『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は趣味で好きな音楽を耳コピーしてMIDIに打ち込んでいます。
ピアノロール式のソフトなので、譜読みが不得意な私でも簡単に作れるのですが、いつも引っかかることがあります。

例えば、耳コピーして聞こえて来る曲が「ツンタッタ」のワルツ風の曲だとします。こういう場合、大抵私は4/3拍子と認識して、ソフトにもそう設定します。
ただ、実際その曲の本物の楽譜を見ると、4/3だと思ってたのが実は8/6ってことがあります。聞こえ方は同じなのに、楽譜に起こすと全く違うわけですよね?聞こえて来る曲の正確な拍子がわかるにはどうしたら良いのでしょうか?
それから拍子と速度(BPM)の関係もよくわかりません。一小節をどう分割するかで速度設定も変わって来るのでしょうか?私が作るデータはたまに200幾つとかあり得ないBPMになる時があるので、恐らく拍子取りが間違っているのではないかと思うのですが…でもどこをどう直せばよいのかまったくわかりません。

わかりやすく説明頂けるととてもありがたいです。また、参考になるサイトなどがあれば、ご紹介いただければと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちわ



ひっかかっちゃいますよね^^

ご質問の趣旨は「四分の三拍子」と「八分の六拍子」という意味ですね?
これは分数で標示すると、3/4 と 6/8 になります。
つまり、算数でいうところの分数とまったく同じ考えです。

算数でいう四分の三は、四等分されたうちの三個、という意味ですね。
ですので、
音楽でいう四分の三拍子、とは、四分音符で構成された三拍子、という意味になります。
つまり 3/4 拍子で書かれる楽譜は、四分音符を一拍とかぞえて、一小節に4拍溜まったら、縦棒を引いて次の小節に音符を繰り越して書く決まりです。

そして 6/8 拍子の楽譜は、八分音符が一拍とカウントされて、一小節に八分音符が6個を超えてしまったら、次の小節に音符が繰り越されて書く決まりです。

そこで算数と音楽の違いですが、
算数だったら、6/8は約分して3/4と答えるのが○になりますね!
ところが音楽の場合は6/8はどうしても絶対に6/8でないとダメ!
という主張がこめられて作曲されています。
それはどういう主張かといいますと、
3/4 拍子は、ぶん、ちゃっ、ちゃー
という文字通りのワルツの拍子なんですが、
6/8 拍子は、(第一ぶんちゃっちゃ)+(第二ぶんちゃっちゃ)
というトータルで2拍子的に事が進むようなリズム感の主張方法として設定されています。
つまり、三拍子でありながら二拍子、ワルツでありながらマーチ、という複合的なリズム感覚を聴衆に与えたいときに6/8 拍子が使われることになっています。

※わたしは中学校の時、担任の先生が音楽の先生だったのですが、音楽のテストで6/8を「数学通りに約分」の取り消し線で消して3/4と回答欄に書いたら、ユーモアだと思われたのか先生が正解扱いにしてくれました^^;
(わたしは中学の数学の時間に学んだので、おおまじめにそのとおりに書いたつもりだったんですが^^;)

たのしい音楽生活を送ってくださいね♪
    • good
    • 3

正解はありません。

作り手が決めます。
おっしゃるとおり、3/4と6/8はテンポが同じであればシーケンサーでの絶対時間は同じ音値ですよね。これはそのリズム、或いはメロディーなどのセンテンス(音楽的に意味のある ひとかたまりになる部分)がどんな風に切れるかといった目安で判断すると良いと思います。
例えば「ボサノバ」は2拍子ですが、「ボサノバ風」の歌は4拍子で記譜されたりもします。3/4のワルツを6/8のR&Bと同じブルーブで感じないのと似ています。
    • good
    • 0

4分の3と8分の6は、1拍をあらわす音符がちがいます。



4分3は、1拍が4分音符で1小節3回、わかりやすく1分間に60拍打つ意味で、「四分音符=60」とした場合、1小節は3秒になりますね。

8分の6拍子は2拍子と考え、8分音符ベースですので、
|ツツツ タツツ|ツツツ タツツ|というようなリズムパターンになり、
("ツ"はハイハット、"タ"はスネアです)
1拍は付点4分音符、テンポは「付点4分音符=60」と書き、1小節2秒です。

