ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

4日後に控えたセンターに向けて勉強をしているのですが、刺激の受容の単元のところで「(脊椎動物の)交感神経は無髄」という記述がありました。
素人的な考えでは、無髄だと跳躍伝導が起こらず反応が遅くなると考えてしまうのですが、図説を見たところ「脊椎動物等の交感神経は有鞘無髄」とあり、拳銃のリボルバー(?)のような図が出ていました。このような形がどんな利点をもっているかもわからず、意味がわからなくなってきたので、こんな細かい所はセンターに出る訳ないのですが2次もあるため、その理由を教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考になるURLを見つけました。



http://www.rui.jp/message/01/77/63_409a.html

これによると、有髄神経は、スピード・正確性重視のデジタル型、無髄神経は柔軟性・多様性重視のアナログ型という特性を持っています。

有鞘有髄の運動神経は、とにかく長い距離を短い時間で信号を伝えなければなりません。

一方自律神経の末端は、消化管や血管など、極めて微妙なコントロールを必要とする器官に繋がっています。このような場所では、アナログ的なあいまいさを残して可変性を持たせたほうが状況の変化に対応しやすいのです。

有髄神経では、神経の再生や他神経・効果器官とのネットワーク形成が難しいため変化に適応しにくいと考えられます。もともと有髄神経は無髄神経から進化したのですが、「ここに無髄神経を有髄神経に変えられない必然があるのではないか」とのことです。
    • good
    • 1

はじめまして。


質問されている表現だと、一部、語弊がありそうですが、
交感神経は無髄神経とありますが、
自律神経(交感神経、副交感神経)は、臓器に達するまでに一度、末梢の神経節または神経叢で1回ニューロンを変えます。中枢から神経節までを節前ニューロンといい、神経節以降を、節後ニューロンといいます。このうち、節前ニューロンは髄鞘があり、跳躍電導をします。節後ニューロンは無髄で跳躍電導はしません。

では、なぜ節後ニューロンに髄鞘が無いのかは、『必要が無いから』と考えられています。
運動神経と異なり、反射的な作用を必要としないことが理由ではないでしょうか?

因みにAα線維と呼ばれる、運動神経の伝導速度は『60~120m/sec』
節前の自律神経は『3~15m/Sec』
節後の自律神経は『0.3~0.8m/Sec』
です。
節後ニューロンのスピードでも十分だとおもいます。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有髄神経繊維と「無髄神経繊維」

お世話になります。

ニューロンから伸びている軸索をカバーする物で神経鞘があり内部は、「髄鞘」という物質があると聞きました。

この「髄鞘」がある神経線維を「有髄神経繊維といって、無いものを「無髄神経繊維」というのです。

「有髄神経繊維は脊椎動物の神経線維

「無髄神経繊維」は無脊椎動物の神経線維・交感神経


また、脊椎動物には有髄神経繊維、無髄神経繊維があるという事でしょうか?^^;
だとしたら、交感神経が無髄神経繊維なのはまたどうして?
この「髄鞘」はどんな効果があるのでしょうか?

という質問をした所



「伝導速度が速くなるのは髄鞘の電気抵抗が高いからです」

とお答えをいただきました。

…せっかくお答えいただいたのですが…電気抵抗と伝導速度の関係がわからないんですよTT

抵抗が無い方が早いのでは?と思うし(哀)また、交感神経で、無髄なのはまたなぜかと。もしかしたら、交感神経は、動物的に「古い機能?」という事になり、野性的(興奮・闘争本能)で原始的な無脊椎に多いとか(また全然違うし)交感神経は緊張時、副交感神経はリラックス(健康浅知恵・泣)

