SQとは、何なんですか?
また、これは、株式相場にどのような影響があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

SQが株式市場に影響を与えるとすれば、主なものは、SQ時に裁定取引のポジションがどうなるか、という事だと思います。


裁定取引がなにかは、ご存知とは思いますが、下に参考URLを念の為入れておきます。
で、SQというのは、先物を現物の寄付価格で精算するという事で、金利コストについては満期だからゼロと考えると、手数料をちょっと忘れて、「その日のうちに現物を売り切れないor買い切れない」というリスクをとりあえず無視すれば、先物=理論価格=現物価格になる日です。だから、現物買い+先物売りのポジションを作っていた人は、現物をSQ当日の寄付で成行で売れば、利喰えるわけです。(先物は自動的に精算されるからそのまま。)
その為、SQの日の寄付に、大量の裁定取引解消の現物売買が出てくる可能性があり、それが株式市場全体に影響を及ぼす事も有り得ます。

実際には、
(1) SQ前に、期近の先物を反対売買して、期先で同じポジションを作って置く動きが進む。
(⇒現物+期先の先物の裁定取引に変るので、SQ以降にも持ち越せるようになる。)
(2) 現物買い+先物売りの裁定取引と、現物売り+先物買いの裁定取引が、両方ともSQの時に解消されて、現物では売り買いが相殺される。
(3) 例えば、SQの時に大量に売り物が出てきたら、バーゲンハンティングのチャンスなので、買い注文を入れる投資家が出てくる。
といった理由で、そんなにメチャクチャな事にはならないのですが、膨大な額の成行注文が出てきて、それが売り買いのどちらかに大きく偏っていれば、市場全体に影響を及ぼす可能性は、理屈上はあります。

SQの時に、先物やオプションだけのポジションを持っている投資家が、株価操縦(正確には指数操縦か?)をやる事が株式市場に影響を及ぼす事は、勿論ありうると思いますが、一般的に現物投資家がより注目するのは、裁定取引の動向だと思います。何故なら、実際起きてしまったら、現物の裏づけの無い先物・オプションだけの投資家(投機家?)が指数構成銘柄の一部を弄くって、SQの値を有利にするのよりも、影響がずっと大きいからです。

ただし、SQで大量の売り物が出たり、一部の銘柄を操縦してSQ値を歪めにいったとしても、ごく短期的に指数がちょっと変になる、といった程度が普通じゃないかと、個人的には思いますが…。(むしろ、SQを前にした心理的な面の影響が大きいかも知れない…。)

という訳で、SQが相場に与える影響として一般的に心配されるのは、それは現物の裏づけのある裁定取引だと思います。

参考URL:http://www.skc.or.jp/qa/saitei.html,http://www.d …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 02:57

SQとはSpecial Quotationの略。


指数先物や指数オプションの清算(日、指数)の事です。
オプションは毎月、先物は3ヶ月に1回清算します。
米国では、株式オプションも有るので、3,6,9,12月の第3金曜日はトリプルウィッチングと呼ばれます。(日本は第2金曜)
直訳すると3人の魔女ということでしょうか。
何が起こるか分からないという意味かなと思います(^^;
内容と市場への影響に着いては↓ANo#1↓の方の言う通りです。
それからこの日は物凄く出来高が出来るのも特徴です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 02:57

SQとは、取引所上場の指数先物または指数オプションの最終決済価格をSQ当日の寄付値により決定することを表しています。



現物の裏付けがある人間ばかりが参加していれば、特別に価格の変動は発生いたしませんが、現物のポジションを保有することなくこれら指数デリバティブ取引を思惑で行っている場合に、SQの寄り付き価格次第では利益が上がることが可能です。

例えば、指数先物を買い建てにしてSQを迎えた時に、現物株の寄付きで買いを入れることでSQによる決済価格を引き上げようとする行為は可能です。指数構成銘柄全てに買いをいれることは困難だと思いますが、構成比が高い銘柄や市場流通量の少ない株に買いをいれることでより少ない金額でSQ決済価格を高くすれば先物の最終決済利益を拡大することができます。

このような行為は相場操縦と呼ばれ、証券取引法の禁止行為ではありますが、そのような思惑を解説論拠として投資する人々もいます。

また、最終決済時に一度に反対売買がなされることを考慮すれば、少なくとも他の時期と比較して価格変動率が高くなるということは言えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 02:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXってどんなもの? ハイリスクハイリターンで株より怖い?