どちらも3回数えるのは一緒ですが、

4分音符1回×3拍=4分の3拍子
8分音符3回×2拍=8分の6拍子

です。

実際はドラムのスネア音で判断できるのかな。
    • good
    • 1

3/4拍子と6/8拍子は、8分音符の数でカウントすると同じになるため、質問の意味が2つに取れるのですが、



(1)3/4拍子で1小節だと思っていたら、実は6/8拍子で1小節だった、という場合には、他の方がお書きになっているような答、つまり、強迫と弱拍の関係から、3/4拍子の場合は3拍子、6/8拍子の場合は、聴きようによっては2拍子に聞こえる、という違いがあります。ただし、

(2)3/4拍子で2小節だと思っていたら、6/8拍子で1小節だった、という場合の質問でしたら、話は違ってきます。
理屈で言えば、前者の場合、2小節で「大・小・小・大・小・小」、後者は1小節で「大・小・小・中・小・小」という関係になります。
ただ、小節の頭が「大」だとしても、常に同じ強さではないので、3/4の2小節分と6/8拍子の1小節分が同じに聞こえても、それほど不思議ではないと思います。実際、「きよしこの夜」の楽譜は6/8で書かれた楽譜の方が多いとは思いますが、3/4で書かれた楽譜も売られています。同様の関係は、2/4拍子(2小節分)と4/4拍子の関係でも言えます。
厳密に言えば、微妙なニュアンスが違ったり、作曲する側は、一定の考えのもと拍子を選んでいるのでしょうが、区別がつかなくてもそれほど不思議ではないと思います。

(3)次に、6/8と3/4が拍の数で数えると1小節の長さが同じ、ということで、この2つの拍子を混ぜている曲もあります。「ウェストサイド物語」に出てくる「アメリカ」がその典型例ですが、この場合にも、拍子をわざわざ小節によって変えて記譜する例もありますが、あえてそのようなことをしないで、例えば、3/4で書かれているのだけれど、音型を見て演奏者が強拍の位置を変えて演奏する場合もあります。
    • good
    • 1

No.2です。



さっきの投稿の訂正です。


もちろん、いままで挙げた[ ]の拍子を全部一緒のテンポで演奏すると全部同時に終わります。

という部分ですが、

3/4(4分の3拍子)と6/8(8分の6拍子)は同時には終わりますが
12/8(8分の12拍子)は同時には終わりません。

12/8(8分の12拍子)は、「6/8(8分の6拍子)+6/8(8分の6拍子)」
なだけですので、当然と言えば当然なのですが
混乱している部分を更に混乱させてしまったら申し訳ありません。

先にコチラの訂正に目を通して下さると嬉しいです。
    • good
    • 1

こんばんは!




[ ]を1小節とすると
3/4(4分の3拍子)は、[ツンタッタ][ツンタッタ]です。

つまり、「ツン」と拍を強調する部分が小節の頭に1つあって
[いち,2,3][いち,2,3]というような3拍子を刻むと考えれば良いと思います。
(厳密にはどこにアクセントを付けるというのは直接関係ありませんが)

また、6/8(4分の3拍子)は、[ツンタッタ、ツンタッタ][ツンタッタ、ツンタッタ]です。

こちらは、1小節の中に「ツン」と拍を強調する部分か2回あると考えれば良いです。

1小節の中に、2回強調する部分があるということは
[いち,2,3 に,2,3][いち,2,3 に,2,3]
というような「2拍子」を意識しているとも言えます。
(強調する拍をひらがなで書きました)

もし、↑に書いた4分の3拍子と8分の6拍子のテンポが同じだとすると
曲によっては、8分の6拍子のテンポが2倍に聞こえるかも知れません。

しかし、その時は完全な3拍子なのか、「2拍子」を意識した「3拍子」なのか?ということを
意識して聴けば、自ずと原曲に近い拍でとる耳コピーすることが出来ると思います。


