国内の鉄道の駅から駅の一番短い場所を調べた事有りますか?因みに300Mの所は見つけました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

松浦鉄道西九州線の佐世保中央-中佐世保間200mが


一番短いようです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1599300
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=296588
    • good
    • 0

佐世保中央-中佐世保間の情報が出ています。

補足として,実際に利用していた感想を書きたいと思います。必要ないかもしれませんが…
通学で毎日乗っていましたが,進むとすぐ止まる感じでした。国道を挟んで右と左に駅があります。。国道に高架橋が架かっています。
これは,私の想像ですが,中佐世保駅がもともとあり,四ヶ町アーケードにすぐ行くことができる所にも駅があったほうが便利だということで,佐世保中央駅を追加したのではないか?と思います。中佐世保で降りると,国道を横断しないとアーケードには行けません。

ちなみに,中佐世保を数メートル,オーバーランしたことがありました。数秒で隣の駅にいけるはずか,数分かかりました。
    • good
    • 0

バスなのですが・・・。


ずっと以前に乗ったのですが、いま調べたら、まだあるようです。

神奈川中央交通のバスで、
「三56」系統の東野~局前。
すぐそこに見えてます(^^)。
50mあるかどうか。
時刻表みたら、所要時間0分と表示されていました。

参考URL:http://dia.kanachu.jp/bus/viewtop
    • good
    • 0

新宿と新宿三丁目はどうですか? 

    • good
    • 0

路面電車はのぞきますか?

この回答への補足

なんでも結構です。
路面電車では?
バスでは?
200M以下ですか?
お願いします。

補足日時:2006/03/02 08:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの夏に鉄道旅行(日帰り)をするつもりです。樽見鉄道、明智鉄道、養老鉄道ではどれが一番オススメですか

この夏に鉄道旅行(日帰り)をするつもりです。樽見鉄道、明智鉄道、養老鉄道ではどれが一番オススメですか? また、これら以外に東海圏内で長良川鉄道以外にオススメのローカル線はありますか?

最後にひとつ、名鉄の新可児~御嶽間と蒲郡線ではどちらがオススメですか?

どれかひとつでもご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鉄道サークルで指導をしており、現在は中部地区担当の指導員ですので中部地区第三セクターの路線について回答をします。

 岐阜の第三セクターである樽見鉄道は今に時期ではなく、春に桜をバックにとるのに相応しい路線であり、長良川鉄道は夏、明智鉄道は秋に撮影乗車が適している路線であり、廃止された神岡鉄道が雪景色が似合う路線である事からこれ等を「岐阜の第三セクター四季巡り」と呼ばれていました。

 三重に関しましては伊勢鉄道は通過路線のイメージしかありませんが、サーキットに時期にはJRからの応援が来ましたのでバリエーションはあります。近鉄からの分離した養老鉄道は伊勢湾台風の際に最も早く回復した路線であり、桑名駅~揖斐駅までの間で長閑な田園地区を走る路線であり、私の実家である養老町の誇れる路線です。同条件の三岐鉄道は桑名駅側の北勢線は遊技場の電車と変わらない小さな電車であり、富田側の本線は貨物がメインの路線です。四日市駅のあすなろ鉄道は北勢線と同じ電車であり、マッチ箱電車が東海道に沿って走ります。伊賀神戸駅の伊賀鉄道は以前は名張駅に至っていた路線ですが、名松線と繋がると現在のJRになっていた可能性があった路線です。

 静岡県に関しては天竜浜名湖鉄道は鉄道文化財や資産が多い路線であり、乗車券があると見学ができます。他にはちびまるこちゃんで有名になった静岡鉄道、貨物輸送が有名だった岳南鉄道、浜松市内を横断する遠州鉄道があり、楽しみ方により内容は異なります。

 名鉄の広見線の末端区間である新可児駅~御嵩駅(こちらが正解であり、御嶽駅はJR東日本の駅です。)は犬山駅から全線踏破するとスイッチバックを新可児駅の手前で行っており、現在は直通の電車がありませんので気付きません。蒲郡線は三河線の一部で開業し、吉良吉田駅のホームが可笑しいのはこれであり、牛久大仏の神谷伝兵衛氏が故郷から豊田市まで開業させた鉄道でもあります。

鉄道サークルで指導をしており、現在は中部地区担当の指導員ですので中部地区第三セクターの路線について回答をします。

 岐阜の第三セクターである樽見鉄道は今に時期ではなく、春に桜をバックにとるのに相応しい路線であり、長良川鉄道は夏、明智鉄道は秋に撮影乗車が適している路線であり、廃止された神岡鉄道が雪景色が似合う路線である事からこれ等を「岐阜の第三セクター四季巡り」と呼ばれていました。

 三重に関しましては伊勢鉄道は通過路線のイメージしかありませんが、サーキットに時期にはJRから...続きを読む

Q日本国内で駅間距離がいちばん短いのはどこですか?