最近「FX」が流行ってるみたいですが、どんなものか分かりません・・・ 簡単に教えてください。

ちなみに「株」は250万円の資金でやっています。 「FXのほうが儲かるよ。」とよく言われるのですが仕組みが分かりません。 株とどう違うのでしょうか? 資金力は株と違って少なくて済む? 29歳男

Aベストアンサー

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの銘柄分析に集中できます。

・その他
 株はその会社のおかれた環境に目がいきますが、FXは原油価格、EUの経済状況などグローバルな視点をもつことになり視野が広がります。

・儲かる?
 これはその人が決めた取引手法が成功するかどうかなので、FXだからというものではないと言えます。テクニカルでもファンダメンタルでも決めた手法を継続して、結果儲かるものだと思います。

・資金力
 NO1さんのとおり、レバレッジを高くすれば資金は少なくて済みますが、リスクは高くなるだけのことです。

FXのことが知りたければ、口座開設してみてくだい。
無料でセミナー、講座、デモトレードなどができる会社がたくさんあります。取引する必要はありません。

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの...続きを読む

Q為替相場とか株式相場とか先物商品相場とかありますが、魚や馬や中古車が取

為替相場とか株式相場とか先物商品相場とかありますが、魚や馬や中古車が取引される時はセリやオークションですよね。
FXは通貨取引のセリだと解釈してもいいのでしょうか。明治から昭和にかけては東京証券取引所などでは場立ちが行われ、築地市場のように仲買人が手を振って合図を送り取引してたように思うのですが、どなたか詳しい方々教えて下さい。

Aベストアンサー

FXがセリだというのは基本的に間違っていますね。
築地市場も株式市場もオープンな取引所で行われるオークション方式です。

ですが通貨の世界は相対取引が原則。つまり1対1でサシで交渉します。
よくよく考えてみれば、相手は全世界に散らばってその場にいないのです。
昔は相手と電話で指立てながら値段交渉するよりなかった。
なので複数の相手と同時とか器用なことは、なかなかできませんでした。

今は金融機関は何億もかけて高速回線を整備しています。
ネット環境が発達しているので、同時に相手をすることも可能です。
ですから金融機関の間で殆ど差は出にくい状況になっています。

Q一番ハイリスク・リターンの投資はFXだと思うのですが?

いちばんハイリスク・ハイリターンの投資は
FXだと思うのですが如何ですか?

当方、FX暦2年で負け組です、

投資といえば株、FX、先物が思い浮かびますが
FXほどハイリスク・ハイリターンは無いと思うのですが、

先物はやったことが無いので分かりませんが、
如何でしょうか?

また、他の投資でよく行われるものは何がありますか?

Aベストアンサー

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本的にシステム販売は、自分でトレードするよりもシステム販売したほうが儲かるからそうしているだと思って疑ったほうがよいです。特に225先物やFXはカーブフィッティングがひどく、過去の成績をよく見せるだけで販売後はいきなり下降まっしぐらの商材ばかりでうんざりしています。まさに販売目的と言えます。株でよいものがあればと思って探しています。

また、ロジック非公開での売買シグナル配信などは、フォワードテストが良ければ、それなりに信頼できると思いますが、今のところ上記サイトへの売買シグナルの登録はないようです。あきらめずにチェックしています。

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本...続きを読む

Q株式相場と先物相場の関係性と魔の三十分について

↑今一理解しきれてないのですが、
株式と先物の関係性は日本株と米株のような
関係性で片方が上がると、もう片方もまた上がる
といったような関係なのでしょうか?

また、魔の三十分のせいで、
よくヘッジファンドが・・・やりたい放題、
のような記事をよく見かけますが、
自分なりに考えた結果、
株式と先物が連動していると解釈して、
魔の三十分の間にヘッジが先物で売り浴びせを行い、
結果を見た個人投資家に株式を売らせる、
ヘッジは株では空売りで利益を上げる、
みたいな解釈であってますでしょうか?
ちゃんと理解したので、是非間違いは正して
欲しいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先物と現物が裁定取引を通じて連動して動くことについては、既にNo.1の方が触れられているので、詳細は省略します。とにかく、現物と先物の価格差が、理論値から充分に乖離した時には、割高なものを売り、割安なものを買う動きが発生する、という事です。現物だけに注目すると、225銘柄に均等に成行の買いもしくは売りが発生します。