また、「2拍子」を意識した「3拍子」の「8分の6拍子」の他に
「4拍子」を意識した「8分の12拍子」というものもありますね。

特に、ポップスなどではバラード系の曲に多い拍子です。

さっきの書き方で書くとちょっと長くなってしまいますが
[いち,2,3 に,2,3 さん,2,3 よん,2,3][いち,2,3 に,2,3 さん,2,3 よん,2,3]

という具合です。

もちろん、いままで挙げた[ ]の拍子を全部一緒のテンポで演奏すると全部同時に終わります。

実際にやってみると4分の3拍子だけは、テンポが半分のように聞こえますが
それは4分音符で拍を刻んでいるからというだけで、テンポは変わっていません。

ですから、もしコピーした曲のテンポが早くなりすぎてしまうときは
8分の6拍子や8分の12拍子にしてみると適正なテンポになると思います。

僕もこの拍子のことについては混乱していた経験があります。
4分の3拍子にして、4分音符中心でデータを打ち込むとテンポが200越えちゃったりもしますよね。

そう言う場合は、8分の6拍子にすると
自然に8分音符を使うことになるので、テンポは半分で済み原曲のスコア通りになるといった感じですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4分の3拍子と8分の6拍子

4分の3拍子と8分の6拍子は何がちがうのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

拍子の場合、前の部分(4分のとか8分の、他に2分の)は全く無視して考えて下さい。
よって3拍子と6拍子と考えればよいのです。
数学的な感覚で約分しないでください。全く意味の違ったものになってしまいます。
ただし、作曲家によっては例外もあります。音符を書く手間を省く(8分音符などは旗を書くのが面倒ですから)2拍子の3連符をそのまま3拍子にしてしまったり、複合拍子など特殊な場合、音符の数合わせのためにあえて拍子は無視しているものもあるようです。
つまり、どう聴いても2拍子なんだけど楽譜上には3拍子で記載されているなんてこともあるわけですが、これはあくまでも例外で、基本は皆さんのおっしゃる通りです。

Q4分の3拍子 と 8分の3拍子 の違いは?

こんにちは。
クラシックギターのワルツなどで、ただいま8分の3拍子の曲を練習中です。

同じ3拍子で分母が違うことによって曲の速さが2倍になったりするのでしょうか?
例えば8分の3拍子でラルゴと速度記号があったとしたら、4分の3拍子のモデラートぐらいの速さになるとか・・・?

素人丸出しですが、どなたかご教授下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2 です

>変拍子する場合は8分の3と4分の3は速さに違いが出るとは一体どういうことなのでしょうか?

こういうことです

4分の4から4分の3に変わる場合。
拍子は変わりますが、一拍が4分音符であることに変わりなく、1・2・3・4/1・2・3・4が1・2・3/1・2・3と取るようになるだけで「速さ」は変わりません。

4分の4から8分の3に変わる場合。
一拍が4分音符から8分音符になりますので、一拍の「長さ」が半分したがって「速さ」が2倍になります。もちろん拍子が変わるときに「ここからの8分音符は今までの4分音符に等しい(♪=~のような表示)」と書いてあればそれに従います。

Q4/4拍子と2/2拍子のちがい

4/4拍子と2/2拍子のちがいなんですが、もちろん、4分音符が1小節に・・・・、云々といったことがわからないわけでなく、この二つの使い分けのおいての疑問なんです。

4/4拍子の曲で、テンポが、四分音符=70ぐらいのとき、
割と早めのフレーズうを記譜すると、楽譜が16分音符だらけになって見にくいですよね?そのとき、2/2拍子として、
記譜すると、8分音符主体で記譜できて読みやすいですよね?テンポがかわるわけじゃないのですから、こういう記譜の仕方でも問題ないのでしょうか?
実際問題として4/4拍子と2/2拍子のちがいとは、これだけのことなんでしょうか?
長くてすみません

Aベストアンサー

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」という規定ができたのもベートーヴェンくらいになってからです。
それまでは、曲の種類や拍子などでテンポを決めていました。
だから「楽譜を見て的確な速さがわからん人は一流ではない」という言葉が生まれたんです。
(たしかバッハの言葉ではなかったかな・・・)

