痔になりやすい生活習慣とは?

スキー場に行きたいのですが、女性同士でいくとなると、やはり運転レベルは同じようなもので、雪道には全然慣れていません。
今年は暖冬予報だったということもあって、スタッドレスタイヤも在庫薄と聞きました。
タイヤチェーンは、はめやすさ重視で買ったものがあります。
そこでお聞きしたいのですが、
(1)道路の状態、周囲の車の状況がどのようになってくれば、チェーンをはめるタイミングなのでしょうか。また、はずすタイミングも教えてください。
(2)チェーン着脱時の注意点。コツなど。
(3)雪道運転時の注意点。コツなど。(車はワゴンRです)
(4)兵庫県内で行きやすいスキー場を教えてください。(六甲山は行けますので、それ以外で)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>(1)道路の状態、周囲の車の状況がどのようになってくれば、チェーンをはめるタイミングなのでしょうか。

また、はずすタイミングも教えてください。

難しいです。兵庫県内の場合,ノーマルタイヤでも行けてしまう場合もあります。しかし,今年は雪が多いですね。朝夕は凍ることも多いです。危ないのは生野峠付近と,スキー場の手前(数km~数10km。天候などによって変動する)でしょうね。やっぱりスタッドレスがオススメです。チェーンをつけたりはずしたりするのは面倒ですし,スキー(スノーボード)は体力を使いますので,なおさらしんどいですよ。

>(2)チェーン着脱時の注意点。コツなど。

広いところで作業してください。狭いところだとスリップして突っ込んでこられる危険もあります。心配なら一度練習して付けることをオススメします。寒いところでは手がかじかんでうまく作業できない場合もあるからです。

>(3)雪道運転時の注意点。コツなど。(車はワゴンRです)

私もワゴンR(FF)に乗っています。前輪にチェーンを巻くことになりますが,後輪はノーマルだと滑ってスピンしやすくなります。ゆっくり走ってください。下り坂では,FF車は前が重いので後輪が滑ります。スタッドレスを履いていますがコントロール不能になって怖かったです。車が壊れるのを覚悟しましたが,幸いバンパーを止めていたピンがはじけただけで済みました。スタッドレスを履いていてもゆっくり走ってください。

>(4)兵庫県内で行きやすいスキー場を教えてください。(六甲山は行けますので、それ以外で)

ハチ高原に行かれる場合は,山を登らずにふもとにクルマを止めてリフトで上がるといいと思います。そのほうが駐車料金も安いですし。FF車だと,スタッドレスでは坂道の途中で止まると登れなくなります。登る場合はスタッドレスでもチェーンを巻いた方がいいでしょう。
ちくさ高原は,高原に登る坂道が要注意です。私は下りで滑りました。
スカイバレイはなるべく上の駐車場に止めたいですが,凍っているところで止まると登れなくなります。

私は下記のところでネット販売で中古のホイール+新品スタッドレス(4本)を買って,\25000でお釣りがきました。(あっ,今年は売り切れているみたいですね)
スタッドレスタイヤは銘柄によって性能に差がある(特に2シーズン目以降)ので安いタイヤはそれなりの性能ですが,ノーマルよりはましです。ただし,スタッドレスはノーマルタイヤよりやわらかい分,走行安定性は劣ります(まっすぐ走らない,ハンドルがぐにゃりとした感じ,わだちに足を取られる)。注意してください。
http://www.tire-shop.co.jp/
スタッドレスは口コミで確認した方がいいと思います。
http://www.kakaku.com/sku/pricemenu/studless.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おなじワゴンRということ、
それぞれのスキー場について、スタッドレスについてと、いろいろ詳しく教えていただいて、とても参考になりました。助かります。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/06 21:04

極論ですが、雪道運転は「他人の迷惑顧みず」


事故ったら、もっと迷惑かけるわけですから、状況判断は必要ですが、余計な心配はしない事です(自分が遅いので後ろに車が詰まってしまったとか)

後は皆様の言う通りです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、確かにそのとおりですね。
安全第一が、周りにいちばん迷惑かけないことになりますもんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/06 21:06

スタッドレスはあれば有ったで良いが、昔はそんなのなくても無事に往復できていました。

(^_^;

兎に角、「急」の付く操作は一切しないことです。前の車との距離も離しましょう。 登り道ではなるべく止まらない事・・・特に夜などは。
ブレーキはアンチロック(ABS)が付いていれば、床まで踏み込むことです(慣れていないと、此の全力で踏み込むことが出来ないので、止まった状態で練習して起きましょう)。 ABSならタイヤがロックしないし、付いていなくロックしてスピンはしても(^_^;、止まる距離は短くなります。

1:チェーンは対向車が外し始めたら、つけるのです。
大きな道路なら、チェーンをつける広い場所があり、書いてありますので其処でつけるのが良いでしょう。
運がよければ、慣れた男性が着けてくれます。慣れれば普通ので一本1分で着けられますから。