理科の電気の勉強にもどらないといけないかなTT

お世話になります。

ニューロンから伸びている軸索をカバーする物で神経鞘があり内部は、「髄鞘」という物質があると聞きました。

この「髄鞘」がある神経線維を「有髄神経繊維といって、無いものを「無髄神経繊維」というのです。

「有髄神経繊維は脊椎動物の神経線維

「無髄神経繊維」は無脊椎動物の神経線維・交感神経


また、脊椎動物には有髄神経繊維、無髄神経繊維があるという事でしょうか?^^;
だとしたら、交感神経が無髄神経繊維なのはまたどうして?
この「髄鞘」はどんな効果が...続きを読む

Aベストアンサー

交感神経について。

神経による情報伝達の優れた点は、指令がすばやく目的地まで伝わることです。捕食者からの回避行動や、逆に捕食行動では、外界の情報をいかにすばやく取得し、あるいはいかに早く行動するか、そのスピードが生死を分けますから、できるだけ早く気づき、早く動けるような方向に神経のシステムが進化してきたんだと思います。ちなみに、神経が情報を伝える速さは、
・神経線維が太いほど、それに比例して速い
・有髄神経だと、無髄神経に比べて飛躍的に速い
です。ただ、太い神経線維や、神経線維を取り巻くミエリン鞘などは、いってみれば、細い神経線維や、ミエリン鞘なしの神経線維に比べると、生物にとって、材料費、維持費、構造の複雑さなどの面で負担がかかります。ですから、体中の全部の神経をそれにするというのは、コストパフォーマンスの面で、無意味だったのでしょう。ほんとにスピードが必要な部分だけが、そういう高速回線を使用するように進化してきたのだと思います。

交感・副交感の自律神経は、機能的に古いかどうかというよりは、高速回線が必要ないので、昔のシステムのまま取り残され、アップデートされなかった、というイメージでいかがでしょうか。唾液や消化液、汗の分泌やら、胃腸のぜん動運動… みんな一刻を争うとはいえない機能です。

交感神経とそれ以外と2つに分けるとこうなりますが、この間にはいくつもの中間があり、一番太くて有髄なのが、筋肉を動かす運動神経線維、次が外界や筋肉の情報を脳に伝える知覚性の神経線維… 皮膚の痛覚などを伝える知覚性線維、ときて、最後に自律性線維となります。スピードの必要に応じて太さがいろいろあります。

ちなみに、自律神経系よりももっと、コストのかからない情報伝達システムもあります。それはホルモンを利用した情報伝達システムです。神経は、結局のところ目的地までケーブルをひかないといけませんから、その分の経費がかかりますが、ホルモンは血液中に分泌され、血流を利用して目的の臓器まで情報を伝えられますから、専用のケーブルそのものが不要です。そのかわり、自律神経などよりも、情報が伝わるのがさらにずっとゆっくりです。

交感神経について。

神経による情報伝達の優れた点は、指令がすばやく目的地まで伝わることです。捕食者からの回避行動や、逆に捕食行動では、外界の情報をいかにすばやく取得し、あるいはいかに早く行動するか、そのスピードが生死を分けますから、できるだけ早く気づき、早く動けるような方向に神経のシステムが進化してきたんだと思います。ちなみに、神経が情報を伝える速さは、
・神経線維が太いほど、それに比例して速い
・有髄神経だと、無髄神経に比べて飛躍的に速い
です。ただ、太い神経線維や、...続きを読む

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q髄鞘・シュワン鞘・ミエリン鞘?

 シュワン鞘とミエリン鞘について、その意味を調べたら、シュワン鞘は軸索の外にある皮膜、ミエリン鞘は髄鞘の事という事が分かって納得して来てしまいました。
 でも、考え直してみると、軸索の外にある皮膜と髄鞘の区別が付きません。
 結局、髄鞘、シュワン鞘、ミエリン鞘は3個とも同じ意味を表しているのですか?
 専門的な言葉は分かりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有髄神経の軸索はシュワン細胞がぐるぐると巻き付いています。シュワン細胞が巻き付く際に細胞質はどんどん外側に押し出され,内側はシュワン細胞の細胞膜だけが幾重にも巻き付くことになります。この巻き付いた細胞膜だけになった部分を髄鞘(ミエリン鞘)と呼びます。一方シュワン細胞の細胞質を含んだ本体は,最も外側に配置することになりますが,これをシュワン鞘と呼びます。図が探せませんでして…