・・・でも、なんだか質問文を読んでいると
「4分の2」と「2分の2」はどう違う?という方が合ってそうな気がしますね。
同じ2拍子ですが。違います。
うーん、上記のことに加えて、4分の2は「マーチ(行進曲)」になりますが、2分の2はならないでしょう。
1拍の重さが違うと言いましょうか。
2分の2の方が、一拍がより重かったり、より大きかったりします。

数値的なことよりも「拍感」にて
差が出るのだと思います。

参考までに。

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」...続きを読む

Q8分の6拍子、4分の3拍子のリズム感の鍛え方

8分の6拍子、4分の3拍子のリズム感の鍛え方を教えて下さい。

4分の4拍子などはメトロノームを裏で取る練習で大分鍛えることができました。
裏の裏で取ったり、ポリリズムを作ったりもできるようになりました。
ドラムの基礎であるチェンジアップも毎日やってます。

しかし、どうしても8分の6拍子、4分の3拍子のリズムが取れません。
ある程度は合うのですが、体の中に染み込んだリズムではなく
頭で考えながらやっている感じです。

手元のリズムの本によると、3拍子は1拍目がダウンビートで
2拍目は若干アップビートの性質を持ち
3拍目がアップビートであるとのことです。

なので4拍子と同じように、裏(つまり3拍目)で取ったりしてみたのですが
どうもうまくいきません。
何かいい練習方法があれば教えて下さい。

後、抽象的で構いませんので、どのように3拍子を
イメージすればいいのかも合わせて教えていただければ幸いです。

楽器は主にギターをやってますが、ベース、ドラムもある程度できます。

Aベストアンサー

>後、抽象的で構いませんので、どのように3拍子を
>イメージすればいいのかも合わせて教えていただければ幸いです。

ならば、S&Gのスカボロー・フェアを聴いてみてください。
アップとかダウンとか考えずにノッテみてください。

よく3拍子は三角形といわれますが、曲を聴いてみるとアコギのアルペジオにはカドがないと思います。なので、私はブランコの揺れを想像しています。イチ・ニ・サンじゃなく一気にワントゥスリーワントゥスリーです。
で、発展するとワン・・・・ワン・・・・と、とれます。

Yのつくサイトにもありますが、
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/SimonAndGarfunkel/
http://listen.jp/store/album_0371090000042.htm

6拍子は複合拍子なので、2拍子としてリズムをとってください。
http://www.mmjp.or.jp/music-access/contents/solfege/fukugohyousi/fukugohyosi.htm

>後、抽象的で構いませんので、どのように3拍子を
>イメージすればいいのかも合わせて教えていただければ幸いです。

ならば、S&Gのスカボロー・フェアを聴いてみてください。
アップとかダウンとか考えずにノッテみてください。

よく3拍子は三角形といわれますが、曲を聴いてみるとアコギのアルペジオにはカドがないと思います。なので、私はブランコの揺れを想像しています。イチ・ニ・サンじゃなく一気にワントゥスリーワントゥスリーです。
で、発展するとワン・・・・ワン・・・・と、とれます。

...続きを読む

Q3/4拍子と6/4拍子の違い

以前拍子についての似たような質問をした者です。

前のQ&Aで3/4拍子と6/8拍子の違いはよくわかったのですが、もっとわからないものがありました。3/4拍子と6/4拍子の違いです。
色々な曲を耳コピーしていて自分なりに考えたところ、ワンフレーズのまとまり方の違いなのかな?と思いましたが、自信はないです。
具体的に、どういう点が違うのか、そしてその二つを見極めるポイントは何かを知りたいです。

また、4/4拍子と2/4拍子と2/2拍子も、理論的な違いはわかるのですが、「聞こえ方」という点で違うのかよくわかりません。これも聞き取りのポイントを知りたいです。

具体的に説明いただけるとありがたいです。また、何か例になる楽曲を挙げて頂ければ尚助かります・・・。注文が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

拍子記号はそれほど重要な問題ではないのであまり気になさらない方が良いと思います。聴いて感じた拍子と、実際に楽譜に出ている拍子記号が違っていたということはよくあることです。もちろん音楽を勉強する段階では例えば「6/8の二つめの八分音符は二拍目」とか、きちんとやらなければいけません。

ではなぜ「重要な問題ではない」言い切れるのか?