2:事前に何回か練習しておくことです。
  上記様に着脱所が有りますので、其処で行なうのが良いです。

3:上記。
4:関西は不明。m(__)m

又、スキー場などで駐車の場合、軒下は駄目、車のエンジン部位が風の来る方向には向けて止めないこと。 あとは今の車はエンジンが掛からなくなるなんてのは殆どありません(バッテリーは新しいのにしましょう)。

無線キー以外なら、鍵穴にセロテープでも貼るのもお勧め(寒くて付かないこともあるが)。凍ったら、ライターで鍵を炮ればOK。鍵穴を炙らない様にね(~_~;)(^_-)-☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スキー場でも駐車まで考えてませんでした。
くわしく教えてくださり、ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2006/01/06 21:05

年末スキーに行ってきました。



チェーン着脱、面倒なのでスタッドレスタイヤがお勧めです。
(がしかし、このシーズンにはすでに各社各店とも在庫がほとんど無いそうです。)

> (3)雪道運転時の注意点。コツなど。(車はワゴンRです)

ポンピング・ブレーキを覚えましょう。ブレーキを踏むときは、軽めに数回に分けて踏むことで、タイヤがロックすることを防ぎます。

また、サングラスを用意しましょう。晴れた雪道を走行している最中にトンネルに入ると、数秒~数十秒間はまったく何も見えなくなり、下手をするとトンネルの壁や対向車にぶつかる事故につながります。普段はサングラスをして、トンネルに入ったらサングラスを上げることで、事故を未然に防ぎます。

基本的なことですが、駐車場ではワイパーを立て、サイドブレーキを引かずギア1速(オートマならP)に入れて車をとめましょう。

その他、雪道の運転に参考になりそうなサイトを紹介します。
(All about Japan より)
http://allabout.co.jp/travel/drive/closeup/CU200 …
http://allabout.co.jp/travel/drive/closeup/CU200 …
http://allabout.co.jp/travel/drive/closeup/CU200 …
http://allabout.co.jp/travel/drive/closeup/CU200 …

(その他)
http://www.chokoku.jp/michi/technic/
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/7071/snowdr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポンピングブレーキ、って教習所でずいぶん前に習ったことを思い出しました。確かに、ゆっくりブレーキかけるには、これが一番自分に合ってそうです。
サングラスは持っているので、使いたいと思います。
参考になりそうなサイトをたくさん教えていただいてありがとうございました。これからじっくり読みたいと思います。

お礼日時:2006/01/06 21:01

(1)~(3)までお答えいたします。


まず1ですが、高速道路に乗るのでしょうか?
もし乗るのであれば指示に従いましょう。
必ず、滑り止めが必要な区間に入る前には確認する人がいるはずです(多分渋滞も起こると思います。)
もし、高速道路の走行区間内でつけることがなかったとしたら、
走っていてそろそろ雪が積もり始めたなと思ったらつけてもいいと思います。
対向車のタイヤを見れば分かると思います。対向車がもしチェーンをつけているのであれば付けたほうがいいでしょう。
早めにつけないと後が大変なので。
次に(2)ですが、一番注意して欲しいのは場所です。
決して路肩などでは着脱しないでください。事故にあう可能性が非常に大きいです。
チェーン着脱所みたいなところがあるはずです。なくて、つけなければならないときはなるべく広いところでつけたほうがいいです。
最悪どこかの店の駐車場でもいいでしょう。
それから、最近のは簡単ですが、慎重にそして、確実につけてください。
あわててつけると絡まったりするので・・・(^_^;)
それから、つけた後は少しゆっくり走ってしっかり付いてるか確認してください。
少しでも変なら降りて確認したほうがいいです。
はずすときはそんなにコツはないです。取扱説明書どおりにはずせば何の問題もありません。
(3)ですが、スピードの出しすぎなどには注意してください。
あと急ブレーキもかけないでください。
いくらチェーンをつけているからといって滑ります。ゆっくり普段の2倍以上は神経を使ってください。
こんなところでしょうか?後何か分からなければ補足説明のところに書いてください。
分かる範囲でお答えします。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
たしかに、対向車を見ればわかりますね。
アドバイスのように、慎重に運転したいと思います。

お礼日時:2006/01/06 20:57

東北出身、関東圏在住の人間なので、(4)以外についてアドバイスさせていただきます。


(1)雪は積っている状態よりも降り始めや解け始めがとにかく一番すべりやすいことに注意すべきです。ですから、初心者なら、周りの車で一台でもつけているのがあれば即付けるべきです。はずすときも同様、周りでつけている車がなくなったらはずしましょう。
(2)どんなチェーンかわからないので、購入した店にしつこいくらいに聞いてください。
(3)とにかく「急」のつくことは一切しないこと。急発進、急ブレーキ、急ハンドル・・・・。これはノーマルタイヤの話ではありません。スノータイヤやチェーンを使用していての話です。雪を踏みしめる感覚で運転してください。特に、すこしでも傾斜のあるところでは、慎重のうえに慎重を重ねてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

降り始めや解けはじめが一番すべりやすかったんですね。
(3)の雪を踏みしめる感覚、というのがわかりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/06 20:56

女性同士って事でしたら、なおのことスタッドレスタイヤの装着をお勧めします。



1)チェーンをはめる時期は大抵山に入るところで多くの車が付けていますのでそのあたりで一緒にした方が良いと思いますよ。結構力が要りますから、手伝ってもらえたりしますので。

3)急ブレーキ、急ハンドル‥急なんとかはやめた方が良いですね。
4)ハチ高原などはどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/06 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雪道は運転したことがない。がっ、スキー場に車で行ってみたい!!!

