仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

冷媒について質問です。
CFC冷媒、HCFC冷媒の生産停止・使用禁止の規制について最新情報を教えてください。
冷媒の毒性はどういうのがあるのでしょうか?
お願いします。

A 回答 (2件)

> 今のところ、現在使用している冷媒の使用禁止・再利用禁止の規制は無いのでしょうか??



「フロン回収破壊法」というのがあります。参考URLを読んでみてください。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/index.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/27 22:35

廃止スケジュールについては、下記参考URLを御参照ください。

CFCはすでに全廃されており、HCFCは、2020年に全廃の予定です。

もっとも、HCFCの代表格、R123は、省エネ効果が高いこと、GWPが低いこと、ODPも、実質的には非常に小さいことなどから一部で見直しの動きもあるようです。

冷媒の毒性ですが、フロン類の毒性は実のところあまりよくわかっていません。メーカー各社の試験結果としては毒性ほとんどないと主張していますが、

http://www.agc.co.jp/products/chemical/asahi134a …

ある環境保護団体が有志による人体実験を試みたところ、命にかかわるような毒性が認められたと主張しています。どちらを信じるべきか、難しいところです。もっとも、現在のところ、これほど広くCFC、HFCが使用されていても、毒性による健康被害の報告はほとんど聞きません。

ただし、フロン類は、燃焼によりホスゲンという猛毒の物質を生じることは知られています。(フロンを扱う場合は火気厳禁)また、フロンは炭酸ガスと同じように、部屋に充満すると酸欠を引き起こす場合があり、死亡事故例もあります。
他の自然冷媒については、アンモニアには直接的な毒性があり、ある程度暴露されると目や鼻に強い刺激を感じ(私も経験があります)、意識を失う例もあり、濃度1%程度で、短時間で死に至るといわれます。もっとも、アンモニアは少量の漏れでも特有の臭気があるのですぐに気づいて、逃げられるから安全だという人もいます。

http://www.kobelco.co.jp/p109/uhe/uhe13.htm

炭酸ガスは、吐く息にも含まれているくらいで毒性は低いのですが、実は皆無でもありません。5%くらいの濃度で命にかかわる中毒に陥ることもあるとか。

http://tamagoya.ne.jp/potechi/2004/20041013.htm

ノンフロン冷蔵庫などで使用するイソブタンなどは、毒性は弱いほうだと思いますが、それでも、「催眠作用」があるといいます。

http://www.rikenkeiki.co.jp/j_2_9.html

どれも一長一短ですね。御参考まで。

参考URL:http://www.jfma.org/ozon/kouka.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても、参考になりました。
申し訳ないですが、もう一つ質問があります。
今のところ、現在使用している冷媒の使用禁止・再利用禁止の規制は無いのでしょうか??

お礼日時:2006/02/14 21:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報