)

こちらでも、白人人種の間でも金髪青目は憧れらしく、染めているのが多いけど、ガンになったって聞いた事無いから、日本以外でもそんな話は無いでしょう。

年2回でガンなら、発癌実験に使えます。(~_~;) そんな確実にガンが発生する薬なら。V(^^)V
    • good
    • 2

今のところ、そういった因果関係は立証されていません。


年に二回染めただけでガンのリスクが向上するなら、おそらく髪染めは販売できませんね。

この程度のこと、ちょっと考えればわかりませんか
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘアカラーは体に悪い?

よろしくお願い致します。
私はいつも美容室でカラーをお願いしているのですが、
先日久々に会った美容関係の仕事の知人から、美容室で使っているカラー剤の多くは体にとっても悪いという話を聞きました。

これは本当なのでしょうか。
私は毎月カラーをしていました^^;

また、都内で「ここの美容室のカラーは体に無害のものを使っている」など、
体に悪くないカラーにこだわっているお店をご存知でしたら教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

髪の毛の専門家,理容師です。

「美容室で使っているカラー剤の多くは体にとっても悪い」ということではなく,正しくは,「市販のヘアカラー剤も含め,体内に入ると危険である」ということです。
微妙な差のように感じるかもしれませんが,これ,すごく大きな差なんですよ。

染毛剤(白髪染め剤やヘアカラー剤など)は,そのほとんどが「劇薬」と言っていいものです。
もし,それが体内に入ってしまいますと,その量にも夜のですが,多い場合は,大変危険な状態になることも充分考えられます。

ですから,私たち理容師や美容師は,お客様の頭皮を含めた肌に染毛剤がつかないように注意しながら,毛染めを行っているのです。
また,頭を掻いたなどして頭皮に傷がある場合は,毛染めをお断りすることもあります。
といっても,私もすべての理容師や美容師を知っているわけではありませんから,確実なことかと問われますと,不安はありますけどね。
一応,染毛剤を塗っているとき,冷たいという感覚がなければ,大丈夫だと思いますよ。
まぁ,心配でしたら,一度,確認してみてください。

Q「ガン患者、これだけはしてはいけない!」■ガンに詳しい人希望■

「ガン患者、これだけはしてはいけない!」

事はなんでしょうか。
タバコは絶対に駄目なのは承知していますが、
他の事になると色々あってわからなくなってきます。

温泉は行っても構わないのですか?

あと、食事に関しては
牛乳を飲んだり、少量のアルコール、市販のソーセージ、パン、チーズ、豚の角煮、煮魚
を食べても大丈夫なんでしょうか。

Aベストアンサー

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメントによる事故は相当あります。詳しく書けませんが関係する仕事をしています。
飲んでいることを医者には隠しがちですが、これ、ものすごく危険なことなので、必ず医者と相談してください。
いまさらながらの発癌物質の摂取をご心配のようですが、癌というものは10年単位で進行するものなので、今そんなこと気にしていても始まりませんし、添加物などの発癌力はそれほど強くありませんので、今考えなくて良いと思います。
基本的に、きちんと食事をすること。
あと、癌になるとあちこちから「これはいい」というものを薦められると思いますが、安易に飛びつかないで。
わらにもすがりつきたい気分のときは、期待もあるので、飲むと一時はいいような気がするものです(プラセボ効果というやつね)でも、データを見てると飲んでもやめても変わらないし、何よりも一時は良かったと思うと止められなくなるんです。
大体薦めてくる人は最初の一瓶しか持ってこないでしょ。後を買うのは自分ですからね。
健康食品は異常に高いです。
また、高いほど効くような気がするものらしいです。ただでも医療費のかかるときに、健康保険も利かず、効果もよく分からないようなものに多額のお金を費やすのはどうかと思います。
主人のときも雨あられとその類のものや話が来まして、片っ端から断っていたのですが、やっぱり私や医者に隠して内緒で飲んでいまして…
わがままな人でしたから、「これ飲んでるから飯は食べなかった」なんて、サプリには糖分やカフェインみたいに一寸さっぱりするものが結構入っているので三種類も飲むと食欲なくなってしまうんです。本末転倒ですよね。
主人の時には飲みすぎて心筋梗塞に似た状態まで副作用が出まして(危険情報の論文が出ていました)、大喧嘩の末止めさせたのですが、見舞いに来た客に「うちは貧乏だから健康食品も飲ませてもらえない」と愚痴ったそうで… とても悲しかったです。
健康食品は他人に薦めてはいけないと思います。
独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに健康食品の情報サイトがあります。参考にしてください。
癌に効くといわれているもので、明確な根拠の証明されているものは今のところないはずです。