いつもお世話になっております。
運転するのは、私の夫です。(運転歴20年。雪がなければロングドライブもOK)車は、ドイツ車の2500cc、FR車です。他の方の質問&回答を参考にさせていただきましたが、雪道ではスタッドレス&チェーンが良いのですね。(早速購入しなければ…って、こんな感じです)

ここからが質問です。子どもが生まれてからスキーから遠のいていましたが、今年からスキー熱が再燃。十年ぶりのスキーです。独身や新婚時代は夜行バスでしたが、さすがにもう辛い。子どももいるし。で、今まで一度も雪道を運転したことがない者が、いきなりスキー場まで運転するのは可能なのでしょうか?その場合の注意点があればお教えください。今年はバスを使って行きますが、スキーヤーオンリーのスキー場に行きたいので、バス(朝発。夜発は体力が持たない…睡眠命なので。)だと行きたいゲレンデになかなか行けないのです。また、ここのスキー場は行きやすいよ~という情報もお待ちしています。(出発は神奈川県です。)
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元プロスキーヤーの経営システムコンサルタントです。かつて1年の半分以上を雪山で過ごした経験からのアドバイスです。

基本的にスノードライブは『ベテランでも初心者でも危険が伴うのは同じ!』ということを理解して下さい。この方法を守れば絶対安全、ということがありません。その上で以下の話をお読み頂ければ、と思います。スノードライブ初心者でも難しいことはないです。むしろ、オレはベテランだ!なんて自惚れている人より余程良いかも(笑)。

【1】運転技術よりも事前準備と心がけ!
雪道では「スライドさせない、ロックさせない、スタックさせない」というのが安全運転の基本です。
スライドとは横滑りのことですが、これには事前準備としてはスタッドレスタイヤや金属チェーンの準備・装着が必要です。心がけとしては急ハンドル・急ブレーキをしない、ということです。(すごく当たり前のようですが、これが出来ない人が多い)
ロックはタイヤロックのことで、急ブレーキをかけるとおこります。即ち、そういう状況に陥らないことが重要ですので、常に先読みの運転と安全なスピードを守る、ということです。
車のテール(後ろ)がスライドし始めると特にスノードライブ初心者の多くが慌ててブレーキを踏み、タイヤをロックさせてしまいます。ロックすると当然、車は操作不能に陥り、余計パニックになることは間違いありません。
仮に地元ドライバーにパッシングされてもスピードは自制できる範囲にとどめる、ということが重要です。
これは「法定速度を守る」という意味ではありません。正直、法定速度40kmの道で35kmだから安全か、というとそうでもない、ということです。
雪道では道路の形状だけではなく、雪面状況によって摩擦係数が異なるので“テールが滑り出すまでの速度・進入角度などの条件”が異なってきます。ヘタすれば時速20kmでもダメな時はダメです。だから、常にタイヤと雪面の接触状況に気を配り、車速と進入角度などの条件を体で憶える必要が出てきます。
スタックは、雪の降り積もる道で「車が埋まってしまう」ことですが、多くは急アクセルにより自車のタイヤで雪を掘り起こしてしまい、自ら埋まっていってしまうのです。
しかも、大体は(1)狭い登り道の途中で、すれ違いなどのために停車し、再発進しようとしてアクセルを踏みすぎてしまい(坂道発進のため)、雪面を掘り起こす、(2)雪面が圧雪・アイスバーンなどの状態から深雪・新雪などの状況に変わったことに気づかず(又は気づいていても運転の仕方を変えるなどの意識をせず)、同じ感覚でアクセルを踏んでしまう、などによって引き起こされます。
場合によっては、駐車場などに止めている間に大雪で埋まり、スタックしてしまうことがあります。事前準備としては、カー用品専門店などでスタック脱出用器具を購入して車載しておく、タイヤを幅が細く高さが高いものに変更しておく、などが考えられます。
昔からある方法に、捨てても良いタオルや大量の新聞を用意しておき、いざという時にはそれを4輪の下前方に引く、というのもあります。これは脱出器具の代用にもなります。また、新雪などでは脱出器具が役に立たないときがありますが、このときには雪面を掘り、固めてタオルをタイヤの下に置く、という手が有効になることがあります。ご参考まで。さらに、MT車ならセカンド発進、AT車ならクリープ発進やオーバースイッチによるセカンド発進などをマスターしておくと良いでしょう。
この他、通常の運転で良いとされる運転技術が、雪道では良くない結果を生むことがある、ということを憶えておいて下さい。
この中でもよく言われるのが「ポンピングブレーキ」です。ポン・ポン・ポンと数回に分けてブレーキを分けて踏み、徐々に速度を落とす方法ですが、雪のない道でやる時のように“ポンッ!・ポンッ!・ポンッ!”とリズム感よく踏み込むとテールスライドの原因になります。かと言って一気に踏むとタイヤロックの原因になります。
ではどうすれば良いのか? ―――難しいことではないです。1回の“ポン”をゆっくりにする、ということです。ポンというより、ゆっくり“ぎゅ~っ”と踏む感じですね。それをさらに数回に分ける位、緩やかにじっくりブレーキングする、ということです。
ということはブレーキングには、いつもよりも相当の時間がかかります。かなり早い段階でのブレーキ開始が必要になるということです。元々、制動距離は普通の状況に比べて数倍以上と長いですから当然ですね。また、フットブレーキよりも、まずはエンジンブレーキを活用する、ということも重要です。
そして元々FR車はテールがスライドしやすいので、金属チェーンは原則4輪につけるつもりでいた方が無難です。(通常はFRの場合はリアのみ) また、スノードライブに慣れていない人は早めの金属チェーン装着をオススメします。