歴史的に見ますと、もともと3拍子と2拍子しか無いのです。キリスト教の「三位一体」を表す完全拍子が3拍子、「三位一体」のうちの一つ欠けたものが2拍子(不完全)というふうになりました。そこで理論学者は3拍子のグループと2拍子のグループに分けて考えるようになりました。

3拍子のグループの例:3/4, 3/8, 9/8(分子が3の倍数の場合はコンパウンドと呼ぶ人もいます)

2拍子のグループの例:2/2, 4/4, 6/8, 12/8(分子が3の倍数の場合はコンパウンドと呼ぶ人もいます)

曲のテンポによって、聞こえてくる拍子は人によってかわりますが、それで良いのです。拍子記号は作曲の便宜上付けただけのものですから。

例えばウィンナーワルツの場合ですが、ワルツは 3/4 で書かれていますが、音楽的には4小節フレーズになります。ですからウィーンでワルツを指揮している指揮者は 123,123,123,...と指揮をするのではなく、一小節を1拍子と聞こえるように指揮をするわけです。つまり4小節分で4拍子に聞こえるのが正しい解釈だと思います。

私はピアノ教師ですが、レッスンでワルツを教えるときは生徒に対して「4拍子に聞こえるように弾け」と断言します。

テンポの速いタランテラは 6/8 で書かれていますが、それを 123456,123456..... とは指揮しません。理論的には一小節を2拍子と解釈しますが、この場合も大抵は4小節のフレーズですから、一小節が1拍子と聞こえるような音楽の作り方(演奏の仕方)をしていると思います。

中学の時、音楽の時間、聴き取りテストで、答えが2/4の所を4/4と書いて×を貰ったことがあります。これにはプロの現在でも納得していません。感性の問題ですから。上記の考え方からいいますと、聴き取りテストの作り方の悪かった中学の先生が間違っていたと、今でも思っています。

音楽理論の基礎は「楽典」に出ていますが、歴史的な背景は「音楽史」の類での勉強をお勧めします。

拍子記号はそれほど重要な問題ではないのであまり気になさらない方が良いと思います。聴いて感じた拍子と、実際に楽譜に出ている拍子記号が違っていたということはよくあることです。もちろん音楽を勉強する段階では例えば「6/8の二つめの八分音符は二拍目」とか、きちんとやらなければいけません。

ではなぜ「重要な問題ではない」言い切れるのか?

歴史的に見ますと、もともと3拍子と2拍子しか無いのです。キリスト教の「三位一体」を表す完全拍子が3拍子、「三位一体」のうちの一つ欠けたものが2拍子...続きを読む

Q八分の六拍子の振り方

今度学校行事で八分の六拍子の「仰げば尊し」を振るのですが,私は四分の四拍子しか振ったことがありません。
そこで,八分の六拍子の振り方を知っている方(ゎかる方)&実際に振ったことがある方アドバイスや練習方法を教えてくださぃ!!
お願いします!!

Aベストアンサー

 6拍子は2拍子系の拍子です。No.1やNo.4の方の回答からもわかるように,1拍目と4拍目にアクセントがありますが、これは、2拍子を3分割したものだからです。

 遅い6拍子は6つに、速い6拍子は2つに振るのが一般的です。「仰げば尊し」の場合、2つに振ってしまうにはテンポが遅くて、いくぶん分割気味に振らなければなりません。初めて6拍子を振る人が打点を示すのにはむずかしいかもしれません。

 むしろ、6つ振りで、できるだけやわらかく振ることをお勧めします。図で示すことができないのがつらいのですが、1拍目と4拍目以外の弱拍はできるだけ小さく振るように心がけるとうまくいきます。

 うまくいくといいですね。

 

Q3拍子と4拍子 など、拍子がいまいちわかりません。。

サティの ジュ・トゥ・ヴっていう曲を弾いていて疑問におもったことがあります。
この曲は4分の3拍子なのですが、4拍子でも合わせることができますよね。このように時々何拍子かわからないときがあります。
どのようにして分けられているんでしょうか?
3拍子でも4拍子でもいいっていう曲はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。ピアノの講師をしているものです。

>どのようにして分けられているんでしょうか?
>3拍子でも4拍子でもいいっていう曲はあるのでしょうか?