で、いわゆる「魔の30分」については、参考URLにいれたページが説明していますので、ご覧になってください。(本当に事実かどうかは私にはわかりません。)但し、このページは、今ひとつよく理解しがたいところもあるので、僅かながら推測を交えて、自分なりの解釈をすると。
・昼休み中に、機関投資家から大口の売り物がでるらしいという噂をヘッジファンドが聞き込む。
・そのファンドは、前場の後半から前引けまでの間に売りポジションを仕込んでおく。
・昼休み中に、機関投資家と証券会社の間で大口の相対取引(機関投資家の売り)が行われる。
・昼休み中に大口の買いポジションを持ってしまった証券会社は、大証で先物取引が開くと同時に、ヘッジの為の先物売りをやろうとする。
・その時、前場で売りポジションを仕込んでいたヘッジファンドは、意図的に小口の先物注文をたくさん出して、先物が直ぐに約定できないように邪魔する。
・証券会社は、直ぐにヘッジできないと困るので、しかたなくヘッジ売りを指値でなく成行で出す。あるいは、関係ない市場参加者で先物を売りたがっている人も、売りたいのに直ぐに約定できないので、やはり成行で売りを出す。
・現物取引が開く前の薄い取引の中だと、そうした成行売りで、先物価格は大きく下がる。
・先物が大きく下がると、後場の現物の寄付段階では、現物割高・先物割安の状況になる。
・そこで、割高な現物を売って、割安な先物を買う裁定取引が発生する。(それを行うのは、既に出た機関投資家でも証券会社でもなく、裁定取引をやっているまた別の参加者です。)
・その裁定取引により日経平均が下がると、それを見て不安になった筋からの現物の売り物が出る。
・その売りで株価が下がると、信用取引をしている個人の差入保証金の不足も発生し、それに伴う投げも出てくる。
・ますます日経平均は下がる。そこで、ヘッジファンドは、前場から貯めて置いた売りポジションを買い戻して利益を得る。

という事になります。勿論、話が通じるように私が勝手に解釈しただけで、真偽の判断は、お任せします。大証の約定が遅れる程の小口注文っていったいどれくらいだしゃいいんだぁ?なんて、ちょっと思ったりします。

もしこのHPの言う通りなら、ヘッジファンドがこれでぼろ儲けするのには、結構なリスクをとらないとダメですね。ぼろ儲けする為の必要条件は、

1.前場中にそこそこの枚数の先物を、まずますの値段で売り建てる事に成功する。(安値で売り建ててしまったら、その分後場にたくさん下げがないと損をしてしまうから。)
2.昼休み中に、好材料がでない。(出てしまうと、前場に作った売りポジションが損になるから。)
3.後場に現物が開く前の30分間の先物の買い板が充分に薄い。(買い板が厚いと先物を売り崩せないから。)この点はたぶんOK。
4.後場寄付の現物の買い板が比較的薄い。(厚いと、裁定取引がらみの売りが出ても日経平均株価は急落しないので、誰も動揺しない。)
5.裁定取引による日経平均の下落に動揺して(あるいはちょうちんをつけにきて)、現物を売ってくる参加者がいる。

全般的に、かなり悪い地合でないと使えない、それなりにリスクの高い手法のような気はします。期待通りに後場の寄付から現物指数が急落してくれないと、動揺した売りが出てきませんから。参考URLの言っている事が正しいのなら、そういつも通用するやり方ではないように思えます。
それから、裁定取引がらみの売り物は、全体としての量は多くても、225銘柄に均等に発生する為、取引量の多い=板の厚い現物銘柄を持っている人には影響は軽微だし、225銘柄以外のものに投資している参加者には直接的な影響はありません。「動揺した個人投資家が売ってくれたら儲けもの」といった程度で、最初からそれを期待しているって事はないでしょう。

参考URL:http://arch.asahi.com/business/today_eye/TKY200602220354.html

先物と現物が裁定取引を通じて連動して動くことについては、既にNo.1の方が触れられているので、詳細は省略します。とにかく、現物と先物の価格差が、理論値から充分に乖離した時には、割高なものを売り、割安なものを買う動きが発生する、という事です。現物だけに注目すると、225銘柄に均等に成行の買いもしくは売りが発生します。

で、いわゆる「魔の30分」については、参考URLにいれたページが説明していますので、ご覧になってください。(本当に事実かどうかは私にはわかりません。)但し、このページは...続きを読む

Q株とFXは、どちらが初心者向きか?