ただし路面電車やモノレール、新交通システムなどは除外で。

Aベストアンサー

今晩は。
長崎県、松浦鉄道の佐世保中央駅~中佐世保駅間が200mです。
参考までに最長はJR北海道、石勝線の新夕張駅~占冠駅間が34.3kmです。

Q山手線内で東武鉄道の駅がある駅

山手線内で東武鉄道の駅がある駅をできるだけ教えてください。今度東武鉄道で日光まで行くので参考にさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

池袋で東武東上線に乗り換えできますが、日光ならば新宿まで「スペーシア」が乗り入れています。
もちろん池袋からでも乗れます。

Q鉄道でJR長崎駅~JR熊本駅の行きかた。

 今週の3連休で一人旅をしようと思っています。
そこで電車でJR長崎駅~JR熊本駅を移動しようと思ってます、快速や各駅を使いながら早くスムーズにいける方法を教えて下さい。どれぐらいの時間がかかるかも教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

日付を明日と仮定して検索しましたところ
約4時間40分~5時間ぐらい(長崎本線普通列車を利用した場合)乗り換え1回
約5時間~5時間30分ぐらい(大村線経由の快速を利用した場合)乗り換え2~3回

詳しくはここで検索してください
http://www.yoyaku.jrkyushu.co.jp/jrk/reserve/route/pc/Top/nologin.do
**注意**
・利用列車の項の”特急・急行を使う”のチェックを外さないと特急を使ったルートしか表示されません
・他の方がおっしゃっているように長崎駅から肥前山口間は本当に普通列車が少ないので注意する
・長崎発諫早行きの列車(数としては多い)で諫早に着いてもそこで後続列車を待つことになるので注意する(諫早始発は長崎行きのみ)
・長崎駅より長与経由の列車に間違って乗ると諫早までで30分ぐらい余計にかかるので注意する

Q東武鉄道岩槻町駅および川越町駅などの読み方について

私は日本の鉄道駅の情報を集めていますが、特に戦前の駅名の読み方が文献等に掲載されていないため、約280駅の読み方が分かっていません。そこで、
(1)東武鉄道野田線岩槻駅の改称前の駅名「岩槻町」駅の読み方を教えてください。
(2)東武鉄道東上線川越市駅の改称前の駅名「川越町」駅(六軒町→川越町→川越市)の読み方を教えてください。
(3)東武鉄道大谷軌道線の「芳原」および「弁天山」駅(停留場)の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

北総鉄道岩槻町駅では「武州鉄道岩槻駅(廃線・廃駅)」が、東上鉄道川越町駅では「川越鉄道川越駅(現:西武新宿線本川越駅)」が、共に既に開業していた事から、市町村名にしたものと思われます。

●岩槻町
いわつきまち(市町村名)

1889年(明治21年)4月1日:町村制施行により岩槻町
1924年(大正13年)10月19日 : 武州鉄道岩槻駅開業
1929年(昭和4年)11月17日:北総鉄道岩槻町駅開業
1929年(昭和4年)11月22日:北総鉄道→総武鉄道に改称
1938年(昭和13年)9月3日:武州鉄道廃止
1939年(昭和14年)6月10日:岩槻町駅→岩槻駅に改称
1944年(昭和19年)3月1日:東武鉄道と合併

●川越町
かわごえまち(大和町駅や坂戸町駅・小川町駅と同じく市町村名)

1889年(明治22年)4月1日:町村制施行により川越町
1895年(明治28年)3月21日:川越鉄道川越駅開業
1914年(大正3年)5月1日:東上鉄道川越町駅開業
1920年(大正9年)7月22日:東武鉄道と合併
1922年(大正11年)12月1日:市制施行により川越市
1922年(大正11年)12月1日:市制施行に伴い、川越町駅→川越市駅に改称

●六軒町
ろっけんまち(正式な駅名ではないので、正確なところは不明です)
当時の住所表記は存じませんが、川越市駅の住所は「川越市ろっけんまち1-4-4」です。
http://www.yu-bin.net/pc/code/11/3500041.html

もうご承知でしょうが、東上鉄道の昔から東上線では公式に「六軒町駅」はありません。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/tojo/konjaku-18.html
地元の(駅周辺の)住民にとっては、徒歩圏内で「かわごえ」と名の付く駅が増えたことにより、駅設置場所が分かり易い呼び名である「六軒」を便宜的に使用していた、と私は思っています。
(建設予定時から六軒の停車場と呼んでいたと想像します)

ちなみに、現在の川越市中心部で「川越市駅」は「しえき」で通じます。
タクシーに乗って「市駅まで」と言えば「川越市駅」へ行ってくれます。
但し、地元の通称であるが故に、東上線沿線で「しえき」と言っても、「川越市駅」と解釈してくれる人はマズいません。

北総鉄道岩槻町駅では「武州鉄道岩槻駅(廃線・廃駅)」が、東上鉄道川越町駅では「川越鉄道川越駅(現:西武新宿線本川越駅)」が、共に既に開業していた事から、市町村名にしたものと思われます。

●岩槻町
いわつきまち(市町村名)

1889年(明治21年)4月1日:町村制施行により岩槻町
1924年(大正13年)10月19日 : 武州鉄道岩槻駅開業
1929年(昭和4年)11月17日:北総鉄道岩槻町駅開業
1929年(昭和4年)11月22日:北総鉄道→総武鉄道に改称
1938年(昭和13年)9月3日:武州鉄道廃止
1939年(昭和...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報