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qウニの一次間充織と二次間充織の違い

高2です。生物の実験レポートの問題がわからなくて困ってます。

ウニの一次間充織と二次間充織の違いって何でしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一次間充織は植物極の細胞の一部が胞胚腔にこぼれ出たもので、最初にできる中胚葉。その後骨片に分化する。二次間充織は、原腸が伸びるときにその先端からこぼれ出たもので中胚葉になるものだったと思います。

Q自律神経の神経節の存在する場所について

自律神経の神経節の存在する場所について

自律神経は脳から伸びているものですが、神経節はだいたいどこらへんに存在するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

(1)自律神経系の図をご覧下さい。
だいだいどこらへんということならば。

http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textlife/neuron.htm

脳・脊髄から、どのくらい神経が伸びてから、節を作っているか、その違いを見て下さい。

脊椎の近くにあるのは、交感神経の交感神経節です。他は比較的遠いですね。

この図よりも、場所に詳しい図があったら、私も知りたいところです。知っている人はレスして下さい。
他に見つからなければ、概観ではなく、個別の神経節を調べることになりますね。



(2)「自律神経は脳から」ではなく、中枢神経系からなのでは。図を見てください。脊髄からも出てますよね。

中枢--自律神経の節前線維---神経節-----------自律神経の節後線維-----------臓器

中枢-----------自律神経の節前線維-----------神経節---自律神経の節後線維--臓器


(3)この図には、たぶん血管が見当たらないようです。α1受容体とβ2受容体、それぞれが存在するのか、しないのか、多いか少ないか、が血管によって違い、血管ごとの受容体の存在の違いが、血管ごとの作用の違いになりますよね。交感神経から出るものは変らないわけですから。受容体自体も変りませんから。交感神経の先(終末)に、α1があるのかβ2があるのかです。β2受容体がないのにβ2作用は起きませんからね。そこまでは描かれた、「自律神経系の図」が、あっても良い、あるべきだと思いますが、私には見つかりません。



神経に興味があるようですね。健康について考えているのなら、医療系のカテにも関連を一つ投じられてもいいのではありませんか。そこを覗いている専門医がいればいいですね。



私の回答も含めて、生物医学系の回答には間違いがあることが多いので、注意が必要です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153152091
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413302339

なんか、何の為の質問なのか、と思います。長~く、管を細くしたら出にくいでしょうに。

こんにちは。

(1)自律神経系の図をご覧下さい。
だいだいどこらへんということならば。

http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textlife/neuron.htm

脳・脊髄から、どのくらい神経が伸びてから、節を作っているか、その違いを見て下さい。

脊椎の近くにあるのは、交感神経の交感神経節です。他は比較的遠いですね。

この図よりも、場所に詳しい図があったら、私も知りたいところです。知っている人はレスして下さい。
他に見つからなければ、概観ではなく、個別の神経節を調べることになりますね。



(2)「自律...続きを読む

Q混合静脈血について

混合静脈血ってどこの血液のことをいうんですか?あと混合静脈血二酸化炭素分圧の正常範囲ってどの程度なんですか。何か知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

上大静脈と下大静脈の血液は右房で混じります。さらにここに冠状静脈洞からの血液が混入します。この三つの血液の中の酸素分圧は、一般的に冠状静脈洞<上大静脈<下大静脈の関係があります。これらの血液が、右房から右室に流入するにつれて、混じり合い肺動脈までいくとほぼ均一になります。したがって、一般的には混合静脈血とは、肺動脈での血液のことをいいます。混合静脈血二酸化炭素分圧は、動脈血の二酸化炭素分圧より5mmHg程度高めで45mmHg程度です。