給料以外に、副業的なお金が欲しく株かFXを始めたいと思っています。

しかし投資は、リスクとお金が必要なので一歩踏み出せずにいる状態です。

投資が、初心者に向いているのは株、それともFXになるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらともいいかねます。投資資金はどの程度あり、どういうスタンスで投資にのぞむかによってどちらがむいているかは違ってくるからで、初心者であるからどちらという回答にあまり意味があるとは思えません。FXも大きな利益を狙う方法もありますが、同時に、外貨預金がわり的に使う方法もあります。株式についても、一発勝負にいく売買もあれば、大きな損失を出すことを避け長期に少しずつ利益を得ようとするような売買もあります。個人的には、FXと株、どちらが単純かといえば、単に為替レートの変動にかけるFX、どちらが面白いかといえば非常に幅広いことに関わってくる株式投資かなと思います。あれこれ考える前に損失が出てもしょうがないと思える範囲の額、例えば10万とか20万の資金で、まずはじめてみてしまう方が身につくことは多いかもしれません。

Q米国株式というか すべての株式相場は金利に支配されている?

 銀行からお金を借りて、株式投資している投資会社がほとんどなのでしょうか?
 株式相場が、みな自己資産のとろい投資家ばかりだったらこんなに下がらない?
 どの国も株価は金利そうさでコントロールできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>どの国も株価は金利そうさでコントロールできるのでしょうか?
とてもできません。

株式相場と金利のみを対比すること自体無理があるように思います。
株式、景気(経済成長率)、物価、金利を総合的に判断すべきでしょう。
現在のアメリカの場合は、金利上昇が最終局面に入ったのかもしれません。株はどれよりも先行して動きますから。
金利の上昇局面の初動では株は上がるのが普通なんですよ(国策に間違いがなければ)景気と物価が株を引っ張りますから(逆とも言えますが)

株がもっとも影響を受けるのは税金ですね。
ボデイーブローのようにじわじわきいてきます。

Q株とFX

株とFXではどちらがハイリスクハイリターンですか?
どちらが儲けやすいですか?
どちらが分かりやすく簡単ですか?
あと株の世界ではBNFさんや三村さんなどの成功した有名な方がおられますが、FXの世界にもそのような成功した有名人はいますか?

Aベストアンサー

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一般に為替の値動きの複雑さは、株式と先物の値動きの比ではありません。それだけに為替はチャート分析派の割合がとても高いのも特徴です。
また、為替は取引量が高く、株取引に比べて圧倒的に注文が通りやすいです。
株式は資産保有の意味合いで行う割合が多く、ファンダメンタル要素がやや強めに出ます。チャートグラフにはギャップが多々見られるように、急な値動きが目立ちます。注文が約定しにくく、出遅れるタイプの人はちょっと手こずるケースもありますが、チャート分析ができる人には比較的簡単に利を上げることができるでしょう。


このような違いは、トレードを行う者の正確にマッチするものとマッチしない者が出てきます。これは実際にトレードをしないと分かりません。
マーケットノイズに対してトレードを行い、損切りに引っ掛かってばかりの人は、値動きの複雑な為替の魔の手にかかってしまいます。
逆に、ギャップが出るような激しい値動きになって初めてトレードを行い、出遅れがちな者には、そのような場面での約定の難しい株はリスクが高いでしょうね。

あと、有名人のケースはレアケースなので忘れてください。
宝くじで成功した人の数が圧倒的に多いですよね?
億以上当てる人は年間1000人くらいですから。
それを排除して考えることから、有名人のケースは考えないほうがトレードセンスがあると言うことです。

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一...続きを読む

Q株式用語のエクイティファイナンス懸念また、増資懸念とはどういう意味なん

株式用語のエクイティファイナンス懸念また、増資懸念とはどういう意味なんでしょうか??

Aベストアンサー

ここでいう「エクイティファイナンス」ないし「増資」とは、
上場企業が、株式市場で新株を発行して、資金調達を行う、
公募増資を実施するという意味でしょう。

公募増資を行う、すなわち新株を発行すると、
当然ながら、市場で流通する株式の数、
すなわち発行済株式数が増加します。

すると、2つのことが起きます。

一つは、発行済株式数の増加によって、
その会社の“一株当たりの指標”が低下します。
具体的には、「一株当たり利益」「一株当たり純資産」が低下、小さくなります。

このことは、株式の“一株当たりの価値”が低下したことを意味します。

企業の利益総額、および純資産総額が変わらない状態で
発行株数を増加させたのですから、
一株当たりの利益、一株当たりのの純資産、
すなわち一株当たりの価値が低下するのは、言わば当たり前です。