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメント...続きを読む

Qレントゲン・・・どれ位の枚数を撮影したら体に影響が出ますか?(被爆)

子供の頃から体が弱いです。
入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。
そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。

中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。
前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか?
何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか?
ガンや白血病などが怖いです。

とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。
私も26歳にして大腸にポリープがあります。
ガンから逃げられないような気がして怖いです。

被爆について詳しく教えてください。

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

ガンや白血病は「確率的影響」とされています。
また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、
統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。

胸部エックス線写真1枚での照射線量は0.2mGy前後ですから、
1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。

1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、
おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。

ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、
またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。


医療被曝には「限度」と言うものはありません。
医療法施行規則第30条の27で定められているのは、
我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、
#3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。
また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む

Q乳癌の手術後、抗がん剤は必ずやるのですか?

母が乳癌で明日手術です。
一応、1センチのものが1個と言われてます

早期の部類に入るそうです。
明日の結果がでないと何ともわかりませんが、浸潤、非浸潤などありますよね。

結果がスゴイ軽いものであった場合でも抗がん剤は投与するんでしょうか?
つまり、手術をした人は100%抗がん剤を投与するのでしょうか?

その場合は髪も抜けるんですよね・・・
それが辛いのですが、でもそれをやれば軽いものであった場合、「完全に」治るのですよね??

質問が3,4つありますが、答えていただけると助かります

よろしくお願いします

Aベストアンサー

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく初期の場合、女性ホルモンをエサにして増えていくと言われています。取ったがんに、ホルモンレセプターがあるかどうかが、再発リスクがあるかどうかの判断に使われます。レセプターがない、ということは、エサがなくても増えていくがんである、ということで、リスクの高い部類に入ります。
また、周りの組織への浸潤度(脂肪や血管、リンパ管への浸潤)も高いかどうか、もちろん、リンパ節への転移なども調べます。さらに年齢、家族のがん罹患歴なども見ながら、総合的にその方のリスクの高さを考え、どのように今後治療していくかを決めていきます。
乳がんは、ごく小さいしこりであっても、周りの組織に浸潤している時点で「全身病」になります。非浸潤であれば身体の他の部分には細胞は飛んでいませんが、浸潤しているということは、がんの微少な細胞が全身に行っている可能性があると言うことなのです。ですので、他のリスクも考えながら、全身療法といわれる薬物療法を行うことが一般的です。ホルモンの感受性がある場合はホルモン療法を、ない場合は抗がん剤を、感受性があってもリスクが高い場合はその両方を、というように、その人その人で行う治療が違ってきます。
抗がん剤をとても怖がるお気持ちは分かりますが、がん患者にとって一番こわいのは「がんが再発する」ことです。それを防止するための治療なのだと信じて、みなさん投与されているのではないでしょうか。
脱毛は一時的なことです(私も経験者です)。ドラマでよく出てくるようなシーンは大げさと感じます。抗がん剤はそれほどこわいものではないと、私自身は思っています。
ただ、どのように今後治療をしていくのか、ひいてはどのように生きていきたいのかは、お母様自身がお決めになることです。抗がん剤の奏功率とQOLの低下を天秤にかけて、やはり抗がん剤はしない、と決める方もいらっしゃいます。ご自身が納得して治療ができるよう、資料を集めたり、いろいろな方にセカンドを聞いたりして、サポートしてさし上げてほしいと思います。
私自身が利用させてもらったサイトのURLを貼っておきますので、参考になさって下さい。

参考URL:http://www.v-next.jp/

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q先日乳癌の宣告を受けました。リンパ節転移なし。MRIで今後の治療法を決

先日乳癌の宣告を受けました。リンパ節転移なし。MRIで今後の治療法を決めていくのですが それまでの間に転移しないか そんな悪い事ばかり考えてしまいます。
先生のお言葉を信じていればいいのですが 不安で
今は前向きに頑張っていく勇気が欲しいです。
乳癌で前向きになれるご意見があれば お聞かせください。
気分だけでも前向きになり 頑張って治していきたいです。
転移を防ぐ方法や 我侭ですが 前向きなご意見お願いいたします。