【2】旅行スケジュールは相当の余裕を持って!
NEXCO:各高速道路株式会社(東日本・中日本・西日本)、JARTIC:日本道路交通情報センターなどのサイトなどで検索もしくは公表される経路による必要時間、又はカーナビなどに表示される到着予測時刻、などよりも相当程度時間を長く見積もる必要があります。
初めてのスノードライブ、と言うことであれば、ドライバーには緊張が高まるのは言うまでもなく、また疲労も蓄積しやすいということもあります。早めに出て、目的地に到着したい時刻に余裕を持って向かう、ということが大事です。
このときのポイントは
(1)雪道となる場所に到着する時間、そこから帰る時間を午前10時以降午後3時半くらいまでにすること。(これらの時間帯なら雪道がアイスバーンになりにくく、車数も多いことから雪が解けて走りやすくなっていることが多い)
(2)前日までにドライバーは十分な睡眠をとり、体調を整えておくこと。雪道に着くまでには十分な休憩を回数・時間とも取る。出来れば、雪のない道でドライバー交代を行えれば完璧です。
(3)目的地とするスキー場の選択条件は[a]高速ICからなるべく近いところを選ぶ、[b]初めての場所ではなく、道・風景などに記憶のある場所を選ぶ、[c]坂道やカーブ、狭い道の少ない場所を選ぶ、[d]宿泊施設が幹線道路から近い場所を選ぶ、[e]除雪施設やガソリンスタンドなどの関連施設が近くになるべく多くある場所を選ぶ、
(4)周囲は余計なプレッシャーをかけない。仮に車を雪壁などにぶつけたりしても身体や車の安全走行の心配だけとし、到着への不安やお金の問題などを口にしない(帰ってから出来る話は後回し)。
(5)最短経路や最安経路ではなく、最も混むであろう一番車の多い高速道路・幹線道路を中心に「整備の行き届いた道路」を経路に選ぶ、
ということです。

【3】車への準備やメンテナンスが重要。
不凍液や寒冷地対応エンジンオイルへの変更・補充、ワイパーゴムの交換、エアコンの整備、バッテリーへの整備・十分な充電、フロントガラスやウィンドー類への曇り止め実施、スタッドレスタイヤへの交換、金属チェーンの車載、チェーン取り付け練習、フロントガラス融雪剤・除雪スクレーパーの車載、鍵穴融雪剤・ガムテープの車載、防寒具・毛布などの車載、車輪留め・三角停止板・緊急灯などの車載、シガーライターからの携帯充電コードの車載、軍手・作業用の汚れてよいジャンパーや多めのタオル・雑巾の車載、スペアタイヤの正常確認、ブレーキランプ・ライト・フォグランプ・室内灯・フロントパネルなどの正常確認、などをしておく、というのは基本中の基本です。
また、現地ではガソリンスタンドなどは少ないので、必ず手前の段階でガソリンは満タンにしておくこと! ガス欠は死を招く可能性すらありますのでご注意を。また、フロントガラスやウィンドー類への曇り止め実施の際にすると思いますが、洗車・ワックスがけをしっかりやっておくだけでフロントガラスやウィンドー、車体への雪着きが減り、凍結を防止しやすいので必ずやっておきましょう。
最悪の場合、低温のためにエンジンがかからないということもあります。ブースターケーブルは必ず車載装備しておきましょう。牽引ロープもあった方が無難です。(一部の車には標準装備されていますが、通常は別売です)

【4】無理をしない!
ココでこれ以上の運転は無理だ、と思ったら、早めに諦めて引き返す、もしくは近くのプロフェッショナルに助けを求めることが最重要です。これはリスクを最悪なものにしないために大事なことです。
目的は「行きたい場所についてスキーする」と言うことですから、必要であれば手前の駐車場所に車を置いて公共交通機関などで現地に向かうことを選択する、というのもアリです。

