古今和歌集770
わが宿は道もなきまで荒れにけりつれなき人を待つとせし間に

この歌は恋の歌ですが、
僧侶の作なので題詠、女に代わって詠んだもの、
僧侶本人の心情を詠んだものと3通り解釈されています。

「僧侶の作なので」というのは僧侶は恋をしないという事なのでしょうか?
なぜ「女」に代わって詠んだものとされるのでしょうか?

いくつかの本を調べたのですが、どれもさくっとしか書かれていないので、
どうにも納得できません。教えてください。

A 回答 (1件)

> 「僧侶の作なので」というのは僧侶は恋をしないという事なのでしょうか?



 そうだと思います。僧侶には「不淫戒」(女性と交わってはならない)が課せられていましたし、恋愛は修行の邪魔、悟りを開く妨げということで、遠ざけなくてはならないものだったと思います。

> なぜ「女」に代わって詠んだものとされるのでしょうか?

 当時は男が女の家に通う「通い婚」が(貴族たちには)普通でしたし、恋愛の段階でも常に逢いに行くのは男性で、女性は自分の家でひたすら待つ立場でしたから、「つれなき人を待つ」というのは、自分になかなか逢いに来てくれない冷たい恋人(もしくは夫)を待っている女性の立場の歌と言うことになります。

 したがって、「待つ女性の立場になって歌を詠んでみよう」と試みた題詠か、歌の名人であった僧正遍昭が、誰か女性のために代作したか、ということになるのではないでしょうか。

 もちろん、「待つ」のは恋人だけとは限らず、親友とかの訪れを待ってもかまわないわけで、その場合は本人の心情ということになるでしょうが、この歌に関してはともかく恋の歌ととるのが良いと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
親友とも考えられるんですね。謎が解けました。

お礼日時:2001/12/11 20:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか? なにやら比

「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか?
なにやら比喩的な表現が含まれているよいですが……

Aベストアンサー

昔の人にとって月を詠むことは、思い出を詠むことでもあり、
世の中を詠むことでもあった。
その理由は月自体の姿にもよるものもあるでしょうが、月が様々な思いを喚起させるとともに、その思いを映し宿しているものとして捉えられていたと思われます。

Q「かなしい」と書かないで「かなしみを書き」「かなしみを詠う」には?

ものの本で「かなしい」と書かないで「かなしみを書け」とか「かなしみを詠え」ということを教えているのをよく目にするのですが、そのアドヴァイスを受けて、即、書けてたり、歌ができたり、それに成功する人は既に然るべき才のある人か訓練を積んでいる人で、普通は無理だと思うのです。
私は人材育成の場で、必ず新鮮な実例を大量にレジュメで見せることを心掛けて参りました。で、《「かなしい」と書かないで「かなしみを書け」「かなしみを詠え」》と説くより、そういう作品例や改作例・添削例を数多く集めて見せた方が文学の場でも効果があるのではないか、と思います。それで、そのような事例がございましたら、お教えいただければ幸甚であります。

Aベストアンサー

駄流コピーライターの意見なんで、あまりアテにはならないかもしれませんが。

「かなしい」を直接「かなしい」と書かないように努力するのは、表現力を高める上でもいい勉強になりますよね。
では、「かなしい」という表現のあり方について考えてみたいと思います。これには大まかに考えて2通りあると言えます。1つは、客観的なかなしさ。もう1つは主観的なかなしさです。簡単に例を挙げてみましょう。

<客観的なかなしさ>
・今はもうその時計は動かない。

<主観的なかなしさ>
・大事にしていたクラリネットを壊してしまった。

客観的なかなしさというのは、事象に対して被害であるとか喪失感を感じることはないのに、なぜかしんみりしてしまうもの。主観的なかなしさというのは、事象によって被害や喪失感を感じる人物に対して感情移入することによって、その人物とかなしみを共有するもの、です。主観的な方は、笑いの要素になることも多々あります。感情移入しないで、被害者に対して優越感を抱く形で笑うというケースです。「クラリネットをこわしちゃった」は有名な歌ですが、これが長調で楽しげに歌っていることで、こわしてしまった本人の感情などを無視し、それを客観的な価値観で見直して、笑いのフォルムに持っていったものと考えられます。
ついでですから、童謡からいくつか拾ってみましょうか。

・誰かさんが小さい秋を見つけた。

これは<客観的なかなしさ>ですね。ここでは、「誰かさん」という無主語性がかなしさを醸し出す潤滑油となっています。これが「田中君が小さい秋を見つけた」とやると、情緒が出ません(「誰かさんと誰かさんが麦畑で」もそう)。そしてもう1点。適さない形容詞の使用です。「秋」に「小さい」という形容詞は普通は使いません。もともと「秋」という季節名には形容詞の飾りは似合わないものです(「まっかな秋」などもそう)。そこをあえて使うことで非日常感を出すことができます。しかも「小さい」という形容詞はかなしさの方向に持っていきやすいものです。ちなみに「小さい」があるならば「大きい」もあるという類推ができますが、「大きい秋」というものは想像力をたくましくすることができないのが不思議なところです。