一株当たりの価値が低下したしたので、
その分、株価も下落する可能性がでてきます。


二つ目ですが、
増資を行うと、その株数だけ、市場で流通する株式の数が増加します。

突然ですが、築地市場で取引されるサンマの量(漁獲量)とサンマの価格の関係を考えてみます。

サンマの漁獲量が大きく変動しなければ、サンマの価格もある範囲内で安定しまします。

しかし、ある年が、例年にない豊漁で、漁獲量が例えば、例年の2倍に増えたとします。
この年のサンマの1尾当たりの価格は、例年に比べて下落、つまり値下がりします。

このようの、需給関係が安定している状態、
つまり、需要が増える環境にない状態で、
供給が急激に増えると、供給過剰になり、
需給の安定が崩れて、価格が下落します。

株式も、同じです。

増資によって、株式の流通量が増加すれば、
需給関係が壊れて、価格は下落します。

もちろん、「その会社の利益が急激に、かつ予想以上に増える」
といったことが同時に起こり、
(供給の増加に見合って)株式への買い注文が増加、
つまり、需要も増加すれば
需給関係は安定が保たれるかもしれません。

しかし、需要が変わらないままで供給が増加、
すなわち増資によって株式の流通量を増加させれば
需給関係は悪化します。

その結果、サンマの価格と同じように、
株価も下落する危険性が高まります。

これが、ご質問の「エクイティファイナンス懸念」「増資懸念」です。

もちろん、さほど規模の大きくない増資であれば、
需給関係を大きく壊してしまう危険性は、大きくはありません。

しかし、近年、多く見られた、
特に、三菱UFJフィナンシャルグループや
三井住友フィナンシャルグループ、みぞほフィナンシャルグループなど
いわゆるメガバンクの増資は、
いくらなんでも、その規模が大きすぎました。

これらメガバンクが、
「再び大型の増資を行うのではないか」
といったことになれば、
再びエクイティファイナンス懸念が高まることになるかもしれません。

そして今度は、これらの大手銀行の個別の株価にみならず、
日本株全体の需給関係に、ひびを入れてしまう危険性も少なくないでしょう。

謝謝

ここでいう「エクイティファイナンス」ないし「増資」とは、
上場企業が、株式市場で新株を発行して、資金調達を行う、
公募増資を実施するという意味でしょう。

公募増資を行う、すなわち新株を発行すると、
当然ながら、市場で流通する株式の数、
すなわち発行済株式数が増加します。

すると、2つのことが起きます。

一つは、発行済株式数の増加によって、
その会社の“一株当たりの指標”が低下します。
具体的には、「一株当たり利益」「一株当たり純資産」が低下、小さくなります。

このことは、株式の“一...続きを読む

QFXが一番ハイリスク・ハイリターン?

私的にFXがいちばん、株や先物、その他投資に比べてハイリスク・ハイリターンだと思うのですがどうでしょうか?

その最大の理由はレバレッジとロスカットがあるからですが。

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

 FX自体が常にハイリスク・ハイリターンではありません。証拠金を大量に預けておいて、レバレッジ1倍でやれば、現物と同じです。

 とは言え、やはりFXのレバレッジは他の金融商品よりもはるかに大きいでしょう。300倍も可能だし。漫画じゃないけど、1日で絶対に大金持ちになりたいならFXでしょう。極端な例ですが、100万円を1日のうちに200万円(失敗したらもちろんゼロ円)にしたいということなら、FXが一番手っ取り早いでしょう。

 おおざっぱに1ドル=100円と計算して、100万円で300倍だと、300万ドル(3億円!)の勝負ができます。33銭上がったら(すなわち1ドル=100.33円)100万円儲け、33銭下がったら(すなわち1ドル=99.67円)100万円損します。33銭なんて1時間以内に動く場合が多いでしょう。

 あくまでも自己責任です。また、損失は急激な円安の場合だと、ロスカットの範囲だけでは済まなくなることも少なくありません。

Q来週のSQを境に相場の流れが大きく変化する可能性がある

今の相場の話ですが・・
タイトルの意味をわかりやすく説明してください。
申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういうことになりますね。ただ今年の場合、少なくとも年明けまでは堅調に推移すると思いますが・・・1月初旬には外国人の新年買いが期待できます。

ひとつ注意なのは、過去の暴落は実際にSQ通過後が多いと言うことです。ここ数年だと、ほとんどがSQ天井です。4月、5月がいちばん危ないですね。

逃げられないご事情があるとのことですが、なるべくポジションを減らすか、暴落に影響を受けない銘柄(電力やPBRの低い高配当)にシフトしておけば安心だと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報