基本的にスキー場そのもののオススメは、スノードライブ初心者ということもあり、行きやすい・迷わない・いざという時に困りにくい、という意味で≪A≫群馬・新潟などの関越道から近いところを選ぶ、≪B≫志賀や白馬などのオリンピックで道路・設備などが整備されたスキー場を選ぶ、ということでしょう。
走行距離が近いからと言って、栃木のハンターマウンテンなどを選ぶと“冬の日光もみじライン”のような初心者には鬼のような道路を走ることになるのでご注意を。

以下の参考URLはスノードライブに参考になるサイトです。

■日本道路交通情報センターJARTIC
http://www.jartic.or.jp/
■国土交通省道路局 道路情報提供システム
http://www.its.go.jp/roadinfo/
■ドラなび・お出かけ情報(NEXCO:高速道路株式会社)
http://www.nexco.ne.jp/
http://www.nexco.ne.jp/faq/faq02.php#03

■快適!スノードライブ安全な雪道運転のためのサイト(※)
http://ha5.seikyou.ne.jp/home/Yanagida/sd/
■これで完璧!! F氏のスノードライブ教室
http://www.daisen.jp/p/2/7/4/6/
■Women's Drive : ウーマンズドライブ : 運転の基礎知識 -冬のスノードライブ
http://www.womensdrive.com/woman/sitemap/lecture/vol3/index2.jsp

参考URL:http://ha5.seikyou.ne.jp/home/Yanagida/sd/

元プロスキーヤーの経営システムコンサルタントです。かつて1年の半分以上を雪山で過ごした経験からのアドバイスです。

基本的にスノードライブは『ベテランでも初心者でも危険が伴うのは同じ!』ということを理解して下さい。この方法を守れば絶対安全、ということがありません。その上で以下の話をお読み頂ければ、と思います。スノードライブ初心者でも難しいことはないです。むしろ、オレはベテランだ!なんて自惚れている人より余程良いかも(笑)。

【1】運転技術よりも事前準備と心がけ!
雪道では...続きを読む

Q関西から行ける道路事情の良いスキー場

関西から行けるお勧めスキー場を教えてください。
この冬子供達をスキーデビューさせたいと考えています。一応1泊する予定です。
過去検索でスキー場はいろいろ調べたのですが、スキー場直前の道路事情がわかりません。
雪道運転が不安ですので、駐車場に入る為に凄い急斜面を登らないといけないとか、凍結が多いというところは避けたいと思っています。車はエルグランド、スタッドレスタイヤのみです。
以上を踏まえた上で、
 1.大阪から4時間以内(できれば3時間以内)
 2.スタッドレスのみで行ける
おすすめスキー場を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

余呉高原と隣接しているベルグ余呉は、子ども向けのゲレンデですよ!
スキー場じたいは小さく、初心者が滑るコースは2本なんですが・・・
ここは、土日でも駄々混みでもなくって、やんちゃなボーダーも居ません。
隣接している余呉高原ともリフト券が一緒なんで、好きなほうへ行き来できます。(車移動になりますが・・・5分もあれば行けます。)

子どものデビューには持ってこいなんですが・・・

雪事情は、ドカンと降るとチェーン必須です。
凍結もします。

一泊しようと思うと宿が近くに一箇所しかないはずです・・・

余呉から、長浜まで戻り一泊して、
二日目は近くの奥伊吹スキー場へ行くのもありかと思います。
京阪神からのスキー・ボーター客とても多いです。

そしたら、長浜ICor米原ICから帰れるので道のり的には楽かなって、
思います。

ジャム勝山は、土日は行く所じゃないと去年思いました。
リフト待ちが長く、レストランはイッパイで入れない。
ゲレンデには、初心者ボーダーや、常識が無いボーダーが
座り込んだりしていて、とても危険です。
私自身、去年団体で行ったんですが(幼稚園~大人)、
ぶつかられた子ども・大人がたくさんいました。
逆に平日は、空いていて快適です。
ここも、雪が降れば有料道路を上がるのは苦しいと思います。
凍結&カーブが多いので、十分に気をつけてください。

スキーのパンフレットにも色々載ってますよね^^
いっぱい見ていいところ見つけてください!

余呉高原と隣接しているベルグ余呉は、子ども向けのゲレンデですよ!
スキー場じたいは小さく、初心者が滑るコースは2本なんですが・・・
ここは、土日でも駄々混みでもなくって、やんちゃなボーダーも居ません。
隣接している余呉高原ともリフト券が一緒なんで、好きなほうへ行き来できます。(車移動になりますが・・・5分もあれば行けます。)

子どものデビューには持ってこいなんですが・・・

雪事情は、ドカンと降るとチェーン必須です。
凍結もします。

一泊しようと思うと宿が近くに一箇所し...続きを読む

Qハチ高原スキー場を車で

再来週あたりに兵庫県のハチ高原スキー場に車で行く計画を立てているのですが、スキー場手前は坂道のため、FFでスタッドレスだけだと登れないという話を聞いたのですが、本当ですか?
またハチ高原行くのに、スタッドレスだけでは不足でしょうか?
ちなみに雪道運転は初めてです。
わかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地元の人たちは、四駆のスタッドレスのみです。チェーンを持ってる人はいないですね。FFではどうでしょう?少し不安がありますね。
行かれる際の天気・道路状況を確認してください。スキー場へ問い合わせるのが確実です。
No2の方もおっしゃってますが、道はハチ北の方が良いと思います(民宿街ではないほうの)。ハチ北と高原は頂上でつながっていて、共通券日券で4500円です。ただ、雪の状態に因っては行き来のできないこともありますので、そちらも確認が必要です。
雪道での運転が初めてとのことですね。なるべくエンジンブレーキを使い、急発進・急ハンドル・急ブレーキをしない。車間距離を充分に保って安全運転で行って楽しんでください。