Aベストアンサー

還暦を過ぎた年寄りです。昨年は家内の浸潤性乳管癌IIa。 3年前は家内の妹が2度目(最初は20数年前)の乳癌、今回は硬癌でIIa。同時期に家内の姪が、子宮癌、そして、昨年・今年と膀胱癌再発と大忙しでした。今、3人とも前向きに明るく過ごしています。

夜中、別室で仕事をしていると家内が胸を肌蹴たまま、飛び込んできた。お父さん、私、乳癌が出来たみたい!・・・顔色をみて深刻さを理解した。
少しパニックになっている家内をどう落ち着かせようか、思案しながら、10分ほどリビングに待たせました。
病気のことを少し学んでいる私は、癌ではない可能性も説明して、また、癌であった場合の検査、診察、治療の流れは・・・と話を進めた。そして次に、癌の成り立ち、性質、手術後の治療法等々を説明し終えた。家内は、私は死ぬの?? まだ死にたくない! とナーバスになっていて、話の中身を変えなくていけない、家内になら言っても良い、と想い意を決して本音の話を続けた。

余り生にしがみ付くな。其処に執着すればするほど、心が苦しくなるから・・・。心が苦しくなるだけではなく、助かりたいが為に体を酷く痛めつける治療も選択するようになる。それだけでは不安になり、あっちの治療も・こっちの治療も、と切り裂き・焼き尽くす治療も選ぶようになる。その結果は心だけではなく、体も今より苦しくなるのだから、と説明した。

それに、不安に慄けば慄くほど、体を痛めつければ痛めつけるほど、喜ぶのは癌細胞だけなんだよ。この心身のストレスは、癌が成長するお手伝いをするのと同じなんだ。
自分の癌は治ると信じよう。その為には、今日を明るく・明日は楽しく・明後日は笑い転げて、毎日美味しいもの食べて、時には旅行しよう。そう心掛けよう。  そうして癌から元気を奪い取り、年月が過ぎて気が付いてみたら・・・あれまぁ・・平均寿命まで生きちゃったね♪   きっと、そんな日が来る。

それから、癌が一番嫌いなものは何か知っているか? 癌は栄養に満ち足りた健康な体を嫌うんだ。
その証拠に、癌患者が末期に近づくと「悪液質」と云う状態に陥る。悪液質とは、体液が悪くなるという意味ではない。全身の栄養状態が悪くなり、痩せ細って、免疫力が低下して、やがて感染症に苦しむ。感染症を治療しようと薬漬けになり、更に体の苦しみが増す。
そうして、何をやっても亡くなる時がやがてやって来る。それが癌治療と、亡くなる癌患者のあらましなのだ。

癌患者は癌で死ぬのではなく、栄養状態が悪化して感染症に罹り、やがて多臓器不全になって死に至る。
だとしたら、絶対に栄養状態は最良を維持することだ。癌は栄養で大きくなるから、栄養を摂ってはいけない、と云う医師もいるが、それは間違いだ。

何故なら、癌と気が付かずに末期に至り痩せ細ってしまうことがある。食べなくては、と一所懸命食べるのだがやがて食べることも出来なくなる。食べられなくなって痩せ細った癌患者の癌は、口からの栄養補給を断たれても、それでも癌は成長を続ける。
つまり、癌は食べた栄養で成長するのではなく、体のタンパク質を壊して糖を作り出し、その糖を栄養にして成長を続ける。だから、痩せ細るのだ。

栄養状態だけはどんな時でも低下させちゃ駄目だよ。お前に必要な栄養分(タンパク質・ビタミン類・ミネラル)は全て私が用意する。安心しなさい。死なない。治るよ!