Q腰椎穿刺について教えてください。

いつもいつも色々なことを教えていただいて、ありがとうございます!!
腰椎穿刺について教えて欲しいのですが、頭蓋内圧が亢進している時は脳ヘルニアを起こす可能性があるので、腰椎穿刺は禁止だと本で読みました。
なぜ禁止なのか、詳しく教えて欲しいです。

Aベストアンサー

腰椎穿刺というのは、くも膜下腔(脳と脊髄周囲にある空間で髄液が流れているところ)に太い注射器を刺し(ここでは腰椎穿刺という名前からもおわかりのように、背中の部分からですね)、髄液を採取することをいいます。
これは、くも膜下出血や、髄膜炎、それから脱髄疾患という疾患など多岐にわたる疾患を診断するのにおいてとても有効な検査法です。

ご質問の内容にうつります。
頭というのは硬い骨、頭蓋骨によって囲われていますよね。ですので、頭蓋骨の中(頭蓋内)で何かがふくらんできてしまうと(腫瘍とか、出血とか、膿瘍など)その増えた容量のぶんだけパンパンになってしまいます。この状態が脳圧亢進状態です。 主観的症状としては頭痛、吐き気などです。
ここで腰椎穿刺を行うとしましょう。背中からくも膜下腔へ注射器をさし、そこから髄液が流れ出ることによって、今までパンパン脳圧が一気に下がっていくことになります。

ここで困ったことがおきます。
いままでパンパンであることで保ってきた脳の位置関係が、圧がさがることによって、頭蓋内でふくらんだ何かの変わりに頭蓋骨の外にでることになるのです。
頭蓋骨には小さいものも含め穴がいくつもあいていますが、一番大きいものは首の骨;頚骨とつながる部分の大後頭孔です。つまり、ふくらんだ何者かに押されて代わりに脳がここから脱出することになります。
これが脳ヘルニア(詳しく言うと大後頭孔ヘルニア)です。

この大後頭孔付近には、中脳や間脳といった、動物本来の機能(呼吸中枢など)をつかさどる中枢が存在しているので、この部分が脳ヘルニアとなって、圧迫されてしまうと、動物として機能できなくなります。

というわけで、禁忌とかかれているわけです。

といっても、この危険を起こす状態をさければ腰椎穿刺はとても有効な検査法です。


下手な文ですみません、お役にたてましたでしょうか?
どこかでイラスト等を見ていただきながらだと、少しはわかりやすいと思います。

腰椎穿刺というのは、くも膜下腔(脳と脊髄周囲にある空間で髄液が流れているところ)に太い注射器を刺し(ここでは腰椎穿刺という名前からもおわかりのように、背中の部分からですね)、髄液を採取することをいいます。
これは、くも膜下出血や、髄膜炎、それから脱髄疾患という疾患など多岐にわたる疾患を診断するのにおいてとても有効な検査法です。

ご質問の内容にうつります。
頭というのは硬い骨、頭蓋骨によって囲われていますよね。ですので、頭蓋骨の中(頭蓋内)で何かがふくらんできてしまうと(...続きを読む

Qヒトの神経伝達速度は、どれくらい?

ヒトの神経伝達速度は、どれくらいなのでしょうか?
インターネットで検索しても、具体的な数字が出ていなくて・・・
おかげでヒト以外の神経伝達速度はわかったんですけど(^^;)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「インフォシ-ク」で「神経伝達速度」で検索し,「ヒト」で絞り込んだ中に記載の有るペ-ジが有りました(↓)。ご覧下さい。

 参考書として「神経生理を学ぶ人のために 医学書院」や「筋電図・誘発筋電位マニュアルKINPODO」が上がっています。


 

参考URL:http://www.kine.human.waseda.ac.jp/program2.htm


人気Q&Aランキング