Qノーマルタイヤで行ける関西のスキー場

よろしくお願いします。

子供(中2)を修学旅行の練習ということでスキーに連れていきたいと思っています。

今までもスキー合宿などで何回か行ったことがあるので、中級者向けのゲレンデを探しています。

当方、大阪在住のため、スタッドレスやチェーンは持っていません。

一応、車は4WDのエスティマです。

ウエア以外は全部レンタルですまそうと考えています。

琵琶湖バレイなら行けるかなと思ったのですが、今日は強風のため営業中止だそうです。
http://www.biwako-valley.com/

明日でも来週以降でもいいのですが、ノーマルタイヤで行ける関西のスキー場はないでしょうか?

それともやはりチェーンなどがないと無理でしょうか?

スタッドレスを買う費用を考えるとレンタカーになってしまいそうです。(-_-;)

六甲山スノーパークは私が楽しめないので、それ以外でお願いします。

Aベストアンサー

雪山装備のレンタカーを借りて・・・。

Q大阪からタイヤチェーンなしでいけるスキー場

大阪からタイヤチェーンなしでいけるスキー場
を探しています
降雪時は別として....
子供のそり遊びが対象なので
ご存知の方よろしくお願いします

Aベストアンサー

滋賀県のスキー場。箱館山とか伊吹山。
ふもとからゴンドラでスキー場までいくので、駐車場まではノーマルでいけます。
(雪の心配より雪不足の心配のほうが多い)

帰り道で雪が降ってくることもありますから、チェーンは保険に積んでないと危ないです。でなければ電車で。

びわこバレイは、駐車場からゴンドラの待ち時間がむちゃくちゃ長いので休日は避けたいですね。

Q関西発のスキー場のお勧めは?

大阪からスキー場に行くとすると、どこに行くのがお勧めでしょうか?
今年大阪に引っ越してきたのでこちらの事情がさっぱりわかりません。

以前は東海地方に住んでいたので、岐阜や長野に行くことが多かったです。

ちなみに基本的には車で移動することになります。

Aベストアンサー

関西からよく行かれるスキーエリアは、次の5方面です。

○兵庫県北部
大阪からは近いが全体的に雪質はイマイチ
・ハチ高原
 比較的緩斜面南向きなので雪質が悪くなりやすい
 山頂でハチ北と連絡
・ハチ北
 この地区でトップクラスの雪質
 北斜面なので比較的雪持ちが良い
 中斜面中心
・神鍋高原
 中小スキー場の連合体で全てがつながっていない
 中級以上には万場+奥神鍋が人気
・スカイバレイ+ハイパーボール東鉢
 中斜面中心

○琵琶湖周辺
ゲレンデに着くまでがたいへん
・びわ湖バレイ
 この地区の盟主
 駐車場からゲレンデまでゴンドラで連絡が面倒
 週末はこのゴンドラが激混み
・箱館山
 駐車場からゲレンデまでゴンドラで連絡が面倒
 びわ湖バレイよりはゴンドラがはるかに空いている
 横に広いが縦に短いゲレンデで滑走感に乏しい
 斜度はさまざま選べるので繰り返しの練習向き
・国境
 この地区では珍しい国道直結だが高速が遠い
・伊吹山
 閉鎖が決まっていたが経営者が変わり存続に
 南向き斜面なので雪質と雪持ちに難あり
 ゴンドラから登行リフトでのアプローチが面倒
・奥伊吹
 コースバラエティが豊富
・余呉高原ヤップ
 この地区では雪が多め
 ゲレンデが国道直結が魅力だが混んでいると遠い駐車場になる
 コースが短め

○北陸方面
・今庄365
 北陸エリアでは一番近い
 ベースの標高が低いので雪が少なめ&重い雪質
 新トンネルが出来たので敦賀インターが近くなった
・スキーJAM
 西日本では珍しいロングコース主体
 雪は多いがちょっと重めが多い
 一時よりましだがけっこう混む事が多い
・白山山麓
 中小規模のスキー場が点在
 スキー場規模の割に関西から遠いのが難点
・立山山麓らいちょうバレー+極楽坂
 標高が低く雪質がちょっと落ちる
 信州と同じくらい遠い

○奥美濃
○信州
 よく御存じでしょうから説明は省きます。

雪質を考えると奥美濃がベストチョイスですが、東海北陸道の混雑がネックですね。奥美濃は規模は別にして、サービスレベルは全国でもトップクラスですから、ここに慣れていると、関西のスキー場は見劣りします。
信州はちょっと気合が必要です。

