国じゅう、「不景気、不景気」の大合唱ですが、それでも現在のGDPは、あのバブル絶頂期のGDPを上回っているそうですね。
 それほど、ものすごいスケールの経済活動をしていて、ほんとうに「不景気」といえるのでしょうか?
 くらべる元になる基準が、あまりにも高いのが、そもそも問題なんではないでしょうか?
 いま、バブル期のGDPを、どのくらい上回っているんでしょうか? 具体的な数字を教えて頂ければさいわいです。 (+_+)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

90年から、約1割GDPはあがってるそうです。



 竹中っつうマクドナルド株でさわがれてた
大臣の書いた本でウザイほどその説明がありました。

 10年で1割増えたのですから、年1パーセント
成長ぐらいで推移していたことになります。

 日本やアメリカなどはこの1パーセント成長を
せめて二パーセントぐらいにもってこれないかと
考えているようです。

 二パーセント成長になれば、35年で国民所得は
二倍になるそうです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(*_*) ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/23 11:18

GDPの数字については、参考URLで実質GDPを見て下さい。



尚、景気の良し悪しは、国民総生産の額そのもののレベルではなく、それが増えているのか減っているかが問題です。例えば、日本よりも国民一人当たり実質GDPが低い国はいくらでもありますが、そこでも景気の良し悪しは当然あるわけです。

仰るように、今の日本の景気がいくら悪いっていっても、国全体で見て、10年前や20年前と同じ生活レベルに戻る、って事には直結しません。でも、長期間の不景気を、相当長い間経験してきていない(ひょっとしたら、戦後ずっとか?)日本人にとっては、3~4年不景気が続くだけでも結構大変だし、まして10年ともなるとさすがに疲弊してきます。まぁ、贅沢な悩みかも知れない、というのは私もそう思わんでもありません。

参考URL:http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe013/gdemenuj. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(*_*) ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/23 11:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報