・さっちゃんは小さいからバナナを半分しか食べられない。

これは「かわいそう」に分類されるものですが、これのかなしさは<主観的なかなしさ>です。ここにも出てきた「小さい」という形容詞、そして「半分」という欠落感を表す語、さらに「しか」という限界を示す語、「食べられない」という不可能を表す語。これらによってかなしさが表現されています。ちなみに、これを「かわいそう」と思うのはなぜかというと、普通の人は小さくもないからバナナの半分くらい軽く食べられるという前提があってのことです。さっちゃんの心理を考えれば、自分はもっと食べたいのだけれども物理的に食べられないというもどかしさ、はがゆさ、くやしさがあって、それがかなしさにつながっているのだと言えるでしょう。かわいそう、という言葉は全く客観的に見た場合はそう言えるということです。

このようにして見てみると、そのかなしさが主観的なものか客観的なものかがわかってきます。どちらのかなしさを描出することも難しいのですが、客観的な方が割と簡単なようです。「いつもここから」というお笑いの2人組がいますが、彼らが「かなしい時」として表現しているのは、たいてい客観的な悲しさです。主観的なものと言えば大抵最後に来る「かなしい時、夕日が沈んだ時」というものだけではないかと思います。しかし、彼らの表現には納得させられることが多々ありますから、一見の価値はあると言えます。

今までのものは、表現するためのかなしさですが、表現しても仕方のないかなしさというものもありますので、参考として書いておきます。例えば、茶柱が立っているのを見て、かなしく感じる人もいるでしょう。茶柱にまつわる思い出で亡父のことをふと考えてしまったり、茶柱が浮いていることから連想して、湖に浮子を投げたはいいが何時間待っても魚がかからなかった自分の体験談を連想してしまったりとかいうケースがあります。こうしたものは、相手に背景から説明しないといけないので、表現するには適さないと言えるでしょう。

こんなものでよければ。

駄流コピーライターの意見なんで、あまりアテにはならないかもしれませんが。

「かなしい」を直接「かなしい」と書かないように努力するのは、表現力を高める上でもいい勉強になりますよね。
では、「かなしい」という表現のあり方について考えてみたいと思います。これには大まかに考えて2通りあると言えます。1つは、客観的なかなしさ。もう1つは主観的なかなしさです。簡単に例を挙げてみましょう。

<客観的なかなしさ>
・今はもうその時計は動かない。

<主観的なかなしさ>
・大事にしてい...続きを読む

Q世界の平和・科学・文学なとせの発展に功績のあった人々・団体に賞が与えられるノーベル賞の授賞式はどこの

世界の平和・科学・文学なとせの発展に功績のあった人々・団体に賞が与えられるノーベル賞の授賞式はどこの国の都市で行われるか(ノーベル平和賞を除く)
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

>ストックホルムであっていますか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E#.E6.8E.88.E8.B3.9E.E5.BC.8F

Q僧侶の日常

江戸時代の僧侶の日常生活についてわかるようなサイトは無いでしょうか?
例えば吉原、などだと中の独特のしきたり、暮らし振り等々の説明してある
サイトは多いし一般庶民、というのも結構見つけきれたのですが・・・・・・。
宗派によっていろいろと異なるとは思いますが、時代の雰囲気を総合的に
見てみたいというのが一番ですのであまり厳密には問いません。
山に篭っての仏道修行というよりは市井の人々の中にあるお寺、みたいなのが
窺えるほうが嬉しいです。

Aベストアンサー

サイトで見つけるよりも本で見つけた方が早いのではないかなと思います。
江戸の庶民の中に息づく僧侶の生活ならば、西鶴が一番良く伝えてます。
西鶴の「好色一代男」の巻にもありますし、「諸艶大鑑」なども
当時の生活振りをよく伝えているのでは?
難しければ、西鶴の研究本や江戸大辞典など図書館に行けばたくさんあるので
そこから探してみてはいかがでしょう?
かなり皮肉っていますが、面白いですよ。

Q古今東西の「東西」って・・・

教えて下さい。

小1になるわが子に、「古今東西は、どうして”東西”なの?古今”南北”じゃダメなの?」と聞かれました。

そういえば、こういう文化的なことの言い回しって、大抵の場合「東西」を使うよなあ・・・と感心しつつ、自分自身が根本的にわかっていないことを再認識させられました。

なぜ「東西」と言うのでしょう?そしてどこを境に東西なのか?さらに、どうしてそこを境とするのか??(おそらく、このあたりまで突っ込んで質問してくると思われます)

小1の子供にわかるように、私にも教えて頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

どうやら太陽の動きが関係しているようですよ。
いくつか、なぜ南北ではなく東西なのかということについて解説しているページを見つけましたのでご参考に。

http://blog.goo.ne.jp/u11953/e/41a057b83201e9cf422c80d1d7e2bf71

http://blog.goo.ne.jp/u11953/e/8f2f01a5a25034a45ff0aac8b3697fdb


人気Q&Aランキング

おすすめ情報