関西からよく行かれるスキーエリアは、次の5方面です。

○兵庫県北部
大阪からは近いが全体的に雪質はイマイチ
・ハチ高原
 比較的緩斜面南向きなので雪質が悪くなりやすい
 山頂でハチ北と連絡
・ハチ北
 この地区でトップクラスの雪質
 北斜面なので比較的雪持ちが良い
 中斜面中心
・神鍋高原
 中小スキー場の連合体で全てがつながっていない
 中級以上には万場+奥神鍋が人気
・スカイバレイ+ハイパーボール東鉢
 中斜面中心

○琵琶湖周辺
ゲレンデに着くまでがたいへん
・びわ...続きを読む

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Qスタック(車)って何ですか?

車がスタックするっていいますが、どのような状態になるのでしょうか? 九州在住で雪が少ない為、よく理解できません。
辞書にもないし、パソコン関連の言葉としての説明は見つけたのですが。

Aベストアンサー

雪やぬかるみにタイヤを取られて動けなくなる状態。
と理解しています。

QFF車で雪道を走る方、スキーに行かれる方教えてください

現在4WD車(マツダMPV)に乗っているのですが、車の買い替えを予定しており、自分の気に入った車にはFF車しかなく(日産ムラーノ2500cc)、FF車への購入乗り換えに迷っています。

当方、関東在住で、行先は万座温泉や志賀高原などが多く、年間で10~15日程度スキーに出かけます。そこでFF車で雪道を走っていたり、SKIに行く方に質問です。
もちろん4輪ともスタッドレスタイヤを装着する事が前提です。

1)FF車で問題なく雪道の運転ができますでしょうか?
2)4WDの方がFFより優れているのは当然なのですが、例えば坂道の途中で渋滞のため停止した時など、再発車の際にタイヤが空回りして坂道を登れなかったなどのご経験のある方はいらっしゃいますか?
もちろん、坂道の傾斜角度にもよるのですが・・・。

長野に住んでいた経験もあるので、ある程度雪道、凍結路の運転は心得ているつもりですが、とにかく今まで4WDしか運転した経験が無いので、FF車の運転情報、知識がありません。
どんなご意見でも結構ですので教えてください。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

現在4WD車(マツダMPV)に乗っているのですが、車の買い替えを予定しており、自分の気に入った車にはFF車しかなく(日産ムラーノ2500cc)、FF車への購入乗り換えに迷っています。

当方、関東在住で、行先は万座温泉や志賀高原などが多く、年間で10~15日程度スキーに出かけます。そこでFF車で雪道を走っていたり、SKIに行く方に質問です。
もちろん4輪ともスタッドレスタイヤを装着する事が前提です。

1)FF車で問題なく雪道の運転ができますでしょうか?
2)4WDの方が...続きを読む

Aベストアンサー

よほどの山間部や急斜面でない限り、新品スタッドレス+チェーン携行で問題無いです。
実家は雪国ですが、4WDを一度も選択したことは無いですね。
私も年に数回関東から信州方面にスノボへ行きますが、FFでも4WDでも「普通」に走る分にはさほど変わりないです。4WDの方がベターなだけです。ましてやムラーノであれば、車重もありトラクションがかかりやすいので、そんなに心配はいらないと思います(駆動輪が軽い軽トラックなんかは、冬場はブロックなど積んでトラクションを稼いでいますよね)。
会社の上司もムラーノ350XVのFFに乗っていますが、特に雪山で苦労はしなかったみたいですよ。


ただ、アクセルを踏んで空転した際に、4WDなら進んだケースで、FFだと進まない・進みにくいということはあります(例えば、ミラーバーンの交差点で発進するケース)。その際は、空転しないようなアクセルの踏み方をしないといけませんが、ATをSNOWモードにしておけば、そんなに神経質になる必要もありません。今までと同じように雪上走行していただいて大丈夫ですよ。

あと、スタッドレスタイヤ購入後に、空気圧がメーカー推奨値より高めになっていることもありますので、走行前に基準値に合わせるのも忘れずに。

参考までにカービューのURLも載せておきます。

参考URL:http://www.carview.co.jp/userreviews/reviewlist.asp?modelid=5297

よほどの山間部や急斜面でない限り、新品スタッドレス+チェーン携行で問題無いです。
実家は雪国ですが、4WDを一度も選択したことは無いですね。
私も年に数回関東から信州方面にスノボへ行きますが、FFでも4WDでも「普通」に走る分にはさほど変わりないです。4WDの方がベターなだけです。ましてやムラーノであれば、車重もありトラクションがかかりやすいので、そんなに心配はいらないと思います(駆動輪が軽い軽トラックなんかは、冬場はブロックなど積んでトラクションを稼いでいますよね)。
...続きを読む

Qスキーに車で行きたい。

カテ違いならすみません。

私はアウトドアに全く興味もなく、車も詳しくないのですが、主人がスキーを趣味にしています。
とはいえ、今年は行かなかった程度の、行っても数回程度のものですが。

今まではバスで日帰り、というのが定番だったのですが、
先日車の免許を取得した為いずれ自分の運転で・・・と嬉しそうに話されます。

ですが、私は怖いなぁと思うんです。
運転暦一年二年の技術で雪山に行って大丈夫なんでしょうか。
主人いわく滋賀県辺りならノーマルなタイヤでも大丈夫って聞いた!と、免許を持たない友人からの情報を自信満々に話されましたがそれだけでは安心出来ませんでした。
心配しすぎでしょうか?