一年経った今、家内は言う。「お父さんのお陰で欝にもならず元気で居られる。来月の伊豆旅行が楽しみだよ」・・・って。

治療前から家内が心配していたことは、抗癌剤治療と放射線治療の副作用でした。家内はその二つを嫌がり、私も同意、そして、柔らかい抗癌剤「ハーセプチン」とエストロゲン感受性を調べて頂き、家内には適応である「ホルモン治療」を選択している。何故なら、更年期を過ぎた家内には、ホルモン療法の副作用が現れないだろう、との予測がたったからです。

ただ、ホルモン療法で懸念するのが、骨粗鬆症を進行させること。その副作用には医師からの説明は一切なかったが、家内共々その副作用には、体の機能と生化学的効果を学びながら対処をしている。

未だに主治医から薦められている抗癌剤・放射線治療の功罪を、此処で記すのは許されるものではない、と理解していますので書き込みすること、憚らせて頂きます。
・・・・私と家内の対話を記しました。

貴女様なりに、癌、そして、癌治療を学びながら心置きなく寿命を全うしてくださることを祈ります。

貴女様の完全寛解をお祈りします。

還暦を過ぎた年寄りです。昨年は家内の浸潤性乳管癌IIa。 3年前は家内の妹が2度目(最初は20数年前)の乳癌、今回は硬癌でIIa。同時期に家内の姪が、子宮癌、そして、昨年・今年と膀胱癌再発と大忙しでした。今、3人とも前向きに明るく過ごしています。

夜中、別室で仕事をしていると家内が胸を肌蹴たまま、飛び込んできた。お父さん、私、乳癌が出来たみたい!・・・顔色をみて深刻さを理解した。
少しパニックになっている家内をどう落ち着かせようか、思案しながら、10分ほどリビングに待たせました。
病気のこ...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Q早期乳癌の進行、転移を抑える食べ物、生活は?

大学病院で早期の乳癌と診断された40代前半の者です。しこりの大きさは、2cm弱でリンパへの転移もないそうですが、人気のある病院なので入院待ちの人が多く、あと1ヶ月は手術を受けられません。乳癌は進行がゆっくりなので数週間で突然大きくなったりはしないそうですが、まだ若いので転移などを心配しています。この1ヶ月の間、なるべく気をつけて生活していこうと思うのですが、乳癌(癌一般でもいいです)の進行、転移を抑える食べ物、生活について、テレビなどでご覧になった方、ご自分の体験からご存知の方、いろいろアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

がんと言うのは現在三人に一人の時代になり、もはや一般的な病気と言ってもよいと思います。以前から、がんにはACEと言われるようにビタミンA・C・Eの大量投与をすると効果があると言う事がわかってました。しかし、最近になってさらにすばらしい事がわかってきました。WHO(世界保健機関)の世界調査で大豆タンパクの中のイソフラボンが、がん細胞の増殖を押さえると言う事が、明らかになったのです。がん細胞は細胞自身が血管を張り巡らせ、他の細胞から栄養分を吸収し増殖しますがそこに関わりを持つのが、エストロゲンと言う女性ホルモンです。そのエストロゲンとがん細胞の結びつきを阻止するのが、イソフラボンなのです。簡単に説明しましたが、しっかり大豆食品を摂取してください、今の状況では質の良い大豆プロテインを補助食として摂取する事をお勧めします。元々日本人のがん患者は少なかったのです、ところが増加してきたのは洋食に傾き、その結果、大豆食品の摂取が減ってきたからです、世界各国で大豆食が見直されています、肉などの動物性タンパクは身長や体重などの体格に寄与します、一方大豆に代表される、植物性タンパクは持久力、耐久力、免疫力などに寄与します。私は大豆業者ではありません。しかし大豆タンパクの、すばらしさはよく理解しています。最後に、老婆心ながらおせっかいを言わせて頂くと、今がんになって、大変苦しみ、悩んでらっしゃると思います、しかしがんは、移る病気ではありません、ご自身が自分で作られた病気です。ですから、治すことも大切です、しかし治すだけでは再発する可能性もあります、これを良い機会に、なぜ御自分ががんになられたかの、原因追求をなさってみてください。とりあえず1ヶ月の間、大豆プロテイン(三基商事、のはすばらしいと聞いた事があります)とビタミンCをしっかり摂取してみては如何でしょうか。

がんと言うのは現在三人に一人の時代になり、もはや一般的な病気と言ってもよいと思います。以前から、がんにはACEと言われるようにビタミンA・C・Eの大量投与をすると効果があると言う事がわかってました。しかし、最近になってさらにすばらしい事がわかってきました。WHO(世界保健機関)の世界調査で大豆タンパクの中のイソフラボンが、がん細胞の増殖を押さえると言う事が、明らかになったのです。がん細胞は細胞自身が血管を張り巡らせ、他の細胞から栄養分を吸収し増殖しますがそこに関わりを持つのが、エス...続きを読む


人気Q&Aランキング