作曲する人は最初に調や拍子を設定します。

「拍子感」というのは曲の中で重要な要素のひとつなので(※拍子感=拍子の醸し出す曲の性格)
「3拍子だけど人によっては4拍子にも聴こえる曲」というのはあっても、「3拍子にとっても4拍子にとってもいい(ように設定された)曲」というのはないと思います。意図的に変拍子調に作られた曲は別として。

サティのジュトゥヴも、この曲を「3拍子を大きなひとまとまりに感じて」弾くことは重要だと思いますよ。メロディーは一拍遅れて出て来るので、最初のうちは"伴奏で"3拍子を感じるようにすれば4拍子にはもう聴こえてこないはずです。ただこの曲の伴奏は通常のワルツのように「ブン!チャッチャッ」と一拍目に強烈なアクセントがついているわけではないので、そういった点でmujinkun33さんには4拍子っぽくも聴こえてしまったのかな?と思います。

>時々何拍子かわからないときがあります。

mujinkun33さんは先生についてピアノを弾いていらっしゃるのでしょうか?もし先生がいらっしゃるのでしたら拍子感を養うリズムの練習などを取り入れてもらうのもいいかもしれません。

もし独学でいらしたとしても、楽譜で拍子がわかるものは拍子を意識して聴いたり弾いたりしているうちに、わかるようになってくると思いますよ。

こんにちわ。ピアノの講師をしているものです。

>どのようにして分けられているんでしょうか?
>3拍子でも4拍子でもいいっていう曲はあるのでしょうか?

作曲する人は最初に調や拍子を設定します。

「拍子感」というのは曲の中で重要な要素のひとつなので(※拍子感=拍子の醸し出す曲の性格)
「3拍子だけど人によっては4拍子にも聴こえる曲」というのはあっても、「3拍子にとっても4拍子にとってもいい(ように設定された)曲」というのはないと思います。意図的に変拍子調に作られた曲は別として。
...続きを読む

Q8分の12拍子が分かりません

ブルースの譜面で8分の12拍子と書いてあったのですが、8分の12拍子をどう演奏すればいいか分からないので教えてください

Aベストアンサー

譜面で見ると↓こんな感じです。複合拍子ってところに分かりやすい8/12があります。

http://www.mmjp.or.jp/music-access/musicroom/meter.htm

ちなみに↓8/12の曲です。ショパンですが、8分音符が12個というのを意識して聴いてみて下さい。
http://user.shikoku.ne.jp/asanonao/cetude/etud1010.html

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/music-access/musicroom/meter.htm

Q2/4拍子は何故あるの?

音楽の楽譜についての疑問です。
2/4拍子は何故あるのでしょうか?
素人考えでは、2小節をひとつにまとめてしまえば、4/4拍子になるので必要ないのでは?と思います。
あえて2/4拍子にする理由はあるのでしょうか?

それともうひとつ。
3/4拍子と6/8拍子があるのも分かりません。
こちらはどちらも同じではないのでしょうか。
(数学的には約分してしまえば同じこと)
この2つはどうやって使い分けるのでしょうか?