また車の知識が深い人ならいいんですが、車のメーカーさんすら知らない人です。
ちなみに今はトヨタのbBに乗っていますが(独身時代に私が買いました)、日産のキューブや果ては軽のムーヴを見て「同じ車だ!」と過去言っていたことがあります。

それに、車の必要性を感じない地域に住んでいる友人が多く、マイカーを持っていてスキーに行く人というのは恐らく主人だけです。
うち一人二人が免許は持っている、という程度。
何かあったらどうするの!とどうしても心配してしまう私は心配しすぎでしょうか?

と、私の心配性が爆発し、頭ごなしに否定してしまいました。
「そんなに怒るとは思わなかった・・・」とシュンとした主人にとても悪いことをした気になりましたが、心配は拭えません。

ていうか、金銭面でも責任面でも主人一人が負うことになるのでそれも不安なんです。
バスで行ってくれたら一番いいんですが、気兼ねなく騒ぎたいんだー!と言われれば何と返せば良いやら。
バスも100パーセントの安心は買えませんが、どうしても上記のような主人の状況では不安で。


長くなりましたが、滋賀県なら主人でも車で行っても大丈夫でしょうか?
不安だけど、「いいよ」と言いたいんです。

もし大丈夫だと思うかたがいらっしゃれば「こうすれば、ああすれば、尚安心である」と一言添えて答えて下さるとありだたいです。

カテ違いならすみません。

私はアウトドアに全く興味もなく、車も詳しくないのですが、主人がスキーを趣味にしています。
とはいえ、今年は行かなかった程度の、行っても数回程度のものですが。

今まではバスで日帰り、というのが定番だったのですが、
先日車の免許を取得した為いずれ自分の運転で・・・と嬉しそうに話されます。

ですが、私は怖いなぁと思うんです。
運転暦一年二年の技術で雪山に行って大丈夫なんでしょうか。
主人いわく滋賀県辺りならノーマルなタイヤでも大丈夫って聞いた!と、免許を持...続きを読む

Aベストアンサー

スキーの趣味があって車の免許を取ったなら、車で行きたいという欲求が出るのは当然でしょうね。嬉しくて仕方がないのかと思います。
雪道を走る時は、初心者に限らず必ず守った方がいい運転方法があります。
http://www.est.hi-ho.ne.jp/snowman-yukio/on-your-risk/maru3.htm

滋賀県方面のスキー場は以下の通りですが・・・
「箱館山スキー場」
http://www.hakodateyama.com/
「余呉高原リゾート・ヤップ」は、タイヤチェーン(スタッドレス)を推奨していますね。
http://www.yogo45.co.jp/home.html
「びわ湖バレイ」
http://www.biwako-valley.com/
「奥伊吹スキー場」は、場所的にタイヤチェーン(スタッドレス)は必携でしょうね。
http://www.okuibuki.co.jp/
「赤子山スキー場」
http://woodypal.jp/node/100でも、タイヤチェーン(スタッドレス)を推奨していますね。
「朽木スキー場」
http://www14.ocn.ne.jp/~kutsuki/top.html
「国境高原スノーパーク」ここも、念のためタイヤチェーン(スタッドレス)持参を推奨しています。
http://www.kunizakai.com/
「マキノスキー場」
http://www.makinokougen.co.jp/ski.html

全般に、タイヤチェーン(スタッドレス)推奨が多いですね。
ですから、冬用タイヤで行かれた方が無難です。
準備しなくて行って怖い思いをするよりも、準備して行って(たとえ使わなくても)安心する方がいいと思います。
ましてや、初心者に近い運転でははおさらです。

万が一のためにJAF連絡先の携行、携帯の充電はバッチリで行きましょう。
側溝や雪にはまって動けなくなった時のための「古毛布」「角材」などを積めばいいでしょう。
本当であれば、運転のうまい友達でスキーのできる人を一緒に乗せていくのがいいのですけどね。

スキーの趣味があって車の免許を取ったなら、車で行きたいという欲求が出るのは当然でしょうね。嬉しくて仕方がないのかと思います。
雪道を走る時は、初心者に限らず必ず守った方がいい運転方法があります。
http://www.est.hi-ho.ne.jp/snowman-yukio/on-your-risk/maru3.htm

滋賀県方面のスキー場は以下の通りですが・・・
「箱館山スキー場」
http://www.hakodateyama.com/
「余呉高原リゾート・ヤップ」は、タイヤチェーン(スタッドレス)を推奨していますね。
http://www.yogo45.co.jp/home.html
「びわ湖...続きを読む


人気Q&Aランキング