つまらない質問ですが、気になって仕方がないのです。

Aベストアンサー

拍子記号は、1小節に収まる音符の長さと数を示すものです。そのため、リズムの最小単位を示すものといえます。
拍子記号は、下の数字が基準となる音符の長さ、上の数字が1小節に含まれる基準となる音符の数を示します。これは数学的解釈をしてはいけない表示です。「よんぶんのに」と読まれますが、これは数学的に読むのではなく、「四分(音符が)二(個)」と解釈するとわかりやすいでしょう。

小節はリズムの最小単位となるものです。1小節の中に含まれる音符の基準の長さとその数が決まると、そこに含まれるビートの一つ一つの性格が定まり、リズムの基本的な性格が示されることになります。
ビート(拍)には、大まかに分けるとアップビート(強拍)とダウンビート(弱拍)という性格と機能を持ったビートがあります。これらの性格を帯びたビートがどのように現れるかは、拍子によってある程度定まってきます。そのため、拍子記号が示されるとリズムの基本的な性格も判別できるようになります。

2/4拍子は、4分音符を基準として1小節中に2つのビートが入り、小節の1拍目が強拍、2拍目が弱拍にあたります。いわゆるマーチのリズムです。
対して4/4拍子は、4分音符を基準として1小節中に4つのビートが入り、小節の1拍目が最も強い強拍、2拍目が弱拍、3拍目は1拍目よりもやや弱い強拍、4拍目が弱拍というような性格を帯びます。マーチの小節を2つまとめたのとは、それぞれのビートの性格が違ってきますので、同一視しないのが妥当です。
また、3/4拍子については、4分音符を基準として1小節中に3つのビートが入り、1拍目が強拍、3拍目が弱拍になります。いわゆるワルツのリズムです。
6/8拍子ですが、これについてはワルツのリズムの系統と見るべきではありません。これは一般的には、2/4拍子において1つの拍を3連符で割った性格のリズムで、マーチの系統に近いリズムになります。そのため、8分音符を基準として1小節に6つのビートが入り、そのうちの1拍目が強拍、4拍目が弱拍になります。

これらのように、拍子記号はその曲のリズムの感じ方、小節あたりのリズムパターンの割り方を基準に決められます。中には8分の8拍子や16分の16拍子を便宜的に4/4と表示することもありますが、基本的に拍子記号について数学的判断をしてはいけません。

なお、それぞれのリズムにおけるビートの性格については、指揮棒の基本的な振り方のパターンで想像するとよりよいかも知れません。強拍では大きく振り下ろし、弱拍では大きく振り上げるような動作になるはずです。

参考まで。

拍子記号は、1小節に収まる音符の長さと数を示すものです。そのため、リズムの最小単位を示すものといえます。
拍子記号は、下の数字が基準となる音符の長さ、上の数字が1小節に含まれる基準となる音符の数を示します。これは数学的解釈をしてはいけない表示です。「よんぶんのに」と読まれますが、これは数学的に読むのではなく、「四分(音符が)二(個)」と解釈するとわかりやすいでしょう。

小節はリズムの最小単位となるものです。1小節の中に含まれる音符の基準の長さとその数が決まると、そこに含まれるビ...続きを読む

Q拍子とビートは違うもの??

こんにちは

自分は音楽が大好きなのですが、
何度も疑問に思うことがありますそれは、
ビートとは??
拍子とは??
こんなこと分からなくとも音楽家には成れるといわれましたが、自分はそうは思わなく、どうすれば分かるようになるのか分かりません。
疑問なのは物凄くゆっくりなリズムだと心配になります。
これって4拍子より遅くない??と思うときがほとんどで音楽を楽しめなくなってしまいます。
洋楽のアラジンの音楽ホールニュー何だか、という音楽は何時でも4拍子より遅いのではないか??
と思ってしまいます。
本当に困っていて大変です、自分はこのままでは音楽恐怖症に一歩ずつ近づいてしまいます、
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

拍子は英語のビートを訳したものだから、この2つは同じものです。

meldy様が言うビートというのはきっと、最近よく言われるBPM(beats per minute)のことでしょうか。つまり、1分間に何拍打つかということです。もちろんBPMが増せば増すほどスピードが上がるので、BPM=曲の速さと言っていいでしょう。

そう考えると、4拍子は楽譜的に1小節に4拍打つという意味でしかありませんから、同じ4拍子でも、先ほどのBPMの違いでいろんな速さがあるということです。

恐怖症にならないでくださいね(^^)


人気Q&Aランキング